人気ブログランキング | 話題のタグを見る

思い出深き saphirinus

思い出深き saphirinus_c0189013_22523134.jpg
ナラガシワ(2021.6月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)クリックすると大きめの絵になります
蝶友先輩方と訪れたナラガシワの生える林。

思い出深き saphirinus_c0189013_23020914.jpg
ウラジロミドリシジミ(2021.6月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
先輩方が叩き出してくださり、ナラガシワに棲むウラジロミドリシジミが降りてきてくれました。

思い出深き saphirinus_c0189013_23065579.jpg
ウラジロミドリシジミ(2021.6月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)クリックすると大きめの絵になります
目の前から広角で撮影させてもらいました。

思い出深き saphirinus_c0189013_23112605.jpg
ウラジロミドリシジミ(2021.6月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)クリックすると大きめの絵になります
雌の開翅を見るのは初めてでした。

思い出深き saphirinus_c0189013_23140980.jpg
ウラジロミドリシジミ(2021.6月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)クリックすると大きめの絵になります

思い出深き saphirinus_c0189013_23161016.jpg
ウラジロミドリシジミ(2021.6月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
オスも何匹か出てきてくれました。

思い出深き saphirinus_c0189013_23173225.jpg
ウラジロミドリシジミ(2021.6月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
ウラジロの名前の通り、翅裏は真っ白ですが、
オスの翅表は他のミドリシジミの仲間に比べて青く輝きます。

思い出深き saphirinus_c0189013_23220448.jpg
ウラジロミドリシジミ(2021.6月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
何度か美しい翅表を見せてくれました♪

思い出深き saphirinus_c0189013_23242839.jpg
ウラジロミドリシジミ(2021.6月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
Favonius saphirinus の学名にあるように、
サファイアブルーに輝いてくれました。

今まで何度も観察はしてきましたが、
撮影できたのはちょうど10年ぶりでした。

何度も撮影に挑んできた蝶だからこそ、
本当に思い出深き日となりました。

ご一緒させていただいた蝶友先輩方、
本当にありがとうございました。

Commented by pallet-sorairo at 2021-06-19 08:12
おはようございます。
ウラジロミドリシジミ、きれいなチョウですね。
♂のブルーももちろん素敵ですが
♀の墨絵のような翅表のなんて美しいこと!
何度もじっと見てしまいました。
ご紹介ありがとうございます♪
Commented by kkzm-qsgy9rr at 2021-06-20 05:43
おはようございます

 コメントありがとうございます。

  チョウを追い求められておられますね。
  今が一番活動期でしょうか・・よく見かけますが飛び回っていてなかなかシャッターを切れません。
  カナブン、今年は異常発生でしょうか菜園などに大群でやってきています。ただ、好みがあるようでマメ科の葉っぱを好んで食べつくしています。また、なすびの葉っぱも齧って被害を受けています。 子供を地中に産み付けて・幼虫が野菜の根を食べる畑のギャングと言っています。
Commented by 22wn3288 at 2021-06-20 07:39
ウラジロミドリが見られるとは素敵ですね。
表翅のサファイアブルーの輝きが綺麗ですね。
メスは落ち着いた雰囲気ですね。
Commented by Sippo5655 at 2021-06-20 21:55
ウラジロミドリシジミ・・・
こんな子もいるのですね!
最初、ミズイロオナガシジミのように見えてしまいました。
翅を開くと全く違う魅惑的な・・・!
10年ぶりの撮影ですか!?
これは物凄い感動だったことでしょう!!!
個体数が少ないのでしょうか。
個体数が少ないと、警戒心も強まりますので
なおさら撮影は大変になりますよね。
そのハードルを越えて、対峙できたのは
想いが通じたからでしょう♪
Commented by nihon-burari at 2021-06-23 17:34
写真集「3000人の写真展」で簡単なクイズです。
Commented by chantake123 at 2021-06-27 07:46
pallet-sorairoさん、
ナラガシワの林があれば、比較的人里近くに棲んでいる蝶です。
今回は久しぶりにじっくりと撮影することができました。
雌の翅表をみるのも初めてでした。オスとはまた違った美しさですね♪
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2021-06-27 07:50
kkzm-qsgy9rrさん、
個人的にはカブトムシのまわりを彩るカナブン君たちですが、
そちらでは「畑のギャング」なのですね!
マメ科を好んで食べるということはマメコガネでしょうか?
どの種類か興味があります。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2021-06-27 07:54
22wn3288さん、
こちらの地域では幸いにして、ウラジロミドリシジミの生息できる環境があります。
ちょうど発生初期だったようで、オスの輝きもメスの漆黒も美しかったです。
そちらのヒメヒカゲもちょうどその頃ピークを迎えていたんでしょうね。
一度そちらの湿地も訪れてみたいです。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2021-06-27 07:57
Sippo5655さん、
この日、ミズイロオナガシジミも1匹見ることができました。
翅表は比較的似ていますよね。
活動時間である夕刻ではなく、朝方に撮影したこともカメラに納めることができた要因かなと思います。
思い返すと前撮影したのはちょうど10年ぶりで、よくぞ再び撮影できたものだと感慨ぶかかったです。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2021-06-27 08:00
nihon-burariさん、
ブログ拝見しました!
クイズちょっと考えてみます!
コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chantake123 | 2021-06-18 23:42 | Comments(10)

奈良周辺の美しい自然を見ていければと思っています。


by chantake123