人気ブログランキング | 話題のタグを見る

自然豊かな里山を訪ねて

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_13091956.jpg
コノシメトンボ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
赤トンボを観察したくて初めて訪ねた里山。
農耕地を歩き始めると畑のなかのため池でコノシメトンボに出会いました。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_13154247.jpg
コノシメトンボ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
ギンヤンマにときどき追われながら、パトロールしたり枝にとまったり。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_13191765.jpg
コノシメトンボ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
以前はどんな環境に棲むトンボなのか分からず、とらえどころのない種類だったのですが、
幸いにも3年続けて出会うことができ、ずいぶんと身近に感じられるようになりました。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_13273361.jpg
コノシメトンボ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
全身が真っ赤になり美しい赤トンボですね♪

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_13310782.jpg
アオモンイトトンボ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
岸辺の草にはアオモンイトトンボのペアがいくつか見られました。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_13343156.jpg
ヤンマのヤゴの抜け殻(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
この池で一番目立っていたギンヤンマは、ずっと飛び回っていたので撮影せずに終わりました。
せめてもの記録にとヤゴの抜け殻を撮っておきました。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_13374022.jpg
マツモムシの仲間(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
足をオールのようにして泳ぐマツモムシがたくさん群れていました。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_13462617.jpg
はざ掛け(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)クリックすると大きめの絵になります
農耕地の向こうには、雑木林と棚田が入り組んだ里山風景が広がっていました。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_14353427.jpg
ツリガネニンジン(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
田んぼと池の間の斜面には無数のツリガネニンジンが咲いていました♪

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_14380562.jpg
ツリガネニンジン(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_14391417.jpg
ツリガネニンジン(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
薄紫色のベルがたくさん♪大好きなお花です。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_14421290.jpg
ワレモコウ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
田んぼの畔にはワレモコウもあちらこちらに見られました。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_14435963.jpg
ヒヨドリバナの仲間(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
薄いピンク色のヒヨドリバナにはハナムグリの仲間がやって来ていました。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_14481198.jpg
アキノノゲシ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_14511338.jpg
ミヤコグサ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_14530716.jpg
イボグサ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14,トリミング)クリックすると大きめの絵になります

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_14543731.jpg
ヌマガエル(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
田んぼと池をつなぐ水路にはヌマガエルがいました。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_15003597.jpg
ウラギンシジミ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
秋を感じさせてくれる蝶に出会いました。
ウラギンシジミの雌は白と黒のシンプルな色合いが美しかったです。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_15033934.jpg
ウラギンシジミ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
よく考えるととまっているクズの葉は幼虫の食草。
自分が育った食草にとまっていたのかもしれません。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_14571926.jpg
ツマグロヒョウモン(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
ツマグロヒョウモンも来年に向けて命を繋いでいく季節。
産卵に降りてくるツマグロヒョウモンを何匹か見かけました。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_15083506.jpg
チャバネセセリ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_15102182.jpg
イチモンジセセリ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
セセリチョウも秋の蝶と言えるでしょうか。
チャバネセセリとイチモンジセセリがお互いにササの葉の近い所で休んでいました。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_15130417.jpg
クルマバッタ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
草地から飛び出したクルマバッタ。
草と体色が絶妙にカモフラージュしていて、
近づいてもなかなか姿を見つけられませんでした(笑)

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_15165994.jpg
ショウリョウバッタモドキ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
池の土堤などで出会ったのがショウリョウバッタモドキでした。
今回、初めて観察することができました。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_15213320.jpg
アキアカネ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, KIPON マウントアダプター EF- MFT AF, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
さて、観察しようと思っていた赤トンボですが、
アキアカネの姿を比較的たくさん見ることができました。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_15251544.jpg
アキアカネ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
田んぼの脇ではセイタカアワダチソウをバックにとまっていました。

自然豊かな里山を訪ねて_c0189013_15272681.jpg
アキアカネ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
そして、田んぼの脇を歩いていると、
連結飛翔していたペアが足元に降りてきてくれました。
昔に比べて見かけることが少なくなったと感じるアキアカネですが、
この里山では命を繋いでくれているように感じました。

初めて訪ねた里山は、たくさんの草花や虫たちを育む自然豊かな里山でした。
来年以降には、また違った季節にもぜひ歩いてみたいなあと思っています。

Commented by asitano_kaze at 2020-10-31 20:56
コノシメトンボ、たくさん出会えましたね。
ギンヤンマのヤゴの抜け殻、さすがに大きいですね。
里山風景、いいですねぇ。
子どもの頃の田舎を思い出します。
ツリガネニンジン、たくさん咲いていますね。
ウラギンシジミのメス、きれいに撮られていますね。
なかなかの美人さんです。
アキアカネのペア、いいお土産をくれましたね。
Commented by ex-h15 at 2020-10-31 23:29
こんばんは
飛びっぱなしのトンボは撮るのをあきらめています
家内がヤンマ系が好きで、ギンちゃんだーとかオニちゃんだーとか騒いでも、私は見向くこともあまり有りません。撮ろうと思うとストレスマックスになります(苦笑
コノシメトンボは去年も今年も会えたのは一回きり。滅多に見れないので他のトンボと間違えてしまいます

ヤンマの羽化殻(たぶんオニヤンマ)、私は持ち帰りました。さすがに大きいですね
Commented by parnassius-glacia at 2020-11-01 06:17
chantake123さん、おはようございます。
ミヤコグサが綺麗ですね。
画像では本ミヤコグサ、もしかしたらセイヨウミヤコグサか判別が困難です・・・汗。
拙宅では、この春セイヨウミヤコグサの種を捲いてみました。
今から楽しみです。
Commented by chantake123 at 2020-11-02 01:13
asitano_kaze さん、
初めて歩いた里山は、こんな里山が残っているんだなあと嬉しくなるくらい自然豊かでした。
ウラギンシジミは上手く撮れないことが多いので美人さんがモデルになってくれて収穫でした。
アキアカネのペアは本当にちょうど足元に降りてきてびっくりでした。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2020-11-02 01:16
ex-h15 さん、
飛びっぱなしのトンボを撮るのは難しいですよね。
自分のフィールドではクロスジギンヤンマ、コヤマトンボ、オオヤマトンボがその筆頭です。
ギンヤンマはたまにホバリングしてくれるのでよほど気合が入っているときは追いかけます(笑)
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2020-11-02 01:23
パルナシウスさん、
この里山は在来種が多かったのでミヤコグサで良いかと高を括っておりましたが、
セイヨウミヤコグサと判別が難しいですね。
次回以降訪れたときに注目してみたいと思います。
ミヤコグサはこちらでは見かける頻度が少なく、河川敷で元気に群れているとセイヨウミヤコグサ
かな?くらいに思っています。
コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chantake123 | 2020-10-31 15:38 | Comments(6)

奈良周辺の美しい自然を見ていければと思っています。


by chantake123