タグ:植物:スミレ科 ( 46 ) タグの人気記事
新緑の山を訪れて
c0189013_07543565.jpg
新緑の山々(2017.5.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
仕事帰りに職場近くの山に登ってきました。
山は新緑に包まれていました♪

c0189013_08461917.jpg
ヤマツツジ(2017.5.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
森の中ではたくさんの花をつけたヤマツツジが咲いていました。
c0189013_08500225.jpg
モチツツジ(2017.5.3, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
モチツツジもあちこちで咲いていましたよ。

c0189013_08523086.jpg
ウラシマソウ(2017.5.3, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
テンナンショウの仲間をいくつか見かけました。
ウラシマソウは花の先が長く伸長して、ユニークな形状ですね。

c0189013_08581800.jpg
オサムシの仲間(2017.5.3, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
この日は曇りがちだったからでしょうか。
歩き回るオサムシの姿を何度か見かけました。

c0189013_09500858.jpg
チゴユリ(2017.5.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
森の中で一番たくさん見かけたのがチゴユリでした。

c0189013_10010092.jpg
チゴユリ(2017.5.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
ふもとから山頂まで白いお花でいっぱいでした。

c0189013_10025371.jpg
ホタルカズラ(2017.5.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
青い星型のお花が点々と咲いていることに気が付きました。

c0189013_10045036.jpg
ホタルカズラ(2017.5.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
初めて見るホタルカズラのお花でした。
先月に見たヤマルリソウよりも、ひと回り大きなお花でした。

c0189013_10201880.jpg
ニオイタチツボスミレ(2017.5.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
菫の季節もそろそろ終わりですが、
山の上の方では、日当たりの良い斜面にニオイタチツボスミレがまだまだ咲いていました。

c0189013_10092198.jpg
コバノガマズミ(2017.5.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
登山道沿いには白い花をつけた木がたくさんあって。
名前を聞かれましたが分からなかったので、帰って調べてみました。
コバノガマズミでいいでしょうか。
間違っていたらごめんなさい(笑)

c0189013_10130067.jpg
カマツカ(2017.5.3, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
これも名前が分かりません。
カマツカとしておきます(笑)

c0189013_10154674.jpg
ツクバネウツギ(2017.5.3, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
ツクバネウツギの白い花もたくさん咲いていました。

c0189013_10234533.jpg
ヒメハギ(2017.5.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
この日に見られるかなあと期待していたお花が2種類。
1種類目がヒメハギです。

c0189013_10275702.jpg
ヒメハギ(2017.5.3, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
先月のお山ではまだ咲き始めでしたが、
この日はたくさん開いていました。
花弁の先が白いアンテナのように広がっているのが面白いですね。

c0189013_10315607.jpg
センボンヤリ(2017.5.3, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
2種類目がセンボンヤリのお花です。

c0189013_10333836.jpg
センボンヤリ(2017.5.3, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
なかなかこの時期に歩くことがなかったので、
センボンヤリの紫のお花を見るのは初めてでした。

c0189013_10384489.jpg
ヒメハギとセンボンヤリ(2017.5.3, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
帰り道の登山道脇では、ヒメハギとセンボンヤリが仲良く咲いていました。

新緑の森で、この季節ならではの花々に出会うことができました。



[PR]
by chantake123 | 2017-05-13 10:42 | Comments(6)
春爛漫
c0189013_06443805.jpg
山笑う(2017.4月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
山は草木が一斉に芽吹き、明るく生気にあふれていました。

c0189013_06505724.jpg
ヒメハギ(2017.4月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
赤い花。

c0189013_06525517.jpg
ヤマルリソウ(2017.4月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
青い花。

c0189013_06550898.jpg
ツルキンバイ(2017.4月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
そして、黄色い花。
c0189013_06570008.jpg
ニオイタチツボスミレ(2017.4月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
菫の花もあちらこちらに♪
日当たりの良い所には、ニオイタチツボスミレの群生。

c0189013_06594900.jpg
ナガバノタチツボスミレ(2017.4月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
やや日陰の所には、ナガバノタチツボスミレ。

c0189013_07015408.jpg
エイザンスミレ(2017.4月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
日陰の斜面には、葉が深く裂けているエイザンスミレに出会うことができました。

c0189013_07062226.jpg
エイザンスミレ(2017.4月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
白い大きめのお花をたくさんつけていました。

c0189013_07081295.jpg
シハイスミレ(2017.4月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
落葉樹林の林床では、ピンク色のシハイスミレが顔を出してくれていました。

c0189013_07121702.jpg
コバノミツバツツジ(2017.4月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
見上げるとミツバツツジの花が満開。

c0189013_07135377.jpg
ギフチョウ(2017.4月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
尾根沿いの陽だまりにひらひらと蝶が舞い降りました。
去年は会いに来れなかったので、2年ぶりのギフチョウです。
撮影はできませんでしたが、近くの菫の花で蜜を吸う姿も見せてくれました。

c0189013_07174811.jpg
アオゲラ(2017.4月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
穏やかな気持ちでいるときは不思議と鳥さんも逃げないもの。
傍の木ではアオゲラが顔を見せてくれました。

生き物たちと挨拶をしながら歩く、春爛漫の山です。








[PR]
by chantake123 | 2017-04-29 07:36 | Comments(10)
桜吹雪
c0189013_05490007.jpg
飛鳥川沿いの桜(2017.4.15 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
今年は遅れ気味だった桜の花も、あっという間に咲き誇りました。

c0189013_05531342.jpg
飛鳥川沿いの桜(2017.4.15 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
何とか週末まで咲き残ってくれていた桜たち。
見上げるとちらほらと花びらが風に乗って舞ってゆきました。

c0189013_05583537.jpg
アゲハチョウ(2017.4.15 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
ノゲシの咲く斜面ではアゲハチョウが飛んできて、ノゲシの葉にとまりました。

c0189013_06033784.jpg
アゲハチョウ(2017.4.15 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
まだ体が温まっていないようで、しばらくは翅を閉じていましたが、
陽が当たるようになると翅を開いてくれました。

c0189013_06062252.jpg
アゲハチョウ(2017.4.15 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
まだ羽化してからそんなにたっていない個体だと思います。
アゲハチョウの翅の模様は本当に綺麗だなあと見入ってしまいました。

c0189013_06093970.jpg
カワセミ(2017.4.15 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
水路沿いを歩いているとピィーピィーとカワセミの声が。

c0189013_06115035.jpg
カワセミ(2017.4.15 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
朝から目の前でダイビングを見せてくれました。

c0189013_06150282.jpg
スミレ(2017.4.15 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
足元ではスミレの花もたくさん咲いていました。

c0189013_06173072.jpg
スミレ(2017.4.15 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
スミレの花と桜吹雪の共演♪

桜もスミレも、今年も美しい姿を見せてくれてありがとう。

[PR]
by chantake123 | 2017-04-18 06:21 | Comments(4)
陽光射しこむ里山にて
c0189013_01043722.jpg
雑木林(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
春を探して里山を散策しました。

c0189013_01104441.jpg
タチツボスミレ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
今年の春は若干遅めでしょうか。
この里山ではタチツボスミレはまだちらほらという感じ。

c0189013_01172263.jpg
コスミレ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
菫の花はもう一種類コスミレに出会いました。
ここのコスミレは花の色が少し濃い目かも。

c0189013_01255975.jpg
カンサイタンポポ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
陽のあたる斜面を歩くと、あ、タンポポ見つけた。
ツクシも出てきていますね。

c0189013_01291799.jpg
オオイヌノフグリ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
草地の一角はオオイヌノフグリで青く染まっていました♪

c0189013_01321223.jpg
ハコベ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
少し湿り気のある所ではハコベもたっくさん咲いていました。

c0189013_01352821.jpg
ビロードツリアブ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO トリミング クリックすると大きめの絵になります
クヌギの落ち葉に陽が当たると、ビロードツリアブが日向ぼっこを始めました。

c0189013_01402703.jpg
カキドオシ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
落ち葉の間から赤紫の花がちらほら。カキドオシの花が綺麗でした。

c0189013_01445890.jpg
アマナ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
そして、射しこむ陽光に透けて、白いお花が目に入りました。

c0189013_01473650.jpg
アマナ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
アマナの花が顔を出していました。

c0189013_01492080.jpg
アマナ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
あちらでも♪

c0189013_01504779.jpg
アマナ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
こちらでも♪

c0189013_01515301.jpg
アマナ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
この日はお天気がよくて。こんなにしっかりと開いたアマナの花に出会えたのは初めてでした。

c0189013_01544665.jpg
アマナ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
たくさんお花の出ているところもありました。

c0189013_01572112.jpg
アマナ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
ヤエムグラと競争とばかりに、元気よくたくさんのお花が顔を出しているのです。

c0189013_02052869.jpg
アマナ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
まとまって咲いているところも。

c0189013_02064016.jpg
アマナ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
陽が当たると真っ白に輝いて。


c0189013_02080889.jpg
アマナ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
里山に見つけた白いブーケです♪

c0189013_02104779.jpg
アマナ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
たくさんのアマナの花と挨拶をして、この里山をあとにしました。

c0189013_02120483.jpg
ミツマタ(2017.3月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
おまけはミツマタの花。
さあ、たくさんのお花に元気をもらって、4月のスタートです。


[PR]
by chantake123 | 2017-04-03 02:14 | Comments(12)
春到来
c0189013_10474654.jpg
ナナホシテントウ(2017.3.20 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
春の到来を感じて、休日の朝に近所を散歩してみました。
飛鳥川沿いの草地ではナナホシテントウを何匹か見かけました。
朝陽を浴びて元気に活動を開始していました。

c0189013_10560761.jpg
ツクシ(2017.3.20 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
てんとう虫の傍では、ツクシが顔を出していました。

c0189013_11001839.jpg
ノジスミレ(2017.3.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
水路沿いの道では、今年初めて見る菫の花です。
ノジスミレの花は早くも満開を迎えているようでした。

c0189013_11044275.jpg
ツマグロヒョウモンの幼虫(2017.3.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
ノジスミレの葉が少し食べられているなぁと思って周りを見ると、
案の定、ツマグロヒョウモンの幼虫がいました。
来月には成虫が見られそうですね。

c0189013_11202627.jpg
レンゲ(2017.3.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
畑の周りではレンゲ草も早くも満開ですね。

c0189013_11231952.jpg
シロバナタンポポ(2017.3.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
住宅の横の空き地はシロバナタンポポとホトケノザのお花畑になっていました。

c0189013_11254139.jpg
シロバナタンポポ(2017.3.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
自宅周辺ではこの白いタンポポをちらほらと見ることができます。
これからもセイヨウタンポポに負けずに咲き続けてほしいものです。

c0189013_11285161.jpg
タネツケバナ(2017.3.20 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
田んぼではいたるところにタネツケバナの白い花が見られました。

c0189013_11311167.jpg
キタテハ(2017.3.20 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
陽気に誘われて、蝶が飛んでいる♪
今年初めて出会った蝶は、ノゲシの花にやって来た越冬明けのキタテハでした。

c0189013_11342688.jpg
キタテハ(2017.3.20 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
近くのタンポポへと飛んできたときに、オレンジの翅を見せてくれました。

c0189013_11363538.jpg
モンシロチョウ(2017.3.20 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
カメラをしまおうとしていると、目の前のノゲシの花にひらひらと白い蝶が!
今年初めてのモンシロチョウも出てきてくれました。

c0189013_11403606.jpg
春麗らか(2017.3.20 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
これ以外に花にはとまりませんでしたが、モンキチョウの姿も見ることができました。
この一週間ほどで一段と春めいた気がします。
いろんな生き物に会いに行きたくて何だかそわそわです。





[PR]
by chantake123 | 2017-03-26 12:16 | Comments(10)
春浅き大峰
c0189013_17152960.jpg
芽吹き始めた渓谷(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
久しぶりに大峰山系に登りました。


c0189013_17254231.jpg
ミツバツツジの仲間(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
ミツバツツジが渓谷に彩りを添えていました。


c0189013_17313418.jpg
シャクナゲの仲間(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
シャクナゲの花は最初の一輪が咲き始めたところでした。


c0189013_17384438.jpg
芽吹き始めた森(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
登りだしたあたりは丁度木々が芽吹き始めたところ。


c0189013_17462240.jpg
瑞々しい若葉(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
登っている時はブナだと思って見ていましたが、何の木でしょうか。


c0189013_17514331.jpg
芽生え(2016.5月 奈良県)
登山道の脇では、所々に芽生えが顔を出していました。


c0189013_17583997.jpg
ブナのどんぐり(2016.5月 奈良県)
ブナのどんぐりが落ちていたので、うれしくて拾い上げてみました。


c0189013_1812992.jpg
針葉樹の森(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
稜線をしばらく進むと、そこは針葉樹の森。


c0189013_1852086.jpg
若木とまつかさ(2016.5月 奈良県)
大木の足元ではあちこちに若木が育っていました。
まつかさが落ちていたので、若い枝の上に乗せてみました。


c0189013_189424.jpg
岩を覆う苔(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
登山道沿いで苔が美しかったです。


c0189013_18122799.jpg
倒木を覆う苔(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
あちらこちらで倒れている倒木の上を苔が覆っているのです。


c0189013_1814475.jpg
倒木や木の根元を覆う苔(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
倒木どころか生きた木の根元も苔で覆われていますね。


c0189013_1817218.jpg
緑の苔(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
たくさんの胞子嚢を出した緑の苔。


c0189013_18184919.jpg
黄色の苔(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
黄色の苔もありました。苔の間から、針葉樹の若葉が。


c0189013_18211455.jpg
ツクバネソウ(2016.5月 奈良県)
倒木の上では様々な種類の苔や草木が育っていくのですね。


c0189013_18244811.jpg
シダの新芽(2016.5月 奈良県)
渦巻状のシダの新芽「コルー」ですね。


c0189013_18265415.jpg
バイケイソウ(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
稜線上にはバイケイソウの若葉がたくさん。


c0189013_18304547.jpg
バイケイソウ(2016.5月 奈良県)
まだ木々がほとんど芽吹いていない稜線上ではバイケイソウの若葉が本当に目立ちます。


c0189013_18325786.jpg
ナナホシテントウ(2016.5月 奈良県)
バイケイソウの葉にてんとう虫を見つけました。


c0189013_182849100.jpg
バイケイソウの森を行く(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
足元にバイケイソウを見ながら一歩一歩標高を上げていきました。


c0189013_18361341.jpg
木道(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
木道がでてきたので、この日の目的地まであと少し。


c0189013_18374078.jpg
空色(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
重くなってきた足を一歩一歩。何だか空が近くなったような。


c0189013_18403659.jpg
弥山小屋(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
十数年ぶりの弥山小屋は思ったより遠く感じたような。体力落ちたかな(笑)
木のベンチに腰を下ろして、おにぎりやポテトチップスを食べると元気が出てきました。


c0189013_18462380.jpg
弥山(2016.5月 奈良県)
標高1895m。奈良県で二番目に高い山ですね。


c0189013_19224253.jpg
弥山(2016.5月 奈良県)
このふくろうさんに出会うのも十数年ぶり。


c0189013_19173140.jpg
八経ヶ岳(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
お隣の山は近畿最高峰。標高1915mの八経ヶ岳です。


c0189013_19203497.jpg
八経ヶ岳(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
十数年前は八経ヶ岳まで登ったのですが。でも久しぶりに見られて嬉しかったです。


c0189013_19275233.jpg
ミツバツツジの仲間(2016.5月 奈良県)
この日見られたお花。
ミツバツツジは詳しい種類までは分かりませんでしたが色鮮やかでした。


c0189013_1932044.jpg
シャクナゲの仲間(2016.5月 奈良県)
シャクナゲは一輪咲き始めていて良かった♪
葉の裏に毛が多いのでツクシシャクナゲかもしれません。


c0189013_19355138.jpg
ヒメイチゲ(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
ヒメイチゲの花に初めて出会うことができました。


c0189013_19393115.jpg
ヒメイチゲ(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
3月に見たユキワリイチゲと比べると小さな小さなお花でした。


c0189013_19405839.jpg
ワチガイソウ(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
ワチガイソウはヒメイチゲよりも更にひと回り小さなお花でした。


c0189013_19433237.jpg
コミヤマカタバミ(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
コミヤマカタバミは白い花びらにピンクのすじが入っていました。


c0189013_19463838.jpg
ネコノメソウの仲間(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
黄色いお花はコガネネコノメソウでしょうか。


c0189013_19494581.jpg
トウカイスミレ(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
この日に出会った菫は2種類。
1種類目はトウカイスミレ。


c0189013_1953787.jpg
トウカイスミレ(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
花びらが真っ白ではなくて、ほんのりピンクがかっています。


c0189013_19555749.jpg
トウカイスミレ(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
稜線沿いにちらほらと咲いていました。


c0189013_1959378.jpg
シコクスミレ(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
2種類目はシコクスミレ。


c0189013_2003786.jpg
シコクスミレ(2016.5月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
こちらは真っ白なお花をたくさん咲かせていました。

少し疲れましたが(笑)、大峰に訪れた春を感じることができました。
[PR]
by chantake123 | 2016-05-15 20:28 | Comments(6)
室生寺再訪 シャクナゲの季節
c0189013_5435880.jpg
女人高野 室生寺(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
シャクナゲの咲く季節に一度行ってみたいと、室生寺を再び訪ねることとなりました。
だんだんと下り坂の天気でしたが、ちょうど満開のシャクナゲの花に出会うことができました。


c0189013_615398.jpg
石楠花(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
葉の裏の毛が少ないのでホンシャクナゲかもしれません。
逆光に花びらが透けてきれいでした。


c0189013_65041.jpg
鎧坂(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
石段の脇を彩る石楠花の花。


c0189013_6113754.jpg
石楠花(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
金堂の裏手で、濃い色の花が咲いていました。


c0189013_6155297.jpg
五重塔(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
石楠花に囲まれた五重塔。


c0189013_6193374.jpg
シキミ(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
シキミの花を見るのは初めてでした。小さなアリがやってきていました。


c0189013_6241248.jpg
ムロウマムシグサ(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
奥の院への石段沿いには天南星がたくさんの花を咲かせていました。


c0189013_6292035.jpg
ムロウマムシグサ(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
ムロウマムシグサは、この室生寺で見つけられた種類なのだそうです。


c0189013_6382399.jpg
ムロウテンナンショウ(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
緑のムロウテンナンショウにも「室生」の名がつきます。


c0189013_641205.jpg
ムロウテンナンショウ(2016.4.23 奈良県 宇陀市)
石柱の間からも花を出していました。


c0189013_6434282.jpg
コミヤマスミレ(2016.4.23 奈良県 宇陀市)
苔に包まれながらコミヤマスミレが花を咲かせていました。


c0189013_6465781.jpg
ルリセンチコガネ(2016.4.23 奈良県 宇陀市)
この春初めて撮影した虫はルリセンチコガネとなりました。
杉の落ち葉の中へ元気にもぐり込んでゆきました。


c0189013_702290.jpg
クリンソウ(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
石楠花の足元ではクリンソウも咲き始めていましたよ。


c0189013_731745.jpg
クリンソウ(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
花の色は濃いものから薄いものまでさまざまです。


c0189013_7641100.jpg
クリンソウ(2016.4.23 奈良県 宇陀市)
室生寺の湿潤な環境はクリンソウにとっても生育しやすそうでした。


c0189013_785519.jpg
石楠花(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
帰りも五重塔の所からはシャクナゲの花を巡りながらゆっくりと下りました。


c0189013_7151022.jpg
石楠花(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
何だかどの花も撮ってと言っているようで(笑)


c0189013_7164986.jpg
石楠花(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
見上げると上の方にもたくさんのお花。


c0189013_7182282.jpg
ハナムグリの仲間(2016.4.23 奈良県 宇陀市)
花の甘い香りに誘われてハナムグリが花の奥にまでもぐり込んでいました。


c0189013_7202450.jpg
石楠花(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
満開のお花に出会うことができたのでした。


c0189013_722714.jpg
ヒメスミレ(2016.4.23 奈良県 宇陀市)
石楠花の足元にも所々に紫の菫のお花。
雨がぽつぽつ落ちてきたのでカメラを終いました。

石楠花の室生寺を満喫することができました。
[PR]
by chantake123 | 2016-05-03 07:24 | Comments(16)
キジの母衣打ち
c0189013_7592850.jpg
キジ(2016.4.9/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
休日の朝、飛鳥川沿いを散歩すると近くでキジの鳴き声が聞こえるのです。
声の聞こえる方向へゆっくり近づいていくと…いました。


c0189013_872460.jpg
キジ(2016.4.9/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
羽ばたきながら「ケッケーー」と鳴きます。母衣打ちと呼ばれる行動です。


c0189013_8104375.jpg
キジ(2016.4.9/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
川沿いの道をさらにゆっくりと進んで、キジのいたあたりを見てみると、
目立たないように草はらから顔だけ出していました。


c0189013_8145091.jpg
キジ(2016.4.9/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
しばらくすると、立ち上がりました。


c0189013_8173921.jpg
キジ(2016.4.9/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
豪快に母衣打ちを間近で見せてくれたのでした。


c0189013_8193836.jpg
キジ(2016.4.9/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
ここは俺の縄張りだぞ!と言っているようです。


c0189013_8213249.jpg
キジ(2016.4.9/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
少し下がって観察を続けると、キジさんはお食事を始めました。


c0189013_8232290.jpg
キジ(2016.4.9/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
一定の時間間隔で「ケッケーー」と鳴きます。
すると、そのたびに遠くの方からも「ケッケーー」と声が返ってくるのです。


c0189013_826116.jpg
キジ(2016.4.9/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
キジたちはコミュニケーションをとりながらお互いに行動しているようですね。


c0189013_8273997.jpg
キジ(2016.4.9/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
声を聞くことはあってもキジの姿を近所で見るのは久しぶりで。
たくましく田園地帯で命を繋いでくれているようです。


c0189013_8321385.jpg
キジバト(2016.4.9/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
朝はハトさんはまったりとしているようで、そばを通らせてもらいました。


c0189013_8344328.jpg
カルガモ(2016.4.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
カルガモさんたちも、ゆったりと餌を探していました。


c0189013_8361753.jpg
レンゲ(2016.4.3/奈良県)
レンゲ畑はたくさんのレンゲの花で彩られています。


c0189013_8381658.jpg
キツネノボタン(2016.4.3/奈良県)
道ばたではキンポウゲの花が咲き始めていました。


c0189013_8393479.jpg
スミレ(2016.4.3/奈良県)
今年もアスファルトの隙間から菫が綺麗な花を咲かせてくれました。
[PR]
by chantake123 | 2016-04-24 08:40 | Comments(8)
春を告げる花たち 室生寺
c0189013_5394627.jpg
女人高野 室生寺(2016.4.2 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
春を求めて室生寺を訪れるのは初めてでした。
本堂の傍では桜の花が咲き始めていました。
もう少しすると、山桜も咲くのではないでしょうか。
人も少なく、時折吹き抜ける春風の音だけが聞こえるような静寂の世界でした。


c0189013_5573952.jpg
女人高野 室生寺(2016.4.2 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
入り口・赤門(太鼓橋)のところの桜も咲き始めていました。


c0189013_6173038.jpg
乙松桜(2016.4.2 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
護摩堂前の桜はピンクが濃くて美しかったです。


c0189013_6283331.jpg
乙松桜(2016.4.2 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
紅ヒガンザクラという品種だそうです。


c0189013_6304949.jpg
大木を覆う苔(2016.4.2 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
桜の花ともう一つ印象に残ったのが苔やシダの美しさです。
杉などの大木が多くあり林床が湿潤に保たれているからか、みずみずしく生き生きとしているのです。


c0189013_6401912.jpg
シダの仲間(2016.4.2 奈良県 宇陀市)
昨年秋、ルーミスシジミのいた森にあったシダにとてもよく似ていました。


c0189013_644348.jpg
シダの仲間(2016.4.2 奈良県 宇陀市)
NZのマオリ語でいうコルー。「新生」を意味します。
まだ展開しきらない渦巻状のシダの新芽がそこかしこに顔を出していました。


c0189013_6502653.jpg
ゼニゴケ(2016.4.2 奈良県 宇陀市)
ゼニゴケからひょろひょろと傘のようなものが伸びていて、
次の世代へ命を繋ごうとしているのでは。


c0189013_658255.jpg

コケの仲間(2016.4.2 奈良県 宇陀市)
胞子嚢をびっしりと出した苔。
苔やシダにとって春がとても大事な季節なのだと感じた一日でした。


c0189013_723486.jpg

トウゴクサバノオ(2016.4.2 奈良県 宇陀市)
あと、室生寺やその周辺で出会ったお花を紹介します。
杉の落葉の間からちらほらとトウゴクサバノオが花を咲かせていました。


c0189013_75344.jpg

ネコノメソウの仲間(2016.4.2 奈良県 宇陀市)
ネコノメソウの仲間はもう少し勉強して種類を覚えたいです。


c0189013_771011.jpg

アブラナの仲間(2016.4.2 奈良県 宇陀市)
アブラナ科の白いお花も見かけました。


c0189013_783679.jpg
タチツボスミレ(2016.4.2 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
菫の仲間も何種類か見ることができました。
タチツボスミレは風でずっとお花が揺れていて、ピントが合ってないですね(笑)


c0189013_7102748.jpg
ナガバノタチツボスミレ(2016.4.2 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
こちらは葉先が少し尖がっているのでナガバノタチツボスミレでしょうか。


c0189013_7123636.jpg
コスミレ(2016.4.2 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
これはお寺の外で見たコスミレ。杉の林内ではまだ咲き始めでした。


c0189013_7142219.jpg

ヒナスミレ(2016.4.2 奈良県 宇陀市)
淡い色のヒナスミレにも一輪だけ出会うことができました。

今頃は室生寺の桜も満開を迎えているでしょうか。
[PR]
by chantake123 | 2016-04-10 07:16 | Comments(10)
春を告げる花たち ユキワリイチゲ
c0189013_19281996.jpg
茶畑のある集落(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
春を告げる花たちを巡って、県境を越えたあたりの里山を訪れてみました。


c0189013_451313.jpg
集落の家々(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
昔ながらの家が多く見られ、玄関先に薪が積まれていたりしました。


c0189013_4551362.jpg
ツクシ(2016.3.26)
道のわきではたくさんのツクシが見られて、このようにkissしているものも♪


c0189013_4575061.jpg
シロバナタンポポ(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
集落のなかでは、シロバナタンポポの咲いている場所がありました。


c0189013_50811.jpg
カンサイタンポポ(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
少し上っていくと、カンサイタンポポもたくさん咲いていました。


c0189013_515266.jpg
キランソウ(2016.3.26)
石垣の間で紫の花が咲いているのを、奥さんが見つけてくれました。


c0189013_543841.jpg
棚田(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
棚田には、早くも水が入れられています。


c0189013_573195.jpg
茅葺の家(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
棚田の横には茅葺の家が残っていて、普通に生活されているようでした。


c0189013_593977.jpg
桜の蕾(2016.3.26)
ここの桜は大きな蕾になっていたので、今頃は開花しているでしょうか。


c0189013_51154100.jpg
柳の花(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
柳の花がたくさん咲いていて、ふさふさしているので触りたくなりますね。


c0189013_516741.jpg
ムラサキハナナ(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
茅葺の家の前に植えられていた、ムラサキハナナ。


c0189013_5173895.jpg
フキノトウ(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
棚田ではフキノトウが顔を出していました。


c0189013_51957100.jpg
ニリンソウ(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
小川が流れ下る水の豊かな環境には、ニリンソウが咲き始めていました。


c0189013_522062.jpg
ニリンソウ(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
しっかり開いている花もありました。


c0189013_5285921.jpg
ムラサキケマンとミヤマキケマン(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
小川にそって道を歩きながら、いろんなお花に出会うことができました。
紫と黄の華鬘が仲良く寄り添うように咲いていました。
そのまわりにハコベやカテンソウも咲いていますね。


c0189013_536474.jpg
アオイスミレ(2016.3.26)
他の花に目をやっていると、菫の花が咲いてると奥さんが教えてくれました。


c0189013_541428.jpg
タチツボスミレ(2016.3.26)
杉木立の下ではタチツボスミレも見られました。


c0189013_543760.jpg
ミヤマカタバミ(2016.3.26)
ミヤマカタバミはちょうど開き始めたところのようです。


c0189013_5444022.jpg
ヤマルリソウ(2016.3.26)
ここのヤマルリソウはピンクの花がきれいでした。


c0189013_5462490.jpg
ユキワリイチゲ(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
そして、特徴的なひし形の葉がたくさん。ユキワリイチゲです。
先日、奈良の里山でひとつだけ蕾が見られたので、
今回この場所では見られるかもしれないと思って、足を運んだのでした。


c0189013_5491424.jpg
ユキワリイチゲ(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
これから開きそうな蕾もありますね。


c0189013_5543993.jpg
ユキワリイチゲ(2016.3.26)
とうとう出会いました。きれいに開いたお花。


c0189013_5565445.jpg
ユキワリイチゲ(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
薄青、薄紫、何ともいえない色合いのお花。
水辺から適当な距離感のところに、ぽつぽつと咲いてくれていました。


c0189013_615176.jpg
ユキワリイチゲ(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
ちょくちょく風が吹き抜けるたびに、風にそわそわと揺れるのでした。


c0189013_63461.jpg
ユキワリイチゲ(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
雪割一華と書きます。「一華」は一茎に一輪の花を咲かせるという意味なのだそうです。


c0189013_672730.jpg
ユキワリイチゲ(2016.3.26)
開きかけのお花。葉の裏も紫がかっていますね。


c0189013_694254.jpg
ユキワリイチゲ(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
枯れ葉の間からお花だけ顔を出して咲いているものもありました。
決してたくさん咲いているわけではありませんでしたが、無事に出会えてよかったです。


c0189013_6123198.jpg
椿の花(2016.3.26)
辺りでは、木々も花をつけていて、椿の花が鮮やかです。


c0189013_62309.jpg
キブシ(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
ほかにもキブシの花。


c0189013_6253894.jpg
トサミズキ(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
トサミズキの花など黄色いお花もたくさん咲いていました。


c0189013_6271325.jpg
神社の参道(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
最後に神社の石段を上ってお参りさせていただきました。


c0189013_6305257.jpg
神社のお堂(2016.3.26) クリックすると大きめの絵になります
里山をぶらぶら歩きながら、ユキワリイチゲや多くのお花に出会うことができました。
この場所もこれからまだ桜やさまざまな春のお花が咲いてゆきます。
[PR]
by chantake123 | 2016-04-02 06:40 | Comments(12)