この冬は寒い

c0189013_03312827.jpg
雪化粧(2018.1.27 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
この冬は寒い日が多いですね。雪の舞う日も幾度かありました。

c0189013_03405582.jpg
多神社(2018.1.27 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
先月、冷え込んだ朝に近くを散歩した時には、多神社の屋根にもうっすらと雪が積もっていました。

c0189013_03433237.jpg
ジョウビタキ(2018.1.27 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
神社の境内を歩いていると「カッ、カッ」と聞き馴染みのある声が。
ジョウビタキに出会うことができました。
撮影する直前には、望遠レンズに交換中の私の前で、
虫か何かを土の上に見つけて食べていました。

c0189013_03473455.jpg
ジョウビタキ(2017.1.28 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
用水路沿いの手すりに上がって挨拶してくれました。

c0189013_03524943.jpg
シロハラ(2017.1.21 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
ここからは別の朝にぶらっと近くの公園へ寄った時の写真です。
この日も寒かったです。
シロハラが近くの木に飛んできたので、枝と枝のすき間から何とか撮ってみました。

c0189013_04003647.jpg
オオバン(2017.1.21 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
オオバンを近くで観察しました。
広い足先のおかげで、ぬかるんだ土の上を平気で移動していけるようでした。

c0189013_04044863.jpg
アオバト(2017.1.21 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
撮影されている方にアオバトがいることを教えていただき、嬉しい出会いとなりました。
もしかしたら、この冬は寒いので餌を求めて里に下りて来たのかな?

まだまだ寒い日が続きそうですね。
福井など日本海側の各地も例年以上の雪ですし、
いよいよオリンピックが始まった韓国の平昌も寒そうですね。
TVで日本選手を応援する日が続いていきそうです。





[PR]
# by chantake123 | 2018-02-11 04:23 | Comments(10)

多神社の「大とんど」

c0189013_00112535.jpg
多神社(2018.1.7 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM クリックすると大きめの絵になります
2018年、今年もどうぞ、よろしくお願い致します。
今日は近くにある多神社の「大とんど」の日。
夕方、多神社まで家族3人で行ってきました。

c0189013_00264998.jpg
多神社(2018.1.7 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM クリックすると大きめの絵になります
灯篭が並べられて、これから点火がされる所でした。
灯篭には地元の小学生が1つずつ絵を描いていて、
地域の行事にこういう形で参加しているんだなと感心しました。

c0189013_00330734.jpg
多神社(2018.1.7 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM クリックすると大きめの絵になります
新年のお参りに来れていなかったので、今日お参りして来ました。

c0189013_00362219.jpg
多神社(2018.1.7 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM クリックすると大きめの絵になります
奥に行列ができていたのは、地域の方が炊き出しでお餅入りの豚汁を振る舞ってくださっていたからです。
とてもおいしくて体があたたまりました♪

c0189013_00450513.jpg
多神社(2018.1.7 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
息子は木のボールプールで遊ばせてもらいました。
今年はベビーカーで来ましたが、来年は歩いて来られるかな。

c0189013_00482250.jpg
椿(2018.1.7 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM クリックすると大きめの絵になります
境内には椿の花が咲いていました。
地面に落ちていた一輪が美しかったです。

c0189013_00523717.jpg
多神社(2018.1.7 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM クリックすると大きめの絵になります
北側から見た多神社です。
もう少し待てば灯篭や大とんどの火が見られたのですが、
今日は無理をせず暗くなる前に帰らせてもらいました。

c0189013_00581523.jpg
近くのため池にて(2018.1.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
今日は今年初めて生き物の写真も撮ってきました。
近くのため池では、カモたちがくつろいでいました。

c0189013_01024134.jpg
マガモ(2018.1.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
鳥たちを驚かせないように車の中から撮ったので、逃げずにいてくれました。
マガモさんのグリーンは美しいですね。

c0189013_01120848.jpg
コガモ(2018.1.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
一番近くにいたコガモさんは落ち着かなくなって泳いでいきました。
せっかくくつろいでいたのにごめんなさい。

c0189013_01144485.jpg
カルガモ(2018.1.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
カルガモさんは佇む表情が凛々しかったです。

c0189013_01163448.jpg
カルガモ(2018.1.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
池によって見られるカモの種類が決まっているようですね。
自分の採餌様式に合った池を選んでいるのだと思います。
このため池では冬場にマガモ、コガモ、カルガモの3種類が見られます。
カモたちの優しい表情に癒されました。

[PR]
# by chantake123 | 2018-01-08 01:26 | Comments(12)

今年の撮り納め

c0189013_22172616.jpg
ツマグロヒョウモン(2017.11.4 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
南方系の種類なのに豹紋蝶の中で一番遅くまで見られるのですから、本当にたくましい蝶ですね。

c0189013_22231332.jpg
ヤマトシジミ(2017.11.25 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
今年の蝶の撮り納めは自宅の庭のヤマトシジミでした。
色づいたシモツケの葉の上に12月初めまで見られました。

二種類とも奈良県の平野部でもっともよく見られる蝶たちです。
きっと来年も元気な姿を見せてくれるでしょう。

今年も1年間ありがとうございました。
このブログを何とか続けているうちに、今日でちょうど9年が経ちました!
いろいろな方に助けられ、支えられて、
今年もこうして年末を迎えることができることに、本当に感謝です。
11月、12月はほとんどカメラをもつ余裕がありませんでしたが、
また来年も、少しずつでもカメラを持って、
周りの美しい自然を見にゆくことができればと思っています。
拙いブログですが、来年もご指導のほど宜しくお願い致します。
それでは、よいお年をお迎えください。

[PR]
# by chantake123 | 2017-12-26 22:48 | Comments(8)

晩秋の水辺にて

c0189013_06282197.jpg
カモの仲間オカヨシガモ(2017.11.4 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II,トリミング クリックすると大きめの絵になります
鴨達が渡って来て、これから見られる数が増えていきますね。
→asitano_kazeさん、オカヨシガモについて初めて知りました。
 教えて下さり、ありがとうございます!

c0189013_06341631.jpg
オオバン(2017.11.4 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
オオバンの群れはゆったりとくつろいでいました。

c0189013_06361596.jpg
ハクセキレイ(2017.10.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
稲刈り中の近所の田んぼでは、ハクセキレイの群れが私の前を歩いていました♪

c0189013_06413001.jpg
ドジョウ(2017.10.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
田んぼ周辺の水辺をのぞくと、懐かしいドジョウの姿がありました。

c0189013_06432060.jpg
タウナギ(2017.10.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
タウナギも2匹移動しているのが見られました。
写真の左下にはドンコのような小魚も写っていますね。

c0189013_06453273.jpg
稲刈り(2017.10.29 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
今年は秋に雨が多かったですが、特に稲刈りの前半あたりは、雨の合間をぬって収穫されているように感じました。
11月後半でも、残りの稲刈りをされている場面を見かけました。
1年をかけてお米を育て上げる農家の方々は、本当にすごいなあと思います。

ところで、稲刈りの季節には、田んぼの水辺環境が大きく変化します。
田んぼから水が抜かれると、ドジョウやタウナギも生き延びるために、水路やため池に移動していると思います。
田んぼ周辺に棲む魚たちは、どのように移動しながら一年を送っているのでしょうか。
子供の頃から馴染み深い身近な生き物たちですが、まだまだ興味は尽きません。



[PR]
# by chantake123 | 2017-11-26 07:01 | Comments(11)

青い赤とんぼ 2017

c0189013_04534596.jpg
ナニワトンボ(2017.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
去年と同じ水辺で、今年もナニワトンボに出会うことができました。

c0189013_04593852.jpg
ナニワトンボ(2017.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
吹き抜けるそよ風にゆらゆらと揺られながら♪

c0189013_05025479.jpg
ナニワトンボ(2017.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
翌週に出会った個体は、日当たりの良い場所に出てきていました。

c0189013_05103067.jpg
ナニワトンボ(2017.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
この個体はフレンドリーに近づかせてくれました。

c0189013_05124921.jpg
ナニワトンボ(2017.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
しばらくすると、日陰の枝にちょこんと。

c0189013_05142628.jpg
ナニワトンボ(2017.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
今年もその姿を見せてくれてありがとう。

c0189013_05183845.jpg
ショウジョウトンボ(2017.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ショウジョウトンボが水際でテリトリーを張っていました。
よく見ると端っこにアオモンイトトンボも。

c0189013_05470334.jpg
タイワンウチワヤンマ(2017.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
草がゆらゆらゆれて、少しとまりにくそうですね。

c0189013_06082612.jpg
シオカラトンボ(2017.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
シオカラトンボのカップルにも出会うことができました。

この水辺は護岸工事が進んで、ナニワトンボの産卵に適した水辺が一部しか残っていないように感じます。
ぐるっと全ての護岸工事が行われてしまったら、ナニワトンボは棲めなくなってしまうと思います。
この貴重な水辺の行く末を案じずにはいられません。


[PR]
# by chantake123 | 2017-11-18 06:19 | Comments(6)