タグ:昆虫:一般 ( 36 ) タグの人気記事

アキアカネの季節

c0189013_05204251.jpg
稲刈りを待つ田んぼ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
休日の朝に、稲刈りを迎える田んぼを歩きました。

c0189013_05333607.jpg
稲刈りを待つ田んぼ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
田んぼごとに稲の色づき具合が違います。
少しずつ時期をずらしながら稲刈りしていくのでしょう。

c0189013_05360591.jpg
ツマグロヒョウモン(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ため池に沿って咲くセンダングサの花には、ツマグロヒョウモンが吸蜜にやって来ていました。

c0189013_05415436.jpg
メダカ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
田んぼから水が抜かれて水路へ移動したのでしょうか。

c0189013_05445195.jpg
メダカ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
たくさんのメダカが群れていました。

c0189013_05472923.jpg
メダカ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
田んぼ周辺の水辺を巧みに利用して生活しています。

c0189013_05543083.jpg
ハクセキレイ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
水路をのぞくハクセキレイ。餌を探しているのかな。

c0189013_05571433.jpg
シマヘビ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
水路の縁で枯草に紛れてながら、シマヘビがこちらをうかがっていました。
横縞の模様が残っているので若い個体だと思います。

c0189013_06023797.jpg
アキアカネ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
さて。この日の目的は赤とんぼ。田んぼの上を連結して飛ぶアキアカネたちです。
8月には渓流で、9月は山麓で見たアキアカネが、地元の田んぼにまで降りてきているか見てみたかったからです。

c0189013_06441184.jpg
アキアカネ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II,トリミング クリックすると大きめの絵になります
思った以上にたくさんのアキアカネが、連結飛翔で田んぼの上を飛んで移動していました。

c0189013_06480114.jpg
アキアカネ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II,トリミング クリックすると大きめの絵になります
なかには単独で飛翔している個体もいました。
もう少し大きく撮影できるといいのですが難しいですね!

c0189013_06522159.jpg
アキアカネの交尾(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
1ペアだけ交尾態でゆっくり飛翔していて、とまるのではと目で追うと近くの稲にとまってくれました。

c0189013_07022268.jpg
アキアカネの交尾(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
2、3分葉の上で静止した後、今度は他のペアと同じように連結飛翔で飛んでいきました。

c0189013_06514883.jpg
コシアカツバメ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM ,トリミング クリックすると大きめの絵になります
この日の田んぼでは、コシアカツバメが数羽絶え間なく田んぼの上を飛翔していました。
この写真では中央やや下よりに、小さくアキアカネの連結飛翔も写っています。
コシアカツバメたちは田んぼの虫たちを食べにやって来ているのかもしれません。

c0189013_07110135.jpg
コシアカツバメ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
上空を飛ぶこともあれば…

c0189013_07132641.jpg
コシアカツバメ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM ,トリミング クリックすると大きめの絵になります
田んぼすれすれを飛んでいることをありました。

c0189013_07145275.jpg
ノビタキ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM ,トリミング クリックすると大きめの絵になります
ノビタキは捕らえたバッタを杭の上で食べていました。

c0189013_07173348.jpg
コバネイナゴ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
ふと足元を見るとイナゴのペアと目が合いました。

c0189013_07192614.jpg
コバネイナゴ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
鳥たちに見つかることなく、無事子孫を残すんだぞ。

目的のアキアカネは産卵するところは観察できませんでした。
可能ならもう一度くらい田んぼを訪れて、アキアカネが地元の田んぼで産卵しているか見てみたいと思っています。

[PR]
by chantake123 | 2018-10-31 07:22 | Comments(4)

ミルンヤンマ

c0189013_06041904.jpg
ミルンヤンマ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
山麓の川辺でミルンヤンマを観察する機会に恵まれました。

c0189013_06152096.jpg
ミルンヤンマ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
パトロールしていたオスが垂れ下がる草にとまってくれました。
しばらくすると、小刻みに翅を震わせた後に飛び立っていきました。
よくぞ一度とまってくれたものです。
カッコいい姿を撮らせてくれて感謝です。

c0189013_06281715.jpg
ヒメアカネ(2018.9.29 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
同じ場所に小形の赤とんぼがいました。

c0189013_06302841.jpg
ヒメアカネ(2018.9.29 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
一瞬マユタテアカネかと思いましたが、顔の白いヒメアカネでした。

c0189013_06390586.jpg
ヒメアカネ(2018.9.29 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ちょこんと下草にとまってじっとしていたので、じっくり撮らせてもらいました♪

c0189013_06450114.jpg
イヌコウジュ(2018.9.29 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
傍でちらほら咲いていた可愛らしいピンクの花は、調べてみるとイヌコウジュかなあと思います。

c0189013_06472405.jpg
ナワシログミ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
ウバメガシのような葉をした木に白い花がついている?
帰って調べてみると、どうもグミの花のようです。

c0189013_06553157.jpg
イチモンジチョウ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
そろそろ日差しがないと長袖の方がいいかなあという時期でしたが、まだまだ蝶たちも頑張っていました。

c0189013_07000749.jpg
オオチャバネセセリ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
イチモンジチョウもオオチャバネセセリも秋に観察したことはあまり記憶にありません。

c0189013_07055452.jpg
セスジツユムシ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ツユムシが葉っぱと同化していました。
ちょうど目線の高さにいたので、たまたま見つけられたのかな。

c0189013_07123289.jpg
ハラビロカマキリ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
足元で飛んで移動してきた虫が着地したのでのぞくとハラビロカマキリでした。

c0189013_07152173.jpg
ハラビロカマキリ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
カマキリはやはり鋭い目つきをしてますね。

c0189013_07025171.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
イタドリの花にはヒメウラナミジャノメがやってきました。
だいぶ翅の色がうすくなってきてますが、葉の上でしっかり開翅のポーズを決めてくれました。
もう少し違った角度からも撮影しようかと思ったその時、
何かの気配が…

c0189013_07381402.jpg
オオカマキリ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
大きなカマキリが待ち構えているではないですか!!

c0189013_07411959.jpg
オオカマキリ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
左右どちらの花に虫がやってきても捉えにかかれる絶妙な位置取りです。

c0189013_07441106.jpg
オオカマキリ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
あまりにカッコよかったので、アップで撮らせてもらいました。
前足の付け根のオレンジ色がほとんど無いので、オオカマキリだと思います。

c0189013_07485660.jpg
オオカマキリ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
私が近づいたせいで蝶は飛び去ってしまいました。
でも、カマキリも栄養をつけて子孫を残さなければなりません。
カマキリにはちょっと悪いことをしてしまいました。

c0189013_07521673.jpg
オオカマキリ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
せめてこの機会にしっかり撮らせてもらおうと、
最後に正面から雄姿をパシャリ。

深まりゆく秋を精一杯生きる虫たちの姿を目に焼きつけて、
山麓をあとにしました。


[PR]
by chantake123 | 2018-10-14 07:57 | Comments(10)

相撲神社

c0189013_14572091.jpg
相撲神社(2018.9.22 奈良県桜井市, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
先週末は桜井市にある相撲神社を初めて訪れました。
桜井市観光情報サイトには、
約2000年前、垂仁天皇のころ、大兵主神社神域の小字カタヤケシにおいて、
野見宿禰と当麻蹴速が、日本最初の勅命天覧相撲を行った。これが日本の国技である相撲のはじまりとされている。
と書かれています。
ここが相撲発祥の地なのですね。

c0189013_15074849.jpg
纒向日代宮伝承地(2018.9.22 奈良県桜井市, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
桜井市観光情報サイトには、
纒向日代宮は、第12代景行天皇が営んだ宮です。
景行天皇の時、皇子の倭建命(ヤマトタケルノミコト)が活躍したとされています。
倭建命は、天皇の命を受けて大和に従わない九州の熊襲(クマソ)や出雲の国へ、一度帰朝してまた東の国々へと遠征を重ね、次々に服従させていったという古代の英雄です。
「大和は国のまほろば たたづく青垣 山ごもれる 大和し美し」は、命が遠征の帰途、病を得て亡くなる時に、ふるさと大和への思いを詠まれた歌の一節とされています。
と書かれています。

c0189013_15184710.jpg
ヒガンバナ(2018.9.22 奈良県桜井市, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
ヒガンバナが咲いているのを撮影できるかなと思っていましたが、
息子が予想以上に元気に走り回って、付きっきりになったので、
ほとんど撮影できませんでした(笑)

c0189013_15370874.jpg
アケビ(2018.9.22 奈良県桜井市, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
先日、実家でアケビの話をしていたときに、
「前に相撲神社付近を歩いたときにアケビがなっていたよ。」と父が言っていたので、
そんなこともあって、今回訪れたのでした。
自生のアケビには出会いませんでしたが、畑のアケビはたくさん実っていました。

c0189013_15430438.jpg
萩の花(2018.9.22 奈良県桜井市, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
畑には白やピンクの萩の花が咲いていて、ちょうど蜂がやって来たところでした。

c0189013_15453137.jpg
萩の花(2018.9.22 奈良県桜井市, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
白とピンクでは葉の形が違うので、別の種類のような気がしますね。

c0189013_15473402.jpg
ヘクソカズラ(2018.9.22 奈良県桜井市, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
たまたま道沿いに咲いていて何気なく撮ったのですが、
もっと良い名前を付けてあげればよいのに。
なかなかよいお花だと思いました。

c0189013_15533308.jpg
山の辺の道(2018.9.22 奈良県桜井市, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
山の辺の道も、とぎれとぎれにしか歩いたことがありません。
一度ゆっくりと時間をとって歩いてみたいものです。

[PR]
by chantake123 | 2018-09-30 15:57 | Comments(6)

チョウトンボ 2018

c0189013_05145024.jpg
チョウトンボ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
チョウトンボは青紫色の翅でひらひらと蝶のように飛ぶトンボです。
この夏は久々にゆっくりとチョウトンボを観察する機会がありました。

c0189013_05224104.jpg
チョウトンボ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
水面をヒシが覆うため池でチョウトンボが何匹もひらひらと舞っていました。
飛んでいるところを撮るのはあきらめて、やっと蔓の先にとまったところを撮らせてもらいました。

c0189013_05412747.jpg
チョウトンボ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
蔓が風でゆれて、ピントを合わせるのが難しかったです。
日差しの強さやちょっとした翅の角度の違いで、翅の色の濃さや輝き方も変わります。

c0189013_05452543.jpg
チョウトンボ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
この日は本当に暑くて、チョウトンボは蔓にとまるたびにしばらくするとおしりを上げていました。
自分も着ていたシャツが汗だくになりました。

c0189013_06274136.jpg
ギンヤンマ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
池ではギンヤンマも時折飛んでいました。
近くの枝に一瞬とまったので撮影しましたが、この直後飛び出してチョウトンボとニアミスしました。
今回チョウトンボは捕まりませんでしたが、
2011年にはギンヤンマがチョウトンボを捕食したのを観察したことがあります。

c0189013_06165041.jpg
チョウトンボ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
暑さで自分の方が先に撮影をギブアップしてしまいました(笑)
もっと綺麗に撮りたかったなあと課題が残りました。
でも、ふわふわと飛び交うチョウトンボは本当に綺麗でした。

c0189013_05511209.jpg
ショウジョウトンボ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
チョウトンボと同時に見られることが多いのがショウジョウトンボです。
最初は蔓の上をこのトンボが優占していました。

c0189013_05545597.jpg
シオカラトンボ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM
この池ではシオカラトンボは控えめで一匹だけでした。

c0189013_05570397.jpg
オオシオカラトンボ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
炎天下では暑すぎて少し休憩と思って日陰に入ると、近くでオオシオカラトンボが休んでいました。

c0189013_06012035.jpg
ウスバキトンボ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ため池の横の田んぼの上ではウスバキトンボがたくさん飛んでいました。
とまっているものがいないか辺りを探すと、日陰の枝先に休んでいる個体を見つけることができました。

c0189013_06495880.jpg
ベニイトトンボ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ため池ではイトトンボの仲間もいくつか観察できました。

c0189013_06532990.jpg
ベニイトトンボ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
久々に観察したベニイトトンボです。
ペアになって移動しているものもいました。

c0189013_06554847.jpg
ベニイトトンボ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
穏やかな個体だったようで、ゆっくり観察させてくれました。

c0189013_07004874.jpg
キイトトンボ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
草むらにふみこむと、キイトトンボが何匹が出てきてくれました。

c0189013_07094624.jpg
クロイトトンボ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
池の水面近くを小形のイトトンボが移動しているのに気がつきました。

c0189013_07124354.jpg
クロイトトンボ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
クロイトトンボでしょうか。ちょっと小さく感じましたが。

c0189013_07201816.jpg
モノサシトンボ(2018.8.3 奈良県, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
ため池に沿った日陰のところにはモノサシトンボがとまっていました。
最後に正面から撮らせてくれました。
また、観察しに来るね♪

c0189013_07261100.jpg
コバネイナゴ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
葉の裏に潜んでいたコバネイナゴ。
秋になったらイナゴももっと増えてくるでしょうか。

c0189013_07282213.jpg
アキノタムラソウ(2018.8.3 奈良県, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
道沿いに咲く紫の花がきれいでした。

c0189013_07295313.jpg
ツバメ(2018.8.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
停めていた車の上にはツバメの群れが。
親子でしょうか。
見送ってくれました。



[PR]
by chantake123 | 2018-08-22 07:31 | Comments(10)

お盆休み 2018

c0189013_07165257.jpg
雨上がりの里山(2018.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
今週はつかの間のお盆休みです。
昨日の午後はお昼過ぎに強めの雨が降った後で晴れ間が出てきたので、
居ても立ってもいられなくなり、里山へと出かけました。

c0189013_07242622.jpg
キアゲハ(2018.8.14 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM,トリミング
里山を歩き始めると、雨上がりで雲が多めなため日差しも弱めで、
暑さがましで比較的歩きやすかったです。
道沿いの草地では、ひっそりとキアゲハの交尾が見られました。

c0189013_07290541.jpg
トノサマバッタ(2018.8.14 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
道を歩く私に驚いてトノサマバッタが飛び出しました。

c0189013_07354299.jpg
カブトムシ(2018.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
今日のお目当ては、雑木林のスター。
カブトムシ君とクワガタムシ君です。
心当たりのクヌギの木をのぞくと、樹皮の割れ目にカブトムシ君のおしりが♪
あと、奥のスズメバチが覗いている割れ目の奥にはクワガタムシ君も確認!
後で出てきてもらいましょう。

c0189013_07404517.jpg
ヒメスズメバチ(2018.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
近くにスズメバチがいて心配しましたが思いのほかフレンドリーで、
私の事など意に介さず樹液に顔をつっこんだりした後で飛んでゆきました。
家に帰ってから調べてみたところ、おしりの模様からヒメスズメバチのようです。

c0189013_07444048.jpg
カブトムシ(2018.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
今回出会えたカブトムシ君は小柄で角も可愛らしい感じでした。

c0189013_07465160.jpg
カブトムシとサトヒマダラヒカゲ(2018.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
このクヌギの木は樹液の出がいいようで、カブトムシ君の撮影中にも
入れ代わり立ち代わり、サトヒマダラヒカゲやヒカゲチョウが飛んできました。

c0189013_07542352.jpg
コクワガタ(2018.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
樹皮の割れ目に指をつっこんで、クワガタムシ君を外へと出してみました。
コクワガタの雄でした。

c0189013_07564640.jpg
コクワガタ(2018.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
コクワガタとしてはなかなか立派な個体で、
大顎も発達していてカッコよかったです。

c0189013_07590885.jpg
コクワガタ(2018.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
おとなしく撮影させてくれました。
出てきてくれてありがとう。
樹皮の割れ目に戻すと、素早く入ってゆきました。

c0189013_08015043.jpg
カブトムシ(2018.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
最後にカブトムシ君も記念撮影♪
姿を見せてくれてありがとう!
今回はカブトムシ君とクワガタムシ君の両方に出会えて大満足。

c0189013_08104451.jpg
ナツズイセン(2018.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
道沿いに植えられていたナツズイセンの花。
淡いピンクのお花は雨上がりで水滴がついていました。

c0189013_08102109.jpg
ナツズイセン(2018.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
ナツズイセンの花も終わりかけですね。
雑木林ではセミの鳴き声は
アブラゼミやミンミンゼミに混じって
ツクツクボウシの声も聞こえていました。

夏も少しずつ終わりに近づいているかなぁ。
少し寂しさも感じながら、里山をあとにしました。








[PR]
by chantake123 | 2018-08-15 08:24 | Comments(2)

エゾゼミ

c0189013_03124460.jpg
エゾゼミ(2018.7月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II,トリミング クリックすると大きめの絵になります
少し標高のある山を訪れた時のこと。
ギーーーーというエゾゼミの鳴き声を耳にしつつ、
エゾゼミといえば木の高い所にいて、子供の頃からまともに姿を見つけられないことがほとんどで、
どうせ見られないだろうとスルーしかけたのです。
でも、鳴き声がする木がアカマツ。そんなに樹高も高くない。鳴き声の聞こえる場所がけっこう近い。
ちょっくら覗いてみようと、カメラに望遠レンズを付け替えて鳴き声の方を探してみる。
すると、まつぼっくりにセミがついているではないですか!

c0189013_03294797.jpg
エゾゼミ(2018.7月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
松の枝で見えにくいので良い角度を探すのですが、
いったん視野からはずしてしまうと、もう一度視野に捉えるのにしばらくかかってしまいます。
再び姿を捉えた時にはちょうど体の向きを変えているところで、
これは飛び去ってしまうかな… と心配しましたが、
そのまま留まって鳴き続けてくれました。

c0189013_03380524.jpg
エゾゼミ(2018.7月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
何とか正面からエゾゼミが見える場所にまわり込んだのですが、あいにくの逆光でした。
それでも、黒地に黄や赤の模様が入った美しい姿を見ることができました。

c0189013_03422280.jpg
エゾゼミ(2018.7月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
枝の真下まで行って見上げてみましたが、逆光で撮影が難しかったです。

c0189013_03441940.jpg
エゾゼミ(2018.7月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
というわけで、逆光にならない方向から再び観察。
元気に鳴き続けてくれていました。

名前に「エゾ」とつくだけあって北海道ではよく見られるのだと思います。
奈良では奈良盆地内では見られず、ある程度標高の高い地域に行ったときに鳴き声を聞くことができます。

連日暑い日が続き熱中症対策が叫ばれる昨今、
エゾゼミにとっては地球温暖化で棲みやすい場所が少しずつ減っているかもしれません。

これからも夏のお山で
ギーーーーという鳴き声を響かせ続けてほしいものです。

[PR]
by chantake123 | 2018-08-09 04:11 | Comments(4)

台風12号通過

c0189013_03360595.jpg
飛鳥川(2018.7.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
台風12号は東側から日本列島に接近・上陸し、本州を西進する珍しい経路で進みました。
私の住む奈良県田原本町では、29日の午前1時から3時頃にかけて強風を伴う激しい雨が降りました。
記録的短時間大雨情報が発表され、田原本町では午前2時半までの1時間に約100ミリの雨が降ったようです。
朝、雨がやんで近所を歩いてみると、近くの飛鳥川は濁流が流れていました。

c0189013_03541857.jpg
飛鳥川(2018.7.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
川辺に下りる道が水に浸かってしまっていました。

c0189013_03555786.jpg
飛鳥川(2018.7.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
水位が低いときは飛び石を渡って向こう岸まで行けるのですが。
向こう岸の川に沿った道が完全に浸かってしまっていました。

c0189013_03594898.jpg
アブラゼミ(2018.7.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
公園沿いの下草にアブラゼミがとまっていました。
普段なら足元にセミがとまっていることはなかなかないのですが、
激しい大雨の影響で木から落ちてしまったのではないでしょうか。

c0189013_04042789.jpg
アブラゼミ(2018.7.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
地面から高さ2、30cmくらいの所にとまっていました。
右上に写っている抜け殻はひと回り大きいので、クマゼミのものだと思います。

c0189013_04083536.jpg
畝傍山(2018.7.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
南の方をみると、雨に濡れた田んぼの向こうに畝傍山。

c0189013_04110683.jpg
二上山(2018.7.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
西の方を見ると、京奈和自動車道の向こうに二上山。
台風が去った方向なので、暗い雲に覆われていました。
雨上がりだったので、虹がかかっていました。

c0189013_04152413.jpg
クマゼミ(2018.7.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
雨に濡れた道路をクマゼミが歩いていました。
このクマゼミも雨で地面に落ちちゃったのかな。
それでも、公園の木々からは、シャアシャアとクマゼミたちの大合唱が響いていました。
大雨を受けてもセミたちはたくましいなあと思いました。

c0189013_04203135.jpg
樫の木(2018.7.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
公園に沿って歩いていると、樫の木の下あたりで柵に小さな虫がとまっていることに気がつきました。

c0189013_04223247.jpg
ハイイロチョッキリ(2018.7.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
こんな感じです。

c0189013_04233893.jpg
ハイイロチョッキリ(2018.7.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
近づいて見ると、口のながーいハイイロチョッキリでした。
どんぐりに産卵するとき、この口を使ってどんぐりに穴を開けてから産卵するのです。

c0189013_04263663.jpg
ハイイロチョッキリ(2018.7.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
このハイイロチョッキリも大雨の影響で樫の木から落ちてきたものではないかと思います。
私が観察しているとちょこちょこと柵を登りだして、この写真のあとにプーンと飛び立って樫の枝へと上がっていきました。

c0189013_04300467.jpg
水たまり(2018.7.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
公園の道には大きな水たまりができていました。

c0189013_04310836.jpg
東側の空(2018.7.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
台風が過ぎ去った東側の空には、青空が覗いていました。

c0189013_04342181.jpg
ヒマワリ(2018.7.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
満開だったヒマワリも台風で花が下を向いてしまいました。

c0189013_04364410.jpg
台風が残していった雲(2018.7.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
台風が去り、ちぎれたような雲と爽やかな青空が残りました。

今回の台風12号は九州を通過後、九州の南で一回転ループしたのち、やっと西へと離れていきつつあります。
西日本豪雨、台風12号とこれ以上各地での災害が拡大しませんように。




[PR]
by chantake123 | 2018-08-02 04:54 | Comments(2)

ムカシヤンマ

c0189013_02284155.jpg
森の中の湿地(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
先月、森の中の湿地を訪れました。

c0189013_02314858.jpg
ムカシヤンマ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
この湿地を訪れるとかならず出会えるのがムカシヤンマです。

c0189013_02413632.jpg
ムカシヤンマ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
私が何者なのか探るかのように近づいてきて、足元にとまってくれました。
ムカシトンボと同じく原始的な形状を残しているトンボなので、この名前がついているそうです。
ヤンマという名前が示すとおり大形のトンボですが、
オーストラリアに分布するテイオウムカシヤンマは体長150 mm、翼長も180 mmで
ハビロイトトンボと並んで現生のトンボ類の最大種だそうです。

c0189013_02505638.jpg
カワトンボの仲間(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
辺りをひらひらと飛ぶカワトンボも見られました。
手前の葉がレンズにぶつかっているのですが、それぐらいまで近づかせてくれました。

c0189013_02550111.jpg
バッタの仲間(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
はねるようにちょこんと葉の上にとまったバッタさん。
大きくなるとどんな姿になるのでしょう。

c0189013_02565058.jpg
モチツツジ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
湿原へと続く道にはちらほらとモチツツジが咲いていました。

c0189013_02581876.jpg
ネジキ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
稜線ではネジキの白い花をたくさん見ました。

c0189013_03082685.jpg
ツルアリドウシ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
2つずつ可愛らしい花をつけるツルアリドウシ。

c0189013_03185745.jpg
コナスビ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
初めて見た黄色い花はコナスビ。
花後、小さな丸い実をつけるが、その果実がナスビ(茄子)に似ているとされ、コナスビ(小茄子)の名が付いたそうです。

c0189013_03350174.jpg
ニョイスミレ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
ニョイスミレの葉がたくさんあったので、花の季節にもまた見てみたいものです。

c0189013_03424093.jpg
タツナミソウの仲間(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
この日、山中で美しい花を見せてくれたのがタツナミソウの仲間でした。

c0189013_03480960.jpg
タツナミソウの仲間(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
特に湿地へと続く道沿いには、濃い紫の花がたくさん見られてとても綺麗でした。

c0189013_03504450.jpg
タツナミソウの仲間(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
タツナミソウは最初の1枚と後の2枚では種類が違うように感じるので、もう少し調べてみたいと思っています。




[PR]
by chantake123 | 2018-06-18 03:53 | Comments(0)

彼岸花の季節

c0189013_20515476.jpg
ヒガンバナ(2017.9.24 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM クリックすると大きめの絵になります
今年もたくさんの彼岸花が咲きました。

c0189013_20555069.jpg
ヒガンバナ(2017.9.24 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM クリックすると大きめの絵になります
これから迎える稲の収穫を祝うかのように、田んぼの周りを朱く彩ります。

c0189013_20585282.jpg
ヒガンバナ(2017.9.24 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM クリックすると大きめの絵になります
放射状に広がって咲くたくさんの花たちです♪

c0189013_21072550.jpg
ヒガンバナ(2017.9.24 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM クリックすると大きめの絵になります
稲穂をバックに撮ってみました。

c0189013_21085602.jpg
アオモンイトトンボ(2017.9.24 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM クリックすると大きめの絵になります
彼岸花を撮っていると、足元を小さなイトトンボが横切りました。

c0189013_21105272.jpg
アオモンイトトンボ(2017.9.24 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM クリックすると大きめの絵になります
夏にはまだオレンジ色を帯びていたアオモンイトトンボが成熟していました。

c0189013_21132029.jpg
シオカラトンボ(2017.9.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
シオカラトンボのメスは翅がだいぶくたびれていますが、きっとこの水田で子孫を繋いでいってくれるでしょう。

c0189013_21193341.jpg
モンシロチョウ(2017.9.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
モンシロチョウはちらほらと飛び続けては、時々稲穂の上で休みます。

c0189013_21220259.jpg
モンキチョウ(2017.9.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
活動前の朝のモンキチョウ。彼岸花を撮ったあと戻ってみると、もう姿はありませんでした。

c0189013_21244613.jpg
ノビタキ(2017.9.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM,トリミング クリックすると大きめの絵になります
彼岸花の咲く季節には、ノビタキが姿を見せてくれるようになります。

c0189013_21273636.jpg
メダカ(2017.9.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
水路にはメダカの姿も見られました♪

c0189013_21285504.jpg
メダカ(2017.9.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
上から見た時に中央に走る黒いラインがメダカの証です。

c0189013_21375077.jpg
メダカ(2017.9.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
田んぼの中にも、その姿を見ることができました。

c0189013_21401206.jpg
トノサマバッタ(2017.9.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
田んぼに走る農道では、足元からトノサマバッタが飛び出してきました。

c0189013_21415132.jpg
トノサマバッタ(2017.9.24 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM クリックすると大きめの絵になります
トノサマバッタににじり寄って、レンズにぶつかりそうな距離から撮ってみました。

c0189013_21463036.jpg
エンマコオロギ(2017.9.17 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
一週前の写真も少し。久々に見かけたコオロギです。
子供の頃はよく見かけたなぁと懐かしく感じました。

c0189013_21521307.jpg
毬栗(2017.9.17 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
足元に落ちていた毬栗。

c0189013_21534884.jpg
毬栗(2017.9.17 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
見上げるとたくさん実っていました。

c0189013_21545091.jpg
ウスバキトンボ(2017.9.17 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
最近は9月に赤とんぼにはなかなか出会えなくて、ウスバキトンボばかりですね。

c0189013_21572548.jpg
イチモンジセセリ(2017.9.17 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
イチモンジセセリとツユクサのツーショットで、今回はおしまいです。





[PR]
by chantake123 | 2017-09-30 21:59 | Comments(6)

c0189013_06222429.jpg
中干し(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
近所の田んぼではイネが青々と生長し、田んぼから水を全て抜いて乾燥させる「中干し」が始まっています。

c0189013_06291841.jpg
田植えの頃は…(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
こちらは一か月半ほど前に田植えがされた頃の写真です。イネの生長は本当に著しいです。

c0189013_06362565.jpg
アゲハチョウ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
それでは、この一か月半ほどで見かけた近所の生き物たちを紹介します。
アゲハチョウは、神社周辺の畑に柑橘類が植えられているので、常に発生しています。

c0189013_06415134.jpg
モンシロチョウ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
アゲハチョウと共に常に見られるのがモンシロチョウ。
炎天下でも道ばたの花で吸蜜していたりします。

c0189013_06444195.jpg
クヌギ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
いくつか生えているクヌギの木立の下では…

c0189013_06464766.jpg
ヒメジャノメ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
ひょこひょこと飛び回るヒメジャノメの可愛らしい姿があります。

c0189013_06482813.jpg
ヒメジャノメ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
この時はまだ朝でまったりとしていたようです。目の前まで近づかせてくれました。

c0189013_06532752.jpg
クチベニマイマイ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
木立の下は湿潤に保たれていて、クヌギの幹にはシダやコケ、カタツムリも見られました。

c0189013_06564356.jpg
コミスジ(2017.6.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
林縁をスー、スーと旋回していたのはコミスジでした。

c0189013_06590323.jpg
コミスジ(2017.6.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
自宅周辺は、点在する神社にしか林のような環境がないのですが、そのような場所でたくましく発生してくれています。

c0189013_07080084.jpg
生垣(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
生垣に植えられているのは、おそらくシモツケの仲間。

c0189013_07122179.jpg
ホシミスジ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
その植栽されたシモツケやユキヤナギで発生するようになったのがホシミスジです。
最近はコミスジよりも見かけることが多いです。

c0189013_07145803.jpg
イチモンジセセリ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
7月も後半になりイチモンジセセリも出てきました。

c0189013_07174977.jpg
オニユリ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
神社に植えられているオニユリの花は早くも終盤です。

c0189013_07193342.jpg
キツネノカミソリ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
昨年に続いてキツネノカミソリの花に出会うことができました。

c0189013_07210231.jpg
ニイニイゼミ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
飛鳥川沿いの桜並木では、ニイニイゼミのチーーーーーという鳴き声が響いています。

c0189013_14162440.jpg
ショウリョウバッタ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
田んぼ脇の草地では、ショウリョウバッタが成虫へと成長していました。

c0189013_14180887.jpg
セスジイトトンボ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
飛鳥川で見かけたセスジイトトンボ。

c0189013_14201500.jpg
アオモンイトトンボ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
田んぼ脇で見られた雌のアオモンイトトンボは見慣れない色で迷いました。

c0189013_14221165.jpg
ハグロトンボ(2017.6.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ハグロトンボは今年だけで3度見かけているので、家の近所で定着していると思います。
飛鳥川で羽化した後、神社の林や公園の木立へと移動して生活しているようです。

c0189013_14255443.jpg
ハグロトンボ(2017.6.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
葛の葉の上でポーズを決めてくれました!
隣の市でも見かけたので、個人的には増加傾向にあると感じています。
そのうち奈良盆地の平野部の河川で普通に見られるようになるのではないかと楽しみにしています。






[PR]
by chantake123 | 2017-07-24 14:28 | Comments(4)