タグ:魚 ( 13 ) タグの人気記事
稲の出穂
c0189013_439188.jpg
稲にとまるセスジイトトンボ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM クリックすると大きめの絵になります
田んぼの稲がどんどん穂を伸ばし始めています。


c0189013_4425786.jpg
稲にとまるセスジイトトンボ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM クリックすると大きめの絵になります
出穂し始めた稲にセスジイトトンボが何匹もとまっていました。


c0189013_445224.jpg
セスジイトトンボ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
緑色をしたセスジイトトンボのメスです。


c0189013_4465522.jpg
セスジイトトンボ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
水色をしたセスジイトトンボのオスも見られました。


c0189013_448848.jpg
セスジイトトンボ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
雲間からお日様が射すと、稲についた水滴が光ってきれいでした。


c0189013_4502418.jpg
ウスバキトンボの群れ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
ふと空を見上げると、頭上をウスバキトンボの群れが飛んでいました。


c0189013_452779.jpg
ウスバキトンボの群れ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
ふわふわと飛んでいるのですがカメラで捉えるのは案外難しくて、トンボ達は小さくしか写せませんでした。


c0189013_4545267.jpg
秋空(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
何だか空の雲も秋っぽくなってきたような。


c0189013_456363.jpg
シオカラトンボ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
まだまだ元気なシオカラトンボ。


c0189013_4574625.jpg
ヤマトシジミ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
草むらから飛び出した小さな蝶はヤマトシジミでした。


c0189013_4591145.jpg
ショウリョウバッタ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
枯草にそっくりな茶色のショウリョウバッタ。


c0189013_503983.jpg
エビの仲間(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
田んぼ付近の水辺をのぞくと、小形のエビが歩いていました。


c0189013_521982.jpg
ハゼの仲間(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
小さなハゼのような小魚もいました!
水中に棲む生き物たちについても知らないことばかりです。


c0189013_543468.jpg
メダカ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
メダカだと思うのですが、外来種のカダヤシかもしれません。
水中に棲む生き物の中にもどんどん外来種が入って来ているので、注意深く見ていきたいと思います。


[PR]
by chantake123 | 2016-09-11 05:06 | Comments(6)
夏の渓谷
c0189013_244388.jpg
夏の渓谷(2016.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
お盆休みは一泊二日の小旅行でした。渓谷を散歩しておにぎりを食べました。


c0189013_229844.jpg
夏の渓谷(2016.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
上を見上げると、巨岩を縫うように小さな滝が見えました。


c0189013_248768.jpg
夏の渓谷(2016.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
観光客の方がたくさんおられて、さすがに網で魚をすくうのは…


c0189013_2532724.jpg
夏の渓谷(2016.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
気持ちだけは分からないでもないですが。
透き通るような清流のなかには…


c0189013_2564238.jpg
アユ(2016.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
水面が静まると、苔を食む鮎の群れがはっきりと見えます。


c0189013_30976.jpg
アマゴ(2016.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
アマゴも悠々と泳いでいました。


c0189013_32898.jpg
夏の渓谷(2016.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
吊り橋は森の中へ…


c0189013_352013.jpg
夏の渓谷(2016.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
切れ落ちた岩盤の上です。


c0189013_391474.jpg
夏の渓谷(2016.8.14 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
木々の間から見える滝が美しかったです。
[PR]
by chantake123 | 2016-08-28 03:19 | Comments(8)
田園風景と彼岸花
c0189013_22323585.jpg
近所の田んぼ(2014.9.21 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
家の近くの田んぼも実りの季節を迎え、だんだんと黄金色に染まってきました。


c0189013_22413022.jpg
トノサマバッタ(2014.9.21 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
田んぼの間をはしる砂利道を歩くと、どんどんとバッタが飛び出してきます。
トノサマバッタのほか、ショウリョウバッタやクルマバタモドキなどに出会いました。


c0189013_2246374.jpg
赤とんぼ(2014.9.21 奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
赤とんぼもちらほらと見られる季節になってきました。
連結飛翔しながら産卵するペアもいくつか見かけました。


c0189013_2249593.jpg
ヒガンバナ(2014.9.21 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
田んぼのまわりでは、ちょうどヒガンバナがたくさん花を咲かせています。


c0189013_22523799.jpg
ヒガンバナ(2014.9.21 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
青空をバックに満開のヒガンバナを撮らせてもらいました♪


c0189013_22562331.jpg
メダカ(2014.9.21 奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
田んぼ周辺の水辺では、メダカの群れに出会うことができました。
子供の頃に、水路でメダカを捕ったことがありましたが、いまでもメダカが健在なことが分かり感激しました。


c0189013_2313495.jpg
キタキチョウ(2014.9.21 奈良県)
キタキチョウがたくさん飛んでいて、ヒガンバナに顔をつっこんで蜜を吸う個体も見られました。


c0189013_2354554.jpg
キアゲハ(2014.9.21 奈良県)
キアゲハもヒガンバナがお気に入りのようで、長い時間蜜を吸っていきました。


c0189013_2383713.jpg
キアゲハ(2014.9.21 奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
水路わきに咲くヒガンバナの群落の上をキアゲハが飛んでいきます。
ヒガンバナの美しい姿をもう少しの間楽しめそうです。


[PR]
by chantake123 | 2014-09-24 23:13 | Comments(4)
アマゴ
c0189013_19421375.jpg
新緑の渓谷(2014.5.7 / 奈良県)
今回は父のアマゴ釣りの写真です。
自分は去年も、この場所でハヤしか釣ってないので。



c0189013_19472652.jpg
新緑の渓谷(2014.5.7 / 奈良県)
奥の淵にアマゴやタカハヤが棲んでいます。



c0189013_1957492.jpg
新緑の渓谷(2014.5.7 / 奈良県)
本当に水のきれいなところです。



c0189013_19594044.jpg
アマゴ(2014.5.7 / 奈良県)
父が釣ったものです。今度は自分が行って釣りたいものです。



[PR]
by chantake123 | 2014-05-26 20:03 | Comments(6)
伊勢神宮 内宮(ないくう)
c0189013_6291092.jpg
宇治橋からみる五十鈴川(2013.3.30/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
伊勢神宮 内宮 は皇室の御祖神である天照大御神(あまてらすおおみかみ) をお祀りしているところです。
表玄関の宇治橋を渡って入っていきました。


c0189013_6493914.jpg
カワムツ(2013.3.30/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
五十鈴川御手洗場(いすずがわ みたらし)は、参拝する前に心身を清める場所。
手をつけると五十鈴川の水が冷たくて気持ちよかったです。
傍を小魚が通っていきました。よく見ると石の影にたくさん群れているのでした。カワムツの子供かなあと思います。


c0189013_731257.jpg
モクズガニ(2013.3.30/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
水のなかを覗いているとモクズガニも歩いていました。
写真を撮らせてもらっていたら、恥ずかしそうに石の間へ潜り込んでいきました。


c0189013_775321.jpg
伊勢神宮 内宮(2013.3.30/三重県 伊勢市)
この日はほんとうにたくさんの参拝客でした。正宮では大行列に並んで参拝しました。
そして参拝客が小さく見えるような感覚になるくらい、周りの一本一本の木が大きいのでした。


c0189013_7151161.jpg
クスノキ(2013.3.30/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
一本一本の木が神様のような気がしました。


c0189013_7185940.jpg
伊勢神宮 内宮(2013.3.30/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
日が射すと照葉樹やシダが光って美しいのです。


c0189013_7225089.jpg
ツバキ(2013.3.30/三重県 伊勢市)
あちらこちらでツバキの花が咲いていましたよ。


c0189013_7254259.jpg
ソメイヨシノ(2013.3.30/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
この頃はソメイヨシノが満開で♪ 夕日に染まる桜を見ながら、お伊勢さんをあとにしました。
[PR]
by chantake123 | 2013-04-14 07:32 | Comments(10)
近所のカワセミ
c0189013_2251617.jpg
カワセミ(2013.2.2/奈良県)
肌寒い曇り空の朝。遠くに出かけても仕方ないと思って、近所を歩いてみました。
すると、出会いました♪ 田んぼの中をはしる農道沿いの水路で、カワセミが獲物を探していました。


c0189013_2217232.jpg
カワセミ(2013.2.2/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
まだ、羽毛の翡翠色があまり出ていないので若鳥かもしれません。


c0189013_22224797.jpg
カワセミ(2013.2.2/奈良県 トリミング)
水路を覗いても、この日は魚が少なそう…。車が通ると、その度に警戒して場所を変えます。
獲物にありつくことは簡単ではないようです。


c0189013_22305273.jpg
ホオアカ(2013.2.2/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
田んぼの藁から顔を出したのは”ほっぺたの赤い”ホオアカでした。
普段あまり見かけない鳥なので、うれしい出会いとなりました。


c0189013_22425047.jpg
コガモ(2013.2.2/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
田んぼの中にあるため池を久しぶりに覗いてみました。
池で泳いでいた個体は驚いて飛び去ったあとですが、コガモがびっしりと並んで休んでいました。


c0189013_22445762.jpg
ツグミ(2013.1.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
ツグミさんは何とか近い距離から撮らせてくれますね。


c0189013_22474020.jpg
コイ(2013.2.2/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
帰りに飛鳥川沿いを歩くと、大きなコイが泳いでいましたよ。
[PR]
by chantake123 | 2013-02-09 22:53 | Comments(10)
京都水族館 その3
c0189013_8213058.jpg
イソギンチャクとカクレクマノミ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
「さんごの海」では、イソギンチャクと共生する”ニモ”です。
撮影しようとすると、イソギンチャクのなかに隠れてしまいました。
そして、しばらくして、外の様子をうかがって再び出てきたところです。


c0189013_8424279.jpg
エビの仲間(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
小さな3、4cmほどの美しいエビ。ちゃんと名前をメモっとかないとダメですね。


c0189013_8454677.jpg
シャコの仲間(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
どこにいるかと覗き込むと、目が合ってびっくり!


c0189013_8541099.jpg
トラフカラッパ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
じっと潜んでいるのを見つけるのは楽しいものですね。虎斑からっぱ。


c0189013_952699.jpg
ミズクラゲ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
「無脊椎の世界」では、たーくさんふわふわ泳いでいて、美しかったですよ。


c0189013_9104536.jpg
ニシキエビとイセエビ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館 トリミング)
ニシキエビは、学生時代に沖縄の牧志公設市場で見て、その色と大きさにびっくりした記憶があります。
ここでは、伊勢海老と仲良く顔を出していました。


c0189013_973469.jpg
ユメカサゴ、ズワイガニ、サケ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館) クリックすると大きめの絵になります
「京の海」では京都の海に棲んでいる、京都の食文化に根づいた魚たちを見ることができました。


c0189013_922252.jpg
イルカスタジアム(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館) クリックすると大きめの絵になります
この後、ショーが始まるとハンドウイルカたちがダイナミックなジャンプや可愛らしいしぐさを見せてくれました。
丁寧な解説が分かりやすくて、希望者の代表がイルカと握手できたり、イルカたちを身近に感じることができました。

スタジアムのバックには、世界遺産に登録されている東寺が見え、そして新幹線や在来線が次々と横切っていきます。
京都駅の近くに位置する京都水族館ならではの眺望ですね。
また訪れたいなって、生き物たちが身近に感じられる水族館でした。
[PR]
by chantake123 | 2013-02-02 09:46 | Comments(4)
冬晴れの公園にて
c0189013_926346.jpg
アオサギ、カルガモ、コガモ(2013.1.19/奈良県 河合町・広陵町) クリックすると大きめの絵になります
穏やかに晴れた休日の朝、近くの公園を歩いてみました。
公園では散歩する方、バードウォチングを楽しむ方、ゆったりとした時間が流れていました。
池の鳥たちも、冬晴れの朝を気持ちよさそうにくつろいでいるようでした。


c0189013_9395062.jpg
カワセミ(2013.1.19/奈良県 河合町・広陵町 トリミング)
近くで双眼鏡を覗いている方が、「あそこにカワセミいる」と仰っいました。
見ると、くつろぐ鴨たちを横切ってカワセミが飛んでいき、茂みにとまりました。


c0189013_9451069.jpg
カワセミ(2013.1.19/奈良県 河合町・広陵町)
この後、獲物を求めながら移動していくカワセミの姿を見ることができました。
一時近くの木にとまって、教えてくださった方はアップの写真を撮られたのですが、私の角度からは撮れませんでした。
けれども、久々に訪れてカワセミの姿を見れただけでも有難いですね。


c0189013_954759.jpg
コガモ、カルガモ(2013.1.19/奈良県 河合町・広陵町) クリックすると大きめの絵になります
今日の鴨さんたちはどこかのんびり。


c0189013_9592925.jpg
カワウ(2013.1.19/奈良県 河合町・広陵町) クリックすると大きめの絵になります
カワウは元気いっぱい。池に降り立つとさっそく潜って魚を探していました。


c0189013_1015766.jpg
群れ泳ぐ魚たち(2013.1.19/奈良県 河合町・広陵町) クリックすると大きめの絵になります
池の浅瀬では、たぶんフナだと思うのですが、群れてからまりあって百匹以上泳いでいました。
餌が豊富にある場所なのか、繁殖に関係があるのかよく分かりません。散歩の方が「一週間くらい前からだよ」と教えてくださいました。

午後から仕事だったので長居はできませんでしたが、朝の公園をゆっくり歩くのはいいものですね。
[PR]
by chantake123 | 2013-01-27 10:09 | Comments(12)
京都水族館 その2
c0189013_22321176.jpg
ゴマフアザラシ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
円柱水槽では、好奇心旺盛なゴマフアザラシが挨拶しに来てくれました。可愛かった♪


c0189013_2237622.jpg
ケープペンギン(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
ケープペンギンを至近距離で見ることができました。
アフリカ大陸の南、暖かいところにすむペンギンなので、京都の冬を寒く感じているようです。


c0189013_224819.jpg
大水槽を泳ぐ魚たち(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
大水槽は、いろんな種類のエイが目の前を通過していって、迫力満点でした。


c0189013_2255719.jpg
大水槽を泳ぐ魚たち(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
飼育員が自ら集めた自慢の魚たちが悠々と泳いでいるのです。


c0189013_2311688.jpg
磯の教室(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
磯場を再現した浅くて広い水槽に、波打ち際にすむいきものたちが展示されています。
ヒトデやナマコに自分の手で触れることができますよ。
[PR]
by chantake123 | 2013-01-20 23:05 | Comments(4)
京都水族館
c0189013_0331744.jpg
京都水族館(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
昨年末に初めて京都水族館に行ってきました。
海など全く近くにはなくて、京都駅の西側にある梅小路公園のなかに水族館があるのです。


c0189013_0441932.jpg
タカハヤ、アマゴ、オオサンショウウオ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
入口を入ると最初に出迎えてくれたのは、オオサンショウウオの大型展示コーナーです。
鴨川上流に暮らす渓流魚やオオサンショウウオの様子がリアルに再現された水槽になっています。
よくアマゴを釣りに訪れた奈良県南部の川でも、きっと同じような光景が見られるだろうと思いを馳せて見ていました。


c0189013_0421167.jpg
オオサンショウウオ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
飼育環境がいいのでしょう。魚もサンショウウオものびのびと気持ちよさそうに過ごしているのです。


c0189013_0583934.jpg
オオサンショウウオ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
でも油断は禁物。上を泳ぐタカハヤも殺気を感じたのでしょう。
オオサンショウウオに目にも止まらぬスピードで捕らえられる恐れがあるのです。

さて、実は写真に写っているオオサンショウウオは鴨川水系で捕獲された個体です。
鴨川では今、他の地域では見られない大きな事件が起きています。
それは、捨てられて増えた外来種のチュウゴクオオサンショウウオとの交雑種がたくさん生まれてしまっているのです。
このままだと、在来のオオサンショウウオが鴨川からいなくなってしまいます。
そういうわけで、この水族館に在来のオオサンショウウオが一時保管されて、展示されているのです。
[PR]
by chantake123 | 2013-01-06 01:14 | Comments(6)