タグ:風景 ( 182 ) タグの人気記事
オオムラサキ
c0189013_9164793.jpg
オオムラサキ(2015.7月) クリックすると大きめの絵になります
暑い夏の昼下がりに、憧れのオオムラサキを見に県境を越えて行ってきました。
森に到着してしばらくは、キアゲハが時折飛んでいるだけでしたが…
ふと視界を横切って、1匹のオオムラサキが飛んできて枝にとまりました。


c0189013_9202160.jpg
オオムラサキ(2015.7月) クリックすると大きめの絵になります
明るいところに出てきてくれました。
樹液を吸うためではなく、なわばりを張っているようでした。


c0189013_923364.jpg
オオムラサキ(2015.7月) クリックすると大きめの絵になります
見晴らしのいい所に陣取っては、飛び立って他の蝶を追い払います。
ここはお気に入りの見張り場のようで、翅の美しいブルーをゆっくりと見せてくれました♪


c0189013_9284264.jpg
オオムラサキ(2015.7月)
一瞬だけ、目の前の桜の枝先にやってきてくれました。
本当にバタバタと羽ばたく音が聞こえるくらいに力強い飛翔です。


c0189013_9332353.jpg
キアゲハ(2015.7月) クリックすると大きめの絵になります
オオムラサキが飛び始めると、キアゲハさんはどこか遠慮気味かな。。


c0189013_9355324.jpg
ツマグロヒョウモン(2015.7月) クリックすると大きめの絵になります
ツマグロヒョウモンはマイペースで、ずっと同じ場所に陣取っていました。


c0189013_938688.jpg
オオムラサキ(2015.7月) クリックすると大きめの絵になります
少なくとも3匹のオオムラサキを見ることができました。
オオムラサキ同士でも追いかけ合いを始めました。
この写真はきっと先程までとは別の個体で、クヌギの葉の上に陣取りました。


c0189013_944138.jpg
オオムラサキ(2015.7月) クリックすると大きめの絵になります
私がカメラを構えても、堂々と正面から睨めっこです。
しばらくしてこの個体がスクランブル発進したところで観察終了としました。


c0189013_9484760.jpg
オオムラサキの棲む森(2015.7月) クリックすると大きめの絵になります
飛び交うオオムラサキを間近に見ることができて本当に感激しました。

そして、出会った方々にも感謝。
森に到着して休憩している時にお話した方は、知り合いの人がオオムラサキに詳しいそうで、
「夕方になると飛び始めるそうですよ!」って、教えてくださりました。
そして、汗だくの私にパピコと、迷わず帰れるように付近の地図まで下さったのです。
そのおかげで、オオムラサキが飛び始めるのを待つことができました。
「山で会う人はいい人ばかりです」と笑顔でお話してくださったのが印象的でした。
きっと、この方とお話しなかったら、オオムラサキを見ることなく帰ってしまっていたと思います。

帰る途中ですれ違ったおじさんには、
「この竹食べれるで、もって帰らんか?」と若い竹の芽(枝?)をいただきました。
後日、刻んだものをお味噌汁に入れて美味しくいただきました。

いろんな方の優しさに触れて、忘れられない夏の日となりました。
[PR]
by chantake123 | 2015-08-01 10:25 | Comments(8)
大神神社のササユリ
c0189013_3522548.jpg
大神神社(2015.6.7/奈良県 桜井市)
早朝に大神神社を歩いてきました。


c0189013_3562986.jpg
ササユリ(2015.6.7/奈良県 桜井市) クリックすると大きめの絵になります
「古事記」には神武天皇が三輪山の狭井川にお越しになり、三輪山はささゆりがたくさん咲くところであると表現されています。
古代、三輪山にささゆりが群生していたことを今に伝えるために、この時期にささゆり園が開園されています。
まだ、開園前の時間だったので、外から望遠レンズで撮らせてもらいました。


c0189013_44304.jpg
ササユリ(2015.6.7/奈良県 桜井市) クリックすると大きめの絵になります
ささゆり園以外にも境内に植えられていて、花を咲かせていました。


c0189013_47236.jpg
ササユリ(2015.6.7/奈良県 桜井市) クリックすると大きめの絵になります
ささゆり園のささゆりは「三輪山にささゆりを復活させたい」と、平成四年から栽培が始められました。
種子から開花までに、少なくとも六年かかるそうです。


c0189013_4135528.jpg
ササユリ(2015.6.7/奈良県 桜井市) クリックすると大きめの絵になります
三輪山から奈良の率川神社へささゆりを奉献する「ささゆり奉献神事」が6月16日に、
三輪山のささゆりで国家国民の平安を祈る率川神社の「ゆりまつり(三枝祭)」が6月17日に行われます。


c0189013_4205443.jpg
朝日に輝く(2015.6.7/奈良県 桜井市) クリックすると大きめの絵になります
境内の木々には、すがすがしい朝日が射していました。
[PR]
by chantake123 | 2015-06-17 04:24 | Comments(8)
GReeeeN
c0189013_8264144.jpg
緑萌える山里(2015.5月/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
半日のお休みを使って、午前中のドライブに出かけました。


c0189013_8524959.jpg
クマガイソウ(2015.5月/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
3年ぶりに見に行ったクマガイソウは花数が減ったように思いますが、無事花を咲かせてくれていました。


c0189013_903790.jpg
クマガイソウ(2015.5月/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
和名は熊谷草。袋状の唇弁を熊谷直実が背負った母衣にたとえたもの。
母衣(ほろ)は風船のようにふくらませた布のことで、昔の武者は後ろからの矢を防ぐために身にまとっていたそうです。
マルハナバチが唇弁に潜り込んでいく様子を一度観察できました。


c0189013_10194596.jpg
クマガイソウ(2015.5月/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
距離を考えて、伯父さんからいただいた望遠ズームレンズで撮ってみました。いい感じで使えました。


c0189013_10214852.jpg
クマガイソウ(2015.5月/奈良県)
花の大きさは日本の野生ランの中では一番大きく10センチ近くあります。
来年以降もたくさんの花を咲かせてください。


c0189013_10555231.jpg
ミヤマカラスアゲハ(2015.5月/奈良県)
近い地域の雑木林ではミヤマカラスアゲハが吸水に降りてきていました。


c0189013_10582595.jpg
ミヤマカラスアゲハ(2015.5月/奈良県)
翅を開いている側が水路なので回り込んでの撮影はできませんでしたが、青緑色の翅表を少しだけ見せてくれました。


c0189013_1123593.jpg
ミヤマカラスアゲハ(2015.5月/奈良県)
たっぷり吸水すると、ひらひらと舞い上がっていきました。


c0189013_1145170.jpg
雑木林(2015.5月/奈良県)
クヌギ林の新緑も美しいです。

半日足らずでしたが、景色、花、蝶、様々な緑色を見ることができました。
「GReeeeN」の曲を聴きながらのドライブだったので、緑とかけて今回の題名にしてみました。
分かりにくいですよね(笑)
[PR]
by chantake123 | 2015-05-23 11:12 | Comments(14)
春日山遊歩道ぶらり
c0189013_6505840.jpg
春日山遊歩道(2015.4.25/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
休日の午後に春日大社近くのLe Case(レ・カーセ)へキッシュを食べに行きました。
林檎のキッシュとクワトロフロマッジョ(4種類のチーズのキッシュ)、どちらもおいしかったです。
お店を出ると、その先が春日山遊歩道の入り口なので、少し散歩しました。
沢沿いの道では常緑樹とカエデの若葉のコントラストが美しいです。


c0189013_715988.jpg
ヒメバライチゴ(2015.4.25/奈良県 奈良市)
遊歩道の入り口に咲いていた木苺はクサイチゴかと思っていたのですが、調べてみるとヒメバライチゴでした。
明治時代にフランス人植物採集家によって、この奈良付近で新種として記載された種類なのだそうです。


c0189013_722848.jpg
スミレの仲間(2015.4.25/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
大木の根元にちょこんと咲いていたのはニョイスミレでしょうか。
それとも、次の写真と同じ種類でしょうか。


c0189013_7275522.jpg
コミヤマスミレ(2015.4.25/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
湿り気のある苔むした斜面ではコミヤマスミレを見ることができました。


c0189013_7345492.jpg
コミヤマスミレ(2015.4.25/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
薄暗い森の中でひっそりと花を咲かせているのでした。


c0189013_740317.jpg
藤の花(2015.4.25/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
帰りに藤の花を見に、春日大社に寄りました。


c0189013_743374.jpg
砂ずりの藤(2015.4.25/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
春日大社の「砂ずりの藤」がたくさんの花をつけていました。
[PR]
by chantake123 | 2015-05-10 07:45 | Comments(4)
新緑芽吹く里山にて
c0189013_6365429.jpg
新緑(2015.4月/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
春のお花を見に里山を訪れると、早くも新緑が芽吹き始めていました。
春は駆け足で移ろっていきますね。


c0189013_642248.jpg
スミレ(2015.4月/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
道沿いの日当たりの良いところではスミレとタンポポが仲良く咲いていました。


c0189013_645593.jpg
ニョイスミレ(2015.4月/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
この里山は水が豊富で、ニョイスミレがたくさん見られます。


c0189013_6483352.jpg
クサイチゴ(2015.4月/奈良県)
ちょうどクサイチゴが満開だったようで、あちらこちらで白い花が見られました。


c0189013_6514733.jpg
カキドオシ(2015.4月/奈良県)
桃色のカキドオシの花もたくさん見られました。


c0189013_6535568.jpg
イワナシ(2015.4月/奈良県)
小川沿いの道では斜面に可愛らしい赤い花。イワナシの花が咲き残っていました。


c0189013_657860.jpg
ショウジョウバカマ(2015.4月/奈良県)
小川沿いの道はショウジョウバカマに適した環境のようで、ずっと花を見ながら歩くことができました。


c0189013_721985.jpg
シュンラン(2015.4月/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
林床で静かにシュンランが咲いていました。


c0189013_784257.jpg
シュンラン(2015.4月/奈良県)
この里山は何度も訪れていますが、シュンランに出会うのは初めてでした。
昔実家の庭にありましたが、やはり里山で咲いている姿を見られるのは嬉しいことです。
また一つ、この里山を訪れる楽しみが増えました。
[PR]
by chantake123 | 2015-04-26 07:22 | Comments(8)
岩橋山に登る
c0189013_2118118.jpg
岩橋山山麓(2015.3.28/奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
二上山と葛城山の間にある山。それが岩橋山です。
いつか登ってみたいと思っていたので、チャレンジしてきました。


c0189013_2124649.jpg
タチツボスミレ(2015.3.28/奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
山麓では道沿いに菫の花がたくさん。


c0189013_21222257.jpg
タチツボスミレ(2015.3.28/奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
撮影していると、右側の花にビロードツリアブがやってきました。


c0189013_21275755.jpg
コスミレ(2015.3.28/奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
コスミレもたくさんの花を咲かせていました。


c0189013_2131115.jpg
ニオイタチツボスミレ(2015.3.28/奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
日当たりのよいところにはニオイタチツボスミレがちらほら。


c0189013_213526.jpg
シロバナショウジョウバカマ(2015.3.28/奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
登山道に入ると薄暗い植林帯がほとんどで、沢沿いにはシロバナショウジョウバカマが目立ちました。


c0189013_21401365.jpg
スズシロソウ(2015.3.28/奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
スズシロソウも可憐な花を咲かせていました。


c0189013_21432246.jpg
ダイヤモンドトレイルとの合流点(2015.3.28/奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
小一時間登ると稜線に出ましたよ。


c0189013_21543468.jpg
黄色のお花(2015.3.28/奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
稜線まで出たのでおにぎりを食べながら休憩していると傍に黄色のお花。でも名前が分かりません。


c0189013_21564371.jpg
岩橋山山頂(2015.3.28/奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
おにぎりを食べ終わってラストスパート。
階段の急登をしばらく登ると、何とか無事に着きました。標高659mの岩橋山山頂です。


c0189013_225661.jpg
久米の岩橋(2015.3.28/奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
山頂周辺には「行者苦行の跡」と伝えられる名所旧跡があり、数カ所の岩場が残されています。


c0189013_22143897.jpg
胎内くぐり岩(2015.3.28/奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
こちらは胎内くぐり岩。山中のはっきりしない道を冒険気分で進む巨石めぐりでした。
ふもとの「磐城」という地名も、岩橋山に因むものだそうです。
今年最初の山登りだったので少し疲れましたが、ふるさとの山をまた一つ登ることができたのが何よりでした。
[PR]
by chantake123 | 2015-04-19 22:33 | Comments(16)
桜浜と桃浜
c0189013_0481539.jpg
ジャイアントパンダ(2015.3.29/和歌山県 白浜町 アドベンチャーワールド) クリックすると大きめの絵になります
先月末に白浜までパンダの赤ちゃんを見に行ってきました。


c0189013_05999.jpg
ジャイアントパンダ(2015.3.29/和歌山県 白浜町 アドベンチャーワールド) クリックすると大きめの絵になります
双子の赤ちゃん桜浜(おうひん)と桃浜(とうひん)は寄り添って寝ていました。
ふわっふわで手足の肉球が可愛らしい。


c0189013_165833.jpg
ジャイアントパンダ(2015.3.29/和歌山県 白浜町 アドベンチャーワールド) クリックすると大きめの絵になります
少しだけ起きだしてくれました。目尻がはねているので桜浜の方でしょうか。
でも1分も立たないくらいで再びうとうと、すやすや。眠ってしまいました♪


c0189013_1162790.jpg
ジャイアントパンダ(2015.3.29/和歌山県 白浜町 アドベンチャーワールド) クリックすると大きめの絵になります
こちらは目の模様がだ円形なので桃浜かな。寝顔も可愛らしかったですよ。


c0189013_12299.jpg
平草原公園の桜(2015.3.29/和歌山県 白浜町 平草原公園) クリックすると大きめの絵になります
この日は一日雨模様でしたが、夕方やんできたので平草原公園の桜を見に寄りました。


c0189013_1265049.jpg
平草原公園の桜(2015.3.29/和歌山県 白浜町 平草原公園)
この日はさくらまつりも雨で中止だったみたいですが、奈良よりも開花が早いみたいで三月末でも十分に花が開いていました。


c0189013_1313484.jpg
平草原公園の桜(2015.3.29/和歌山県 白浜町 平草原公園)
雨に濡れた花びらが透けて美しかったです。


c0189013_1491338.jpg
平草原公園の桜(2015.3.29/和歌山県 白浜町 平草原公園) クリックすると大きめの絵になります
メジロが雨に羽毛を濡らしながら、桜の花をめぐってゆきました。



c0189013_134457.jpg
白良浜(2015.3.29/和歌山県 白浜町) クリックすると大きめの絵になります
せっかく白浜まで来たので、白良浜にも寄りました。


c0189013_1363962.jpg
白良浜(2015.3.29/和歌山県 白浜町) クリックすると大きめの絵になります
静かな海。雲間からわずかに夕陽のオレンジも見えました。


c0189013_1401148.jpg
白良浜(2015.3.29/和歌山県 白浜町)
砂浜で拾い上げた貝殻も桜色でした。


c0189013_143667.jpg
桜浜と桃浜(2015.3.29/和歌山県 白浜町 アドベンチャーワールド)
桜浜と桃浜、元気に育っていって下さい!
[PR]
by chantake123 | 2015-04-13 01:52 | Comments(6)
躍動
c0189013_547368.jpg
カワセミ(2015.2.21/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
ひと月ほど前に見たカワセミさんです。


c0189013_5501933.jpg
カワセミ(2015.2.21/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
家の近くに棲むカワセミは、車や人が比較的多く通りかかる環境にもたくましく適応して生きています。


c0189013_6323100.jpg
カワセミ(2015.2.21/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
コンクリートブロックや鉄筋の橋から川へ飛び出して、ホバリングしながら獲物に狙いを定めてから水中へ飛び込んでいきます。


c0189013_663959.jpg
カワセミ(2015.2.21/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
この時は橋からでは魚を狙いにくかったのか、私が観察していたすぐそばの桜の木へ飛んできたのです。
私が観察している事などお構いなしで、川の様子をのぞき込んでいます。


c0189013_6143179.jpg
カワセミ(2015.2.21/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
この後、何かを見つけたようで川辺に移動していきました。


c0189013_6191120.jpg
飛鳥川沿いの桜並木(2015.4.2/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
あれからひと月余り、今年も川沿いの桜並木は満開の花を咲かせました。


c0189013_623775.jpg
桃の花(2015.4.2/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
近くの畑では桃の花が満開。


c0189013_6242767.jpg
観音堂のしだれ桜(2015.4.2/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
観音堂のしだれ桜も美しい花を咲かせました。

生き物たちのたくましく躍動する姿に何だか勇気をもらいながら、
新しくスタートした新年度に臨んでいます。


[PR]
by chantake123 | 2015-04-04 06:33 | Comments(14)
梅の里
c0189013_6334939.jpg
急斜面に咲く(2015.3.14/奈良県)
10日ほど前に訪れた梅林では、梅の花が咲き始めていました。


c0189013_704082.jpg
白梅(2015.3.14/奈良県)
しばらく歩くと、比較的よく咲いている白梅に出会いました。
木によって咲き具合に差があるようでした。


c0189013_77165.jpg
白梅(2015.3.14/奈良県)
この日は雨上がり、撮影していると時々雲間から陽が射してきました。
花には水滴がついて、花びらもみずみずしい感じです♪


c0189013_71313100.jpg
白梅(2015.3.14/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
陽が当たるたびに、散りばめられた白梅の花が一斉に光り輝くような感じでした。


c0189013_7274527.jpg
桃色の梅(2015.3.14/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
歩いているといろんな種類の梅の花が咲いていて。こちらは桃色の八重。


c0189013_7314252.jpg
紅梅(2015.3.14/奈良県)
もっと花色が濃いものもありました。


c0189013_7352028.jpg
福寿草(2015.3.14/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
ある斜面では、梅の花の足元で福寿草が咲いているのに出会いました♪


c0189013_7555922.jpg
キジ(2015.3.14/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
畑では二羽のキジが歩いていましたよ。
色合いからして、まだ若鳥なのかもしれませんね。


c0189013_805872.jpg
集落(2015.3.14/奈良県)
この山里にも春がやってきますね。
たぶん、今頃は梅の花が満開になっていると思います。
[PR]
by chantake123 | 2015-03-25 08:12 | Comments(12)
ニュージーランド南島の思い出(フッカーバレー その3)
ニュージーランド南島のアオラキ/マウント・クック国立公園にて、
フッカー・バレー・トラック その3です。
c0189013_9251019.jpg
フッカー湖とMt.Sefton(2013.12.27 フッカー・バレー・トラック) クリックすると大きめの絵になります
第3吊り橋を渡ってしばらく歩くと、トレッキングの終点であるフッカー湖に到着です。


c0189013_9265542.jpg
フッカー湖(2013.12.27 フッカー・バレー・トラック)
見晴らし台では、昼食を食べているご家族も。
ここまで連れてきてくださったガイドのMakinoさんに感謝です。


c0189013_9371898.jpg
フッカー湖(2013.12.27 フッカー・バレー・トラック) クリックすると大きめの絵になります
湖には氷河から崩れ落ちた氷が漂っていました。
湖畔で景色を眺めながら、サンドイッチをいただきました。
ガイドさんが、その場で淹れてくださった紅茶がとても美味しかったです。


c0189013_943324.jpg
フッカー氷河(2013.12.27 フッカー・バレー・トラック) クリックすると大きめの絵になります
フッカー氷河の先端は湖の一番奥まったところにありました。
氷の年輪が刻まれているのが分かりました。
ここからずっと上流へとフッカー氷河が続いているのですね。
ゆっくりと氷河や湖の景色を楽しませてもらいました。



そして、帰りは来た道を引き返しました。
戻り始めてすぐ、一羽の鳥が滑空しながら私の視界を横切りました。
c0189013_10105445.jpg
ニュージーランド・ファルコン(2013.12.27 フッカー・バレー・トラック)
「ハヤブサだ!」と思って姿を目で追うと、
近くの岩場に隠れるようにとまり、こちらと目が合いました。
ガイドさんに尋ねると、やはりニュージーランド・ファルコンでした。
そして、もう一羽いることに気が付いて、教えてくださりました。


c0189013_10182795.jpg
ニュージーランド・ファルコン(2013.12.27 フッカー・バレー・トラック トリミング) クリックすると大きめの絵になります
番なのか詳しいことは分かりませんでしたが、もう一羽は少しくつろいだ表情も見せてくれました。
しばらくすると2羽で連なって飛び去っていきました。


c0189013_10312756.jpg
パラダイス・シェルダック(2013.12.27 フッカー・バレー・トラック) クリックすると大きめの絵になります
ホワイト・ホース・ヒル・キャンプ場では行きも帰りでもパラダイス・シェルダックに出会いました。

c0189013_10365948.jpg
パラダイス・シェルダック(2013.12.27 フッカー・バレー・トラック)
実は子育て中だったのです。帰りには、子どもたちが歩く姿も見られました。可愛かったですよ。


c0189013_10402213.jpg
ライフルマンの仲間(2013.12.27 フッカー・バレー・トラック トリミング) クリックすると大きめの絵になります
林から出てきて岩の上にとまった小鳥。
ミルフォード・トラックでピュンピュンと機敏に移動していったライフルマンに似ていました。
遠い場所にいたので、さすがにガイドさんも「近い仲間かな?」とのこと。
何でもかんでも尋ねられて、ガイドさんも大変だったかも(笑)


c0189013_1049257.jpg
ハーミテージ・ホテルからの眺め(2013.12.27 フッカー・バレー・トラック) クリックすると大きめの絵になります
夕方、ホテルに戻りました。ほんとうにガイドさんにはいろいろと優しく教えていただいて、
忘れられない一日ハイキングとなりました。
お部屋のベランダからは、お天気に恵まれれば、正面の谷の奥にAoraki/Mount Cook(3724m)が見えるのだそうですよ。
一応、写真でもMount Cookの下のあたりだけは見えていますが。。


c0189013_11114074.jpg
ブラックバード(2013.12.27 フッカー・バレー・トラック) クリックすると大きめの絵になります
ベランダから下をのぞくと、セロリパインの木にクロツグミのような鳥がやってきていました。
クィーンズ・タウンでも見かけたので、比較的よくみられる種類のようでした。


c0189013_1130162.jpg
ベルバード(2013.12.27 フッカー・バレー・トラック トリミング)
マウンテン フラックスの花にはベルバードがやってきていました。
ミルフォード・トラックでは「キョン、キョン、キョン」とベルの音に似た鳴き声を聞かせてくれた印象深い鳥です。



次の朝は6時に起床しました!
ガイドさんに、「ケア(ミヤマオウム)は朝見かけることが多いよ」と教えていただいたからです。
すると、外から「キィアァ~、キィアァ~」という鳴き声が聞こえてきたのでベランダに出てみました。
3羽のケアが飛んでいくのが見えて、そのうちの1羽が方向を変えてホテルの玄関の方へ下りていったのです。
これは見に行かねばと思い、カメラ片手に部屋を出ました。
c0189013_12242279.jpg
シルバーアイ(2013.12.28 フッカー・バレー・トラック)
玄関のマウンテン フラックスの花には、メジロがやってきていました。
花粉で顔が赤くなっていますね。


c0189013_12291034.jpg
ケア(2013.12.28 フッカー・バレー・トラック) クリックすると大きめの絵になります
奥のマウンテン フラックスでバサッという音が!
ケアが花にやってきたのでした。
改めて写真で見ると、翼の模様が美しいですね。


c0189013_1234792.jpg
ケア(2013.12.28 フッカー・バレー・トラック) クリックすると大きめの絵になります
鋭いくちばし。そして、足の爪です。
実際はもっと薄暗かったので、やむなくISOを上げて撮りました。


c0189013_1238323.jpg
ケア(2013.12.28 フッカー・バレー・トラック) クリックすると大きめの絵になります
枝をしならせながら、堂々と周りを見渡します。


c0189013_12464433.jpg
ケア(2013.12.28 フッカー・バレー・トラック) クリックすると大きめの絵になります
道に降りてきました。何だか私に興味を示したようです。
日本のハトなんかよりも余裕で大きくて、こちらが緊張してしまいました。
ケアは餌付けは厳禁で、ホテルでも窓を開けておくと鞄のなかの食べ物を取っていったりするそうです。
あるTVのドキュメンタリー番組では、猿やイルカよりも賢い知的な生き物であると判定されたそうです。


c0189013_12552631.jpg
ケア(2013.12.28 フッカー・バレー・トラック) クリックすると大きめの絵になります
私からは餌を貰えないと判断したようで、奥の建物の屋根に上ったあと、飛び去っていきました。
大きく堂々とした姿、深緑色の光沢のある羽根。早起きして出会えて本当に幸運でした。


c0189013_1302939.jpg
プカキ湖畔から見たAoraki/Mount Cook(2013.12.28 プカキ湖) クリックすると大きめの絵になります
たくさんの自然にふれて、アオラキ/マウント・クック国立公園をあとにしました。
車でプカキ湖まで下ってきたところで、運転手さんが「Mount Cookが見えてますよ!」と教えてくれたのです。
せっかくなので、少しの間車を止めてくださりました。
サザンアルプス最高峰 Mount Cook 。最後に姿を見せてくれてありがとう!

以上、ニュージーランド南島、フッカー・バレー・トラックの思い出です。
NZの写真はまだ残っているので、機会があれば紹介したいと思います。
[PR]
by chantake123 | 2015-03-01 13:15 | Comments(13)