c0189013_22540637.jpg
桜の紅葉(2018.11.11 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
先月は桜の葉が紅葉した飛鳥川沿いを歩きました。

c0189013_23034968.jpg
飛鳥川(2018.11.11 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
桜並木が紅葉に染まる飛鳥川でした。

c0189013_23054788.jpg
桜の紅葉(2018.11.11 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
色づいた桜の葉が綺麗でした。

c0189013_23073470.jpg
アキアカネ(2018.11.11 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
桜の木の下では、アキアカネが朝陽を浴びて体を温めていました。

c0189013_23102393.jpg
アキアカネ(2018.11.11 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
今年は家の近所でアキアカネをしっかりと観察できて良かったです。

c0189013_23213630.jpg
エノキ(2018.11.11 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
エノキは黄色く色づいていました。

c0189013_23235247.jpg
(2018.11.4 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
飛鳥川沿いの柿畑も見に行きました。

c0189013_23261904.jpg
キタテハ(2018.11.4 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
しばらくするとお目当ての蝶が飛んできました。

c0189013_23282457.jpg
キタテハ(2018.11.4 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×IIクリックすると大きめの絵になります
キタテハです。落ちた柿の実の汁を吸いにやって来たのです。

c0189013_23303510.jpg
キタテハ(2018.11.4 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×IIクリックすると大きめの絵になります
翅を閉じると柿の葉と同化してしまうのがすごいですね!

c0189013_23325053.jpg
キタテハ(2018.11.4 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×IIクリックすると大きめの絵になります
そして、翅を開くと再び美しい模様が現れるのです。

c0189013_23360146.jpg
モンキチョウ(2018.11.4 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
柿畑の近くでは交尾中のモンキチョウに出会うことができました。

c0189013_23391505.jpg
モンキチョウ(2018.11.4 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
成虫で越冬できないモンキチョウは産卵して来年へと命を繋いでいきます。
この後、モンキチョウは交尾したまま飛び立っていきました。

c0189013_23434099.jpg
藁塚の残る田んぼ(2018.11.4 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
今年も早いもので、いよいよ12月に入りました。
この一年を良い形で締めくくれるように、
自分ももうひとがんばりしないといけませんね。

[PR]
# by chantake123 | 2018-12-05 23:51 | Comments(7)

ヤマハッカの咲く棚田

c0189013_04454382.jpg
ツマグロヒョウモン(2018.10.27 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
先月、秋の花を探しに棚田を歩きました。
ヤマハッカの花がたくさん顔を出していて、ツマグロヒョウモンが蜜を吸いにやってきました。

c0189013_04503636.jpg
ツマグロヒョウモン(2018.10.27 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×IIクリックすると大きめの絵になります
ヤマハッカの花を独り占めでした。

c0189013_04552238.jpg
ツマグロヒョウモン(2018.10.27 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×IIクリックすると大きめの絵になります
少しずつ体の向きを回転させながら蜜を吸っていきます。

c0189013_04575153.jpg
ツマグロヒョウモン(2018.10.27 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×IIクリックすると大きめの絵になります
ヤマハッカの花の蜜に夢中といった様子でした。

c0189013_05005559.jpg
ツマグロヒョウモン(2018.10.27 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×IIクリックすると大きめの絵になります
おそらく羽化してそんなに経っていない綺麗なオスでした。
彼らは成虫では越冬できないので、
子孫を残すためには、メスと出会い産卵してもらわないといけないはず。
ただ優雅に花を巡っているのではなく、
きっと、冬が来る前にメスに出会うというミッションを課せられているのだと思います。

c0189013_05115592.jpg
ヤマハッカ(2018.10.27 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
棚田の畔に咲くヤマハッカ。

c0189013_05141331.jpg
ヤマハッカ(2018.10.27 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
薄紫色の花がたくさん見られて綺麗でした。

c0189013_05163434.jpg
野菊とイヌタデ(2018.10.27 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
秋の花を見ながらぶらぶらと歩きました。

c0189013_05193052.jpg
ワレモコウ(2018.10.27 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
ワレモコウの花みーつけた。

c0189013_05210650.jpg
ツリガネニンジン(2018.10.27 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
ツリガネニンジンの花も咲いていました。

c0189013_05232572.jpg
ヤマトシジミ(2018.10.27 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
実はこの日の天気予報は雨。
案の定、散歩中に2度ほど雨に降られて、傘もなかったので杉の木立の下で雨宿りしました。
このヤマトシジミは雨宿り中に撮ったもので、
食草のカタバミにとまって寒そうにじっとしていました。

c0189013_05273845.jpg
ヤクシソウ(2018.10.27 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
帰り道ではヤクシソウの黄色い花もたくさん咲いていました。

c0189013_05302487.jpg
アキアカネ(2018.10.27 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×IIクリックすると大きめの絵になります
赤とんぼに出会えるかと期待して歩いたのですが、
無事、この棚田でもアキアカネに出会うことができました。

c0189013_05355544.jpg
コノシメトンボ(2018.10.27 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×IIクリックすると大きめの絵になります
意外な出会いは、翅の先が黒いこの赤とんぼ。
周囲の環境から考えて、最初はノシメトンボかリスアカネかと思ったのですが…

c0189013_05381950.jpg
コノシメトンボ(2018.10.27 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×IIクリックすると大きめの絵になります
胸の模様を見ると、どうやらコノシメトンボのようです。
この地域は棚田の他にため池も点在していて、そんな環境に棲んでいるのかもしれません。
コノシメトンボに出会うのはこれがようやく3度目です。
自分にとってはとらえどころのないトンボです。

c0189013_05503290.jpg
オンブバッタ(2018.10.27 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
次の雨が来る前に戻ろうと足早に歩いていると、
最後にオンブバッタが飛び出してくれました。
カメラはバッグにしまっていたのですが、
そのオンブバッタはピンク色に色づいていて、
思わずその色合いに惹かれて、再びカメラを取り出して撮影したのでした。


[PR]
# by chantake123 | 2018-11-24 06:06 | Comments(12)

タイリクアカネ

c0189013_16472632.jpg
タイリクアカネ(2018.10.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
先月、家に比較的近い水辺で出会ったタイリクアカネです。
実は昨年も同じ場所で1匹見かけており、2年連続での観察となります。
しかも、今年は何匹かの個体をゆっくりと観察することができました。

c0189013_17050477.jpg
タイリクアカネ(2018.10.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
最初に見つけた個体は、水際の石の上がお気に入りのようでした。

c0189013_17072979.jpg
タイリクアカネ(2018.10.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
アキアカネに似ていますが、胸の側面の模様が違うので区別できます。

c0189013_17090384.jpg
タイリクアカネ(2018.10.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
また、アキアカネよりも体が若干大きい印象があります。

c0189013_17120161.jpg
タイリクアカネ(2018.10.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
このように、水面に張り出した枯れ草にとまっている個体も見かけました。

c0189013_17142615.jpg
タイリクアカネ(2018.10.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II,トリミング クリックすると大きめの絵になります
水辺の上でホバリング姿も何回か見かけました。

c0189013_17173861.jpg
タイリクアカネ(2018.10.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
ホバリングする様子を撮影していたら、ふいに近くの枯草に交尾態でとまったのです!
ホバリングしていたオスは、メスを探していたのかもしれません。

c0189013_17205926.jpg
タイリクアカネ(2018.10.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
交尾した状態で少し飛んで地面へと移動したので、まわり込んで前から撮影させてもらいました。

c0189013_17231263.jpg
タイリクアカネ(2018.10.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
交尾するペアです。近くから撮影させてくれました。
この水辺で子孫を繋いで残して、ぜひ来年も姿を見せてほしいものです。

c0189013_17263037.jpg
タイリクアカネ(2018.10.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
昨年、初めてタイリクアカネを見かけた時に詳しい方に教えていただいて、
内陸部の奈良県では産地は少なく個体数も多くないそうです。
これからも注意深く見守っていきたいと思います。

c0189013_17361915.jpg
ショウジョウトンボ(2018.10.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
このときはまだ10月だったので、ショウジョウトンボを何匹か見かけました。

c0189013_17462836.jpg
タイワンウチワヤンマ(2018.10.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
獲物を捕らえて食べるタイワンウチワヤンマの姿もありました。

c0189013_17480070.jpg
アオモンイトトンボ(2018.10.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
アオモンイトトンボのカップルもいくつか見かけました。

c0189013_17505008.jpg
ツマグロヒョウモン(2018.10.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
トンボ以外には蝶の姿が。ツマグロヒョウモンのメスや…

c0189013_17584186.jpg
キタテハ(2018.10.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
キタテハも見ることができました。

c0189013_18003367.jpg
キタテハ(2018.10.7 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
秋型のキタテハは翅の裏が見事な枯れ葉模様になっています。
成虫で越冬するときに枯れ葉に紛れて、外敵に見つかりにくいようになっています。

日に日に朝夕寒くなり、気がつけば2018年もあと1ヶ月半ほどですね。




[PR]
# by chantake123 | 2018-11-18 18:09 | Comments(13)

青い赤とんぼ 2018

c0189013_06454566.jpg
アキノノゲシ(2018.10月, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
アキノノゲシの咲く水辺で、今年も青い赤とんぼを観察することができました。

c0189013_06542911.jpg
ナニワトンボ(2018.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
ナニワトンボです。
「ナニワ」という名前の通り、大阪で初めて発見され、
瀬戸内海周辺の地域に分布が限られているトンボです。
枯れ枝にちょこんととまっているのに出会いました。
生息環境は樹林が隣接していて、土が露出した岸辺のある池です。

c0189013_05165275.jpg
ナニワトンボ(2018.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
枯れ枝にはナニワトンボ。枯れ葉にはクモさん。
仲良くツーショットです。

c0189013_05212086.jpg
ナニワトンボ(2018.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
まわり込んで、前から撮影させてもらいました。

c0189013_05233199.jpg
ナニワトンボ(2018.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
とぼけたようなきょとんとした表情です。

c0189013_05252085.jpg
ナニワトンボ(2018.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
枯れ枝にとまるのが好きで、
枝にとまっていると色合い的に同化して
目立ちにくいことを知っているのかもしれません。

c0189013_05302796.jpg
ナニワトンボ(2018.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
近くからも撮影させてくれました。

c0189013_05353972.jpg
ナニワトンボ(2018.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
少し飛んでもとまる場所はだいたい決まっていて、
お気に入りの枝があるようです。

c0189013_05393804.jpg
ナニワトンボ(2018.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
渋い目立ちにくいブルーの色合い。
今年も姿を見せてくれてありがとう。

c0189013_05435582.jpg
ナニワトンボ(2018.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
岸部の草地では、メスのナニワトンボにも出会うことができました。

c0189013_05452433.jpg
ナニワトンボ(2018.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
草刈りされたセイタカアワダチソウやヨモギの茂るような水辺。
実はこの写真を撮ったあとに飛び立って、
セイタカアワダチソウやヨモギに半ば隠れるくらいに水辺の土に近づきながら、
単独でホバリングして、しばらく産卵していました。
望遠レンズを持ち疲れて集中が続かなかったため、
ピントを合わせられなくて、産卵シーンは撮影できませんでした。

この場所では護岸にフェンスのような構造物を埋め込む工事が行われたあと、
何年かナニワトンボの姿を見つけられずにいました。
年を経るごとに水際の環境もなじんできたのか、
幸いここ3年続けて観察することができ、何とか子孫を繋いでくれているようです。
来年以降もナニワトンボたちが姿を見せてくれることを願いながら、
これからもこの水辺を見ていきたいと思います。

c0189013_06103328.jpg
アオイトトンボ(2018.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
深い青い眼をしたアオイトトンボのオス。
水辺の草がゆらゆらと揺れて、ピント合わせが甘くなってしまいました。

c0189013_06161252.jpg
アオイトトンボ(2018.10月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
メスもひっそりと下草にとまっていました。
アオイトトンボもこの水辺で自分が観察するのは6年ぶりです。

ナニワトンボとアオイトトンボはセットで見られる印象があるので、
今年は2種類とも見られてうれしかったです。

c0189013_06244000.jpg
シマヘビ(2018.10月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
この日は、水辺の主ではないかというような大きなシマヘビが
私になど意に介さず、堂々とゆっくりと移動していく姿に、
思わず立ちすくみ息をのんで見送りました。

[PR]
# by chantake123 | 2018-11-10 06:31 | Comments(6)

アキアカネの季節

c0189013_05204251.jpg
稲刈りを待つ田んぼ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
休日の朝に、稲刈りを迎える田んぼを歩きました。

c0189013_05333607.jpg
稲刈りを待つ田んぼ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
田んぼごとに稲の色づき具合が違います。
少しずつ時期をずらしながら稲刈りしていくのでしょう。

c0189013_05360591.jpg
ツマグロヒョウモン(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ため池に沿って咲くセンダングサの花には、ツマグロヒョウモンが吸蜜にやって来ていました。

c0189013_05415436.jpg
メダカ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
田んぼから水が抜かれて水路へ移動したのでしょうか。

c0189013_05445195.jpg
メダカ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
たくさんのメダカが群れていました。

c0189013_05472923.jpg
メダカ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
田んぼ周辺の水辺を巧みに利用して生活しています。

c0189013_05543083.jpg
ハクセキレイ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
水路をのぞくハクセキレイ。餌を探しているのかな。

c0189013_05571433.jpg
シマヘビ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
水路の縁で枯草に紛れてながら、シマヘビがこちらをうかがっていました。
横縞の模様が残っているので若い個体だと思います。

c0189013_06023797.jpg
アキアカネ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
さて。この日の目的は赤とんぼ。田んぼの上を連結して飛ぶアキアカネたちです。
8月には渓流で、9月は山麓で見たアキアカネが、地元の田んぼにまで降りてきているか見てみたかったからです。

c0189013_06441184.jpg
アキアカネ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II,トリミング クリックすると大きめの絵になります
思った以上にたくさんのアキアカネが、連結飛翔で田んぼの上を飛んで移動していました。

c0189013_06480114.jpg
アキアカネ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II,トリミング クリックすると大きめの絵になります
なかには単独で飛翔している個体もいました。
もう少し大きく撮影できるといいのですが難しいですね!

c0189013_06522159.jpg
アキアカネの交尾(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
1ペアだけ交尾態でゆっくり飛翔していて、とまるのではと目で追うと近くの稲にとまってくれました。

c0189013_07022268.jpg
アキアカネの交尾(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
2、3分葉の上で静止した後、今度は他のペアと同じように連結飛翔で飛んでいきました。

c0189013_06514883.jpg
コシアカツバメ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM ,トリミング クリックすると大きめの絵になります
この日の田んぼでは、コシアカツバメが数羽絶え間なく田んぼの上を飛翔していました。
この写真では中央やや下よりに、小さくアキアカネの連結飛翔も写っています。
コシアカツバメたちは田んぼの虫たちを食べにやって来ているのかもしれません。

c0189013_07110135.jpg
コシアカツバメ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
上空を飛ぶこともあれば…

c0189013_07132641.jpg
コシアカツバメ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM ,トリミング クリックすると大きめの絵になります
田んぼすれすれを飛んでいることをありました。

c0189013_07145275.jpg
ノビタキ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM ,トリミング クリックすると大きめの絵になります
ノビタキは捕らえたバッタを杭の上で食べていました。

c0189013_07173348.jpg
コバネイナゴ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
ふと足元を見るとイナゴのペアと目が合いました。

c0189013_07192614.jpg
コバネイナゴ(2018.10.13 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
鳥たちに見つかることなく、無事子孫を残すんだぞ。

目的のアキアカネは産卵するところは観察できませんでした。
可能ならもう一度くらい田んぼを訪れて、アキアカネが地元の田んぼで産卵しているか見てみたいと思っています。

[PR]
# by chantake123 | 2018-10-31 07:22 | Comments(4)