タグ:昆虫:蜻蛉 ( 81 ) タグの人気記事
二上山の紅葉
c0189013_2292962.jpg

二上山の紅葉(2011.12.4 奈良県 葛城市)
11月末は、朝冷え込んで霧のでる日が続きました。
そして、二上山は12月に入って、ぐっと赤く染まりました。


c0189013_22185564.jpg

オオアオイトトンボ(2011.11.26 奈良県)
いつまで元気な姿を見せてくれるでしょうか。
このときは飛んでいる別の昆虫に飛び掛ったりしていました。
[PR]
by chantake123 | 2011-12-08 22:24 | Comments(2)
晩秋の花 その2
c0189013_631162.jpg

里山の棚田(2011.11.5 奈良県)
先日訪れた里山の棚田では、稲刈りが進んでいました。
奥の柿の木にもたくさんの実がなり、収穫の季節を迎えていました。


c0189013_6135558.jpg

リンドウ(2011.11.5 奈良県)
別の里山では見ることができなかったリンドウの花を探してみました。


c0189013_6185938.jpg

リンドウ(2011.11.5 奈良県)
畑のあぜには、リンドウの花が顔をだしていました。


c0189013_6234554.jpg

リンドウ(2011.11.5 奈良県)
いくつもの花がかたまって咲いているのを見るのは初めてでした。


c0189013_6291654.jpg

リンドウ(2011.11.5 奈良県)
いくつかの場所で咲いているのを見つけることができました。


c0189013_6323180.jpg

リンドウ(2011.11.5 奈良県)
開きかけの花もありました。


c0189013_634469.jpg

キクの仲間(2011.11.5 奈良県)
斜面には野菊の花がたくさん♪


c0189013_6365551.jpg

キクの仲間(2011.11.5 奈良県)
朝露に濡れる野菊の花。しっかりと観察していなかったので種類が分かりませんでした。


c0189013_640459.jpg

コウヤボウキ(2011.11.5 奈良県)
山道の脇にコウヤボウキの花が咲いていました。
茎(じゃなくて枝)が硬くて、キク科の落葉小低木なのですね。
高野山では本種の枝を束ねて箒にしていたことが、名前の由来だそうです。


c0189013_652968.jpg

オオアオイトトンボ(2011.11.5 奈良県)
コウヤボウキの上を横切っていくものが!?オオアオイトトンボのメスでした。
このトンボを見かけるようになると、秋の深まりを感じるのでした。
[PR]
by chantake123 | 2011-11-12 07:03 | Comments(6)
赤とんぼ 
c0189013_653591.jpg

ヒメアカネ(2011.9.23 奈良県)
ツリフネソウの谷にたくさんいたのは、湿地を好むヒメアカネ。


c0189013_6572420.jpg

マイコアカネ(2011.8.11 奈良県)
夏にチョウトンボの池で見かけたマイコアカネ。今は真っ赤に染まっているでしょうか。


c0189013_702976.jpg

マユタテアカネ(2011.9.23 奈良県)
ヒメアカネに混じって1匹だけ見つけたマユタテアカネ。翅先が黒くなるタイプのメスでした。


c0189013_755280.jpg

ベニイトトンボ(2011.8.11 奈良県)
こちらはおまけ。赤とんぼの仲間ではありませんが、今年も見ることができました。
[PR]
by chantake123 | 2011-10-23 07:08 | Comments(6)
チョウトンボ
家の近くの池では、今年は水面にヒシが生い茂り、チョウトンボが飛んでいます。
さすがにフェンスで囲まれ撮影しにくいので、心当たりのある別の池へ見に行きました。
c0189013_1774765.jpg

チョウトンボとショウジョウトンボ(2011.8.7 奈良県)
池に着くと早速発見できました。たくさん池の上を飛び交っていましたが、
そのうちの1匹がショウジョウトンボと同じ枝に仲良くとまりました。


c0189013_1720092.jpg

チョウトンボ(2011.8.7 奈良県)
翅の大部分が色づいているのは、トンボとしては珍しいですよね。
光の当たり方で藍色に見えたり、紫色に見えたりします。


c0189013_1727126.jpg

チョウトンボ(2011.8.7 奈良県)
池のうえをフワーッ、フワーッと飛びます。
色づいた幅広い翅で、チョウのようにひらひらと飛ぶことが名前の由来です。


c0189013_17322569.jpg

チョウトンボ(2011.8.7 奈良県)
しばらく飛んでいたかと思うと、お気に入りの場所に戻ってきます。


c0189013_17414624.jpg

チョウトンボ(2011.8.7 奈良県)
写真の個体はおっとりとしていて、横から美しい翅をゆっくりと見せてくれていました。
この後、思いがけないことが!
この個体がファインダー越しに飛びたったかと思うと、カサカサッと音がして!


c0189013_174546100.jpg

ギンヤンマ(2011.8.7 奈良県)
その個体かどうかは分かりませんが、ギンヤンマがチョウトンボを捕らえて、
ゆっくりと近くの葦に着陸したのです。あっという間に胴体からむしゃむしゃと食べられていきました。
自然界の厳しい掟を目の当たりにした気がしました。
[PR]
by chantake123 | 2011-08-11 17:58 | Comments(8)
お庭の訪問者 その2
c0189013_63959.jpg

ハグロトンボ(2011.7.29 奈良県田原本町)
前の日に父が、「家にオハグロがいるよ」と言ってたのですが、
何かの間違いだろうと思っていたのです。
朝、庭をのぞくと本当にいます。
子どもの頃から、地元でハグロトンボを見たことはなかったのでびっくりしました!


c0189013_6464979.jpg

ハグロトンボ(2011.7.29 奈良県田原本町)
裏の用水路からやって来たのでしょうか。
下水道の整備や、使う農薬の変化などで
このあたりでもハグロトンボが見られるようになってくるのならば、本当に嬉しいことです。
日陰の多い環境が気に入ったのか、10日以上たった現在もお庭に住み続けています♪


c0189013_6544685.jpg

アゲハチョウ(2011.8.1 奈良県田原本町)
ハグロトンボの傍では、采振木の葉にアゲハチョウが休んでいます。
いろんな虫たちが姿を見せてくれるのは、ありがたいことですね!
[PR]
by chantake123 | 2011-08-09 07:03 | Comments(2)
雨宿り
c0189013_601158.jpg

オニヤンマ(2011.7.22 奈良県)
霧雨煙る林のなかで、1ぴきのヤンマが雨宿りしているのを見つけました。


c0189013_6102354.jpg

オニヤンマ(2011.7.22 奈良県)
近づいてみるとオニヤンマでした。翅にびっしりと水滴をつけて、
今日は航行不能と決め込んでいるのか、ほとんど動こうとしませんでした。


c0189013_6151075.jpg

オニヤンマ(2011.7.22 奈良県)
たくさんの銀色の鎖でつながれて、出発のときを待っていました。


c0189013_618492.jpg

アシグロツユムシ(2011.7.22 奈良県)
ツユムシの幼虫も葉っぱの裏にかくれて、雨がやむのを待っていました。
[PR]
by chantake123 | 2011-08-02 06:21 | Comments(6)
イトトンボの仲間達
c0189013_21283888.jpg

セスジイトトンボ(2011.6.25 奈良県田原本町)
先月、庭にやってきたセスジイトトンボ。子供のころから馴染み深いイトトンボで、
少し離れた用水路からよくやってくるのです。


c0189013_21421386.jpg

アオモンイトトンボ(2009.8月 奈良県五條市)
前に撮った写真です。吉野川の河川敷に朝露に濡れてとまっていました。


c0189013_21454621.jpg

モノサシトンボ(2009.7月 奈良県五條市)
本当に物差しのようにピンと長いイトトンボ。
オス、メス合わせると10cmくらいの定規として使えるでしょうか!


c0189013_2151838.jpg

ホソミイトトンボ(2009.7月 奈良県五條市)
今年はウラジロミドリシジミを撮っていたとき、足元にいたのですが後回しにしてしまいました。
生き物との出会いは一期一会、きちんと記録しておかないといけませんね。
[PR]
by chantake123 | 2011-07-28 21:54 | Comments(6)
春の蜻蛉たち
c0189013_22485116.jpg

アカメガシワとフジの花(2011.5.14 奈良県)
新緑の里山を訪れてきました。
フジの花も、まだたくさん咲き残っていました。


c0189013_22543591.jpg

シオヤトンボ(2011.5.14 奈良県)
山裾の田んぼには水が入り、春のトンボであるシオヤトンボがたくさん見られました。


c0189013_22594539.jpg

シオヤトンボ(2011.5.14 奈良県)
立てかけてある竹の上で、仲良く日向ぼっこ。


c0189013_232939.jpg

カワトンボ(2011.5.14 奈良県)
小川に沿う路には、たくさんのカワトンボが縄張りをはっていました。


c0189013_2382293.jpg

フタスジサナエ(2011.5.14 奈良県)
リュックをおろすと、傍に一匹のサナエトンボがとまっていました。
帰って調べてみると、初めて見るフタスジサナエのようです。
[PR]
by chantake123 | 2011-05-15 23:20 | Comments(4)
寒い冬を越えて…
拙いブログですが、
おかげさまで2年間続けることができました。
ただただ、感謝です。
これからも宜しくお願いいたします。

金剛山も雪化粧をして、いよいよ冬の寒さが増してきました。
里山で冬を越す虫たちにとって、これからが正念場ですね。
c0189013_11232138.jpg

オツネントンボ(2010.11.14/奈良県 五條市)
「越年蜻蛉」の名の通り、成虫で越冬するトンボです。
この秋、初めて目にすることができました。


c0189013_11351848.jpg

ホソミオツネントンボ(2010.12.5/奈良県 五條市 トリミング)
写真の中央やや右上に、枝になりきっているのが分かるでしょうか。
こちらは「細身越年蜻蛉」です。冬場は褐色ですが、
春になると淡青色に変身します。


c0189013_11424157.jpg

ムラサキシジミ(2010.11.21/奈良県 御所市)
成虫で越冬するシジミチョウの仲間もいます。
翅を開いて日光浴していましたが、
高い場所だったので、表翅の紫色はほとんど見られませんでした。


c0189013_1285476.jpg

ムラサキツバメ(2010.12.12/奈良県 五條市)
ムラサキツバメの方は、この冬が初観察でした。
反対側に回り込んで、表翅の紫色を撮りたかったのですが、
切り立った地形で回り込めないのでした。
なかなか思うようには撮影できないものですね(笑)
この蝶は、葉の上で集団越冬することが知られていて、
その様子も一度見てみたいなあと思っています。

このブログを始めたときに、個人的には
「蝶とトンボを30種類ずつ撮ろう!」と考えました。
2年間で蝶が66種類、トンボが48種類を載せることができました♪
来年も少しずつ上積みしていければなあと思っています。
[PR]
by chantake123 | 2010-12-28 12:26 | Comments(4)
赤とんぼ その3
c0189013_7365794.jpg

ハゼノキ(2010.11.14/奈良県 五條市)
里にも紅葉が降りてきて、ハゼノキも赤く染まりました。


c0189013_746282.jpg

ヒメアカネ(2010.11.14/奈良県 五條市)
田んぼの横の水路では、ヒメアカネを見ることができました。
薄日が差し始めると、元気に飛び回っていました。


c0189013_7552432.jpg

ヒメアカネ(2008.9月/奈良県 五條市)
2年前に見かけたメス。このときはまだ、近い仲間のマユタテアカネと区別がつきませんでした。


c0189013_811780.jpg

ヒメアカネ(2010.8.29/奈良県 五條市)
そして、今年の夏、近くの里山にも棲んでいることに気が付きました。
池の横の湿地などを住処にしているようです。


c0189013_813393.jpg

ネキトンボ(2010.8.29/奈良県 五條市)
今年は、田んぼのまわりでネキトンボも数回見ることができました。


c0189013_8155930.jpg

ネキトンボ(2010.8.29/奈良県 五條市)
翅の根元まで真っ赤に染まっていました。

赤とんぼの季節もそろそろ終盤です。
もう少しの間、日向ぼっこをする姿が見れるでしょうか。
[PR]
by chantake123 | 2010-11-27 08:27 | Comments(8)