人気ブログランキング | 話題のタグを見る

見られなかったナニワトンボ

見られなかったナニワトンボ_c0189013_22424599.jpg
ツチイナゴ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
毎年ナニワトンボを観察してきた水辺を訪れました。
年々進められていた護岸にフェンスのような構造物をうめる工事は、
いよいよ水辺のまわりをぐるっと一周完了してしまったようです。
すなわち、それはナニワトンボの好む”土の部分が露出した傾斜の緩い岸辺”が失われてしまったことになります。

見られなかったナニワトンボ_c0189013_22581714.jpg
アオモンイトトンボ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
唯一、アオモンイトトンボだけ多く観察できました。

見られなかったナニワトンボ_c0189013_23004033.jpg
アジアイトトンボ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
アオモンイトトンボに混じって、
アジアイトトンボのメスらしき個体を見つけました。
(アオモンとアジアの判別が難しいです。ご教示いただければ幸いです。)

見られなかったナニワトンボ_c0189013_23042629.jpg
リスアカネ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
辛うじて出会った赤とんぼは小さめのリスアカネ1匹でした。

見られなかったナニワトンボ_c0189013_23061249.jpg
リスアカネ(2020.10月 , OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14)クリックすると大きめの絵になります
独りぼっちのリスアカネも何だか寂しそう。

この水辺でナニワトンボは見れなくなってしまうのか、
ここ数年の心配が現実のものとなってしまい本当に悲しい気持ちです。
工事した岸部が馴染めばまたナニワトンボが戻ってきてくれるのか、
あきらめずに来年以降も観察したいと思います。

この水辺でナニワトンボを観察できなかったことがきっかけで、
全く別の場所で偶然ナニワトンボを観察することとなるのですが、
それは次回紹介させていただきます。

Commented by ex-h15 at 2020-10-18 08:07
おはようございます
水辺の整備は、安全面や景観から考えると必要だとは思います
が、昆虫たちが生息するのを考慮したのかに関しては、色んな方の意見を聞いて整備したと考えたいけど、どうなのかなー...

私の行くフィールドでも何か所か整備されたところがありますが、草藪や水生植物が刈られてしまいました
影響は確かにあるように感じますが、数年もしないうちに元に戻るだろうと楽観しています

chantake123さんとこのは、完全に再生不能な感じではないみたいなので期待したいですね

ナニワトンボ、アオモンイトトンボ。どちらも当地に居ない種です
画像でしか見たことが無いのですが、アジアとアオモンはホントによく似ていますよね
同定作業が混乱するのがよく分かる気がします

蛇足;イトトンボ科は見られなくなりました
アオイトトンボ科の仲間が見られる程度です。寂しくなりました
Commented by ba-mf08 at 2020-10-18 11:17
アジア♀とアオモン♀の同定は難しいですね。

今回のメスは、アジア♀で合ってると思います。
Commented by tomiete3 at 2020-10-18 18:43
こんばんは
コメントいただき有難う御座います。

 トンボも最近は見かけません。・・水辺の沼地のあるところが減少して・・

 トンボも短い命・・繁殖の時期のようですね。
Commented by chantake123 at 2020-10-18 20:38
ex-h15 さん、
この場所は何度も観察に訪れてきたフィールドなので、何とか再び再生してほしいと願っています。
そちらではアオモンはいませんか。
逆にこちらではアジアはほとんど見ません。
環境によって優占種が変わってくるのも大変興味深いですね。
秋も深まってきて今年のトンボ観察も終盤になってきましたね。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2020-10-18 20:43
ba-mf08 さん、
同定していただき本当にありがとうございます!
オスの方が判別しやすいと思うのですが、今年出会ったアジアは2匹ともメスでした。
アオモンに混じったアジアに気づくのは、ウォーリーを探せなみに難しいので、これからも
注視して見ていきたいと思います。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2020-10-18 20:52
tomiete3さん、
こちらでは稲刈り時期の田んぼにやっとアキアカネが見られています。
今回の写真のイトトンボたちも繁殖し子孫を残してゆく時期でした。
トンボたちの棲める水辺が減少していくのは残念です。
うまく共生していけるとよいのですが。
コメントありがとうございます!
Commented by asitano_kaze at 2020-10-18 20:56
ナニワトンボさんにとってはこの工事、災難でしたね。
ちいさな生き物にとってはちょっとした環境の変化が死活問題となり得ますね。
そうですか。他の場所で見つかったのですか。
それはよかったです。
次回、楽しみにしています。
Commented by chantake123 at 2020-10-18 21:24
asitano_kaze さん、
ナニワトンボが棲みづらい環境になっていくのを、ただただ何もできず見てきた感じなので、
無力感というか、生息地が失われていくとはこんな感じなのかと痛感しています。
他の場所で見れたのは良かったのです。まあでも、今回の場所とは関係のないことなので、
今回の場所でナニワトンボが復活してくれたらと願っています。
コメントありがとうございます!
Commented by koji_kanjp at 2020-10-18 22:30
こんばんは。
イトトンボですが、すでに皆さんが仰っておれれるように、アジアイトトンボの雌で間違いないかと。
雌を見分けるポイントですが、腹部第2節(第1節はごく短いので、胸の一番近くの長く見える節は第2節です)の背面が胸側から尾端側まですべて黒いので、アジアです。
アオモンは第2節の背面が尾端側の半分だけが黒いので、ここに注目すると見分けられますよ。
Commented by M_2003 at 2020-10-18 23:23
ナニワトンボ、青い赤トンボでしたよね^^
他にも、探しているブロ友さんがいらっしゃいますが
見つかっていないようです。
毎年観察してきた水辺から姿を消してしまうのは
あまりにも悲しいですね・・・
全く別の場所で偶然? それは楽しみです^^♪
Commented by chantake123 at 2020-10-24 04:40
koji_kanjp さん、
アジアとアオモンの判別のポイントを教えて下さりありがとうございます!
腹部第2節には注目していたのですが、ある生態写真で、そこがアオモンっぽいアジアの写真もあったので、悩んでいました。これからはある程度確信をもって判別できそうです。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2020-10-24 04:56
M_2003 さん、
そうなんです。ナニワトンボは青い赤とんぼでして、こちら関西~瀬戸内地方あたりにかけての池で
見られます。この水辺で初めて観察した時はたくさん見られたのが、年々生息環境は変えられていき、とうとう今年見られなくなってしまいました。
来年以降も観察は続けたいと思いますし、この水辺やその周囲の池のどこかで何とか子孫をつないでくれていると願いたいです。
コメントありがとうございます!
Commented by Sippo5655 at 2020-10-25 21:51
青いアカトンボ・・・
少し調べてみました。
本当に青いトンボさん!
生きられる環境が限定されているのですね。
人間の都合で、そのような子が絶滅に追いやられるのは、辛いです。。
別の場所で、出逢いがありましたか!
これも運命的な出逢いだったのではないでしょうか。
Commented by chantake123 at 2020-10-31 12:56
Sippo5655 さん、
シックなブルーをした可愛いトンボなんです。
人間の都合で、知らぬ間に絶滅に追いやっているとすれば、本当に辛いことです。
新たに出会った場所でこれからずっと見られることを願っています。
コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chantake123 | 2020-10-17 23:20 | Comments(14)

奈良周辺の美しい自然を見ていければと思っています。


by chantake123