人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ミヤマアカネ 2021

ミヤマアカネ 2021_c0189013_05593091.jpg
湿地状の休耕田(2021.8月 奈良県 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO クリックすると大きめの絵になります
先月訪れた里山の湿地。

ミヤマアカネ 2021_c0189013_06071661.jpg
ミヤマアカネ(2021.8月 奈良県 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO クリックすると大きめの絵になります
今年もミヤマアカネに出会うことができました。

ミヤマアカネ 2021_c0189013_06120194.jpg
ミヤマアカネ(2021.8月 奈良県 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO クリックすると大きめの絵になります
去年にミヤマアカネを見た場所とほぼ同じ所で見られました。

ミヤマアカネ 2021_c0189013_06150185.jpg
ミヤマアカネ(2021.8月 奈良県 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO クリックすると大きめの絵になります
この日はまだ午前中でしたが気温が高く、
腹部を挙上して日光の当たる面積を最小限に抑えていました。
出会えたのは1匹のみ。
湿地をもう少しだけ奥まで見てみましたが、
自分も暑さに負けてしまい湿地の探索は終了としました。

ミヤマアカネ 2021_c0189013_06392175.jpg
コオニヤンマ(2021.8月 奈良県 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
傍の小川では、コオニヤンマが石の上に鎮座していました。

ミヤマアカネ 2021_c0189013_06433242.jpg
ハヤの仲間(2021.8月 奈良県 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
小川ではハヤのような小魚が群れていました。アブラハヤでしょうか。

ミヤマアカネ 2021_c0189013_06514327.jpg
センニンソウ(2021.8月 奈良県 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO クリックすると大きめの絵になります
小川に架かる橋にはセンニンソウが咲いていました。

ミヤマアカネ 2021_c0189013_07000657.jpg
コミスジ(2021.8月 奈良県 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
小川沿いの葉上ではコミスジが飛んでいました。

ミヤマアカネ 2021_c0189013_07022452.jpg
ゴイシシジミ(2021.8月 奈良県 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
車まで戻ると、傍のクズの葉にとても小さなシジミチョウがとまっていました。
よく見ると碁石模様のゴイシシジミ。

ミヤマアカネ 2021_c0189013_07451926.jpg
ゴイシシジミ(2021.8月 奈良県 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
小さいけれどとても綺麗な個体でした。
しばらく撮影していると、いつの間にか飛んでいなくなっていました。

この湿地では2年続けてミヤマアカネを観察できたことになります。
したがって、偶然の飛来個体ではなく、
この地域で命を繋いでくれているのではないかと思います。
ただ、去年も今年も観察できたのは1匹だけ。
これからも絶えることなく、この里山で姿を見せてくれることを願っています。

Commented by ex-h15 at 2021-09-05 19:41
ゴイシシジミ、ミヤマアカネ。
今年は、まだどちらにも出会えていません。
どうなるんだろうなー。
自然のものを相手ですからどうしようもないですけど、ちょっと寂しい気持ちでいます(^^;
Commented by m_2102_m at 2021-09-06 17:28
ミヤマアカネは、やはり魅力的なトンボですね♡
湿地状の休耕田、ここで命を繋いでいると思うと嬉しくなりますね!
私は、山歩きをした時に(水気のなさそうな草地で)メスに出会いましたが
何度も登れる所ではないので、また何処かで(今度はオスを^^)見つけたいなぁ
ゴイシシジミは見たことがありませんが、とても綺麗なシジミチョウですね。
印象的な翅模様👀よ~く覚えておきます♪

Commented by Sippo5655 at 2021-09-07 21:24
ミヤマアカネ、そうですか
毎年 だけど、1匹
私も東京に居たとき
毎年 だけど、1匹
数年体験しました。
まだ居てくれて嬉しい反面、
仲間が見つからない寂しさ。
おそらく、必死で種を紡ぐ努力をしているのだろうと
そう思うと、なおさら愛しく思えたものでした。
なんとか頑張って、増えてくれたら良いですね!
Commented by 愉快な仙人 at 2021-09-08 18:44 x
こんばんは!
ミヤマアカネ・・・いいですね!♪(^^) 
当地では遠くの山間地まで行かないと、見られません^^;;
ゴイシシジミは 以前撮られた場所と同じ所でしょうか?
Commented by chantake123 at 2021-09-11 07:49
ex-h15さん、
去年出会えたものが今年出会えないこともありますし、
自分の場合はゴイシシジミは今年は例年以上に出会うことができています。
ほんとうに自然のものを相手には一期一会ですね。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2021-09-11 07:55
m_2102_mさん、
ミヤマアカネはやはり翅の模様が美しくて特別な感じがします!
自分も昔、地元の高い山で初めてミヤマアカネを見て、こんなところにいるのかと思った記憶があります。
一方、去年、今年と比較的身近な里山で出会うことができると本当に嬉しくなります。
ゴイシシジミも独特な模様ですので、見つけたら「居たーー!」ってなりますよ!
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2021-09-11 08:02
Sippo5655さん、
去年観察できた個体たちが何とか子孫を残して、こうして今年も観察できているのかなと思っています。
休耕田の湿地のような環境がずっと彼らが子孫を残し続けられる環境にあるとも限らないので、本当に、来年へ無事命を繋いでいってほしいと願っています。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2021-09-11 08:06
愉快な仙人さん、
たしかに、こちらでも山間地の地方へ行けば、まだ見られる場所があるかもしれないなと思っています。
独特な翅模様が見られると、やはり嬉しいものです。
ゴイシシジミは以前見られた場所とは全く同じわけではないですが、比較的近い地域です(笑)
コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chantake123 | 2021-09-05 08:06 | Comments(8)

奈良周辺の美しい自然を見ていければと思っています。


by chantake123