タグ:昆虫:蜻蛉 ( 80 ) タグの人気記事
春日山散歩
c0189013_20591243.jpg
春日山散歩(2017.8.11 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
先月に奈良市写真美術館へ、開館25周年記念 入江泰吉「菊池寛賞受賞作品展」を見に行った時に、
ついでに春日山の柳生街道を少し散歩したときの写真です。

c0189013_21064563.jpg
シダの仲間(2017.8.11 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
沢沿いの斜面には、シダが密生して生えていました。

c0189013_21092969.jpg
春日山散歩(2017.8.9 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
苔むした林床に木漏れ日が差して綺麗でした。

c0189013_21171810.jpg
トノサマガエル(2017.8.11 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
細い水の流れがあって、トノサマガエルの仔ガエルがたくさんいました。

c0189013_21200841.jpg
ムラサキシジミ(2017.8.11 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
ちらほらと飛び出してきたのはムラサキシジミでした。

c0189013_21251211.jpg
ムラサキシジミ(2017.8.9 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
一度、陽だまりに現れたメスが綺麗なブルーを見せてくれました♪

c0189013_21272029.jpg
ウスバカゲロウの仲間(2017.8.11 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
トンボらしき虫が枝先にとまったので、ヤンマかな?と思って近づいてみると、
久しぶりに見るウスバカゲロウでした。

c0189013_21294778.jpg
オオシオカラトンボ(2017.8.11 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
この日はやけにかっこよく見えたオオシオカラトンボ。
シオカラトンボよりも暗めな環境を好むように思います。

c0189013_21341610.jpg
オオシオカラトンボ(2017.8.11 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
オオシオカラトンボの方がシオカラトンボより、少し骨太でワイルドな感じでしょうか(笑)

c0189013_21365699.jpg
オオシオカラトンボ(2017.8.9 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
このシダの葉の上がお気に入りのようで、何度も飛び立っては戻ってきていました。

c0189013_21383507.jpg
オオヨツスジハナカミキリ(2017.8.11 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
シダの上にはカミキリムシも鎮座していました。

撮影はできませんでしたが、サナエトンボの仲間や意外な蝶にも遭遇しました。
春日山はついでではなく、やはり、じっくりと歩きたいものですね。





[PR]
by chantake123 | 2017-09-17 21:46 | Comments(6)
小さな蓮田にて
c0189013_04583295.jpg
ハス(2017.7.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
近くの里山を訪れると、田んぼだった所が小さな蓮田になっていました。

c0189013_05093929.jpg
ハス(2017.7.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
つぼみが多かったですが、いくつか開花していました。

c0189013_05125836.jpg
ウチワヤンマ(2017.7.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
蓮の花を眺めていると、所々にトンボがとまっていることに気づきました。
蓮田の中央あたりには、自分のなわばりだとばかりにウチワヤンマが鎮座していました。

c0189013_05183521.jpg
シオカラトンボ(2017.7.26 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
シオカラトンボもちらほら飛んでいました。
水色眼鏡が綺麗だったので、アップで撮ってみました♪
ギンヤンマも飛んでいましたが、暑さに負けて飛翔撮影は断念しました(笑)

c0189013_05221891.jpg
雑木林(2017.7.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
雑木林でカブトムシやクワガタムシに出会えないかと期待していたのですが出会えずじまいでした。
樹液は出ていたので、夜に探しに来たら出会えそうですね。

c0189013_05272035.jpg
休憩所(2017.7.26 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
雑木林を抜けると、隠れ家のような休憩所がありました。
この日はうだるような暑さで撮影は早々に終了。
冷たい飲み物に生き返りました♪


[PR]
by chantake123 | 2017-08-06 05:31 | Comments(2)
近所で出会った生き物たち
c0189013_06222429.jpg
中干し(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
近所の田んぼではイネが青々と生長し、田んぼから水を全て抜いて乾燥させる「中干し」が始まっています。

c0189013_06291841.jpg
田植えの頃は…(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
こちらは一か月半ほど前に田植えがされた頃の写真です。イネの生長は本当に著しいです。

c0189013_06362565.jpg
アゲハチョウ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
それでは、この一か月半ほどで見かけた近所の生き物たちを紹介します。
アゲハチョウは、神社周辺の畑に柑橘類が植えられているので、常に発生しています。

c0189013_06415134.jpg
モンシロチョウ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
アゲハチョウと共に常に見られるのがモンシロチョウ。
炎天下でも道ばたの花で吸蜜していたりします。

c0189013_06444195.jpg
クヌギ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
いくつか生えているクヌギの木立の下では…

c0189013_06464766.jpg
ヒメジャノメ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
ひょこひょこと飛び回るヒメジャノメの可愛らしい姿があります。

c0189013_06482813.jpg
ヒメジャノメ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
この時はまだ朝でまったりとしていたようです。目の前まで近づかせてくれました。

c0189013_06532752.jpg
クチベニマイマイ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
木立の下は湿潤に保たれていて、クヌギの幹にはシダやコケ、カタツムリも見られました。

c0189013_06564356.jpg
コミスジ(2017.6.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
林縁をスー、スーと旋回していたのはコミスジでした。

c0189013_06590323.jpg
コミスジ(2017.6.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
自宅周辺は、点在する神社にしか林のような環境がないのですが、そのような場所でたくましく発生してくれています。

c0189013_07080084.jpg
生垣(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
生垣に植えられているのは、おそらくシモツケの仲間。

c0189013_07122179.jpg
ホシミスジ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
その植栽されたシモツケやユキヤナギで発生するようになったのがホシミスジです。
最近はコミスジよりも見かけることが多いです。

c0189013_07145803.jpg
イチモンジセセリ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
7月も後半になりイチモンジセセリも出てきました。

c0189013_07174977.jpg
オニユリ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
神社に植えられているオニユリの花は早くも終盤です。

c0189013_07193342.jpg
キツネノカミソリ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
昨年に続いてキツネノカミソリの花に出会うことができました。

c0189013_07210231.jpg
ニイニイゼミ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
飛鳥川沿いの桜並木では、ニイニイゼミのチーーーーーという鳴き声が響いています。

c0189013_14162440.jpg
ショウリョウバッタ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
田んぼ脇の草地では、ショウリョウバッタが成虫へと成長していました。

c0189013_14180887.jpg
セスジイトトンボ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
飛鳥川で見かけたセスジイトトンボ。

c0189013_14201500.jpg
アオモンイトトンボ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
田んぼ脇で見られた雌のアオモンイトトンボは見慣れない色で迷いました。

c0189013_14221165.jpg
ハグロトンボ(2017.6.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ハグロトンボは今年だけで3度見かけているので、家の近所で定着していると思います。
飛鳥川で羽化した後、神社の林や公園の木立へと移動して生活しているようです。

c0189013_14255443.jpg
ハグロトンボ(2017.6.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
葛の葉の上でポーズを決めてくれました!
隣の市でも見かけたので、個人的には増加傾向にあると感じています。
そのうち奈良盆地の平野部の河川で普通に見られるようになるのではないかと楽しみにしています。






[PR]
by chantake123 | 2017-07-24 14:28 | Comments(4)
川沿いの道を歩く 3

c0189013_02475249.jpg
アオハダトンボ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
久しぶりにアオハダトンボに出会うことができました。

c0189013_02591182.jpg
アオハダトンボ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
時折翅を広げるときに、半透明に透き通る翅が美しいです。

c0189013_03051432.jpg
アオハダトンボ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
こちら側へ飛んできて、近くから観察させてくれました。

c0189013_03025437.jpg
アオハダトンボ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
この日は数匹のアオハダトンボがとまっているのを見ることができました。

c0189013_03130540.jpg
カワトンボの仲間(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
1匹だけいたカワトンボです。オレンジ色の翅がきれいでした。

c0189013_03163462.jpg
イシガケチョウ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
水辺では蝶たちが吸水に降りてきていました。

c0189013_04160071.jpg
イシガケチョウ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
アオハダトンボとは反対に、時折翅を閉じます。

c0189013_04071872.jpg
イシガケチョウ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
石垣模様というんですかね。本当に複雑な模様ですね。

c0189013_04183516.jpg
スジグロシロチョウ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM
アオハダトンボを撮っているときは水辺の花で吸蜜していたスジグロシロチョウも、
夕刻となりそろそろおやすみのようでした。

c0189013_04245565.jpg
ルリシジミ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ルリシジミやテングチョウも水辺で吸水していました。

c0189013_04264142.jpg
ルリシジミ(2017.5月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
葉の上に上がると、美しいブルーの表翅を見せてくれたのでした。










[PR]
by chantake123 | 2017-06-17 04:35 | Comments(6)
日向ぼっこ
c0189013_213299.jpg
午後の里山(2016.11.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
仕事帰りに職場近くの里山を歩きました。
南向きの斜面にはお日様が当たって暖かかったのです。


c0189013_2194468.jpg
アカタテハ(2016.11.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
そんな斜面では、アカタテハが飛び出して来て、翅を広げてくれました。


c0189013_21162571.jpg
アキアカネ(2016.11.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
コンクリートの上ではアキアカネが日向ぼっこしていました。


c0189013_21205798.jpg
アキアカネ(2016.11.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
この辺りではアキアカネがたくさん日向ぼっこしていて、
何だか子供の頃、家の近くで見た光景を思い出すような、懐かしい光景でした。


c0189013_21251117.jpg
コウヤボウキ(2016.11.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
日陰ではコウヤボウキがたくさんの花をつけていました。


c0189013_21263959.jpg
ノコンギク(2016.11.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
道ばたでは淡紫色の野菊が美しかったです。
[PR]
by chantake123 | 2016-11-20 21:28 | Comments(10)
復活の水辺
c0189013_5443190.jpg
水草に覆われた水辺(2016.10月 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
先月に訪れた水辺です。水面がびっしりと水草で覆われています。
ここでは4~3年前に護岸工事が行われた時に岸部の土砂がかく乱されて、
そこに生えていた植物が減ったり、水辺を覆う植物が減ったりしていたのです。


c0189013_5592488.jpg
ヒシの花(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
岸部の植物も少し増えてきていて、水面に浮くヒシが白い花を咲かせていました。


c0189013_73170.jpg
ムスジイトトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
水草の上をイトトンボがたくさん飛び交っていました。


c0189013_79557.jpg
ムスジイトトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
このイトトンボは、家の近くの用水路に棲むセスジイトトンボと一見そっくりですが、
眼の後ろの模様や胸の模様から判断して、ムスジイトトンボかなあと思っています。


c0189013_7151095.jpg
シオカラトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
岸部ではシオカラトンボがペアになって移動中でした。


c0189013_718340.jpg
ショウジョウトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
真っ赤に色づいたショウジョウトンボも見られました。


c0189013_7212580.jpg
ショウジョウトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
夏のトンボというイメージですが、まだまだ10月に入っても元気そうでした。


c0189013_724174.jpg
ナニワトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
岸部の林では嬉しい出会いがありました。
日陰の枝にちょこんととまる青いトンボ。


c0189013_835797.jpg
ナニワトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
全身青灰色の粉を吹いていますが、実は赤トンボの仲間であるナニワトンボです。


c0189013_8103714.jpg
ナニワトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
産卵場所が岸部に露出する地面のため、護岸工事で岸部がかく乱された後、見られなくなっていたのです。
日本特産種で、秋に水落しの行われ岸部が露出するため池がたくさんある瀬戸内海周辺に限って分布します。


c0189013_8282472.jpg
ナニワトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS クリックすると大きめの絵になります
自分としては4年ぶりにたった1匹ですがナニワトンボに出会えたことがとても嬉しかったです。
この水辺を必要とするトンボたちが、これからもここで命を繋いでゆけることを切に願います。
[PR]
by chantake123 | 2016-11-06 08:37 | Comments(16)
赤トンボたちの池
c0189013_7242720.jpg
赤トンボたちの池(2016.10.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
赤トンボたちを見に、山間部の池を訪れました。


c0189013_7412699.jpg
アキアカネ(2016.10.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
池の周りを歩き始めると、間もなく赤トンボたちに出会えました。
アキアカネは、今年地元の田んぼでも観察していますが、ここでも元気。


c0189013_7341114.jpg
アキアカネ(2016.10.10 奈良県, IXY610F
私のシャツにとまって日向ぼっこを始めました。
私たち以外にも、捕虫網をもった子どもさんが赤トンボを追いかけられるくらい、
そこかしこに赤トンボが見られました。


c0189013_729107.jpg
ナツアカネ(2016.10.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
さっきのアキアカネのとなりにいたのですが、きっとこちらはナツアカネの雌。
雌の色合いはそっくりなので、胸の模様で判別していますが、少し自信がありません(笑)


c0189013_7482250.jpg
ナツアカネ(2016.10.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
真っ赤に染まるのはナツアカネの雄。
ナツアカネはアキアカネと共に子供の頃は地元の田んぼでもよく見たものなのですが。
ここでは、こうして見られるのでほっとします。


c0189013_756147.jpg
ノシメトンボ(2016.10.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
翅の先が黒いのはノシメトンボ。


c0189013_7575717.jpg
ノシメトンボ(2016.10.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
この池ではノシメトンボが多くて、この季節に訪れると必ず姿を見せてくれます。


c0189013_821021.jpg
マユタテアカネ(2016.10.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
翅の先が黒くて小形の種類は、マユタテアカネの雌。
葉っぱに映る翅の模様が風でゆらゆらと揺れて面白かったです。


c0189013_853996.jpg
ヒメアカネ(2016.10.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
顔面が真っ白な小形の種類はヒメアカネ。
湿地状の場所を好む赤トンボです。


c0189013_894252.jpg
マイコアカネ(2016.10.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
顔面が青白い小形の種類はマイコアカネ。


c0189013_813548.jpg
マイコアカネ(2016.10.10 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
青白い顔と赤い体を「京の舞妓」に見立てて名づけられています。


c0189013_8161898.jpg
マイコアカネ(2016.10.10 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
可愛いらしい赤トンボも実はハンター。
素早くとびかかって小昆虫を捉えて捕食します。


c0189013_8202195.jpg
マイコアカネ(2016.10.10 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
捕食を終えて”どや顔"のマイコアカネ。
口をいっぱい開けて食べた直後だからか、口が何だか散らかってますね(笑)


c0189013_8254738.jpg
ルリタテハ(2016.10.10 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
キビキビと飛んできて、近くの葉上にとまったのはルリタテハ。


c0189013_8273247.jpg
ルリタテハ(2016.10.10 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
この日は朝から良い日和で、蜻蛉だけでなく蝶も気持ちよさそうでした。


c0189013_8293295.jpg
マイコアカネ(2016.10.10 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM
帰り際に交尾中のマイコアカネのペアにも出会うことができました。
これからもずっと、赤トンボたちがたくさん飛び回る池であってほしい。
赤トンボたちに遊んでもらって、元気をもらって帰りました。
[PR]
by chantake123 | 2016-10-23 08:39 | Comments(12)
色づく田んぼと赤とんぼ
c0189013_1116539.jpg
色づく田んぼ(2016.10.15 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
近所の田んぼでも、先週あたりから稲刈りが始まっています。


c0189013_11194985.jpg
稲穂(2016.10.15 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
稲穂もしっかり実っています。


c0189013_11214145.jpg
朝露(2016.10.15 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
稲穂に朝露が付いてキラキラと輝いていました。


c0189013_11232421.jpg
モンキチョウ(2016.10.15 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
このモンキチョウは稲穂にとまって朝を迎えたようです。


c0189013_1125630.jpg
モンキチョウ(2016.10.15 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
翅にもたくさん朝露がついていました。
翅にめいっぱい朝陽を当てて、体を温めているように見えました。


c0189013_11282682.jpg
カワセミ(2016.10.15 奈良県, EOS 7D,EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
カワセミどこにいるか分かりますか(笑)
細い水路に飛び込んで、しっかり小魚を捕まえていました。


c0189013_11322029.jpg
コシアカツバメ(2016.10.15 奈良県, EOS 7D,EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
こちらはピントが合わなくて、小さな写真で(涙)
コシアカツバメが5羽ほど、田んぼの上を飛んで盛んに餌を求めていました。


c0189013_11354253.jpg
アキアカネ(2016.10.8 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
この田んぼでは前の週に赤とんぼに出会うことができました。
背景の田んぼも1週間違うと色づき具合が違いますね。


c0189013_11392197.jpg
アキアカネ(2016.10.8 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
胸の模様からみて、雌のアキアカネのようでした。


c0189013_11413198.jpg
アキアカネ(2016.10.8 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
ほんの半月前まではウスバキトンボが群れて飛んでいたのに、
この日見かけたのは5匹ほどの赤とんぼ。
カップルで連結飛翔しているものもいました。


c0189013_11442873.jpg
アキアカネ(2016.10.8 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
夏に吉野の渓谷でも出会いましたが、やはり地元で出会えるとほっとします。


c0189013_11481524.jpg
アキアカネ(2016.10.8 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
私が子供の頃に比べてめっきり減ってしまった赤とんぼ。
この田んぼでも子孫を残して、これからも元気な姿を見せてほしいものです。


c0189013_1151489.jpg
アオサギとハシボソガラス(2016.10.8 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
水の抜かれた田んぼでは、残った水たまりや浅い水路に魚たちが取り残されます。
そんな餌場を鳥たちはよく知っています。


c0189013_11533743.jpg
ノビタキ(2016.10.8 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II トリミング クリックすると大きめの絵になります
渡ってきたノビタキたちが鳴き交わす姿や…


c0189013_11574657.jpg
キジバト(2016.10.8 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
連れ立って餌をついばむキジバトに癒されて、田んぼをあとにするのでした。
[PR]
by chantake123 | 2016-10-15 12:03 | Comments(10)
ギンヤンマ
c0189013_3581449.jpg
ワレモコウの咲く池(2016.8.17 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
ワレモコウの咲く池では、ギンヤンマが産卵の季節を迎えていました。


c0189013_48623.jpg
ギンヤンマ(2016.8.17 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
池にそってギンヤンマが行ったり来たりしていたので、久しぶりに飛翔写真に挑戦してみました。


c0189013_4164095.jpg
ギンヤンマ(2016.8.17 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
連結飛翔していたペアが水草に降りてきて産卵が始まりました。


c0189013_419321.jpg
ギンヤンマ(2016.8.17 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
メスは尾を水中に沈めて水草に産卵していました。


c0189013_424178.jpg
クロイトトンボ(2016.8.17 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
ギンヤンマの傍では、クロイトトンボもペアになって産卵の季節を迎えていました。


c0189013_4265162.jpg
チョウトンボ(2016.8.17 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
ひらひらとワレモコウに降りてきたチョウトンボ。


c0189013_4281166.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2016.8.17 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
笹の葉の上では、ヒメウラナミジャノメもペアになっていました。


c0189013_4302220.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2016.8.17 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
蜻蛉も蝶も次の世代へと命をつないでいるのですね。


c0189013_4333450.jpg
コバノギボウシ(2016.8.17 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
池の周りには薄紫のギボウシの花。


c0189013_435182.jpg
マルバハギ(2016.8.17 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
可憐な萩の花に秋の訪れを感じました。
[PR]
by chantake123 | 2016-09-25 04:37 | Comments(0)
稲の出穂
c0189013_439188.jpg
稲にとまるセスジイトトンボ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM クリックすると大きめの絵になります
田んぼの稲がどんどん穂を伸ばし始めています。


c0189013_4425786.jpg
稲にとまるセスジイトトンボ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM クリックすると大きめの絵になります
出穂し始めた稲にセスジイトトンボが何匹もとまっていました。


c0189013_445224.jpg
セスジイトトンボ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
緑色をしたセスジイトトンボのメスです。


c0189013_4465522.jpg
セスジイトトンボ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
水色をしたセスジイトトンボのオスも見られました。


c0189013_448848.jpg
セスジイトトンボ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
雲間からお日様が射すと、稲についた水滴が光ってきれいでした。


c0189013_4502418.jpg
ウスバキトンボの群れ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
ふと空を見上げると、頭上をウスバキトンボの群れが飛んでいました。


c0189013_452779.jpg
ウスバキトンボの群れ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
ふわふわと飛んでいるのですがカメラで捉えるのは案外難しくて、トンボ達は小さくしか写せませんでした。


c0189013_4545267.jpg
秋空(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
何だか空の雲も秋っぽくなってきたような。


c0189013_456363.jpg
シオカラトンボ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
まだまだ元気なシオカラトンボ。


c0189013_4574625.jpg
ヤマトシジミ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
草むらから飛び出した小さな蝶はヤマトシジミでした。


c0189013_4591145.jpg
ショウリョウバッタ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
枯草にそっくりな茶色のショウリョウバッタ。


c0189013_503983.jpg
エビの仲間(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
田んぼ付近の水辺をのぞくと、小形のエビが歩いていました。


c0189013_521982.jpg
ハゼの仲間(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
小さなハゼのような小魚もいました!
水中に棲む生き物たちについても知らないことばかりです。


c0189013_543468.jpg
メダカ(2016.8.25 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
メダカだと思うのですが、外来種のカダヤシかもしれません。
水中に棲む生き物の中にもどんどん外来種が入って来ているので、注意深く見ていきたいと思います。


[PR]
by chantake123 | 2016-09-11 05:06 | Comments(6)