タグ:昆虫:タテハチョウ科 ( 89 ) タグの人気記事

秋雨の合間に

c0189013_06300771.jpg
ツリガネニンジン(2018.9.1 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
里山の草地はツリガネニンジンの咲く季節になりました。

c0189013_06384942.jpg
ニラの花(2018.9.1 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
ニラの花も咲き始めていました。
つぼみは三角形なのですね。

c0189013_07461752.jpg
クサギ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
咲き始めたクサギの花も綺麗でした。

c0189013_07500924.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
この日は降ったりやんだりの雨模様。
雨の止み間に林に沿って歩くと、
クズの葉の上にお目当ての蝶が姿を現しました。

c0189013_08035763.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
渋い細波模様と蛇の目模様。
ヒメウラナミジャノメは葉についた雨粒を吸っていました。

c0189013_08063836.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
こちらに気がついてにらめっこ。

c0189013_08095570.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
少し明るい所に出ると翅を開いて、表の模様も見せてくれました。

c0189013_08124988.jpg
ウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
この個体はちょっと翅の茶色が赤みが強い?

c0189013_08150176.jpg
ウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
翅の裏側を見ると…
蛇の目模様の数が少ない。こちらはウラナミジャノメでした。

c0189013_08170676.jpg
ウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ヒメウラナミジャノメとウラナミジャノメは全く同じ場所で見られました。
ヒメウラナミジャノメがたくさん見られたのに対して、
ウラナミジャノメは2匹だけで、翅もくたびれていました。
きっとウラナミジャノメの方が少し前から出現していたのでしょう。

c0189013_08223598.jpg
ウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
後翅の蛇の目模様を鳥についばまれたのかもしれません。
それでも胴体は無事で生き延びて、たくましく飛んでいました。
元気な姿を見せてくれてありがとう。

c0189013_08282948.jpg
ヒメジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ウラナミとヒメウラナミと同じ場所見られたヒメジャノメ。
2種類と比べて少し大きめです。

c0189013_08304435.jpg
ヒメジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
翅を開くと、大きめの蛇の目が目立ちました!

c0189013_08273311.jpg
ダイミョウセセリ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ジャノメチョウの仲間に混じって、色合いは似ていながら飛び方が直線的なのが居ました。
クズの葉にとまった所で、正体がダイミョウセセリだと分かりました。

c0189013_08354479.jpg
ダイミョウセセリ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ベタっと翅を開いてとまるところが、ちょっと蛾っぽいですね(笑)

c0189013_08444889.jpg
ヤマトシジミ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
2匹のヤマトシジミが少しずつ移動してゆきます。
メスの傍でオスが翅を震わせて近づきます。
恋が成就するといいな。

c0189013_08485232.jpg
イチモンジセセリ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
草地に目を移すと、イチモンジセセリがたくさん。

c0189013_08551362.jpg
イチモンジセセリ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
アキノタムラソウの花畑では2匹仲良く蜜を吸っていました。

c0189013_09014433.jpg
イチモンジセセリ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
オスがメスに近づいて頭をすりすり。

この日は途中で雨が強くなって、いったん30分ほど雨宿りしました。
そして、最後の写真の後にも雨が降って来て撮影を終えました。
そんな雨の止み間にも、蝶たちは元気に飛び回って、
ひと夏の恋を成就させるのでした。

[PR]
by chantake123 | 2018-09-15 09:21 | Comments(4)

渓流に涼む

c0189013_01171542.jpg
午後の渓流(2018.8月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
先月、家族3人で川遊びに渓流を訪ねたときの写真です。

c0189013_01242478.jpg
午後の渓流(2018.8月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
澄み切った透明な水が流れ下っていきます。

c0189013_01255794.jpg
午後の渓流(2018.8月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
滝の部分がブルーに輝いていました。

c0189013_01274592.jpg
午後の渓流(2018.8月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
渓流沿いの岩からは水がしみ出していました。

c0189013_01294069.jpg
午後の渓流(2018.8月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
幾つもの小さな流れから本流へと、清らかな水が流れ込んでいきます。

c0189013_01334990.jpg
アキアカネ(2018.8月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
河原の石の上には何匹ものアキアカネが見られました。
秋になったら上流域から里の方へと下りていくのでしょう。

c0189013_01382077.jpg
アキアカネ(2018.8月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
河原で足を水に浸ける奥さんと息子を撮ろうと吊り橋に上ると、吊り橋にもアキアカネがとまっていました。

c0189013_01441174.jpg
カワトンボの仲間(2018.8月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
岩の上にはカワトンボの姿も見られました。

c0189013_01475772.jpg
サカハチチョウ(2018.8月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
川遊びをした河原から少し歩いて周囲を散策すると、蝶たちにも出会うことができました。
サカハチチョウは遠くからしか撮影させてくれませんでしたが、いかにも渓流が似合う蝶ですね。

c0189013_01540346.jpg
アサギマダラ(2018.8月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II,トリミング クリックすると大きめの絵になります
頭上に咲く白い花ではアサギマダラが蜜を吸っていました。

c0189013_01574753.jpg
ミドリヒョウモン(2018.8月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
今回初めて知ったことは、ヒョウモンチョウの仲間が吸水のために湿った地面や河原へと降りてくることです。

c0189013_02010647.jpg
ミドリヒョウモン(2018.8月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
ミドリヒョウモンはしばらく吸水をしては飛び立ち、少しずつ移動していきました。

c0189013_02054426.jpg
オオウラギンスジヒョウモン(2018.8月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
鮮やかなオレンジ色をしたヒョウモンチョウの仲間が河原に降りてきたので少しずつ近づいてカメラを構えたのですが、
シャッターを押す寸前に警戒して飛び立たれてしまいました。
そして、私が何者かを探りに来るかのように、私の足元へと飛んできたところです。
レンズ越しににらめっこしながら後ずさりしながら撮らせてもらった一枚です。
家に帰ってから翅の模様を図鑑と見比べて、オオウラギンスジヒョウモンだったと分かりました。

c0189013_02155209.jpg
ニワハンミョウ(2018.8月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
オオウラギンスジヒョウモンが飛び去ったあとの河原にツツツーーと移動していくハンミョウの姿が。

c0189013_02193403.jpg
ニワハンミョウ(2018.8月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
葉の影まで移動したところで落ち着いてくれました。

c0189013_02214044.jpg
フキバッタの仲間(2018.8月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
フキバッタはくりっとした眼が可愛らしいですね。

c0189013_02242267.jpg
カワゲラの仲間(2018.8月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
渓流っぽい虫を見つけたので撮っておきました。
カワゲラの仲間だと思うのですがどうでしょうか。

c0189013_02302621.jpg
ウバユリ(2018.8月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
渓流沿いにはいろんな花が咲いていました。
川遊びをした河原にはウバユリが咲いていました。

c0189013_02330680.jpg
ノリウツギ(2018.8月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
吊り橋の横にはノリウツギの花が咲いていました。

c0189013_02345375.jpg
ハガクレツリフネ(2018.8月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
ツリフネソウもこの地域の渓流沿いではおなじみです。

c0189013_02370327.jpg
アカバナの仲間(2018.8月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
岩場に咲き始めていた白い花。
シルエットからアカバナの仲間かなあとおもったのですが自信がありません。

c0189013_02385862.jpg
モミジガサの仲間(2018.8月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
モミジガサは日陰にひっそりと咲いていたのが印象的でした。

c0189013_02465842.jpg
ミゾホオズキ(2018.8月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
水の浸みだしている所でミゾホオズキの花を初めて見ることができました。

c0189013_02522655.jpg
ダイコンソウ(2018.8月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
車を停めたところにダイコンソウの花が咲いていました。

c0189013_02535990.jpg
夏空(2018.8月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
最後の一枚は川遊びをした河原から見上げた空です。

1歳半になった息子は初めて川に足を浸けました。
最初は怖がって奥さんに抱っこしてもらっていましたが、
冷たい水が気持ちよかったようで、だんだんと積極的に水を触るようになり、
最後は一人で立って、水面を手でバシャバシャたたいたり、水中の小石を掴んだりと、
本当に楽しそうでした。
この夏の良い思い出になりました。


[PR]
by chantake123 | 2018-09-03 03:05 | Comments(6)

c0189013_05415247.jpg
ギボウシの仲間(2018.7月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
前回に引き続き、ヒョウモンチョウのいる高原を訪れました。
前回つぼみだったギボウシの花が咲き始めていました。

c0189013_05472018.jpg
オオウラギンスジヒョウモン(2018.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
低木に咲く白いお花は何という種類でしょうか。
オオウラギンスジヒョウモンのメスが蜜を吸っていて、
それに絡むようにオスが求愛していました。

c0189013_05522721.jpg
オオウラギンスジヒョウモン(2018.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
オオウラギンスジヒョウモンのメスは少しずつ位置を変えながら長い間吸蜜していきました。

c0189013_05542386.jpg
オオウラギンスジヒョウモン(2018.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
オオウラギンスジヒョウモンのメスが近くの下草にとまりました。
美しいヒョウ柄の模様を見せてくれました。

c0189013_05594965.jpg
メスグロヒョウモン(2018.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
メスグロヒョウモンのメスも同じ花に来ていたようです。
私が通ったときには、隣の栗の木に上がってしまいました。

c0189013_06063461.jpg
キマダラセセリ(2018.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
白い花にはキマダラセセリもやって来ていました。

c0189013_06090502.jpg
キマダラセセリ(2018.7月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
一度雨がぱらっと降ってきたときに、木陰の笹の葉にキマダラセセリがとまってくれました。

c0189013_06115861.jpg
キマダラセセリ(2018.7月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
前回見られたセセリチョウはオオチャバネセセリがほとんどだったのに対して、
今回はキマダラセセリやダイミョウセセリが多かったです。
少し季節が移ると見られる種類も変わっていくのを実感しました。

c0189013_06153463.jpg
ジャノメチョウ(2018.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ジャノメチョウは出始めという感じでした。
雨が降り始めて暗くなったので、何とかぶれずに写すのが精いっぱいでした。

c0189013_06184397.jpg
ツマグロヒョウモン(2018.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
この高原にはツマグロヒョウモンも生息しています。
平地では種間競争の結果、ヒョウモンチョウの仲間の中ではツマグロヒョウモンが一人勝ちしている状況です。
少し標高の高いこの高原では、これからもさまざまなヒョウモンチョウが共存してくれることを願っています。

c0189013_06250185.jpg
ウラギンヒョウモン(2018.7月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
帰り道で少し寄り道をして、もう少し標高の低い別の草はらに立ち寄りました。
ここでも、ウラギンヒョウモンやジャノメチョウが元気に飛び交っていました。
この草はらをこの時期に訪れるのは初めてで、ウラギンヒョウモンが棲んでいることに初めて気がつきました。


c0189013_06285008.jpg
カキラン(2018.7月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
また、田んぼに沿った斜面にはカキランがたくさん咲いていることに初めて気がつきました。

c0189013_06325370.jpg
カキラン(2018.7月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
野外でこのように蘭の花をたくさん観察できるのは嬉しいものです。

今回巡った2つの草はらでは、訪れる時期が少し違うだけで見られる蝶や花が変わっていくということを教わった気がします。
いつもいつも出かけられる訳ではありませんが、丁寧にこまめに観察に出歩く大切さを今回痛感したのでした。
一方で、今回期待していながら出会えなかった種類もありました。
1回1回の出会いを大切にして、これからも見に行ければと思います。

[PR]
by chantake123 | 2018-07-15 06:50 | Comments(2)

c0189013_02301670.jpg
ササユリ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
平地より少し標高の高い山を訪れました。
職場の近くと比べると、ササユリの開花も1ヶ月近く遅いのですね。

c0189013_02371492.jpg
ギボウシの仲間(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
草はらの中から、ギボウシの花も顔を出していました。

c0189013_02393307.jpg
ミズイロオナガシジミ(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
栗の花を見上げていると、葉の上にミズイロオナガシジミが姿を見せてくれました。

c0189013_02462737.jpg
ウツボグサ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
足元にはウツボグサがたくさん咲いています。

c0189013_02482132.jpg
スジグロシロチョウの仲間(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
スジグロシロチョウの仲間が好んで吸蜜にやって来ていました。

c0189013_02564872.jpg
スジグロシロチョウの仲間(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
少し翅を開いてくれた時に見てみると、黒斑が小さめで上下の翅脈に接していないように見えました。
自信がありませんが、ヤマトスジグロシロチョウかなあと思いました。

c0189013_03040638.jpg
オオチャバネセセリ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
この日はオオチャバネセセリもたくさん見られて、ウツボグサの花にもやって来ていました。

c0189013_03063257.jpg
オオチャバネセセリ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
花の上でも葉の上でも、大らかに近くから観察させてくれました。

c0189013_03112804.jpg
ママコナ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
ちらほらと咲く花たちを見ながら、草はらを歩きます。

c0189013_03134393.jpg
イヌゴマ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
うすいピンクの花は確かイヌゴマでしたっけ。

c0189013_03163147.jpg
ヒカゲチョウ(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
ちょうどイヌゴマの花を撮影している時に出てきてくれたのがヒカゲチョウでした。

c0189013_03190614.jpg
クロヒカゲ(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
少し暗めの環境では、クロヒカゲもたくさん見られました。

c0189013_03210347.jpg
ノアザミ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
アザミの花もたくさん咲いていました。

c0189013_03224847.jpg
キアゲハ(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
アザミの花にはさまざまな蝶が吸蜜にやって来ていました。
花がたくさん集まっているので多く蜜を吸えるのか、
キアゲハは長い間この花にとまっていました。

c0189013_03280568.jpg
ウラギンヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
そして、この日はヒョウモンチョウの仲間に出会えるかもしれないと期待していました。
飛び回る姿は見えてもなかなか花にとまってくれなかったのですが、
やっとアザミの花にとまってくれたのでした。

c0189013_03324843.jpg
ウラギンヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
「飛ばないで」と心の中で願いながら、少しずつ近寄りながら撮影しました。

c0189013_03345914.jpg
ウラギンヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
たくさんの花が集まっているため、少しずつストローを差し込む花を変えていくにつれて、
ヒョウモンチョウの体の向きも変わってゆきます。

c0189013_03382847.jpg
ウラギンヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
結果的に、だいぶ近くから撮影させてくれました。
翅の裏側に白色(銀色)の斑紋がたくさんあるので、裏銀豹紋ですね。

c0189013_03420758.jpg
ウラギンヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
偶然、閉じていた翅を開いた瞬間にシャッターを切っていました。
この直後に翅を羽ばたかせて飛び去ってゆきました。

c0189013_03443300.jpg
メスグロヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
この場所で蝶を撮影されていた方が「メスグロヒョウモンがいますよ」と教えてくださりました。
雄の翅はオレンジ色なのですが、雌の翅はこのように黒色になるので雌黒豹紋です。

c0189013_03492486.jpg
メスグロヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
時々翅を開閉させるときに、角度によって翅が青みがかって見えて美しかったです。

c0189013_03513959.jpg
オオウラギンスジヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
草はらを飛んでいたヒョウモンがちょこんと葉の上にとまりました。
翅裏に白色(銀色)の筋があるので、大裏銀筋豹紋です。

c0189013_03552899.jpg
オオウラギンスジヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
しばらくすると、翅を開閉させたりプルプル震わせたりウォーミングアップをして、
そして飛び上がってゆきました。

c0189013_03574280.jpg
ミドリヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
最後にミドリヒョウモンが葉の上にとまって休憩する姿を見せてくれました。
これだけたくさんの種類のヒョウモンチョウの仲間に出会えるとは思っていませんでした。

c0189013_04030331.jpg
オカトラノオ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
咲き始めていたオカトラノオの花。

c0189013_04062595.jpg
オカトラノオ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
少し麓へと下りると群生して咲いている場所もありました。

c0189013_04075298.jpg
アケビの実(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
早くもアケビが実をつけていました。

c0189013_04091685.jpg
ルリセンチコガネ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
おまけのルリセンチコガネです。

[PR]
by chantake123 | 2018-07-01 04:12 | Comments(6)

ササユリ 2018

c0189013_01321060.jpg
ササユリ(2018.5月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
今年は、職場近くではかろうじて2輪、ササユリの花を見ることができました。

c0189013_01354541.jpg
ササユリ(2018.5月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
ここでは花色の濃いものから白色のものまで、さまざまなタイプが見られます。
今年見られた花は非常に淡い色でした。

c0189013_01352797.jpg
ササユリ(2018.5月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
以前はたくさん見られたのですが、ここ数年はかろうじて出会えているような状態です。
また来年も花を咲かせてね。そう声をかけながらシャッターを切りました。

c0189013_01495421.jpg
ササユリ(2018.6月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO)クリックすると大きめの絵になります
別の里山では、今年も比較的たくさんの花を見ることができました。

c0189013_01534399.jpg
ササユリ(2018.6月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
笹の間から元気に花を咲かせています。

c0189013_01545887.jpg
ササユリ(2018.6月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
ここで見られるササユリはピンク色。
夕陽に花弁が透かされて美しかったです。

c0189013_02012898.jpg
ササユリ(2018.6月 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
蕾も綺麗に色づいていました。

c0189013_02024451.jpg
ササユリ(2018.6月 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
毎年里山を歩いては、こうして綺麗な花たちに出会える事は本当に有難いと思っています。

c0189013_02082375.jpg
クロヒカゲ(2018.6月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
笹の葉の上ではクロヒカゲを見ることができました。
眼状紋とその周りを縁取るブルーが美しいです。

c0189013_02114406.jpg
カワトンボの仲間(2018.6月 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
足元の細流にはカワトンボの姿も見ることができました。






[PR]
by chantake123 | 2018-06-23 02:14 | Comments(4)

ヒツジグサの咲く森

c0189013_06000555.jpg
キビタキ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
先月、数年ぶりに訪れた森で出会った生き物たちを紹介します。
「ピィ ピィピィ」と独特の鳴き声が聞こえたので、声の方向に目を凝らすと、
橙色と黒の美しい姿、キビタキ君でした。

c0189013_06111843.jpg
ヤマボウシ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
早くもヤマボウシの花がたくさん咲いていました。

c0189013_06152715.jpg
シダの仲間(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
シダの新緑が美しかったので、思わずカメラを向けてしまいました。

c0189013_06174298.jpg
アカシジミ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
この森の中には池が点在していて、ある池のほとりでちらちらと飛翔するアカシジミに出会いました。

c0189013_06220326.jpg
アカシジミ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ササの葉にとまったので、飛び去らないでと願いながらシャッターを切りました。

c0189013_06280014.jpg
アカシジミ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ちょっとずつ場所を移動した後、池の向こうへと飛び去ってゆきました。

c0189013_06310961.jpg
ルリシジミ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
別の池の畔ではきれいなルリシジミに出会いました。

c0189013_06331852.jpg
ルリシジミ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
この池の畔にはクララがたくさん生えていて、たくさんのルルシジミが飛び交っていました。

c0189013_06371192.jpg
ルリシジミ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
クララの花穂に産卵しているようでした。

c0189013_06385842.jpg
ルリシジミ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
クララの花にとまろうと翅をばたつかせたときに、表翅の模様を見せてくれました。

c0189013_06410569.jpg
ルリシジミ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
最後は目の前で産卵する様子を見せてくれたのでした。

c0189013_06451497.jpg
クロヒカゲ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ルリシジミの撮影を終えて歩き始めたところで、ちょうど目の前のシダにクロヒカゲがとまりました。

c0189013_06473035.jpg
クロヒカゲ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
この日は曇っている時間帯が多かったので、長い間翅を開いて見せてくれました。

c0189013_06495223.jpg
クロヒカゲ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
ちゃんと翅を閉じているところも見せてくれましたよ。

c0189013_06513087.jpg
森の中の池(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
アカシジミに出会った池に白い花がいくつも咲いていました。
花の奥にウシガエルが写っていますね(笑)

c0189013_06535627.jpg
トノサマガエル(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
池の様子を見ようと畔を歩くと、トノサマガエルも隠れていました。

c0189013_06562162.jpg
ヒツジグサ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
小形の白い睡蓮の花。ヒツジグサかなあと思ったのですがどうでしょうか。

c0189013_06584546.jpg
ヒツジグサ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
清楚な美しい花です。

c0189013_07013809.jpg
ヒツジグサ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
未の刻(午後2時)頃に花を咲かせることから、ヒツジグサという名前なのだそうです。
この時は12時半くらいだったので、2時頃にはもっと花が開いたのかもしれませんね。

 
c0189013_07040488.jpg
ヒツジグサ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
たくさん咲いていて、この花もあの花もとパシャパシャ撮ってしまいました。

c0189013_07054728.jpg
ヒツジグサ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
咲き始めのつぼみもありましたよ。

c0189013_07064604.jpg
ヒツジグサ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
美しい花を間近から観察できました。

ヒツジグサでいいのかな。
スイレンの仲間の判別ができないので、詳しい方がおられましたらぜひ教えていただきたいです。
でも、思わず出会った白い花たちにしばし癒されてこの池をあとにしました。







[PR]
by chantake123 | 2018-06-10 07:12 | Comments(10)

GWに見た花と蝶

c0189013_07062812.jpg
シャガ(2018.5.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
山麓の神社の脇には一面にシャガの花が咲いていました。

c0189013_07110084.jpg
サカハチチョウ(2018.5.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
神社の境内に入ると小さな蝶が滑空しているのが目に入りました。
しばらくすると石組みにとまりました。
ちょうど逆さまにとまっているので翅に入る白色のラインが漢字の「八」のように見えます。
逆さまの「八」なので、サカハチチョウです♪

c0189013_07194488.jpg
サカハチチョウ(2018.5.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
オレンジの複雑な模様が美しいです。

c0189013_07214194.jpg
サカハチチョウ(2018.5.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
なぜか人工物によくとまるのが悩ましいところでしたが(笑)

c0189013_07243602.jpg
サカハチチョウ(2018.5.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
少しずつ移動しては地面に降りて吸水していました。

c0189013_07254568.jpg
サカハチチョウ(2018.5.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
吸水に夢中だったようで、近くから撮らせてくれました。

c0189013_07281558.jpg
ダイミョウセセリ(2018.5.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
咲き始めた白いお花はウツギでしょうか。
ダイミョウセセリが花を巡って、吸蜜を繰り返していました。

c0189013_07314235.jpg
ダイミョウセセリ(2018.5.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ちょこんと葉の上にとまる様子が、なかなか可愛らしい感じでした。

c0189013_07334185.jpg
オグマサナエ(2018.5.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
水路沿いの道ではオグマサナエを見かけました。

c0189013_07353668.jpg
オグマサナエ(2018.5.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
「俺にどこまで近づいてくる気だ!」と思っていたかもしれません。

c0189013_07385970.jpg
森野旧薬園(2018.5.5 奈良県宇陀市, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
こどもの日は宇陀松山地区を訪れました。

c0189013_08322096.jpg
森野旧薬園(2018.5.5 奈良県宇陀市, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
旧森野薬園は小石川植物園と並ぶ日本最古の薬草園です。
約250種類の薬草木が四季折々に来園者の目を楽しませてくれます。

c0189013_08362073.jpg
エビネ(2018.5.3 奈良県宇陀市, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
エビネも薬草なんですね。ちょうど花が満開でした。

c0189013_08392612.jpg
スズラン(2018.5.3 奈良県宇陀市, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
スズランの花を見るのは久しぶりでした。
この時期に咲くのですね。

c0189013_08494869.jpg
オドリコソウ(2018.5.5 奈良県宇陀市, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
オドリコソウは薬草として植えられていたわけではなさそうでした(笑)

c0189013_08540656.jpg
大宇陀の町並み(2018.5.5 奈良県宇陀市, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
薬園からは、大宇陀の町を見渡す事が出来ました。

c0189013_09002302.jpg
ジャコウアゲハ(2018.5.3 奈良県宇陀市, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
町並みを眺めていると、ツツジの花に黒いアゲハチョウがやってきました。

c0189013_09020565.jpg
ジャコウアゲハ(2018.5.3 奈良県宇陀市, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
多いときは同時に3匹ほど見られました。
近づいてみるとどれもジャコウアゲハでした。

c0189013_09034918.jpg
ジャコウアゲハ(2018.5.3 奈良県宇陀市, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ふわふわと飛んでいく姿に癒されました。

c0189013_09052483.jpg
大宇陀の町並み(2018.5.5 奈良県宇陀市, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
宇陀松山地区は商家町として、2006年の7月に重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

以上、GWに見た花と蝶でした。















[PR]
by chantake123 | 2018-05-20 09:09 | Comments(8)

桜が開花しました♪

c0189013_21332613.jpg
ソメイヨシノ(2018.3.21 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
奥さんに「昨日、桜が咲いてたよ!」と聞いて、飛鳥川沿いの道を散歩しました。
ソメイヨシノがあちらこちらで開花していました。

c0189013_21392509.jpg
桜の仲間(2018.3.21 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
ピンク色の濃い種類は咲くのが早いですね。もう満開に近いです。

c0189013_22184690.jpg
ホトケノザ(2018.3.21 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
桜並木の足元では、ホトケノザの花も満開です。

c0189013_21470210.jpg
シロバナタンポポ(2018.3.21 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
シロバナタンポポもたくさん咲いていました。

c0189013_21482510.jpg
甘樫ノ丘(2018.3.11 奈良県明日香村, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
ここからは、10日前に明日香を訪れたときの写真です。

c0189013_21543660.jpg
白梅(2018.3.11 奈良県明日香村, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
甘樫ノ丘では、この時は桜はまだ開花前。
代わりに梅の花が満開でした。

c0189013_21593399.jpg
ノジスミレ(2018.3.11 奈良県明日香村, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
今年初めて見つけた菫の花。

c0189013_22020321.jpg
テングチョウ(2018.3.11 奈良県明日香村, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
今年初めて撮影した蝶はテングチョウでした。
この他にモンシロチョウやルリタテハも見かけました。

今年は桜だけでなく、ほかの花や昆虫の出現も早い気がしています。


[PR]
by chantake123 | 2018-03-21 22:10 | Comments(12)

今年の撮り納め

c0189013_22172616.jpg
ツマグロヒョウモン(2017.11.4 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
南方系の種類なのに豹紋蝶の中で一番遅くまで見られるのですから、本当にたくましい蝶ですね。

c0189013_22231332.jpg
ヤマトシジミ(2017.11.25 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
今年の蝶の撮り納めは自宅の庭のヤマトシジミでした。
色づいたシモツケの葉の上に12月初めまで見られました。

二種類とも奈良県の平野部でもっともよく見られる蝶たちです。
きっと来年も元気な姿を見せてくれるでしょう。

今年も1年間ありがとうございました。
このブログを何とか続けているうちに、今日でちょうど9年が経ちました!
いろいろな方に助けられ、支えられて、
今年もこうして年末を迎えることができることに、本当に感謝です。
11月、12月はほとんどカメラをもつ余裕がありませんでしたが、
また来年も、少しずつでもカメラを持って、
周りの美しい自然を見にゆくことができればと思っています。
拙いブログですが、来年もご指導のほど宜しくお願い致します。
それでは、よいお年をお迎えください。

[PR]
by chantake123 | 2017-12-26 22:48 | Comments(8)

ウラギンシジミ その2

c0189013_17332213.jpg
ウラギンシジミ(2017.11.4 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
今日約1ヶ月ぶりに見に行くと、先月に水たまりで吸水していたウラギンシジミは健在でした。
場所もほぼ同じ。翅を開いたときオレンジの模様が見えたので、前回のオスの個体だと思います。

c0189013_17474327.jpg
ウラギンシジミ(2017.11.4 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
比較的暖かかったので一度だけ飛び出してきましたが、いかんせん風がとても強くて。
すぐにカシの葉の裏に戻ると、それ以降は動かなくなりました。
まだまだこれから来る冬は長いですが、たくましく生き延びていってほしいです。

c0189013_17561085.jpg
クロコノマチョウ(2017.11.4 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
風が強かったので落ち葉が吹き飛んだとは、私はだまされませんよ(笑)

c0189013_17584474.jpg
クロコノマチョウ(2017.11.4 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
クロコノマチョウは枯れ葉にそっくりですね!
足元の枯れ葉にしがみついて、強風で吹き飛ばされそうになりながらじっと踏ん張っていました。

ウラギンシジミもクロコノマチョウも成虫で越冬する種類の蝶です。
2匹とも頑張ってね。小鳥などに見つかりませんように。





[PR]
by chantake123 | 2017-11-04 18:06 | Comments(6)