人気ブログランキング | 話題のタグを見る

春の水辺にて

春の水辺にて_c0189013_05305989.jpg
フジ(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO) クリックすると大きめの絵になります
そろそろトンボ達の見られる季節と思い、
仕事帰りに里山の池を見てまわりました。

春の水辺にて_c0189013_05361877.jpg
フジ(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
今年は季節の移ろいが早いので、フジの花も綺麗に咲いていました。

春の水辺にて_c0189013_05410363.jpg
ヨツボシトンボ(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
四つの斑点が入った翅が美しいヨツボシトンボ。

春の水辺にて_c0189013_05444300.jpg
ヨツボシトンボ(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
この池では今年も健在のようで安堵しました。

春の水辺にて_c0189013_05471484.jpg
ヨツボシトンボ(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
ホバリングしながら交尾する場面を撮影してみたかったのですが、
ピントを合わせる前に交尾を解いて産卵に移ってしまうので、
撮影はかないませんでした。

春の水辺にて_c0189013_05502279.jpg
ヨツボシトンボ(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
春の陽光を浴びながら気持ちよさそうにテリトリーを張るヨツボシトンボ。
こんな姿がこれからもずっと見られることを願っています。

春の水辺にて_c0189013_05531061.jpg
ニホンカワトンボ(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
職場にカワトンボの仲間が飛んできていたので発生し始めているかなとは思っていましたが、
ニホンカワトンボの出現も今年は少し早めなように感じました。

春の水辺にて_c0189013_05580162.jpg
ニホンカワトンボ(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
間近から美しいオレンジ色の翅を見せてくれました。

春の水辺にて_c0189013_05595113.jpg
オグマサナエ(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
この日の一番の観察目的は春に見られる小形のサナエトンボでした。

春の水辺にて_c0189013_06022621.jpg
オグマサナエ(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
結果的には観察できたのはオグマサナエのみでした。
フタスジサナエはまだ発生していないようでした。
もう少し小形の種類も見られないかと探索しましたが見つけられませんでした。

春の水辺にて_c0189013_06063396.jpg
オグマサナエ(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
オグマサナエに関しては、まわった三か所のいずれの場所でも出会うことができました。
この地域の水辺でしっかりと生き抜いてくれているようです。

春の水辺にて_c0189013_06270044.jpg
オグマサナエ(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
最後に訪れた池では近くの地面で日向ぼっこしていました。

春の水辺にて_c0189013_06303617.jpg
シオヤトンボ(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
シオヤトンボも石の上で日向ぼっこでした。

春の水辺にて_c0189013_06102575.jpg
サトキマダラヒカゲ(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
水辺の周りではサトキマダラヒカゲやヒメウラナミジャノメなどの蝶が飛び回っていました。

春の水辺にて_c0189013_06135264.jpg
ツマグロヒョウモン(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
ツマグロヒョウモンが足元に飛んできて美しい姿を見せてくれました。

春の水辺にて_c0189013_06153900.jpg
ツマグロヒョウモン(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
足元過ぎて撮影が困難でした(笑)

春の水辺にて_c0189013_06172102.jpg
ツマグロヒョウモン(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
葉の上で一瞬翅を開いてくれたのですが…

春の水辺にて_c0189013_06194219.jpg
ツマグロヒョウモン(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 クリックすると大きめの絵になります
その直後、風に揺られて飛び去ってゆきました。

春の水辺にて_c0189013_06214251.jpg
ニョイスミレ(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO クリックすると大きめの絵になります
水辺の周りではニョイスミレが見頃でした。
スミレやアリアケスミレの花も見ることができました。

春の水辺にて_c0189013_06234610.jpg
クチナシソウ(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO クリックすると大きめの絵になります
水際に見慣れない薄ピンクの花が。
図鑑で調べるとクチナシソウという種類かなと思います。
こんな新しい出会いも嬉しいものです。

春の水辺にて_c0189013_06315507.jpg
この虫は何の仲間?ヒゲナガハナノミ(2021.4月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO) クリックすると大きめの絵になります
この虫はコメツキムシでしょうか。
開き始めたワラビの葉が美しいですね。
→パルナシウスさん、初めて知りました。ありがとうございます!

気がつけば4月も終わり。
早くも新緑の季節です。

Commented by parnassius-glacia at 2021-05-01 13:48
chantake123さん、こんにちはー。
この虫は→ヒゲナガハナノミ
でしょうか?
ニホンカワトンボが登場すれば、初夏ですねぇ。
Commented by chantake123 at 2021-05-01 19:08
parnassius-glaciaさん、
シャリンバイにアオスジアゲハのお写真いいですね♪
いよいよミカドアゲハの季節ですね!
気がつけば虫たちも春から初夏のメンバーへと変わって来ていますね。
ヒゲナガハナノミ教えてくださりありがとうございます!
甲虫にもいろいろな種類があるのですね。
コメントありがとうございます!
Commented by koji_kanjp at 2021-05-02 07:35
chantake123さん、こんにちは。
ヨツボシトンボ、良いですね。好きなトンボのひとつですが、近頃は出会いが少なくて。
初めて見た地元の池は3年ほど前に埋め立てられ、ソーラーパネルが設置されてしまいました。春先にはオツネントンボが見られるいい池だったんですが…。
そちらはニホンカワトンボも多いんでしょうか?こちらはアサヒナカワトンボがほとんどです。
Commented by chantake123 at 2021-05-02 07:45
koji_kanjpさん、
こちらでもヨツボシトンボがみられる場所は限られていると思います。
この池の環境がこれからも保たれてくれればと願っています。
ニホンとアサヒナはこちらでは(吉野川以北)平地や本流に近いほどニホン、細流ほどアサヒナな
印はあります。
ちなみにオツネンオンボは一度しか見たことがありません(笑)
Commented at 2021-05-02 08:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 愉快な仙人 at 2021-05-02 11:35 x
おはようございます!
春の水辺・・・素晴らしい自然が残ってますね!

ヨツボシトンボ・・・以前は 遠くまで撮りに行ってたのですが、一昨年はmyフィールドで 突然発生しました!♪(^。^) ところが、去年は空振り! 今年は・・・と期待しています。

ニホンカワトンボ・・・飛んでいると 橙色の羽が更に奇麗に見えますねv(^^)
♀(雌)は淡橙色と無色の2種類が見られますか??

オグマサナエ・・・未見です(*^^*) 
タベサbナエは撮ったことがあるのですが・・・丘陵地へ行かないと見られないので、撮りに行くのが大変です(^^)
サトキやツマグロが もう飛んでいるのですね!v(^^)

 
Commented by m_2102_m at 2021-05-02 21:13
ヨツボシトンボ、ずんぐりした^^?体に
四つの斑点のある綺麗な翅が特徴的ですね。
希少なトンボを拝見♡同じ池に無事生息していて嬉しいですね♪
ニホンカワトンボ、オレンジの翅がとても美しいです✨
私が里山で撮って来たのは、アサヒナカワトンボ♂なのかなぁ・・・
シオヤトンボ♂♀を教えて頂きありがとうございました(*^-^*)
オグマサナエもフタスジサナエも、もちろん見たことがありませんが
離れ目気味のサングラスが可愛いです。
今回、春から初夏に見られるトンボを色々勉強させて頂きました♪

Commented by ex-h15 at 2021-05-03 04:00
おはようございます
そちらは出現がやはり早いですねー
こちらではシオヤトンボもヨツボシトンボも5月中旬頃にならないと見られません。カワトンボは6月初旬が標準かな(観察年数が少ないのであまり参考になりませんけど)。
個人的にはアジアイトトンボの未成熟の♀を早く見たい、撮りためたいです
Commented by chantake123 at 2021-05-05 07:52
愉快な仙人さん、
地域が違うと優占種も変わってくるようで、こちらはオグマサナエがたくさん見られるのに対して、
タベサナエは少ないようで未だ出会えていません。
ニホンカワトンボはこのブログを始めてから1度だけ淡橙色の雌を見たことがあります。
やはりニホンカワとアサヒナカワの区別は難しいですね。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2021-05-05 07:58
ex-h15さん、
こちらは昨日25度までいきましたよ(笑)
そちらの方が1ヵ月ほど春の訪れが遅いのでしょうね!
オレンジ色が鮮やかなアジアイトトンボの未成熟♀、自分も今年も出会ってみたいです。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2021-05-05 08:04
m_2102_mさん、
そちらではカイツブリの子育てに、美しいキビタキの姿♪
早くも初夏へと移っていきそうですね。
m_2102_mさんが撮られたのはアサヒナカワトンボかなあと思いますが、
アサヒナカワとニホンカワの区別は、自分レベルではあやふやですね(笑)
m_2102_mさんの地域の美しい自然を拝見し、いつも癒されております!
コメントありがとうございます!
Commented by nihon-burari at 2021-05-10 15:40
いつも日本ブラリを見ていただきありがとうございます。
2021年4月4日に、縦向きの写真をアップしました。
また、5月7日にモノクロの横向きの写真をアップしましたのでよろしくお願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chantake123 | 2021-05-01 06:38 | Comments(12)

奈良周辺の美しい自然を見ていければと思っています。


by chantake123