タグ:植物:スミレ科 ( 46 ) タグの人気記事
「岳のぼり」の朝の二上山
c0189013_236615.jpg
「岳のぼり」の朝の二上山(2014.4.23 / 奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
二上山には「岳のぼり」という年中行事があります。
毎年4月23日の「岳のぼり」の日は、ふもとの町から、どこの家でもお弁当をもって二上山へ遊びに出かけたそうです。
そして、田植え前に雨がたくさん降ってほしいと雄岳の権現さんにお祈りしたそうです。
現在は地元の小学生たちがこの日に二上山に登って、「岳のぼり」を継承しています。



c0189013_23201649.jpg
ベニシジミ(2014.4.23 / 奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
田んぼの土手ではベニシジミが朝日をいっぱいに浴びんと翅を広げていました。



c0189013_23265228.jpg
ニオイタチツボスミレ(2014.4.26 / 大阪府 太子町)
山麓ではニオイタチツボスミレが濃い紫色の花を咲かせています。
去年は種類の見分け方が分からなくなってしまったのですが、今年は葉の形も確認して見分けることができました。
今は二上山が新緑で染まり、本当に美しい季節です♪
[PR]
by chantake123 | 2014-04-27 23:35 | Comments(6)
駆け足
c0189013_730352.jpg
飛鳥川(2014.4.5 / 奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
春がやってくると、駆け足で進んでいきますね。
先週満開になったソメイヨシノは、もう桜吹雪です。
セイヨウカラシナで黄色く染まった飛鳥川の奥には畝傍山が見えています。



c0189013_7383819.jpg
アカタテハ(2014.4.5 / 奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
菜の花のうえで朝日を浴びていたアカタテハ。元気よく飛び立っていきました。



c0189013_7424929.jpg
観音堂(2014.4.5 / 奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
多の観音堂では満開のシダレザクラやソメイヨシノを見ることができました。



c0189013_750124.jpg
桃の花(2014.4.5 / 奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
近くの畑では桃の花も満開でした。



c0189013_7533212.jpg
桜の花(2014.4.5 / 奈良県 田原本町)
多神社で咲いていたのは山桜でしょうか。



c0189013_7581384.jpg
モミジの花(2014.4.5 / 奈良県 田原本町)
モミジも可愛らしい花を咲かせていました。



c0189013_7592098.jpg
アラカシ(2014.4.5 / 奈良県 田原本町)
アラカシの若葉はみずみずしいですね。


c0189013_82681.jpg
ツバメ(2014.4.5 / 奈良県 田原本町)
見上げると電線の上には、はるばると渡ってきたツバメさんたちです。



c0189013_863813.jpg
ツバメ(2014.4.5 / 奈良県 田原本町)
遠くでは飛び回っている姿も見られます。まもなく巣作りに入っていくのでしょう。



c0189013_810089.jpg
スミレ(2014.4.12 / 奈良県 田原本町)
最後に、家の近くの道にスミレの花を見つけました。道の一角でアスファルトの隙間からたくさんの花を咲かせています。
[PR]
by chantake123 | 2014-04-13 08:14 | Comments(6)
菫の花咲く山麓
c0189013_529146.jpg
山麓の棚田(2014.3.27 / 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
この季節は一日一日春めいていくのを感じます。
菫の花も咲き始めているだろうと、朝、山麓を歩いてみました。



c0189013_5383849.jpg
タチツボスミレ(2014.3.27 / 奈良県 御所市) クリックすると大きめの絵になります
ため池の土手では、たくさんのタチツボスミレが顔を出していました。



c0189013_5494568.jpg
コスミレ(2014.3.27 / 奈良県 葛城市)
今年はため池の斜面にコスミレが咲いているのにも出会いました。



c0189013_5442840.jpg
ノジスミレ(2014.3.27 / 奈良県 御所市)
棚田沿いの道には、あちこちにノジスミレも咲いていました。



c0189013_5535123.jpg
ナガバノタチツボスミレ(2014.3.27 / 奈良県 葛城市)
少し林の中の道に入ると、ナガバノタチツボスミレも見ることができました。



c0189013_5592096.jpg
ヒメスミレ(2014.3.27 / 奈良県 葛城市)
道路のアスファルトや石の間からは、ヒメスミレも顔を出していますね。



c0189013_633888.jpg
テングチョウ(2014.3.27 / 奈良県 御所市)
少し日が差すと、テングチョウがハコベの花にやってきました。蝶々たちも飛び始めています。



c0189013_610349.jpg
ニホンカナヘビ(2014.3.27 / 奈良県 葛城市)
陽気に誘われたのか、カナヘビさんも出てきました♪
この日は春の山麓にたくさんの菫たちに出会うことができました。いよいよ春到来。桜の花も咲いていきます。
[PR]
by chantake123 | 2014-03-29 06:21 | Comments(4)
南アルプス 仙丈ヶ岳 その6
c0189013_9492077.jpg
朝焼けとお月様(2013.8.4/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
馬ノ背ヒュッテで宿泊した夜は、満天の星空でした。
そして、空が白んでくると朝焼けも美しかったのです。


c0189013_9565088.jpg
朱に染まる雲(2013.8.4/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
日の出前には、帯状の雲が朱に染まりました!


c0189013_1014043.jpg
馬ノ背ヒュッテから見る日の出(2013.8.4/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
4時50分、日の出です! 左の山は甲斐駒ヶ岳です。


c0189013_10365627.jpg
朝陽に染まるダケカンバ(2013.8.4/長野県 伊那市)
日の出を見終わって部屋へ戻ると、窓から見えるダケカンバの森が赤く染まっていて!


c0189013_10421476.jpg
朝陽に染まるダケカンバ(2013.8.4/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
もう一度外へ出ると、一段と赤く染まっていました。


c0189013_10531086.jpg
ヒュッテ横のベンチより(2013.8.4/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
朝食をいただいて荷物をまとめると、
出発前にmeitenさんとyukatenさんがコーヒーを沸かしてくださいました。
ダケカンバの森と青空を眺めながら、おいしくいただきました♪
また、このときにヒュッテのオーナーさんが撮ってくださった写真が、
馬ノ背ヒュッテのブログにも載せられていて、仙丈ヶ岳登山のいい記念になりました。


c0189013_1161469.jpg
雪渓(2013.8.4/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
ヒュッテを出発して、藪沢ぞいに下山しました。大きな雪渓が残っていました。


c0189013_1182426.jpg
雪渓(2013.8.4/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
雪渓が溶けて上を歩けないところは、下りて沢を横切りました。


c0189013_1114314.jpg
藪沢(2013.8.4/長野県 伊那市 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
流れ落ちる沢の水が気持ちよかったです。傍にはヤマガラシとクロクモソウのお花がたくさんでした。


c0189013_11161535.jpg
ミネザクラ(2013.8.4/長野県 伊那市 トリミング)
雪渓の傍ではさまざまなお花が咲いていて、なんと八月に桜の花が咲いていたのでした。


c0189013_11191653.jpg
キバナノコマノツメ(2013.8.4/長野県 伊那市)
雪渓の傍のお花たち。ここにもキバナノコマノツメがちらほら。


c0189013_11211830.jpg
ミヤマホツツジ(2013.8.4/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
初めて見るミヤマホツツジの花でした。


c0189013_112413.jpg
オトギリソウの仲間(2013.8.4/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
ミヤマホツツジの隣にはシナノオトギリでしょうか。


c0189013_11252226.jpg
アオノツガザクラとコイワカガミ(2013.8.4/長野県 伊那市)
小さなお花たちが仲良く並んで咲いていました。


c0189013_11273991.jpg
ハクサンイチゲ(2013.8.4/長野県 伊那市)
ハクサンイチゲは控えめに一株だけ咲いていたのが印象的でした。


c0189013_113111100.jpg
カイタカラコウ(2013.8.4/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
甲斐に咲くタカラコウ、初めて見ました。写真をよく見ると奥にダイモンジソウも咲いていますね。


c0189013_11372360.jpg
ヤマオダマキ(2013.8.4/長野県 伊那市)
下りは比較的楽に北沢峠まで下山することができました。
最後にサントリーオールフリーを飲みながら、長衛荘をバックにヤマオダマキ♪

なぜサントリーオールフリーなのかと言いますと、
北沢峠では、マナー&クリーンアップ・チャレンジ2013 in 南アルプス(南アルプス国立公園制定50周年記念イベント)として、
登山マナーの向上を啓発し、豊かな山の自然を守り、山岳遭難を減らすことを目的とするイベントが行われていて、
そのアンケートに答えると、サントリーオールフリーがいただけました。
アンケートは登山届けを出しているか、携帯トイレを持っていっているか、ストックを使用しているか、ニホンジカの食害
について知っているかなど、興味深い内容でした。

今回の登山では、やはりニホンジカの食害について考えさせられました。
馬ノ背ヒュッテで夕食のときにオーナーさんが話してくださったのですが、
今から十数年前、登山をご趣味とされる現皇太子殿下が仙丈ヶ岳登山をされ、馬ノ背ヒュッテに泊まられたそうです。
そのときの写真には、シナノキンバイのような黄色いお花が無数に写っていました。
それが、シカの食害により一度は荒れたヒュッテ付近のお花畑なのです。
そこから現在は少しずつではあるが回復しつつあるそうです。
クロユリの株も育ってきているので、また花を咲かせてくれるだろうとおっしゃっていました。
もう一度、その当時のようなお花畑が復活することを願ってやみません。

宿泊した日の馬ノ背ヒュッテは130人の宿泊で、寝るスペースが一人半畳もないほどで
そんな中で寝るのは初めての経験でした。けれども、何というかヒュッテの雰囲気が良くて、
夕食でカレーをおかわりしながら聞いた、オーナーさんの楽しいお話や、
忙しそうななかでも売店で気さくに対応してくださったり、思い出に残る山小屋でした。

そして何より、今回も登山に連れて行ってくださったyukaten隊長やmeitenさん、Uさんのおかげで無事仙丈ヶ岳に登頂することができました。本当に感謝です。
[PR]
by chantake123 | 2013-09-08 12:37 | Comments(6)
南アルプス 仙丈ヶ岳 その5
c0189013_9155853.jpg
仙丈小屋(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
山頂からは、藪沢カールの中に建つ仙丈小屋に立ち寄りました。
ここで水分補給をして生き返りました♪


c0189013_108280.jpg
キバナシャクナゲとコイワカガミ(2013.8.3/長野県 伊那市)
小屋の上には雪渓が残っていて、小屋を少し下りた所には水場がありました。
さわると水の冷たいこと!傍にはシャクナゲやイワカガミが咲き残っていました。
雲がだいぶ出てきて、場合によっては天候の悪化も考えられたので、藪沢ルートを下って馬ノ背ヒュッテへ急ぎました。


c0189013_10213811.jpg
ミヤマクロユリ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
下り始めてしばらくすると、足元にひっそりとクロユリが咲いていたのです。


c0189013_1024928.jpg
ミヤマクロユリ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
辺りを見ると他にも数輪咲いていて♪ しばし時間ととっていただいて、撮影させてもらいました。
花びらが何ともいえない深い色合いでした。


c0189013_1035753.jpg
シカ防護柵(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
お花や谷をはさんで見える小仙丈尾根の景色を見ながら半時間ほど下ると、馬ノ背ヒュッテの手前には、
貴重な高山植物をニホンジカの食害から守るための防護柵が設置されていました。
この辺りでは、ちらほらとではありますが、いろんなお花が咲いていました。


c0189013_10472646.jpg
ハクサンチドリ(2013.8.3/長野県 伊那市)
数輪咲き残っていた残り花は、初めて出会うハクサンチドリの花でした。


c0189013_10595531.jpg
ハクサンチドリ(2013.8.4/長野県 伊那市)
翌日、草陰に咲いているものを見つけたので撮り直しました。


c0189013_115677.jpg
キバナノコマノツメ(2013.8.3/長野県 伊那市)
見られるのではないかと期待していましたが、黄色いスミレを見るのは数年ぶりでした。
仙丈小屋から下りてくるときには撮影はできなかったものの、生き生きと群生する姿も見られて忘れがたい景色でした。


c0189013_11134557.jpg
タカネグンナイフウロ(2013.8.3/長野県 伊那市)
紫のフウロに出会うのは初めて♪
山梨県の「郡内地方」に咲くのでグンナイフウロなのですね。


c0189013_11213257.jpg
タカネグンナイフウロ(2013.8.4/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
柵のなかには濃い色の花もありました。


c0189013_11261259.jpg
ミヤマキンポウゲ(2013.8.3/長野県 伊那市)
ミヤマキンポウゲもちらほら♪ 道沿いに可愛らしく咲いています。


c0189013_11285075.jpg
シナノキンバイ(2013.8.3/長野県 伊那市)
ミヤマキンポウゲに混じって咲く大き目のお花はシナノキンバイでしょうか。


c0189013_11331956.jpg
馬ノ背ヒュッテ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
馬ノ背の中腹、ダケカンバの樹林帯のなかに馬ノ背ヒュッテはありました。


c0189013_1136583.jpg
馬ノ背ヒュッテ(2013.8.4/長野県 伊那市)
夕食で出てきたカレーが美味しかったです。おかわりさせていただきました。

今回の登山で想い至った考えがあります。漠然とは以前から感じていたことですが、
それは、地球温暖化と高標高地でのシカの増加との関係です。
私の住む奈良県にある大台ヶ原では、1980年代にはすでに、シカの食害と植生の変化が問題となっていました。
それが今では、高山植物の咲くような中部地方の山岳地帯でもシカの食害が問題化してきています。
シカの高山への進出を妨げてきた冬の厳しさが地球温暖化によって緩和されていくことにより、
高山でのシカの食害と植生の変化、そして生態系への影響が本当に心配だなあと実感しました。
[PR]
by chantake123 | 2013-08-31 12:09 | Comments(8)
二輪草の谷 その2
c0189013_8363780.jpg
新緑薫る登山道(2013.5月) クリックすると大きめの絵になります
二輪草の谷を訪れた日に、ほかにもお花たちに出会ったので紹介します。


c0189013_839012.jpg
ヤマブキ(2013.5月) クリックすると大きめの絵になります
この頃は季節の移ろいが遅かったので、まだまだヤマブキがたくさん咲いていたのです。


c0189013_841426.jpg
桜(2013.5月) クリックすると大きめの絵になります
山の上では桜の花も綺麗でしたよ。


c0189013_844194.jpg
コバノミツバツツジ(2013.5月) クリックすると大きめの絵になります
このピンク色は遠くからでも目を引きます。


c0189013_8482663.jpg
カタクリ(2013.5月) クリックすると大きめの絵になります
まだカタクリが少し残っていて、大木の足元で綺麗なお花を見せてくれました。


c0189013_8502317.jpg
キンキエンゴサク(2013.5月) クリックすると大きめの絵になります
ニリンソウの谷でたくさん咲いていたブルーのキンキエンゴサク。


c0189013_8515128.jpg
ジロボウエンゴサク(2013.5月) クリックすると大きめの絵になります
別の場所で咲いていたジロボウは赤紫色でした。


c0189013_854523.jpg
ナガバノスミレサイシン(2013.5月)
この薄桃色の菫を見たのは初めてでした。長い葉っぱですね。


c0189013_858111.jpg
シハイスミレ(2013.5月)
濃い目のピンク色のシハイスミレもたくさん咲いていました。


c0189013_8595475.jpg
チゴユリ(2013.5月)
可愛らしい稚児百合は、思いっきりしゃがんで撮らないといけないので大変です(笑)


c0189013_953470.jpg
ユキザサ(2013.5月)
ユキザサは雪のような白い花が咲くまであと少しですね。


c0189013_983359.jpg
エンレイソウ(2013.5月)
二輪草の谷でたくさん咲いていたエンレイソウ。


c0189013_9134749.jpg
ミヤコアオイ(2013.5月)
この日はカンアオイの花をたくさん見ることができて、独特の形をしてますね。


c0189013_911364.jpg
ヒトリシズカ(2013.5月)
あっ。ヒトリシズカが出始めている♪ この場所では一輪だけ咲いていました。


c0189013_9145677.jpg
キノコの仲間(2013.5月)
おまけのキノコさん。
[PR]
by chantake123 | 2013-05-26 09:20 | Comments(6)
小深山菫の咲く森
c0189013_16565447.jpg
光芒の射す小道(2013.4.27/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
新緑の美しい季節に、森の奥へ入ってみました。


c0189013_1711227.jpg
イチイガシ(2013.4.27/奈良県)
立派なイチイガシが大きく腕を広げていました。


c0189013_1715519.jpg
クチベニマイマイ(2013.4.27/奈良県)
湿った林床をカタツムリが歩いていきます。


c0189013_17222418.jpg
コミヤマスミレ(2013.4.27/奈良県)
苔生した樫の木の足元に小さな菫を見つけました♪ 初めて見るコミヤマスミレでした。


c0189013_17414183.jpg
コミヤマスミレ(2013.4.27/奈良県)
辺りをみると、もう一輪。


c0189013_1751671.jpg
コミヤマスミレ(2013.4.27/奈良県)
白い可憐な花。暗い森の中でひっそりと咲くんですね。


c0189013_17582543.jpg
アケビ(2013.4.27/奈良県)
頭上に絡まる蔓に咲くのはアケビの花でした。


c0189013_1833212.jpg
フジ(2013.5.4/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
あちこちでフジが花穂を伸ばして、美しいですね。


c0189013_1815642.jpg
ニホンリス(2013.5.4/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
藤の花を眺めていると、地面をトットットッと移動していくものが…、ひょいっと柵に登って。
久しぶりに森のリスさんに出会えました。


c0189013_1820447.jpg
ニホンリス(2013.5.4/奈良県 トリミング)
最後にこちらを見て、挨拶してくれたのかな。柵の向こうへ去っていきました。
こちらを見る表情が可愛らしくて、アップで載せておきます。
[PR]
by chantake123 | 2013-05-14 18:31 | Comments(9)
春のお花に会いに行きました
c0189013_731722.jpg
風そよぐ朝の登山道(2013.4.13/奈良県)
春のお花に会いに、近くの山へ。


c0189013_7102849.jpg
タチツボスミレの仲間(2013.4.13/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
菫がたくさん咲いている。
葉はタチツボスミレのよう。花はナガバノタチツボスミレのような色合い。
あなたの名前は。


c0189013_7165442.jpg
ビロードツリアブ(2013.4.13/奈良県)
その花の蜜をビロードツリアブがホバリングしながら吸っていたのだけれど、
驚かせてしまって石にとまってしまった。


c0189013_7213340.jpg
ミヤマキケマン(2013.4.13/奈良県)
ケマンの花は黄色も。


c0189013_72684.jpg
ムラサキケマン(2013.4.13/奈良県)
そして紫色も。


c0189013_7273441.jpg
クサノオウ(2013.4.13/奈良県)
クサノオウは、やわらかな毛につつまれた蕾をなでながら。


c0189013_7321168.jpg
新緑(2013.4.13/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
春の陽をうけて、新緑が芽吹き始めていた。


c0189013_7361038.jpg
ヤマルリソウ(2013.4.13/奈良県)
沢沿いの道では小さなヤマルリソウの花を見つけた。


c0189013_7401327.jpg
スズシロソウ(2013.4.13/奈良県)
斜面のあちこちにスズシロソウが咲いていて。


c0189013_7413258.jpg
フキノトウ(2013.4.13/奈良県)
流れる水の傍では、まだフキノトウが顔を出している。


c0189013_7434486.jpg
ショウジョウバカマ(2013.4.13/奈良県)
木漏れ日を浴びたショウジョウバカマの花。


c0189013_7454265.jpg
ショウジョウバカマ(2013.4.13/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
見上げると斜面の上にはたくさん咲いていた。

春は山の上へと駆け上がって、間もなく新緑の季節へと移ろっていく。
[PR]
by chantake123 | 2013-04-20 07:57 | Comments(8)
二上山 その2
二上山で出会ったお花です。
c0189013_634287.jpg
シハイスミレ(2013.3.27/大阪府 太子町)
スミレの仲間が咲き始めていました。最初に見つけたのがシハイスミレ。
鹿谷寺跡から山頂付近までいろんな場所で見かけました。


c0189013_6414947.jpg
シハイスミレ(2013.3.27/大阪府 太子町)
ピンクの濃い花もありました♪


c0189013_6483730.jpg
タチツボスミレ(2013.3.27/大阪府 太子町)
登山道の日陰の場所では咲き始めという感じでした。
ところが、上っていって万葉の森までいくと舗装された道沿いにたくさん咲いていました。
日当たりによって咲きぐあいも全然違うようですね。


c0189013_732986.jpg
ツバキ(2013.3.27/大阪府 太子町)
自生しているものも、遊歩道沿いに植えられているものもたくさん咲いていました。


c0189013_716576.jpg
アセビ(2013.3.27/大阪府 太子町 ・ 奈良県 葛城市)
雌岳の山頂にたくさん咲いていました。
実は小雨がぱらつくなかで撮っていました。


c0189013_782896.jpg
ニオイタチツボスミレ(2013.3.27/大阪府 太子町 ・ 奈良県 葛城市)
二上山は北の峰を雄岳、南の峰を雌岳と呼び、両峰を繋ぐのが 馬の背という尾根です。
馬の背には小さな売店やトイレもあるのですが、ベンチの脇の日当たりの良い場所でニオイタチツボスミレを見つけました。


c0189013_722543.jpg
ナガバノタチツボスミレ(2013.3.27/大阪府 太子町 ・ 奈良県 葛城市)
馬の背から雄岳へ上っていくと、このナガバノタチツボスミレがたくさん見られるようになりました。


c0189013_7251421.jpg
アオモジ(2013.3.27/大阪府 太子町)
雄岳へ上がる途中に見かけた満開のアオモジでした。


c0189013_7291182.jpg
ダンコウバイ(2013.3.27/大阪府 太子町 ・ 奈良県 葛城市)
雄岳の山頂で可愛らしい黄色い花を咲かせていました。帰って調べるとダンコウバイのようです。

馬の背でスミレの写真を撮っていると、ベンチで休まれている方に「お花を撮られているのですか」と声をかけられました。
それから、お花の話や山の話になって♪ ひとときの出会いですが、本当に嬉しいものですね。
あと、馬の背ではまだ梅の花がたくさん咲き残っていました。山麓ではヤマザクラが咲いているのに、山の上では春の進行ぐあいがちがうのでした。
[PR]
by chantake123 | 2013-04-04 07:40 | Comments(6)
スミレ散歩
c0189013_2232381.jpg
ニオイタチツボスミレ(2013.3.25/奈良県 橿原市) クリックすると大きめの絵になります
通勤前の早朝に、新沢千塚古墳群が散在している丘陵に立ち寄りました。
丘陵の麓を田んぼが取り巻き、春の草花が咲き始めているので、大好きなスミレの花を探してみました。
丘陵の斜面で最初に出会ったこの花。ニオイタチツボスミレとしましたが、ナガバノタチツボスミレかもしれません。
葉の様子を詳しく見る前に決め付けてしまったので、また後日確認できたらと思っています。
まだまだ、シーズンインしたばかりで感覚が鈍っていますね。


c0189013_22171224.jpg
タチツボスミレ(2013.3.25/奈良県 橿原市) クリックすると大きめの絵になります
斜面に沿って10mほど歩くと、次にタチツボスミレも見つけることができました。


c0189013_22213377.jpg
ノジスミレ(2013.3.25/奈良県 橿原市) クリックすると大きめの絵になります
そして、最後にノジスミレ。もともと、この花を見ようと訪れたのです。
アスファルトの道沿いや田んぼの畦に咲くものは、早くも旬を過ぎているものも多かったですが、
丘陵の斜面で、きれいな花に出会うことができました。

道沿いのソメイヨシノは数日も経ては見頃となりそうです。
足元ではホトケノザやムラサキケマンがたくさん咲いていました。
林からはキジやウグイスの声も聞こえます。
曇り空の早朝に、1時間足らずのスミレ散歩でした。
[PR]
by chantake123 | 2013-03-26 22:35 | Comments(12)