タグ:昆虫:蜻蛉 ( 80 ) タグの人気記事
散歩日和
c0189013_1191618.jpg
ヒガンバナ(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
最近、朝夕は涼しくて、近くをカメラをもって歩くのも暑くなくていいのです。


c0189013_11153281.jpg
ザクロ(2015.10.4/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
住宅沿いの畑では、ザクロの実がたわわに実っていました。


c0189013_111857.jpg
アゲハチョウ(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
キバナコスモスが植えられていて、アゲハチョウが次々とやってきます。


c0189013_11231293.jpg
ツマグロヒョウモン(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
ニラの花には綺麗なツマグロヒョウモンを見ることができました。


c0189013_11262283.jpg
イチモンジセセリ(2015.8.23/奈良県)
庭の梅の葉で休むイチモンジセセリ。近所のお花でもよく見かけます。


c0189013_11333215.jpg
ウスバキトンボ(2015.8.23/奈良県)
今年はお庭にウスバキトンボがたくさんやってきました。
多い日は、一日に3匹もお庭の木にとまっていました。


c0189013_1141961.jpg
風そよぐ田んぼ(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
近くの田んぼを歩くと、風が吹き抜けて気持ちいい。


c0189013_11441863.jpg
トノサマバッタ(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
田んぼの間を通るみちで、トノサマバッタを見つけました。
魚眼レンズを使って撮ってみると、遠くに置いたつもりのカメラバッグが映り込んでしまいました。


c0189013_11483877.jpg
トノサマバッタ(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
このバッタさんはおとなしくて、至近距離まで近づかせてくれました。


c0189013_11513927.jpg
セスジイトトンボ(2015.9.6/奈良県)
田んぼのあぜ道では、セスジイトトンボがゆっくりと移動していました。
隣の用水路に棲んでいるのかな。


c0189013_11551010.jpg
カタツムリ(2015.9.6/奈良県)
イトトンボの傍では、カタツムリさんもいました。
カタツムリハンドブックを買ってみたので、種類を調べてみようと思います。


c0189013_1201684.jpg
ヒクイナ(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
田んぼを歩いていると、ピイピイと鳥のひなのような鳴き声が聞こえてくるのです。
しばらくじっと耳をすませてみると、カサカサっと稲穂をぬってヒクイナの親鳥がこちらの様子をうかがっていたのです。
でも目が合うとささっと引っ込んでしまいました。


c0189013_126784.jpg
ヒクイナ(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
稲穂の奥には数匹の雛がいるようで、親鳥は雛を守るためにあっちへ行ったりこっちへ行ったり。
ときどき稲穂の間から親の姿が見えるので、じっとしゃがんで静かに待っていると…。
こちらの様子をうかがいに再び出てきました。
深い緋色の羽と目が印象的です。


c0189013_12131242.jpg
ヒクイナ(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
土のうの上に上がって、こちらを見ていました。
子育て中にお邪魔してしまいました。姿を見せてくれてありがとう。


c0189013_4333547.jpg
ヒバリ(2015.10.4/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
ヒバリさんは、一年中見られるものですね。
歩いていると路の先で急に飛び立つのですが、体色が地面と同化していてなかなか気が付かないのでした。


c0189013_12184372.jpg
田んぼの鷺たち(2015.10.4/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
田んぼの水たまりや水路では、鷺たちが餌探しに余念がありません。
右からアオサギ、コサギ、一番左はダイサギさんでしょうか。
そろそろ、近くの田んぼも稲刈りを迎えます。


[PR]
by chantake123 | 2015-10-04 12:25 | Comments(10)
キマダラセセリとコハンミョウ
c0189013_1925132.jpg
タイワンウチワヤンマ(2015.8.23/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
6月にウチワヤンマが飛んでいた池を訪れると、代わりにタイワンウチワヤンマが陣取っていました。
季節は移ろっていきますね。その時に出会った虫たちを紹介します。


c0189013_19335040.jpg
シオカラトンボ(2015.8.23/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
池のまわりの草はらにいたシオカラトンボを広角で撮影してみました。


c0189013_19403977.jpg
アオモンイトトンボ(2015.8.23/奈良県)
小さい子を見逃してはいけませんね。アオモンイトトンボ。


c0189013_19503631.jpg
ベニシジミ(2015.8.23/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
池のまわりのには蝶もたくさんいました。
ヒメジョオンの花にやってきたベニシジミ。


c0189013_19525289.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2015.8.23/奈良県)
ツユクサとヒメウラナミジャノメ。


c0189013_19544947.jpg
ムラサキシジミ(2015.8.23/奈良県)
ムラサキシジミは警戒心が強くて近づかせてくれませんでした。
産卵している個体もいました。


c0189013_19571545.jpg
チャバネセセリ(2015.8.23/奈良県)
この日はセセリチョウに特に注目して観察していました。
イチモンジセセリに混じって、チャバネセセリが飛んでいました。


c0189013_2002092.jpg
キマダラセセリ(2015.8.24/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
そして、探していたセセリチョウに出会うことができました。


c0189013_2031851.jpg
キマダラセセリ(2015.8.24/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
翅に橙色の模様があるキマダラセセリです。
イチモンジセセリやチャバネセセリより少し小形で可愛らしい印象です。


c0189013_2073814.jpg
キマダラセセリ(2015.8.24/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
レンズを向けるとこちらを向きました!


c0189013_2094649.jpg
キマダラセセリ(2015.8.24/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
今年の夏は、似た種類のコキマダラセセリやアカセセリを高いお山で観察してきたので、
奈良に戻ったら、平地で見られるキマダラセセリを見ておきたいと思っていたのです。
姿を見せてくれてありがとう。


c0189013_20163773.jpg
コハンミョウ(2015.8.23/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
池のまわりを歩いていると、予期せぬ虫が私の足元を横切りました。
小形のハンミョウ。でも見たことのない種類だったのです。


c0189013_2020524.jpg
コハンミョウ(2015.8.23/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
家に帰って調べてみて、コハンミョウであることが分かりました。
奈良の平野部なので、ハンミョウの棲める環境はとても限られていると思います。
たくましく生きているハンミョウさんが、とても愛おしく思えました。
[PR]
by chantake123 | 2015-09-19 20:27 | Comments(10)
山の上へ涼みに行ってきました。その2
c0189013_644865.jpg
お花畑とスジグロシロチョウ(2015.7月) クリックすると大きめの絵になります
山の上のお花畑では、たくさんの蝶や蜻蛉に出会ったので紹介します。


c0189013_685316.jpg
クガイソウとスジグロシロチョウ(2015.7月)
一番多く見られた蝶はスジグロシロチョウでした。
いろんな花へふーわふーわとやってくるので、他の方もカメラを向けられていました。


c0189013_613086.jpg
キオンの花にやってきたスジグロシロチョウ(2015.7月) クリックすると大きめの絵になります
キオンの花では蜜を吸うのに夢中で、目の前で花から花へと移動していきました。


c0189013_6184534.jpg
クサフジとコキマダラセセリ(2015.7月)
次に出会えたのがコキマダラセセリでした。
ピューンと飛んできて花にとまると、すぐにストローを伸ばしていました。


c0189013_624585.jpg
クサフジとコキマダラセセリ(2015.7月)
奈良で見られるヒメキマダラセセリと比べると、少し大きめな印象。
小さなゾウムシさんと仲良く、しばらくの間蜜を吸っていきました。


c0189013_6285380.jpg
ミヤマコアザミとコキマダラセセリ(2015.7月)
山頂付近では、アザミの花でもたくさん見られました。


c0189013_632142.jpg
アザミの花に群れる蝶たち(2015.7月) クリックすると大きめの絵になります
アザミの花の上で飛翔するのはウラギンヒョウモン。
ヒョウモンの仲間に出会えるだろうと期待していましたが、今回出会ったヒョウモンはすべてこの種類でした。


c0189013_6415942.jpg
ミヤマコアザミとウラギンヒョウモン(2015.7月)
アザミの花の上で、少しずつ向きを変えながら蜜を吸っていきます。


c0189013_6394191.jpg
イブキジャコウソウとウラギンヒョウモン(2015.7月) クリックすると大きめの絵になります
イブキジャコウソウにもやってきました。


c0189013_6445434.jpg
イブキジャコウソウとウラギンヒョウモン(2015.7月) クリックすると大きめの絵になります
たくさん花があるので、ゆっくり吸蜜していきます。


c0189013_646817.jpg
イブキジャコウソウとウラギンヒョウモン(2015.7月) クリックすると大きめの絵になります
近づいて上からも撮影させてくれました。


c0189013_6482461.jpg
アカタテハ(2015.7月)
メタカラコウの花にはアカタテハがやってきました。


c0189013_6504290.jpg
アザミの花をめぐるスジボソヤマキチョウ(2015.7月 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
そして、今回初めて出会えた蝶がスジボソヤマキチョウでした。


c0189013_6551381.jpg
アザミの花をめぐるスジボソヤマキチョウ(2015.7月 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
何度かお花畑を横切って飛んでいくのですが、なかなか近くの花にはとまってくれなくて。


c0189013_701080.jpg
スジボソヤマキチョウ(2015.7月) クリックすると大きめの絵になります
それでも、一度だけ近くのメタカラコウの花にとまってくれて、近くから観察させてくれました。
尖った翅の先が分かるように写す角度を変えようとしゃがんだところで、驚かせてしまったようで飛んで行ってしまいました。
飛んでいった先では、葉の裏に潜り込んで隠れるようにとまって、さすが生き延びるために用心深いんだなあと感じました。


c0189013_763399.jpg
アキアカネ(2015.7月)
トンボも少し観察できました。山の上といえばアキアカネがたくさん。
秋になると里へ下りていくのでしょうね。


c0189013_793010.jpg
ミヤマサナエ(2015.7月) クリックすると大きめの絵になります
それから、この種類も山の上のトンボなのだと思います。
奥さんが気が付いて教えてくれたミヤマサナエです。


c0189013_71236100.jpg
ミヤマサナエ(2015.7月) クリックすると大きめの絵になります
奈良でも前の職場の近くでは7月に何度か見かけたのですが、今回初めて撮影できました。
こうして山の上に上がってくるのですね。
スジグロシロチョウやウラギンヒョウモンを捕まえようと何度かとびかかっていました!


c0189013_7185630.jpg
シラホシカミキリ(2015.7月)
山の上では嬉しい出会いや初めての出会いがいっぱいでした。
この山にはまだまだ出会ったことのない種類の蝶も棲んでいるようで、ぜひ、また訪れたいと思っています。
[PR]
by chantake123 | 2015-08-21 07:22 | Comments(6)
ハグロトンボとカブトムシ
c0189013_5472079.jpg
ハグロトンボ(2015.7.21/奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
この夏、家の近所で見かけた生き物を紹介します。
まずは、お庭にやってきたハグロトンボです。


c0189013_5523520.jpg
ハグロトンボ(2015.7.21/奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
4年前に実家の庭にやってきたり、去年も近くの飛鳥川で見かけています。
子供の頃はこの辺りでハグロトンボは見たことがなかったので、
近年、下水道が整備され、水質が改善されるなど、このトンボが棲めるようになってきたのではないかと思っています。


c0189013_645014.jpg
白鷺(2015.7.29/奈良県 田原本町 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
朝、近所の田んぼではたくさんの白鷺が見られました。


c0189013_681787.jpg
白鷺(2015.7.29/奈良県 田原本町 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
種類が分からないのですが、図鑑と見比べてみてチュウサギが多いのではないかと思っています。


c0189013_6113537.jpg
カブトムシ(2015.7.29/奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
田んぼ脇のクヌギの木では嬉しい出会いが。


c0189013_6145450.jpg
カブトムシ(2015.7.29/奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
カブトムシの雌がシロテンハナムグリと一緒に樹液にやってきていました。


c0189013_6183671.jpg
カブトムシ(2015.7.29/奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
家の近くでもカブトムシが見られるものですね。
子供の頃はよくクワガタを捕りに行ったものなので、今も見られるといいなと思います。


c0189013_6225684.jpg
サトキマダラヒカゲ(2015.7.29/奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
樹液に誘われて、サトキマダラヒカゲも飛んできました。


c0189013_6243164.jpg
ヒメジャノメ(2015.7.29/奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
足元の笹にはヒメジャノメがとまっていました。
鳥に襲われたようですが、翅の”蛇の目模様”の部分がついばまれたようです。
翅の模様によって自分の胴体(=命)は守るしたたかな蝶ですね。

家の近所でも、思ったよりいろんな生き物が見られるものだなあと感じながら、
たまに早朝に散歩したりしています。無論、たまにですが。
[PR]
by chantake123 | 2015-08-08 06:39 | Comments(15)
ハッチョウトンボの棲む水辺 その2
c0189013_4281595.jpg
ハッチョウトンボ(2015.6月) クリックすると大きめの絵になります
昨年も訪れた湿地でハッチョウトンボを観察しました。


c0189013_4324634.jpg
ハッチョウトンボ(2015.6月) クリックすると大きめの絵になります
ここには2匹写っていますが、狭い範囲に3匹観察できました。


c0189013_4372088.jpg
ハッチョウトンボ(2015.6月) クリックすると大きめの絵になります
今回は、魚眼レンズを久しぶり使ってみました。


c0189013_4434719.jpg
ハッチョウトンボ(2015.6月)
雨の降りそうな天気だったからか大人しかったので、レンズがぶつかりそうなくらい近づいてみました。


c0189013_447555.jpg
モートンイトトンボ(2015.6月) クリックすると大きめの絵になります
モートンイトトンボもじっとしていて、まるで草と同化していました。


c0189013_4502752.jpg
ネジバナ(2015.6月)
草はらにネジバナがたくさん伸びていました。


c0189013_452305.jpg
オカトラノオ(2015.6月)
オカトラノオが咲き始めていていました。


c0189013_4545021.jpg
カキラン(2015.6月) クリックすると大きめの絵になります
今年もカキランに出会うことができました。


c0189013_4572511.jpg
カキラン(2015.6月) クリックすると大きめの絵になります
カキランを観察していると、ハナアブのような昆虫が花にやってきます。


c0189013_4592116.jpg
カキラン(2015.6月 トリミング)
花に潜り込んで蜜を吸うのでしょう。


c0189013_512065.jpg
カキラン(2015.6月 トリミング)
花から飛び立つと、ハナアブ(写真の矢印)の背中に花粉の塊が付くようになっています。
そして、そのハナアブが別の花を訪れることにより、カキランは受粉されるのです。
ランは美しい花を咲かせるだけでなく、巧みな戦略によって子孫を残しているのだと感心しました。
何だか時間を忘れて小さな生き物たちを観察してしまいました。
[PR]
by chantake123 | 2015-07-25 05:12 | Comments(8)
ハッチョウトンボの棲む水辺
c0189013_543198.jpg
ハッチョウトンボ(2015.6.21) クリックすると大きめの絵になります
今年は蜻蛉さんに出会いたくて、何度か見にゆきました。
県境の水辺では、ハッチョウトンボに出会うことができました。


c0189013_5512092.jpg
ハッチョウトンボとキイトトンボ(2015.6.21) クリックすると大きめの絵になります
この水辺ではイトトンボの仲間が多くて、これはキイトトンボとのツーショット。
ちらっとイトトンボの方を見る場面もあり、相手を意識しているようでした。


c0189013_5572730.jpg
ハッチョウトンボ(2015.6.21)
そして、体長2cmほどのハッチョウトンボは、イトトンボを追い払いながら自分のなわばりを主張するのでした。


c0189013_66972.jpg
キイトトンボ(2015.6.21)
キイトトンボも近づいて見ると、なかなか表情豊かです。


c0189013_637023.jpg
キイトトンボ(2015.6.21)
キイトトンボは数が多くて、連結産卵するものも見られました。


c0189013_6113983.jpg
ベニイトトンボ(2015.6.21)
少数ながらベニイトトンボにも出会えました。


c0189013_614335.jpg
クロイトトンボ(2015.6.21)
クロイトトンボは睡蓮の葉の上でのんびりしていました。


c0189013_7311036.jpg
睡蓮(2015.6.21) クリックすると大きめの絵になります
ミクロな世界を観察するのも、楽しいものです♪


[PR]
by chantake123 | 2015-07-19 06:21 | Comments(12)
古墳の濠にて
c0189013_3252366.jpg
ウチワヤンマ(2015.6.20/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
梅雨の晴れ間にトンボにでも出会えないかと、古墳の濠を歩いたときの写真です。
ウチワヤンマは、「ここは俺のなわばりだ!」と言っているようでした。


c0189013_3325342.jpg
コフキトンボ(2015.6.20/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
コフキトンボがたくさんいて、逃げないので広角レンズで近づいてみました。


c0189013_3354866.jpg
コシアキトンボ(2015.6.20/奈良県)
コシアキトンボはホバリングしながら卵を飛ばして、水草へ産卵していました。


c0189013_3394868.jpg
キタテハ(2015.6.20/奈良県)
キタテハはいつも春や秋にしか撮っていないので、夏型を撮るのは初めてでした。


c0189013_343509.jpg
ツバメ(2015.6.20/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
少し日が陰ると、とたんにツバメが低空飛行で餌を探し始めました。


c0189013_3463184.jpg
ツバメ(2015.6.20/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
あんなに速く飛んでいても、二羽で会話をしているように感じました。


c0189013_3484813.jpg
カワセミ(2015.6.20/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
帰り支度を始めたところで、カワセミが出てきたので延長戦となりました。


c0189013_351798.jpg
カワセミ(2015.6.20/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
遠くからの観察だったからか、気前よくダイビングを見せてくれました。


c0189013_3533828.jpg
カワセミ(2015.6.20/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
まだ幼鳥かなあと思いながら見ていましたが、一発で餌を咥えて上がってきました。


c0189013_3563420.jpg
カワセミ(2015.6.20/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
梅雨の時期は天気が安定しませんが、そんな状況をもろともせずトンボや鳥たちはたくましく活動しているようでした。
今年の梅雨はたくさん雨が降った気がします。そろそろ梅雨明けしてくれるでしょうか。


[PR]
by chantake123 | 2015-07-12 04:05 | Comments(10)
二上山の紅葉
c0189013_23563054.jpg
二上山の紅葉(2014.11.28 奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
二上山が紅葉に染まって美しい季節です。
當麻寺の東塔や仁王門と背後の二上山に風情を感じます。


c0189013_063492.jpg
オオアオイトトンボ(2014.11.22 奈良県)
池のほとりでは、オオアオイトトンボが健在でした。
時折、近くを通る小昆虫にとびかかって捕まえていました。


c0189013_0125267.jpg
オオアオイトトンボ(2014.11.22 奈良県)
アラカシの葉にとまって、夕方の西日に体を向けて温めているようでした。


c0189013_0251533.jpg
アキアカネ(2014.11.22 奈良県)
アキアカネもしばらく日向ぼっこした後で、元気よく飛んでいきました。


c0189013_0173376.jpg
モズ(2014.11.22 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
電線にとまるモズと目が会いました。


c0189013_020733.jpg
カワセミ(2014.11.22 奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
ふと池に目をやると、池の中央にカワセミさんが。
遠くからの観察でしたが、その美しさに息をのみました。

二日前には二上山麓でも雪が降りました。
季節は冬へとむかっていきますね。
[PR]
by chantake123 | 2014-12-08 00:33 | Comments(10)
赤とんぼと亀さん
c0189013_16145877.jpg
ノシメトンボ(2014.7月) クリックすると大きめの絵になります
今年出会った「赤とんぼ」を集めてみました。
トップバッターは、夏の雑木林で目の前にまで近づかせてくれたノシメトンボです。


c0189013_1620516.jpg
ノシメトンボ(2014.7月)
この頃はまだ体色がオレンジ色でした。


c0189013_16364973.jpg
ノシメトンボ(2014.10.4 奈良県 宇陀市)
先月に宇陀市の里山で見かけたノシメトンボは、赤褐色に色づいていました。


c0189013_172442.jpg
ノシメトンボ(2014.10.4 奈良県 宇陀市)
木の杭や草の上で日光浴していました。


c0189013_1755323.jpg
リスアカネ(2014.9月 奈良県 香芝市)
二上山の山麓で出会ったリスアカネは、ノシメトンボに比べて赤みが強いです。


c0189013_17111944.jpg
ミヤマアカネ(2014.8.7 長野県 松本市)
夏の上高地では、梓川にミヤマアカネを見ることができました。
ここ数年地元では見ていないのです。こちらでは減少が心配される赤とんぼです。


c0189013_17183228.jpg
クサガメ(2014.8月 奈良県)
今年はとんぼと一緒に亀さんにも出会うことが多かったのです。
夏はそそくさと池の奥へと隠れてしまったクサガメさん。


c0189013_173232100.jpg
クサガメ(2014.9月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
秋には池のほとりでクサガメさんが日光浴をしていました。



c0189013_17425316.jpg
クサガメ(2014.9月 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
しばらく傍で赤とんぼを撮影していると、ゆっくりと池の中へともぐっていきました。
[PR]
by chantake123 | 2014-11-15 18:01 | Comments(8)
お盆の岡山にて
c0189013_17461083.jpg
宇甘川(2014.8.14 岡山県 御津金川) クリックすると大きめの絵になります
お盆に祖母の家へ行きました。おばあちゃんが元気でいてくれることが何より嬉しいことです。
裏の宇甘川にかかる沈下橋を渡ってお墓参りしました。沈下橋は台風11号で流されたものが、前の日に復旧したところでした。


c0189013_17561266.jpg
ハグロトンボ(2014.8.14 岡山県 御津金川) クリックすると大きめの絵になります
沈下橋を渡って川沿いのお墓までの道にはハグロトンボがたくさん飛んでいました。



c0189013_18222267.jpg
ハグロトンボ(2014.8.14 岡山県 御津金川)
子供の頃から「おはぐろ」と呼んで、よく追いかけたものです。
今も変わらずたくさん飛んでいて、何だかほっとしました。



c0189013_18312613.jpg
キツネノカミソリ(2014.8.14 岡山県 御津金川) クリックすると大きめの絵になります
お墓の傍では、キツネノカミソリが咲き始めていました。この花はキツネ色よりずいぶん赤みが濃くて鮮やかです。



c0189013_18362351.jpg
キツネノカミソリ(2014.8.14 岡山県 御津金川)
こちらは幾分か赤みが弱め。まだまだ咲き始めでしたが、今頃はたくさん咲いてるかもしれません。



c0189013_18411587.jpg
ヒカゲチョウ(2014.8.14 岡山県 御津金川) クリックすると大きめの絵になります
フワフワと前を横切ったヒカゲチョウがササにとまりました。目玉模様の周りが水色でなぞられていて、地味にお洒落さんです。
この時は気づかなかったのですが、あとでPCで見てみると数枚撮影している間に、右上のカマキリが近づき始めていました。,
ヒカゲチョウは襲われずに済んだかな。あとで心配になりました。



c0189013_1849966.jpg
ツバメの雛たち(2014.8.14 岡山県 御津金川) クリックすると大きめの絵になります
祖母の家の駐車場では、毎年ツバメが子育てします。



c0189013_18525089.jpg
ツバメ(2014.8.14 岡山県 御津金川) クリックすると大きめの絵になります
そばの電柱に親ツバメがとまって心配そうにしています。



c0189013_185440100.jpg
ツバメ(2014.8.14 岡山県 御津金川) クリックすると大きめの絵になります
一羽の雛が巣立ったのか落ちちゃったのか、駐車場の入口付近の地面にとまっていたのでした。



c0189013_18581979.jpg
ツバメ(2014.8.14 岡山県 御津金川)
それでも、しばらく見ていると低空飛行してきた親がちゃんと餌を与えていました。頑張って無事巣立つんだぞ。

日程の都合で日帰りの帰省でした。
祖母に元気な顔を見せるつもりが、せわしく帰ってしまって申し訳なかったような。
おばあちゃん。いつまでも元気でいてくださいね。
[PR]
by chantake123 | 2014-08-26 19:08 | Comments(4)