タグ:自然現象 ( 17 ) タグの人気記事
本州最南端
c0189013_21454692.jpg
潮岬(2015.11月/和歌山県 串本町) クリックすると大きめの絵になります
ルーミスシジミに出会えた日に、本州の南端に位置する串本町や古座川町を巡りました。
そして、初めて本州最南端の地、潮岬まで行ってきました。


c0189013_21554529.jpg
潮岬(2015.11月/和歌山県 串本町) クリックすると大きめの絵になります
広い太平洋を船が行き来していくのでした。


c0189013_21584115.jpg
潮岬灯台(2015.11月/和歌山県 串本町) クリックすると大きめの絵になります
明治6年の初点灯以来、100余年もの間、海上交通の要所として沖行く船を照らし続ける潮岬灯台です。
ちょうど、旋回するトンビが一緒に写ってくれました。


c0189013_223079.jpg
潮岬灯台(2015.11月/和歌山県 串本町)
中には68段のらせん階段があり、台上からの眺めも素晴らしいものでした。


c0189013_2263971.jpg
ハイビスカス(2015.11月/和歌山県 串本町) クリックすると大きめの絵になります
灯台の敷地内では、ちょうどハイビスカスの花がきれいに咲いていたのです。


c0189013_2293193.jpg
ハマアザミ(2015.11月/和歌山県 串本町) クリックすると大きめの絵になります
灯台の見える駐車場にはハマアザミの花が咲いていました。


c0189013_221802.jpg
野菊(2015.11月/和歌山県 串本町) クリックすると大きめの絵になります
最南端の碑の近くには、野菊もたくさん咲いていました。


c0189013_22242123.jpg
滝ノ拝(たきのはい)(2015.11月/和歌山県 古座川町) クリックすると大きめの絵になります
古座川町も巡ってみました。
滝ノ拝は落差8mの渓流瀑。岩床に無数の穴が穿たれているのです。
大小の岩穴は「ポットホール」と呼ばれ、河床などのくぼみに石が入り込み、
水流により回転しながらくぼみ部分を削っていくことで円形の穴が出来たのだそうです。


c0189013_22343433.jpg
滝ノ拝(たきのはい)(2015.11月/和歌山県 古座川町) クリックすると大きめの絵になります
清流古座川はまさにクリスタル・リバーで、本当に透きとおっていました。


c0189013_22375311.jpg
イシガケチョウ(2015.11月/和歌山県 古座川町)
滝ノ拝の岩場でおにぎりを食べていると、傍にはイシガケチョウがやって来てくれました。


c0189013_22405638.jpg
一枚岩(2015.11月/和歌山県 古座川町) クリックすると大きめの絵になります
一枚岩は国指定の天然記念物で、高さ100メートル、幅500メートルの一枚の大きな巨岩なのです。


c0189013_22431760.jpg
一枚岩(2015.11月/和歌山県 古座川町) クリックすると大きめの絵になります
川辺にそそり立つ様子は本当に圧巻なのでした。


c0189013_22455593.jpg
滝ノ拝にて(2015.11月/和歌山県 古座川町)
お日様にも恵まれて、本州最南端の自然を満喫した一日でした。
[PR]
by chantake123 | 2015-12-19 22:53 | Comments(8)
風吹き抜ける秋の草原
c0189013_9165376.jpg
鎧岳(2015.11.3/奈良県)
今月は文化の日に、曽爾のススキを見に行ってきました。
曽爾高原に近づくと見えてくるのが鎧岳です。
兜岳、屏風岩と共に、曽爾三山と呼ばれるそうです。


c0189013_9291611.jpg
鎧岳(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
山肌には柱状節理が”鎧”を飾っています。


c0189013_9334839.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
曽爾高原に入ると、お亀池周辺のススキは一面銀色に輝いていました。


c0189013_9393888.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
約40haにおよぶ一面のススキの草原。
昔から村の所在地区で屋根の材料として使われていたススキですが、
今では、その素晴らしい景観を守るために、毎年3月に山焼きが行われています。


c0189013_9513266.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
稜線には亀山から下りてくるハイカーさんが見えました。


c0189013_955402.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
山肌をススキがなびいていきます。
風さんたちがウェーブしていくのを見ている感じでしょうか。


c0189013_1053261.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
あっちにそよいだり、こっちにそよいだり、その度にキラキラと輝いていました。


c0189013_108183.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
亀山峠へと上る斜面。こちらは一面金色ですね。


c0189013_1015180.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
登山道を少し上ると、お亀池の周囲に広がる一面のススキの草原が見渡せました。


c0189013_10173330.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
亀山峠まで上ると曽爾高原を一望。
遠くには曽爾三山まで見渡せる大パノラマでした。


c0189013_10572327.jpg
アキノキリンソウ(2015.11.3/奈良県)
曽爾で出会った秋のお花たち。
ススキの草原に入ってまず最初に撮ったのは、葉が赤くなったアキノキリンソウ。


c0189013_11174822.jpg
薊(2015.11.3/奈良県)
アザミの花を何回か見かけました。
ヨシノアザミでしょうか。うーん。種類は分かりません。


c0189013_11214910.jpg
リンドウ(2015.11.3/奈良県)
草やぶの間からリンドウのつぼみが。


c0189013_11273778.jpg
リンドウ(2015.11.3/奈良県)
開いている花にも出会うことができました。


c0189013_11284848.jpg
野菊(2015.11.3/奈良県)
野菊もちらほら。ノコンギクかヨメナか?
野菊の判別については少し勉強したので、来年は種類を判別してみたいです。


c0189013_1130117.jpg
センブリ(2015.11.3/奈良県)
センブリがたくさんの蕾をつけていました。
今度来るときは開いた花を見れるといいな。


c0189013_11315956.jpg
屏風岩公苑(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
帰り道で、屏風岩公苑に寄りました。


c0189013_1134486.jpg
屏風岩(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
垂直に柱状節理の岩壁が約200mの断崖をなしています。
この辺りの山々は室生火山群に属し、鎧岳、兜岳、屏風岩などの珍しい柱状節理の美景は国の天然記念物に指定されているのです。


c0189013_11393453.jpg
屏風岩(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
岩壁をかこむ紅葉と、雲の流れていく青空がきれいで、しばらくぼーっと眺めていました。

晴れの特異日である文化の日に、曽爾の自然を満喫した一日となりました。
[PR]
by chantake123 | 2015-11-22 11:46 | Comments(16)
熊野那智大社とキイジョウロウホトトギス
c0189013_9453828.jpg
鬼ヶ城(2014.10.11 三重県 熊野市) クリックすると大きめの絵になります
先月は連休を利用して思いきって那智の滝まで足を運びました。
行きは、奈良から吉野を抜けて三重県熊野市へ出ました。
熊野市では、国の名勝天然記念物に指定されていて、凝灰岩の大岩壁となっている鬼ヶ城に寄っていきました。
奥には七里御浜や熊野の山並みが見えています。


c0189013_9571381.jpg
大門坂(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町) クリックすると大きめの絵になります
朝から休憩も入れると5時間ほどかけて那智勝浦町に入り、大門坂近くの駐車場に着きました。
ここからは、苔むした石畳の道を那智熊野大社まで歩いていきました。


c0189013_1011145.jpg
大門坂(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町) クリックすると大きめの絵になります
大木の根元には石が積まれているところもありました。
道の両脇はたくさんのシダでおおわれていました。


c0189013_10164249.jpg
大門坂(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町) クリックすると大きめの絵になります
樹齢800年といわれる杉木立のなかを行きました。
大木から縦横無尽に伸びる枝々に威厳を感じました。


c0189013_10194975.jpg
大門坂(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町) クリックすると大きめの絵になります
石を黄色く染めているのは地衣類でしょうか。
所々に石柱が立っていました。


c0189013_10233535.jpg
ヒトツバ(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町) クリックすると大きめの絵になります
大きな杉の根元がびっしりとシダで覆いつくされていました。



c0189013_10252886.jpg
ヤマラッキョウ(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町) クリックすると大きめの絵になります
シダのあいだから顔を出していたヤマラッキョウのつぼみ。



c0189013_10281837.jpg
カタツムリの仲間(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町) クリックすると大きめの絵になります
見かけたカタツムリはオナジマイマイでしょうか。



c0189013_10324739.jpg
チャノキ(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町) クリックすると大きめの絵になります
熊野杉の林を抜けると、みやげ店のならぶ門前を通り、さらに参道の石段上がっていきました。
参道沿いにはちょうどお茶の花が咲いていました。


c0189013_10392191.jpg
ホトトギス(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町) クリックすると大きめの絵になります
参道沿いに植栽されていたホトトギスが美しく咲いていました。



c0189013_10421517.jpg
キイジョウロウホトトギス(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町)
そして、この時期咲いていると期待していたキイジョウロウホトトギスの花を初めて見ることができました。



c0189013_10461291.jpg
キイジョウロウホトトギス(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町)
お土産屋さんのところにも植えられていて、風でゆらゆら揺れている花を見上げると、花のなかの模様が見えました。



c0189013_1052105.jpg
シュウカイドウ(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町) クリックすると大きめの絵になります
本殿の鳥居へと上がる石段の脇には、ピンクのシュウカイドウが花を咲かせていました。



c0189013_10564988.jpg
キイジョウロウホトトギス(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町) クリックすると大きめの絵になります
熊野那智大社本殿の後ろの石垣には、たくさんのキイジョウロウホトトギスを見ることができました。



c0189013_110420.jpg
キイジョウロウホトトギス(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町)
今年は開花が早いとニュースで見かけたのですが、たくさんの綺麗な花を見ることができて良かったです。



c0189013_11459.jpg
三重塔と那智大滝(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町) クリックすると大きめの絵になります
那智大社と青岸渡寺の境内からは、やっと那智大滝が見えました!



c0189013_1175091.jpg
那智大滝(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町)
せっかくなのでと滝の下まで頑張って行きましたよ。



c0189013_11103675.jpg
タカクマヒキオコシ(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町)
那智大滝へと下る石段のわきには、シソ科のきれいな紫の花をちらほらと見かけました。



c0189013_11125968.jpg
那智大滝(2014.10.11 和歌山県 那智勝浦町) クリックすると大きめの絵になります
よくぞここまできました。落差133mの名瀑に感激しました。




日帰りの強行日程でしたが、帰りはみかんでビタミン補給をしながら高速道路で伊勢自動車道などを利用しながら、無事帰ることができました。
さすがみかんの名産地なだけに、新宮市内ではみかんの専門店もあって、おみやげも買って帰りました。
やはり、次の機会には時間をとってゆっくりと見にいきたいものです。
熊野の魅力にふれることができ、楽しい一日旅となりました。
[PR]
by chantake123 | 2014-11-03 11:25 | Comments(12)
2月14日 大雪
c0189013_1726136.jpg
久しぶりの大雪(2014.2.14 / 奈良県 田原本町)
2月14日は、朝起きると雪が積もっていてびっくりしました。
しかも、一日中しんしんと降り続きましたね。10cm以上積もったんではないでしょうか。


c0189013_1734573.jpg
翌朝の雪景色(2014.2.15 / 奈良県 田原本町・橿原市) クリックすると大きめの絵になります
翌朝、雪の積もった近所を歩いてみました。遠くの三輪山も雪化粧です。


c0189013_1745016.jpg
多神社(2014.2.15 / 奈良県 田原本町)
多神社の雪はだいぶ溶け始めて、絶え間なく周りの木々から落ちていました。


c0189013_17501153.jpg
椿(2014.2.15 / 奈良県 田原本町)
神社の入口近くでは、椿の花が雪に濡れていました。


c0189013_1753596.jpg
蝋梅(2014.2.15 / 奈良県 田原本町)
境内の蝋梅も雪をかぶっていました。


c0189013_17571971.jpg
菜の花(2014.2.15 / 奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
多神社の傍にある畑では、咲き始めた菜の花が雪に覆われていました。


c0189013_1805368.jpg
真っ白な田んぼ(2014.2.15 / 奈良県 田原本町)
農道を歩いてみると、周囲の田んぼはまだまだ雪に覆われて真っ白なのです。


c0189013_186641.jpg
ハシボソガラス(2014.2.15 / 奈良県 田原本町)
雪で覆われた飛鳥川には、カラスが下りてきて遊んでいました。


c0189013_189817.jpg
カルガモ、コガモ(2014.2.15 / 奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
田んぼの横のため池をそっと覗いてみました。
カルガモやコガモは並んでじっと休んでいました。


c0189013_18123848.jpg
ハシビロガモ(2014.2.15 / 奈良県 田原本町 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
ため池の奥のほうでは、寒さなんてなんのそので、たくさんのハシビロガモが元気そうに泳いでいました。
顔を水面につけたまま円を描くように泳いで、水中の餌を食べているようでした。


c0189013_18311365.jpg
ヒバリ(2014.2.15 / 奈良県 田原本町)
農道を進んでいくと、私の前をヒバリがトコトコと歩いていきます。


c0189013_18334448.jpg
ヒバリ(2014.2.15 / 奈良県 田原本町 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
ヒバリさんは、氷の張った田んぼの上で餌を探していました。


c0189013_1837271.jpg
スズメ(2014.2.15 / 奈良県 田原本町 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
スズメさんは群れで餌さがしです。


c0189013_1841773.jpg
スズメ(2014.2.15 / 奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
警戒を怠らず、散歩の人が通るとすぐに場所移動。
でも、すぐに戻ってきて、また餌さがしを始めるのでした。

雪のなかで、お花も鳥さんたちも少し寒そうでした。
私は寒さに負けて、家に帰ってストーブの前でじっとしてました。
[PR]
by chantake123 | 2014-02-15 18:48 | Comments(10)
台風18号の記憶
c0189013_6551439.jpg
飛鳥川(2013.9.16/奈良県)
先週は、天気予報で台風18号の予想進路を見ながら、そこまでの雨量にはならないと思っていました。
ところが、前の日の夜から降り続いた大雨で、16日の朝には防災のサイレンが聞こえてきました。
暴風のなか歩いて飛鳥川まで見に行くと、見たことの無いような濁流があふれんばかりに流れているのでした。


c0189013_7133635.jpg
飛鳥川(2013.9.16/奈良県)
水面がボコボコと盛り上がって、普段見ないような大きな丸木も流れてゆきました。


c0189013_7214186.jpg
ヒガンバナ(2013.9.16/奈良県)
風にあおられながらも咲いていたヒガンバナ。


c0189013_7254940.jpg
ニラ(2013.9.16/奈良県)
ニラの花を撮っていたら、傘が飛ばされてやぶれてしまいました。


c0189013_7282868.jpg
近所の田んぼ(2013.9.16/奈良県)
収穫前の稲が大丈夫だといいのですが。


c0189013_730927.jpg
ヌマガエル(2013.9.16/奈良県)
田んぼのあぜを歩くと、たくさんヌマガエルの仔ガエルがいました。
この仔ガエルは、直後に田んぼへと飛び込んでいきました。

台風が過ぎ去ると、大雨だったのがウソのように、
今週は晴れの日が続いて一昨日は中秋の名月も見ることができました。
しかし、この台風の記憶は忘れてはいけないと思いました。
また、各地で被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。
[PR]
by chantake123 | 2013-09-21 07:43 | Comments(4)
金環日食
c0189013_381966.jpg

金環日食(2012.5.21 7時28分38秒 奈良県 葛城市 トリミング)
お天気に恵まれて、ドキドキワクワクしながら日食を観察することができました。
[PR]
by chantake123 | 2012-05-22 03:14 | Comments(4)
十津川温泉郷
先月に職員旅行で十津川温泉郷を訪れました。
十津川村をはじめとする奈良県南部は、
昨年の台風12号による紀伊半島大水害により大きな被害を受けました。
明治22年の十津川大水害では死者が168名にのぼり、被災者2691人が同年10月北海道に移住、
新十津川村がつくられることになったのですが、そのとき以来の大水害になったと考えられています。
c0189013_7131244.jpg

湯泉地温泉(2012.2.25/奈良県 十津川村) クリックすると大きめの絵になります
十津川村には湯泉地温泉・十津川温泉・上湯温泉があり、これら3つの温泉が十津川温泉郷と呼ばれています。
十津川村のほぼ中央の位置にある一乃湯ホテルに泊まりました。
湯泉地温泉(とうせんじおんせん)といい古い歴史を持つ名湯です。
渓谷沿いの温泉で、ホテルからは十津川の清流を眺めることができます。
水害時は写真の流れの上、岩肌と木々の境目のラインまで水位があがり、この一乃湯ホテルも
3階までが水に浸かってしまったそうです。今は復旧されて温泉にもゆっくりと入らせていただきました。


c0189013_7555215.jpg

谷瀬の吊橋(2012.2.25/奈良県 十津川村)
帰る途中も、風屋あたりでは遠くに見える山が大きな割合で崩れていていたり、
ダムにたくさんの流木が浮いていたり、水害の爪あとを目の当たりにしました。
久しぶりに上野地の谷瀬の吊橋も渡りました。
言わずと知れた長さ297m、高さ54mの「日本一長い生活用吊り橋」です。


c0189013_845484.jpg

谷瀬の吊橋(2012.2.25/奈良県 十津川村)
何度も渡ったことのある吊り橋ですが、眼下に見えるのキャンプ場や川の景色も
以前と少し変わったように感じました。

五條市大塔町の天辻峠あたりでは、郷土館のあったところに仮設住宅が建っていました。
紀伊半島大水害では死者14名、行方不明者10名、今なお仮説住宅に避難されている方が
たくさんおられます。

私たちの奈良県にとっても復興の年。同僚の先輩の親戚の方は、土砂崩れでできた土砂ダム
で復旧工事にあたっておられるそうです。
[PR]
by chantake123 | 2012-03-18 08:26 | Comments(6)
近くの田んぼ
いよいよ3月に入り、景色も少し春めいてきたなあと感じます。
けれど、最近カメラを持つ頻度が減っていて、一眼レフで前に撮ったのは田んぼに下りた霜。
思い返せば、この頃がこの冬一番の寒さだった気がします。
c0189013_18154070.jpg

近くの田んぼ(2012.2.19/奈良県 田原本町)
京奈和道の向こうに見えるのは、雪をかぶった金剛山と葛城山、そして二上山です。


c0189013_18335389.jpg

田んぼの氷(2012.2.19/奈良県 田原本町)
この朝は田んぼだけでなく、近くのため池も氷が張っていました。


c0189013_1838402.jpg

霜(2012.2.19/奈良県 田原本町)
田んぼの草にはびっしりと霜がついていました。


c0189013_18423077.jpg

葱(2012.2.19/奈良県 田原本町)
畑のお葱にも霜がびっしり。わずかに前日の雪も残っていたようです。


c0189013_18454092.jpg

菜っ葉(2012.2.19/奈良県 田原本町)
小松菜でしょうか。こちらも霜で真っ白でした。

早く春の写真を撮りたいものです。
[PR]
by chantake123 | 2012-03-04 19:09 | Comments(10)
里山冬景色
c0189013_19352090.jpg

山麓の田んぼ(2011.1.3/奈良県 五條市)
今年のお正月は雪が多かったです。
オオアカゲラを見かけた田んぼも、雪に覆われていました。


c0189013_19405842.jpg

山麓の田んぼ(2011.1.3/奈良県 五條市)
キラキラと光る雪。田んぼを雪が覆いつくして、モコモコと模様になっていました。


c0189013_19453869.jpg

雪の結晶(2011.1.3/奈良県 五條市)
びっしりと針のようになって積もっています。

明日は金剛山に登ります。
天候も積雪も心配ですが、無事登り切るぞ!
[PR]
by chantake123 | 2011-01-14 19:50 | Comments(9)
職員旅行 その3
c0189013_13171215.jpg

鳴門大橋(2010.12.20/徳島県 鳴門市)
初めて渡った鳴門大橋でした。


c0189013_13372499.jpg

鳴門の渦潮(2010.12.20/徳島県 鳴門市)
渦潮を見るのも初めてでした。


c0189013_13395040.jpg

鳴門の渦潮(2010.12.20/徳島県 鳴門市)
足元のガラス越しに見る渦潮。少し怖かったりして。
[PR]
by chantake123 | 2011-01-03 13:42 | Comments(6)