ミルンヤンマ

c0189013_06041904.jpg
ミルンヤンマ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
山麓の川辺でミルンヤンマを観察する機会に恵まれました。

c0189013_06152096.jpg
ミルンヤンマ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
パトロールしていたオスが垂れ下がる草にとまってくれました。
しばらくすると、小刻みに翅を震わせた後に飛び立っていきました。
よくぞ一度とまってくれたものです。
カッコいい姿を撮らせてくれて感謝です。

c0189013_06281715.jpg
ヒメアカネ(2018.9.29 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
同じ場所に小形の赤とんぼがいました。

c0189013_06302841.jpg
ヒメアカネ(2018.9.29 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
一瞬マユタテアカネかと思いましたが、顔の白いヒメアカネでした。

c0189013_06390586.jpg
ヒメアカネ(2018.9.29 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ちょこんと下草にとまってじっとしていたので、じっくり撮らせてもらいました♪

c0189013_06450114.jpg
イヌコウジュ(2018.9.29 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
傍でちらほら咲いていた可愛らしいピンクの花は、調べてみるとイヌコウジュかなあと思います。

c0189013_06472405.jpg
ナワシログミ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
ウバメガシのような葉をした木に白い花がついている?
帰って調べてみると、どうもグミの花のようです。

c0189013_06553157.jpg
イチモンジチョウ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
そろそろ日差しがないと長袖の方がいいかなあという時期でしたが、まだまだ蝶たちも頑張っていました。

c0189013_07000749.jpg
オオチャバネセセリ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
イチモンジチョウもオオチャバネセセリも秋に観察したことはあまり記憶にありません。

c0189013_07055452.jpg
セスジツユムシ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ツユムシが葉っぱと同化していました。
ちょうど目線の高さにいたので、たまたま見つけられたのかな。

c0189013_07123289.jpg
ハラビロカマキリ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
足元で飛んで移動してきた虫が着地したのでのぞくとハラビロカマキリでした。

c0189013_07152173.jpg
ハラビロカマキリ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
カマキリはやはり鋭い目つきをしてますね。

c0189013_07025171.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
イタドリの花にはヒメウラナミジャノメがやってきました。
だいぶ翅の色がうすくなってきてますが、葉の上でしっかり開翅のポーズを決めてくれました。
もう少し違った角度からも撮影しようかと思ったその時、
何かの気配が…

c0189013_07381402.jpg
オオカマキリ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
大きなカマキリが待ち構えているではないですか!!

c0189013_07411959.jpg
オオカマキリ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
左右どちらの花に虫がやってきても捉えにかかれる絶妙な位置取りです。

c0189013_07441106.jpg
オオカマキリ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
あまりにカッコよかったので、アップで撮らせてもらいました。
前足の付け根のオレンジ色がほとんど無いので、オオカマキリだと思います。

c0189013_07485660.jpg
オオカマキリ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
私が近づいたせいで蝶は飛び去ってしまいました。
でも、カマキリも栄養をつけて子孫を残さなければなりません。
カマキリにはちょっと悪いことをしてしまいました。

c0189013_07521673.jpg
オオカマキリ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
せめてこの機会にしっかり撮らせてもらおうと、
最後に正面から雄姿をパシャリ。

深まりゆく秋を精一杯生きる虫たちの姿を目に焼きつけて、
山麓をあとにしました。


[PR]
# by chantake123 | 2018-10-14 07:57 | Comments(1)

秋雨の合間に その3

c0189013_06435529.jpg
ヒガンバナ(2018.9.29 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
雨の合間に山麓を歩くと、まだまだヒガンバナが咲いていました。

c0189013_06494842.jpg
ヒガンバナ(2018.9.29 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
雨にしっとりと濡れたヒガンバナもいいものですね。

c0189013_06532807.jpg
ヒガンバナとチャバネセセリ(2018.9.29 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
ヒガンバナに何か飛んできたので近づいて見てみると、チャバネセセリでした。

c0189013_07265828.jpg
ヒガンバナとチャバネセセリ(2018.9.29 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
吸蜜していたのか、水滴を吸っていたのかどっちかな。

c0189013_07302844.jpg
ツマグロオオヨコバイ(2018.9.29 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
パタパタパタと飛来したのはツマグロオオヨコバイ。
色と形状から「バナナ虫」と呼ばれるらしいですね。

c0189013_07421377.jpg
カタツムリの仲間(2018.9.29 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
雨の止み間だったので、カタツムリもいました。
白っぽいカタツムリ。クチベニマイマイでいいのかな。

c0189013_07485811.jpg
野菊(2018.9.29 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
野菊にヨモギにねこじゃらし。

c0189013_07503054.jpg
ツユクサ(2018.9.29 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
ツユクサも雨に濡れてしっとり。

c0189013_07513951.jpg
イボクサ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
池の横の田んぼにはピンク色のツユクサ。
調べてみるとツユクサ科でイボクサと言うそうです。

c0189013_07543847.jpg
ヤブマメ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
ヤブマメの花も今回初めて知りました。

c0189013_08012312.jpg
キツネノマゴ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
この時期キツネノマゴの花もよく見かけますね。

c0189013_08085271.jpg
ツリガネニンジン(2018.9.29 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
ため池に沿った草地にはツリガネニンジンがちらほら。

c0189013_08103144.jpg
ワレモコウ(2018.9.29 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
草地ではワレモコウの花にも出会うことができました。

c0189013_08125716.jpg
アキアカネ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
薄日が差すと赤とんぼが飛び始めました。
木の杭にとまったのはアキアカネ。

c0189013_08173036.jpg
ナツアカネ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
赤く色づいたナツアカネの姿も見られました。

c0189013_08272166.jpg
赤とんぼ(2018.9.30 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
田んぼの傍ではアキアカネやナツアカネが群れてとまっていました。
子どもの頃は近所の田んぼでもよく見た風景なんですけどね。
のどかな景色に心癒されました。


[PR]
# by chantake123 | 2018-10-08 08:32 | Comments(1)

相撲神社

c0189013_14572091.jpg
相撲神社(2018.9.22 奈良県桜井市, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
先週末は桜井市にある相撲神社を初めて訪れました。
桜井市観光情報サイトには、
約2000年前、垂仁天皇のころ、大兵主神社神域の小字カタヤケシにおいて、
野見宿禰と当麻蹴速が、日本最初の勅命天覧相撲を行った。これが日本の国技である相撲のはじまりとされている。
と書かれています。
ここが相撲発祥の地なのですね。

c0189013_15074849.jpg
纒向日代宮伝承地(2018.9.22 奈良県桜井市, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
桜井市観光情報サイトには、
纒向日代宮は、第12代景行天皇が営んだ宮です。
景行天皇の時、皇子の倭建命(ヤマトタケルノミコト)が活躍したとされています。
倭建命は、天皇の命を受けて大和に従わない九州の熊襲(クマソ)や出雲の国へ、一度帰朝してまた東の国々へと遠征を重ね、次々に服従させていったという古代の英雄です。
「大和は国のまほろば たたづく青垣 山ごもれる 大和し美し」は、命が遠征の帰途、病を得て亡くなる時に、ふるさと大和への思いを詠まれた歌の一節とされています。
と書かれています。

c0189013_15184710.jpg
ヒガンバナ(2018.9.22 奈良県桜井市, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
ヒガンバナが咲いているのを撮影できるかなと思っていましたが、
息子が予想以上に元気に走り回って、付きっきりになったので、
ほとんど撮影できませんでした(笑)

c0189013_15370874.jpg
アケビ(2018.9.22 奈良県桜井市, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
先日、実家でアケビの話をしていたときに、
「前に相撲神社付近を歩いたときにアケビがなっていたよ。」と父が言っていたので、
そんなこともあって、今回訪れたのでした。
自生のアケビには出会いませんでしたが、畑のアケビはたくさん実っていました。

c0189013_15430438.jpg
萩の花(2018.9.22 奈良県桜井市, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
畑には白やピンクの萩の花が咲いていて、ちょうど蜂がやって来たところでした。

c0189013_15453137.jpg
萩の花(2018.9.22 奈良県桜井市, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
白とピンクでは葉の形が違うので、別の種類のような気がしますね。

c0189013_15473402.jpg
ヘクソカズラ(2018.9.22 奈良県桜井市, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
たまたま道沿いに咲いていて何気なく撮ったのですが、
もっと良い名前を付けてあげればよいのに。
なかなかよいお花だと思いました。

c0189013_15533308.jpg
山の辺の道(2018.9.22 奈良県桜井市, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
山の辺の道も、とぎれとぎれにしか歩いたことがありません。
一度ゆっくりと時間をとって歩いてみたいものです。

[PR]
# by chantake123 | 2018-09-30 15:57 | Comments(6)

秋雨の合間に その2

c0189013_05023696.jpg
ヒカゲチョウ
(2018.9.16 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります

先週は比較的近い水辺を見に行きました。
前日は雨が降ったので地面が湿っていて、ヒカゲチョウが吸水していました。

c0189013_05032015.jpg
ヒカゲチョウ(2018.9.16 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
7月に見たヒカゲチョウと比べて眼状紋が大きく感じられました。

c0189013_05093369.jpg
アレチノヌスビトハギ(2018.9.16 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
水辺へと向かう道沿いにはヌスビトハギのピンクの花がたくさん。

c0189013_05121137.jpg
アメリカセンダングサ(2018.9.16 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
センダングサのオレンジの花もたくさん咲いていました。
ヌスビトハギもセンダングサも種子はいわゆる”ひっつきむし”になるので気をつけないといけません(笑)

c0189013_05154062.jpg
アオイトトンボ(2018.9.16 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
木立の下の日陰になっているところに1匹のアオイトトンボを観察しました。

c0189013_05200633.jpg
アオイトトンボ(2018.9.16 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
観察中はアオイトトンボのメスなのかオオアオイトトンボのメスなのか判別できなかったのですが、
アオイトトンボだと詳しい方に教えていただきました。
胸の側面の部分に白い粉をふいている場合はアオイトトンボと判別して良いそうです。

c0189013_05271556.jpg
アオイトトンボ(2018.9.16 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
この時は家に帰って図鑑で調べられるようにと、いろんな角度からパシャパシャ撮らせてもらいました。

c0189013_05304292.jpg
アオイトトンボ(2018.9.16 奈良県,EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
アオイトトンボは2年前にも暗い木立の中で出会っているので、
そんな環境を好むのかもしれません。

c0189013_05502298.jpg
アオイトトンボ(2018.9.16 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
少しだけ飛んで、今度は近くの別の枝にとまりました。

c0189013_05492732.jpg
アオイトトンボ(2018.9.16 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
綺麗なメタリックグリーンの体色と淡い青色の眼。
近くから観察させてくれました。
この水辺でアオイトトンボに出会ったのは6年ぶりかな。
嬉しい出会いになりました。

c0189013_05582787.jpg
モノサシトンボ(2018.9.16 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO)クリックすると大きめの絵になります
木立の下ではモノサシトンボのメスもじっとしていました。

c0189013_06001840.jpg
モノサシトンボ(2018.9.16 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO)クリックすると大きめの絵になります
少し口を開いているのは、通りがかった小さな虫をパッと捕らえようとしたからです。
休んでいるようでいて、実はしっかり獲物を狙っているのかもしれません。

c0189013_06064208.jpg
ヤブラン(2018.9.16 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO)クリックすると大きめの絵になります
足元ではヤブランの花が顔を出していました。

c0189013_06053244.jpg
アオモンイトトンボ(2018.9.16 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
水辺にはアオモンイトトンボがいました。

c0189013_06105579.jpg
アオモンイトトンボ(2018.9.16 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO)クリックすると大きめの絵になります
ペアになっているものが多くて、この時期に子孫を残していくみたいですね。

c0189013_06192684.jpg
ツチイナゴ(2018.9.16 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO)クリックすると大きめの絵になります
水辺から草地へ戻ると、鮮やかな色のツチイナゴがいました。

c0189013_06211029.jpg
ツチイナゴ(2018.9.16 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO)クリックすると大きめの絵になります
トノサマバッタと同じぐらい大きいですね。

c0189013_06240080.jpg
ツチイナゴ(2018.9.16 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO)クリックすると大きめの絵になります
日差しがでてくると、モゾモゾと動き出してゆきました。

c0189013_06254763.jpg
キタキチョウ(2018.9.16 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
来た時にヒカゲチョウに出会った場所まで戻ってくると、代わりにキチョウが吸水していました。
撮影できませんでしたがイチモンジセセリも地面に下りていました。

c0189013_06290902.jpg
キタキチョウ(2018.9.16 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO)クリックすると大きめの絵になります
今年は9月になって雨が多かった気がします。
でも、おかげで地面に下りてくる蝶たちを観察できました。

[PR]
# by chantake123 | 2018-09-24 06:33 | Comments(2)

秋雨の合間に

c0189013_06300771.jpg
ツリガネニンジン(2018.9.1 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
里山の草地はツリガネニンジンの咲く季節になりました。

c0189013_06384942.jpg
ニラの花(2018.9.1 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
ニラの花も咲き始めていました。
つぼみは三角形なのですね。

c0189013_07461752.jpg
クサギ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
咲き始めたクサギの花も綺麗でした。

c0189013_07500924.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
この日は降ったりやんだりの雨模様。
雨の止み間に林に沿って歩くと、
クズの葉の上にお目当ての蝶が姿を現しました。

c0189013_08035763.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
渋い細波模様と蛇の目模様。
ヒメウラナミジャノメは葉についた雨粒を吸っていました。

c0189013_08063836.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
こちらに気がついてにらめっこ。

c0189013_08095570.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
少し明るい所に出ると翅を開いて、表の模様も見せてくれました。

c0189013_08124988.jpg
ウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
この個体はちょっと翅の茶色が赤みが強い?

c0189013_08150176.jpg
ウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
翅の裏側を見ると…
蛇の目模様の数が少ない。こちらはウラナミジャノメでした。

c0189013_08170676.jpg
ウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ヒメウラナミジャノメとウラナミジャノメは全く同じ場所で見られました。
ヒメウラナミジャノメがたくさん見られたのに対して、
ウラナミジャノメは2匹だけで、翅もくたびれていました。
きっとウラナミジャノメの方が少し前から出現していたのでしょう。

c0189013_08223598.jpg
ウラナミジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
後翅の蛇の目模様を鳥についばまれたのかもしれません。
それでも胴体は無事で生き延びて、たくましく飛んでいました。
元気な姿を見せてくれてありがとう。

c0189013_08282948.jpg
ヒメジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ウラナミとヒメウラナミと同じ場所見られたヒメジャノメ。
2種類と比べて少し大きめです。

c0189013_08304435.jpg
ヒメジャノメ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
翅を開くと、大きめの蛇の目が目立ちました!

c0189013_08273311.jpg
ダイミョウセセリ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ジャノメチョウの仲間に混じって、色合いは似ていながら飛び方が直線的なのが居ました。
クズの葉にとまった所で、正体がダイミョウセセリだと分かりました。

c0189013_08354479.jpg
ダイミョウセセリ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
ベタっと翅を開いてとまるところが、ちょっと蛾っぽいですね(笑)

c0189013_08444889.jpg
ヤマトシジミ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
2匹のヤマトシジミが少しずつ移動してゆきます。
メスの傍でオスが翅を震わせて近づきます。
恋が成就するといいな。

c0189013_08485232.jpg
イチモンジセセリ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USMクリックすると大きめの絵になります
草地に目を移すと、イチモンジセセリがたくさん。

c0189013_08551362.jpg
イチモンジセセリ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
アキノタムラソウの花畑では2匹仲良く蜜を吸っていました。

c0189013_09014433.jpg
イチモンジセセリ(2018.9.1 奈良県, EOS 7D,SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACROクリックすると大きめの絵になります
オスがメスに近づいて頭をすりすり。

この日は途中で雨が強くなって、いったん30分ほど雨宿りしました。
そして、最後の写真の後にも雨が降って来て撮影を終えました。
そんな雨の止み間にも、蝶たちは元気に飛び回って、
ひと夏の恋を成就させるのでした。

[PR]
# by chantake123 | 2018-09-15 09:21 | Comments(4)