タグ:昆虫:シジミチョウ科 ( 64 ) タグの人気記事

秋雨の合間に

c0189013_06300771.jpg
ツリガネニンジン(2018.9.1 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
里山の草地はツリガネニンジンの咲く季節になりました。

c0189013_06384942.jpg
ニラの花(2018.9.1 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
ニラの花も咲き始めていました。
つぼみは三角形なのですね。

c0189013_07461752.jpg
クサギ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
咲き始めたクサギの花も綺麗でした。

c0189013_07500924.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
この日は降ったりやんだりの雨模様。
雨の止み間に林に沿って歩くと、
クズの葉の上にお目当ての蝶が姿を現しました。

c0189013_08035763.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
渋い細波模様と蛇の目模様。
ヒメウラナミジャノメは葉についた雨粒を吸っていました。

c0189013_08063836.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
こちらに気がついてにらめっこ。

c0189013_08095570.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
少し明るい所に出ると翅を開いて、表の模様も見せてくれました。

c0189013_08124988.jpg
ウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
この個体はちょっと翅の茶色が赤みが強い?

c0189013_08150176.jpg
ウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
翅の裏側を見ると…
蛇の目模様の数が少ない。こちらはウラナミジャノメでした。

c0189013_08170676.jpg
ウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ヒメウラナミジャノメとウラナミジャノメは全く同じ場所で見られました。
ヒメウラナミジャノメがたくさん見られたのに対して、
ウラナミジャノメは2匹だけで、翅もくたびれていました。
きっとウラナミジャノメの方が少し前から出現していたのでしょう。

c0189013_08223598.jpg
ウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
後翅の蛇の目模様を鳥についばまれたのかもしれません。
それでも胴体は無事で生き延びて、たくましく飛んでいました。
元気な姿を見せてくれてありがとう。

c0189013_08282948.jpg
ヒメジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ウラナミとヒメウラナミと同じ場所見られたヒメジャノメ。
2種類と比べて少し大きめです。

c0189013_08304435.jpg
ヒメジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
翅を開くと、大きめの蛇の目が目立ちました!

c0189013_08273311.jpg
ダイミョウセセリ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ジャノメチョウの仲間に混じって、色合いは似ていながら飛び方が直線的なのが居ました。
クズの葉にとまった所で、正体がダイミョウセセリだと分かりました。

c0189013_08354479.jpg
ダイミョウセセリ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ベタっと翅を開いてとまるところが、ちょっと蛾っぽいですね(笑)

c0189013_08444889.jpg
ヤマトシジミ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
2匹のヤマトシジミが少しずつ移動してゆきます。
メスの傍でオスが翅を震わせて近づきます。
恋が成就するといいな。

c0189013_08485232.jpg
イチモンジセセリ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
草地に目を移すと、イチモンジセセリがたくさん。

c0189013_08551362.jpg
イチモンジセセリ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
アキノタムラソウの花畑では2匹仲良く蜜を吸っていました。

c0189013_09014433.jpg
イチモンジセセリ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
オスがメスに近づいて頭をすりすり。

この日は途中で雨が強くなって、いったん30分ほど雨宿りしました。
そして、最後の写真の後にも雨が降って来て撮影を終えました。
そんな雨の止み間にも、蝶たちは元気に飛び回って、
ひと夏の恋を成就させるのでした。

[PR]
by chantake123 | 2018-09-15 09:21 | Comments(4)

クロシジミ 2018

c0189013_07230429.jpg
クロシジミ(2018.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
早朝の山の草はらにて。
今年もクロシジミに出会うことができました。

c0189013_07290565.jpg
クロシジミ(2018.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
最初は降りてこよっかな、まだやめとこっかな…と引っ込みぎみでした。

c0189013_07310990.jpg
クロシジミ(2018.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
そのうちに下草に降りてくる個体がでてきました。

c0189013_07322945.jpg
クロシジミ(2018.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ちょっとだけ翅を開いてくれました♪

c0189013_07343861.jpg
クロシジミ(2018.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
慣れてくると、飛び出しては移動してとまるクロシジミに何度か出会うことができました。

c0189013_07535944.jpg
クロシジミ(2018.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ワラビの葉の上でも、ちょっとだけ開翅。
この日は自分が待ちきれなかったのか、これ以上翅を開くところは見られませんでした。

c0189013_07561205.jpg
クロシジミ(2018.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
おとなしい個体だったので、アップで翅の模様を写してみました。

c0189013_07573079.jpg
クロシジミ(2018.7月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
クリの葉にとまった個体には、広角でも近寄ってみました。

c0189013_07592648.jpg
クロシジミ(2018.7月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
だいぶ近寄っても逃げませんでした。
今年もたくさん観察させてくれてありがとう。

c0189013_08005219.jpg
ホソバセセリ(2018.7月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
何年かぶりにホソバセセリにも出会うことができました。

c0189013_08022739.jpg
ホソバセセリ(2018.7月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
朝から元気なクロシジミに対して、ホソバセセリはまだお眠なようでした。

c0189013_08040700.jpg
キキョウ(2018.7月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
草はらを歩いていると、草の間から紫のお花がちらり。

c0189013_08052844.jpg
キキョウ(2018.7月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
キキョウの花が咲き始めていました♪

[PR]
by chantake123 | 2018-08-04 08:06 | Comments(4)

c0189013_02301670.jpg
ササユリ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
平地より少し標高の高い山を訪れました。
職場の近くと比べると、ササユリの開花も1ヶ月近く遅いのですね。

c0189013_02371492.jpg
ギボウシの仲間(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
草はらの中から、ギボウシの花も顔を出していました。

c0189013_02393307.jpg
ミズイロオナガシジミ(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
栗の花を見上げていると、葉の上にミズイロオナガシジミが姿を見せてくれました。

c0189013_02462737.jpg
ウツボグサ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
足元にはウツボグサがたくさん咲いています。

c0189013_02482132.jpg
スジグロシロチョウの仲間(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
スジグロシロチョウの仲間が好んで吸蜜にやって来ていました。

c0189013_02564872.jpg
スジグロシロチョウの仲間(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
少し翅を開いてくれた時に見てみると、黒斑が小さめで上下の翅脈に接していないように見えました。
自信がありませんが、ヤマトスジグロシロチョウかなあと思いました。

c0189013_03040638.jpg
オオチャバネセセリ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
この日はオオチャバネセセリもたくさん見られて、ウツボグサの花にもやって来ていました。

c0189013_03063257.jpg
オオチャバネセセリ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
花の上でも葉の上でも、大らかに近くから観察させてくれました。

c0189013_03112804.jpg
ママコナ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
ちらほらと咲く花たちを見ながら、草はらを歩きます。

c0189013_03134393.jpg
イヌゴマ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
うすいピンクの花は確かイヌゴマでしたっけ。

c0189013_03163147.jpg
ヒカゲチョウ(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
ちょうどイヌゴマの花を撮影している時に出てきてくれたのがヒカゲチョウでした。

c0189013_03190614.jpg
クロヒカゲ(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
少し暗めの環境では、クロヒカゲもたくさん見られました。

c0189013_03210347.jpg
ノアザミ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
アザミの花もたくさん咲いていました。

c0189013_03224847.jpg
キアゲハ(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
アザミの花にはさまざまな蝶が吸蜜にやって来ていました。
花がたくさん集まっているので多く蜜を吸えるのか、
キアゲハは長い間この花にとまっていました。

c0189013_03280568.jpg
ウラギンヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
そして、この日はヒョウモンチョウの仲間に出会えるかもしれないと期待していました。
飛び回る姿は見えてもなかなか花にとまってくれなかったのですが、
やっとアザミの花にとまってくれたのでした。

c0189013_03324843.jpg
ウラギンヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
「飛ばないで」と心の中で願いながら、少しずつ近寄りながら撮影しました。

c0189013_03345914.jpg
ウラギンヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
たくさんの花が集まっているため、少しずつストローを差し込む花を変えていくにつれて、
ヒョウモンチョウの体の向きも変わってゆきます。

c0189013_03382847.jpg
ウラギンヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
結果的に、だいぶ近くから撮影させてくれました。
翅の裏側に白色(銀色)の斑紋がたくさんあるので、裏銀豹紋ですね。

c0189013_03420758.jpg
ウラギンヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
偶然、閉じていた翅を開いた瞬間にシャッターを切っていました。
この直後に翅を羽ばたかせて飛び去ってゆきました。

c0189013_03443300.jpg
メスグロヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
この場所で蝶を撮影されていた方が「メスグロヒョウモンがいますよ」と教えてくださりました。
雄の翅はオレンジ色なのですが、雌の翅はこのように黒色になるので雌黒豹紋です。

c0189013_03492486.jpg
メスグロヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
時々翅を開閉させるときに、角度によって翅が青みがかって見えて美しかったです。

c0189013_03513959.jpg
オオウラギンスジヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
草はらを飛んでいたヒョウモンがちょこんと葉の上にとまりました。
翅裏に白色(銀色)の筋があるので、大裏銀筋豹紋です。

c0189013_03552899.jpg
オオウラギンスジヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
しばらくすると、翅を開閉させたりプルプル震わせたりウォーミングアップをして、
そして飛び上がってゆきました。

c0189013_03574280.jpg
ミドリヒョウモン(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
最後にミドリヒョウモンが葉の上にとまって休憩する姿を見せてくれました。
これだけたくさんの種類のヒョウモンチョウの仲間に出会えるとは思っていませんでした。

c0189013_04030331.jpg
オカトラノオ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
咲き始めていたオカトラノオの花。

c0189013_04062595.jpg
オカトラノオ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
少し麓へと下りると群生して咲いている場所もありました。

c0189013_04075298.jpg
アケビの実(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
早くもアケビが実をつけていました。

c0189013_04091685.jpg
ルリセンチコガネ(2018.6月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
おまけのルリセンチコガネです。

[PR]
by chantake123 | 2018-07-01 04:12 | Comments(6)

ヒツジグサの咲く森

c0189013_06000555.jpg
キビタキ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
先月、数年ぶりに訪れた森で出会った生き物たちを紹介します。
「ピィ ピィピィ」と独特の鳴き声が聞こえたので、声の方向に目を凝らすと、
橙色と黒の美しい姿、キビタキ君でした。

c0189013_06111843.jpg
ヤマボウシ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
早くもヤマボウシの花がたくさん咲いていました。

c0189013_06152715.jpg
シダの仲間(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
シダの新緑が美しかったので、思わずカメラを向けてしまいました。

c0189013_06174298.jpg
アカシジミ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
この森の中には池が点在していて、ある池のほとりでちらちらと飛翔するアカシジミに出会いました。

c0189013_06220326.jpg
アカシジミ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ササの葉にとまったので、飛び去らないでと願いながらシャッターを切りました。

c0189013_06280014.jpg
アカシジミ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ちょっとずつ場所を移動した後、池の向こうへと飛び去ってゆきました。

c0189013_06310961.jpg
ルリシジミ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
別の池の畔ではきれいなルリシジミに出会いました。

c0189013_06331852.jpg
ルリシジミ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
この池の畔にはクララがたくさん生えていて、たくさんのルルシジミが飛び交っていました。

c0189013_06371192.jpg
ルリシジミ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
クララの花穂に産卵しているようでした。

c0189013_06385842.jpg
ルリシジミ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
クララの花にとまろうと翅をばたつかせたときに、表翅の模様を見せてくれました。

c0189013_06410569.jpg
ルリシジミ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
最後は目の前で産卵する様子を見せてくれたのでした。

c0189013_06451497.jpg
クロヒカゲ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ルリシジミの撮影を終えて歩き始めたところで、ちょうど目の前のシダにクロヒカゲがとまりました。

c0189013_06473035.jpg
クロヒカゲ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
この日は曇っている時間帯が多かったので、長い間翅を開いて見せてくれました。

c0189013_06495223.jpg
クロヒカゲ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
ちゃんと翅を閉じているところも見せてくれましたよ。

c0189013_06513087.jpg
森の中の池(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
アカシジミに出会った池に白い花がいくつも咲いていました。
花の奥にウシガエルが写っていますね(笑)

c0189013_06535627.jpg
トノサマガエル(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
池の様子を見ようと畔を歩くと、トノサマガエルも隠れていました。

c0189013_06562162.jpg
ヒツジグサ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
小形の白い睡蓮の花。ヒツジグサかなあと思ったのですがどうでしょうか。

c0189013_06584546.jpg
ヒツジグサ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
清楚な美しい花です。

c0189013_07013809.jpg
ヒツジグサ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
未の刻(午後2時)頃に花を咲かせることから、ヒツジグサという名前なのだそうです。
この時は12時半くらいだったので、2時頃にはもっと花が開いたのかもしれませんね。

 
c0189013_07040488.jpg
ヒツジグサ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
たくさん咲いていて、この花もあの花もとパシャパシャ撮ってしまいました。

c0189013_07054728.jpg
ヒツジグサ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
咲き始めのつぼみもありましたよ。

c0189013_07064604.jpg
ヒツジグサ(2018.5.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
美しい花を間近から観察できました。

ヒツジグサでいいのかな。
スイレンの仲間の判別ができないので、詳しい方がおられましたらぜひ教えていただきたいです。
でも、思わず出会った白い花たちにしばし癒されてこの池をあとにしました。







[PR]
by chantake123 | 2018-06-10 07:12 | Comments(10)

c0189013_05242340.jpg
ニホンカワトンボ(2018.5.12 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
先月、里山の川岸で出会ったカワトンボです。

c0189013_05301499.jpg
ニホンカワトンボ(2018.5.12 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
カワトンボはニホンカワトンボとアサヒナカワトンボの区別が自分には難しいのですが、
今回は詳しい方に教えていただいてニホンカワトンボと分かりました。

c0189013_05361634.jpg
ニホンカワトンボ(2018.5.12 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
近くの岩にとまってくれました。オレンジ色の翅が美しいです。

c0189013_05383778.jpg
アサヒナカワトンボ(2018.5.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
一方で、同じ場所で別の日に見られた無色の翅のカワトンボは、アサヒナカワトンボだと教えていただきました。
同じ場所で両方の種類が見られるのは嬉しいことなんですが、うーん。ややこしいです(笑)

c0189013_05450626.jpg
アオハダトンボ(2018.5.12 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
カワトンボだけかなあと思っていたら、少し高い所にとまっていました。
今年もアオハダトンボに出会うことができました。

c0189013_05510396.jpg
アオハダトンボ(2018.5.12 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
そのうち、川辺のヤナギの木の所まで降りてきてくれました。

c0189013_05530525.jpg
アオハダトンボ(2018.5.12 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
今年は発生が早いようで、メスも見ることができました。

c0189013_05563259.jpg
アオハダトンボ(2018.5.12 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
オスがメスを追いかけたり、写真のように枝先で時折翅を開いたりするのが見られました。

c0189013_06035375.jpg
ゴイシシジミ(2018.5.12 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
高い枝の上にはゴイシシジミも見られて、楽しい一日となりました。

この川辺ではアサヒナカワトンボ、ニホンカワトンボ、アオハダトンボ、ミヤマカワトンボ、
そして、夏にはハグロトンボと5種類のカワトンボ科のトンボがみられます。
川辺を美しいトンボ達が飛び交う光景をこれからも見に来たいものです。



[PR]
by chantake123 | 2018-06-03 06:12 | Comments(8)

今年の撮り納め

c0189013_22172616.jpg
ツマグロヒョウモン(2017.11.4 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
南方系の種類なのに豹紋蝶の中で一番遅くまで見られるのですから、本当にたくましい蝶ですね。

c0189013_22231332.jpg
ヤマトシジミ(2017.11.25 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
今年の蝶の撮り納めは自宅の庭のヤマトシジミでした。
色づいたシモツケの葉の上に12月初めまで見られました。

二種類とも奈良県の平野部でもっともよく見られる蝶たちです。
きっと来年も元気な姿を見せてくれるでしょう。

今年も1年間ありがとうございました。
このブログを何とか続けているうちに、今日でちょうど9年が経ちました!
いろいろな方に助けられ、支えられて、
今年もこうして年末を迎えることができることに、本当に感謝です。
11月、12月はほとんどカメラをもつ余裕がありませんでしたが、
また来年も、少しずつでもカメラを持って、
周りの美しい自然を見にゆくことができればと思っています。
拙いブログですが、来年もご指導のほど宜しくお願い致します。
それでは、よいお年をお迎えください。

[PR]
by chantake123 | 2017-12-26 22:48 | Comments(8)

ウラギンシジミ その2

c0189013_17332213.jpg
ウラギンシジミ(2017.11.4 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
今日約1ヶ月ぶりに見に行くと、先月に水たまりで吸水していたウラギンシジミは健在でした。
場所もほぼ同じ。翅を開いたときオレンジの模様が見えたので、前回のオスの個体だと思います。

c0189013_17474327.jpg
ウラギンシジミ(2017.11.4 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
比較的暖かかったので一度だけ飛び出してきましたが、いかんせん風がとても強くて。
すぐにカシの葉の裏に戻ると、それ以降は動かなくなりました。
まだまだこれから来る冬は長いですが、たくましく生き延びていってほしいです。

c0189013_17561085.jpg
クロコノマチョウ(2017.11.4 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
風が強かったので落ち葉が吹き飛んだとは、私はだまされませんよ(笑)

c0189013_17584474.jpg
クロコノマチョウ(2017.11.4 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
クロコノマチョウは枯れ葉にそっくりですね!
足元の枯れ葉にしがみついて、強風で吹き飛ばされそうになりながらじっと踏ん張っていました。

ウラギンシジミもクロコノマチョウも成虫で越冬する種類の蝶です。
2匹とも頑張ってね。小鳥などに見つかりませんように。





[PR]
by chantake123 | 2017-11-04 18:06 | Comments(6)

ウラギンシジミ

c0189013_21145874.jpg
ウラギンシジミ(2017.10.1 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
先月、水たまりの傍で吸水していたウラギンシジミです。

c0189013_21220706.jpg
ウラギンシジミ(2017.10.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
チラチラと飛んだ時にオレンジが見えたのでオスです。ストローで吸ってますね。

c0189013_21324136.jpg
ウラギンシジミ(2017.10.1 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
ウラギンシジミのいた水たまりです。
これから少しずつ寒くなっていきますが、頑張って冬を越すんだぞ!

[PR]
by chantake123 | 2017-11-03 21:41 | Comments(3)

川沿いの道を歩く 3


c0189013_02475249.jpg
アオハダトンボ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
久しぶりにアオハダトンボに出会うことができました。

c0189013_02591182.jpg
アオハダトンボ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
時折翅を広げるときに、半透明に透き通る翅が美しいです。

c0189013_03051432.jpg
アオハダトンボ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
こちら側へ飛んできて、近くから観察させてくれました。

c0189013_03025437.jpg
アオハダトンボ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
この日は数匹のアオハダトンボがとまっているのを見ることができました。

c0189013_03130540.jpg
カワトンボの仲間(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
1匹だけいたカワトンボです。オレンジ色の翅がきれいでした。

c0189013_03163462.jpg
イシガケチョウ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
水辺では蝶たちが吸水に降りてきていました。

c0189013_04160071.jpg
イシガケチョウ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
アオハダトンボとは反対に、時折翅を閉じます。

c0189013_04071872.jpg
イシガケチョウ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
石垣模様というんですかね。本当に複雑な模様ですね。

c0189013_04183516.jpg
スジグロシロチョウ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM
アオハダトンボを撮っているときは水辺の花で吸蜜していたスジグロシロチョウも、
夕刻となりそろそろおやすみのようでした。

c0189013_04245565.jpg
ルリシジミ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ルリシジミやテングチョウも水辺で吸水していました。

c0189013_04264142.jpg
ルリシジミ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
葉の上に上がると、美しいブルーの表翅を見せてくれたのでした。










[PR]
by chantake123 | 2017-06-17 04:35 | Comments(6)

川沿いの道を歩く

c0189013_08105060.jpg
川沿いの道(2017.5.6 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
川沿いの道を朝に散歩してみました。

c0189013_08135797.jpg
ツバメシジミ(2017.5.6 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
この日は曇り空。
ツバメシジミはまだお休み中。

c0189013_08164678.jpg
ベニシジミ(2017.5.6 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
ベニシジミも朝露のついた葉の上で動きません。

c0189013_08191236.jpg
ジョウカイボン(2017.5.6 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
少し空が明るくなってくるとジョウカイボンが活動を始めました。

c0189013_08235059.jpg
カルガモ(2017.5.6 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
カルガモのカップルがゆったりとくつろいでいました。

c0189013_08281106.jpg
オドリコソウ(2017.5.6 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
雲間から朝陽が射し始めるとオドリコソウの花が白く輝きました。

c0189013_08325104.jpg
キンポウゲ(2017.5.6 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
キンポウゲの花が続くのどかな道。

c0189013_22082230.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2017.5.6 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
キンポウゲの花にはヒメウラナミジャノメが蜜を吸いにやって来ていました。

c0189013_08344716.jpg
アカツメクサ(2017.5.6 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
アカツメクサはたくさんの花をつけて元気いっぱい。

c0189013_08362900.jpg
ベニシジミ(2017.5.6 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
気が付けばベニシジミがちらほらと飛び始めました。

c0189013_08385792.jpg
ベニシジミ(2017.5.6 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
美しい翅を開いて、ゆっくりと見せてくれました。

c0189013_08403829.jpg
ベニシジミ(2017.5.6 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
アカツメクサの葉の上がお気に入りのようでした。

c0189013_08433913.jpg
ジャコウアゲハ(2017.5.6 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
暖かくなってくると4、5匹のジャコウアゲハが飛び始めました。

c0189013_08463338.jpg
ジャコウアゲハ(2017.5.6 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM トリミング クリックすると大きめの絵になります
ふわふわと飛んでいるのですがほとんど花にとまりません。
見かけた個体はすべてオスだったので、メスを探して飛んでいたのかもしれません。
一度だけ川の中の菜の花にとまったところを河原に下りて撮らせてもらいました。

c0189013_08513150.jpg
コチドリ(2017.5.6 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM トリミング クリックすると大きめの絵になります
ジャコウアゲハが撮れたところでカメラをしまおうとしていると堤防にコチドリの姿がありました。
家の近所では見かけない鳥なので、こんな環境に棲んでいるんだなあと可愛らしい姿を見送りました。

家に帰ってこの写真を見ていると、コンクリの端っこでサナエトンボが羽化していますね♪
川辺のトンボたちも今度は観察したいなあと思っています。


[PR]
by chantake123 | 2017-05-27 09:00 | Comments(8)