タグ:昆虫:タテハチョウ科 ( 78 ) タグの人気記事
ヒョウモンチョウの仲間達
今年も少し山の方で、ヒョウモンチョウの仲間をみる機会がありました。
c0189013_643923.jpg

ミドリヒョウモン(2009.6.21/奈良県 橿原市 トリミング)
後ろの翅の裏側が、緑と白の縞模様になるので、この名前がついています。


c0189013_6492439.jpg

ミドリヒョウモン(2009.6.27/奈良県 五條市)
ミドリヒョウモンの翅の表側は濃いオレンジ色でとても綺麗です。
先月末には、山の方ではまだウツギの花が咲いていて、
そこへたくさんのヒョウモンチョウがやってきていました。


c0189013_6574796.jpg

クモガタヒョウモン(2008.6月/奈良県 五條市)
今年は写真が撮れなかったので、去年の写真で。
後ろの翅の裏側が、もやっと雲がかかったようになるので、この名前がついています。


c0189013_705797.jpg

ウラギンヒョウモン(2009.6.27/奈良県 五條市)
2年ぶりに、きびきびと飛ぶこの蝶にも出会うことができました。


c0189013_733084.jpg

ウラギンヒョウモン(2009.6.27/奈良県 五條市)
後ろの翅の裏側に、銀白色の斑点がちりばめられるので、この名前がついています。


c0189013_76251.jpg

ウラギンヒョウモンとミドリヒョウモン(2009.6.27/奈良県 五條市)
蜜をめぐって追いかけあいをしていました♪
初夏の晴れ間に、ヒョウモンチョウ達が飛び回り、傍ではカッコウやウグイスが鳴いていました。
[PR]
by chantake123 | 2009-07-19 07:14 | Comments(2)
端黒豹紋
c0189013_2111012.jpg

ツマグロヒョウモン(2007.8月/奈良県 高取町)
子供のとき、初めて幼虫から飼育した蝶がツマグロヒョウモンでした。
オレンジの地色に豹のような黒い斑紋のある美しい蝶です。
この仲間の多くは、幼虫のときスミレを食べます。
それゆえか、スミレの花にも豹紋蝶にも、すごく思い入れがあります♪


c0189013_21184370.jpg

ツマグロヒョウモン(2009.6.21/奈良県 橿原市)
産卵しに地面に下りてきたメス。
ツマグロとは、メスの翅の先が黒いところに由来します。
毎年、職場のパンジーには、産卵に来るメスや幼虫をたくさん見ることができます。


c0189013_21294218.jpg

メスグロヒョウモン(2008.10月/奈良県 五條市)
こちらは、去年の秋に見かけたメスグロヒョウモン。メスの翅が全体的に黒くなります。
豹紋蝶のなかの”黒豹”ですね!


c0189013_21365196.jpg

メスグロヒョウモン(2008.10月/奈良県 五條市)
このときは、ヒノキの高い幹の部分に産卵を始めました!
種類によって産卵場所は全然違うのですね。
[PR]
by chantake123 | 2009-07-15 21:41 | Comments(6)
丹生川にて。 その2
c0189013_5315679.jpg

ニホンイシガメ(2009.6.1/奈良県 下市町)
川辺の石の上で気持ちよさそうに日光浴していました♪
このような流れのある川にカメを見つけて、少しびっくりしました。


c0189013_5421647.jpg

ムカシヤンマ(2009.6.1/奈良県 下市町)
かつては広く分布していた古型が遺存して、現在は世界に10種だけ知られるそうです。
吉野では初めて見かけました。白いところにとまるのが好きなようで、川の近くの電柱に
とまってました。数回、蝶に飛びかかりましたが、また戻ってきていました。


c0189013_5521438.jpg

イチモンジチョウ(2009.6.1/奈良県 下市町)
川辺を元気よく飛んでいました。人懐っこくて、レンズにとまったり腕にとまったり。
なんとか離れて撮りました(笑)


c0189013_556079.jpg

アサマイチモンジ(2009.5.17/奈良県 下市町)
翅にはしる白い一本のラインが、微妙に違います。まったく同じ場所に2種類とも
棲んでいました。
[PR]
by chantake123 | 2009-06-30 06:02 | Comments(6)
谷沿いの林道にて
この日は、近くの山の谷沿いの林道を訪れました。
c0189013_1975625.jpg

サカハチチョウ(2009.4.18)
ヤマブキの花を眺めていると、1匹のサカハチチョウがスーっと葉に止まりました。
しばらく午後の光を浴びたあと、またどこかへ飛び去っていきました。


c0189013_1917531.jpg

ムラサキケマン(2009.4.18)
道沿いの草地にはムラサキケマンが顔をだしていました。


c0189013_19175263.jpg

イチリンソウ(2009.4.18)
今年はじめてみたイチリンソウ。ニリンソウも咲き始めていました。


c0189013_19223282.jpg

ニリンソウ(2009.3.22)
この日は撮らなかったので、先月見かけたニリンソウ。
この谷も、もうすぐ春の花で彩られます。
[PR]
by chantake123 | 2009-04-24 19:25 | Comments(6)
山麓の春
c0189013_21285216.jpg

新緑(2009.4.12/奈良県 御所市)
桜の花が散り始めると、さまざまな色の若葉が
山麓を彩り始めました。


c0189013_21383028.jpg

シロバナショウジョウバカマ(2009.4.5/奈良県 御所市)
滝の横で1輪咲いていました。


c0189013_2143295.jpg

アカタテハの産卵(2009.4.12/奈良県 御所市)
道端にひらりと舞い降りたアカタテハ。間もなく産卵し始めました。
よくみると、何個か卵が写ってました!
[PR]
by chantake123 | 2009-04-17 21:48 | Comments(4)
春の訪れ その1
c0189013_1941863.jpg

モンシロチョウ(2009.3.21 トリミング)
今年は、春の訪れが早まっているように感じます。
今日は、春を探しに、
いつもより少し遠くへ出かけました。
里山では、モンシロチョウが飛びまわっていました。


c0189013_19102925.jpg

キタテハ(2009.3.21)
キタテハも気持ちよさそうに、
日向ぼっこをしています。
写真を撮っていると、ふと声をかけられました。
この地域の植物を、長年にわたって調べて、
見守っていらっしゃる方のようで、
この里山に見られる植物について、
たくさん教えていただいて、実際に見せていただきました。
今日という日が、本当にかけがえのない1日となりました。 
[PR]
by chantake123 | 2009-03-21 19:23 | Comments(5)
ナメクジじゃないよ!!ゴマダラチョウの幼虫。
c0189013_2318992.jpg

ゴマダラチョウの幼虫(2009.2.11/奈良県 五條市)
ゴマダラチョウの幼虫は、エノキの葉を食べて育ちます。
エノキの木が葉を落とす冬の時期は、木から下りて、
木の根元にある落ち葉にくっついて、落ち葉になりきってます!!
若葉の出る4月になると、また、木を上っていきます。


c0189013_23284950.jpg

ゴマダラチョウとカナブン(2008.7.20/奈良県 五條市)
無事、生き延びて成虫になるのは、本当に大変なのでしょうが、
今年の夏に、元気に雑木林を飛び回ってほしいものです。
[PR]
by chantake123 | 2009-02-12 23:40 | Comments(6)
アサギマダラ
c0189013_21561899.jpg

アサギマダラ(2008.10.18/奈良県 斑鳩町)
春に北上し、秋に南下する渡り蝶。
この写真は、昨年秋撮ったもの。
ふわー、ふわーっと滑空したあと、笹の葉にとまりました。
この蝶の子孫は、今、南の島で命を繋いでいるのでしょうか。
[PR]
by chantake123 | 2009-01-30 22:42 | Comments(4)