タグ:昆虫:タテハチョウ科 ( 79 ) タグの人気記事
初夏の蝶たち
梅雨に入ってからも、ずっと良い天気が続きました。
初夏の日差しを浴びながら、色とりどりの蝶たちが飛び交う季節です。
c0189013_7145281.jpg
ヤナギの仲間(2013.5.25/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
林の小路を抜けると、大きな柳の木がたくさんの綿毛を飛ばしていました。


c0189013_7191340.jpg
コムラサキ(2013.5.25/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
葉の上に陣取っているのは、柳の葉を食樹とするコムラサキです。


c0189013_7221533.jpg
コムラサキ(2013.5.25/奈良県)
時折、樹冠を飛び回りながら、青く輝く表翅をちらちらと見せてくれました。


c0189013_7281196.jpg
ヒオドシチョウ(2013.6.8/奈良県)
ウツギの花に誘われてやってきたのは、鮮やかな朱色のヒオドシチョウです。


c0189013_732718.jpg
ヒオドシチョウ(2013.6.1/大阪府) クリックすると大きめの絵になります

今年はこの時期に何度も見かけて、日光浴に翅を全開させると、本当に美しい色合いです♪


c0189013_7362667.jpg
サトキマダラヒカゲ(2013.5.25/奈良県)
林の日陰でちょこんととまっているのは、サトキマダラヒカゲです。


c0189013_7383764.jpg
アサマイチモンジ(2013.5.25/奈良県)
アサマイチモンジは、ずっと近寄らせてくれなかったくせに、急に至近距離にやって来てくれて近すぎました(笑)


c0189013_741537.jpg
ベニシジミ(2013.6.8/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
ベニシジミは朝日を浴びながら、気持ちよさそうに翅を広げるのです♪


c0189013_7445745.jpg
ベニシジミ(2013.6.8/奈良県)
光の当たる角度が変わるにつれて、オレンジの渋い輝きを見せてくれました。


c0189013_7484373.jpg
ツバメシジミ(2013.6.8/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
クズの葉に舞い降りたのは、青色の美しいツバメシジミ。


c0189013_7513910.jpg
ツバメシジミ(2013.6.8/奈良県)
私の足元に飛んできて、近くから輝く翅を見せてくれました♪


c0189013_7544562.jpg
シロツメクサ(2013.5.25/奈良県)
辺りの草はらには、たくさんのクローバー。


c0189013_7564023.jpg
田んぼと柳の林(2013.5.25/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
蝶たちの飛び交う朝の林では、ゆったりと時間が流れていました。
[PR]
by chantake123 | 2013-06-16 08:02 | Comments(10)
柿 長元坊 殿様飛蝗
c0189013_20385172.jpg
秋深まる川沿いの道(2012.10.27 奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
近所の川沿いの道では、畑でたくさんの柿が実っています。


c0189013_20493846.jpg
トノサマバッタ(2012.10.27 奈良県 田原本町)
川沿いの道を歩くと、大きなバッタが飛び出してきました。近所にもトノサマバッタがいるものなのですね。


c0189013_20531488.jpg
チョウゲンボウ(2012.11.3 奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
バッタを狙って猛禽類もやってきていました。去年の冬以来、約1年ぶりに見るチョウゲンボウでした。


c0189013_20592899.jpg
チョウゲンボウ(2012.11.3 奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
電線の上から狙いを定めると静かに出撃!


c0189013_2115180.jpg
チョウゲンボウ(2012.11.3 奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
この写真の直後に、見事にバッタを捕まえていました。


c0189013_2181187.jpg
モズ(2012.10.27 奈良県 田原本町)
この他にも餌探しに余念の無い鳥たちの姿がありました。稲刈りの終わった田んぼでは、モズが餌を探していました。


c0189013_21132860.jpg
ハクセキレイ(2012.10.27 奈良県 田原本町)
川沿いの道からは、川辺の葦にとまるハクセキレイと目が合いました。


c0189013_21163249.jpg
イソシギ(2012.10.27 奈良県 田原本町)
日光浴するミシシッピアカミミガメの横でシギが水中の獲物を狙っていました。胸の模様からイソシギのようです。


c0189013_215437.jpg
ツマグロヒョウモン(2012.11.3 奈良県 田原本町)
暖かな日差しのなか、蝶たちにも出会うことができました。
柿の木の下には、ツマグロヒョウモンのメスが舞い降りて柿の落ち葉にとまりました。


c0189013_2122408.jpg
ノジスミレ(2012.11.3 奈良県 田原本町)
柿の木の下には、たくさんの菫が自生していて、春だけでなくこの季節にも花を咲かせます。


c0189013_2127524.jpg
ツマグロヒョウモン(2012.11.3 奈良県 田原本町)
ツマグロヒョウモンの幼虫は菫の葉を食べて育つので、
ツマグロヒョウモンのメスが二匹やって来ていて、菫の近くにさかんに産卵を繰り返していたのでした。


c0189013_21304733.jpg
キタテハ(2012.11.3 奈良県 田原本町)
熟れた柿の実にはキタテハが汁を吸いにやってきていて、草むらに下りてきました。


c0189013_21325870.jpg
キタテハ(2012.11.3 奈良県 田原本町)
翅を閉じるとハッとさせられました。厳しい冬を鳥などに食べられないで乗り越えていくために、翅の裏は見事な枯葉模様になっているのですね。


c0189013_21374147.jpg
ヤマトシジミ(2012.10.27 奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
畑で日光浴をするヤマトシジミは、翅の白みがかったブルーが美しかったです。


c0189013_21413493.jpg
ベニシジミ(2012.10.27 奈良県 田原本町)
ベニシジミも翅にめいっぱい日光を浴びて気持ちよさそうでした♪


c0189013_21441672.jpg
モンシロチョウ(2012.10.27 奈良県 田原本町)
アキノノゲシではモンシロチョウが夢中になって蜜を吸っていました。

この一週間で一気に寒さが増してきました。そろそろ今シーズンの蝶観察は終わりになるかもしれませんね。
[PR]
by chantake123 | 2012-11-18 21:50 | Comments(6)
憧れの白馬岳 その5
c0189013_6175718.jpg
ミソガワソウとオニシモツケ(2012.8.25 長野県白馬村) クリックすると大きめの絵になります
葱平を越えて、避難小屋から白馬岳頂上宿舎までの間は、”斜面が全てお花畑”と言えるような大規模なお花畑が広がっていました。


c0189013_6272863.jpg
ミヤマトリカブトとミヤマアキノキリンソウ(2012.8.25 長野県白馬村) クリックすると大きめの絵になります
斜面ごとに花の種類が違って、この斜面はトリカブトで紫色に染まっていました。


c0189013_6342495.jpg
お花畑(2012.8.25 長野県白馬村) クリックすると大きめの絵になります
セリ科の白い花はオオカサモチでしょうか。上の稜線までびっしりと白い花が咲き揃っていました。


c0189013_6385985.jpg
お花畑と羊背岩(2012.8.25 長野県白馬村) クリックすると大きめの絵になります
羊背岩には、かつてここに氷河が存在した証拠の氷河擦痕が筋状に残っています。
その巨岩のまわりを覆い尽くすように、お花畑が広がっていました。


c0189013_6464565.jpg
シロウマアサツキ(2012.8.25 長野県白馬村)
お花畑のなかで、一度だけシロウマアサツキの紅紫色の花を見ることができました。
食用に栽培されるアサツキの高山型で、名前に発見地の白馬を冠しています。


c0189013_6525771.jpg
ミヤマダイコンソウ(2012.8.25 長野県白馬村) クリックすると大きめの絵になります
避難小屋近くの水場にだけ咲き残っていました。


c0189013_655124.jpg
ハクサンフウロ(2012.8.25 長野県白馬村) クリックすると大きめの絵になります
所々にピンクの彩を添えてくれるハクサンフウロ。大好きな花です。


c0189013_6574164.jpg
オタカラコウ(2012.8.25 長野県白馬村) クリックすると大きめの絵になります
稜線近くまで登ると、このオタカラコウがたくさん見られました。


c0189013_6592942.jpg
クルマユリ(2012.8.25 長野県白馬村) クリックすると大きめの絵になります
登山道のすぐ傍にクルマユリがたくさん咲いていて感激でした♪


c0189013_723345.jpg
イブキジャコウソウ(2012.8.25 長野県白馬村)
岩にしがみつくように、小さなピンク色の花を咲かせていました。


c0189013_742377.jpg
オノエリンドウ(2012.8.25 長野県白馬村)
今まで見たことのない形をしたリンドウ。初めてみるオノエリンドウでした。


c0189013_782475.jpg
コウメバチソウ(2012.8.25 長野県白馬村)
白馬岳ではウメバチソウの仲間が3種類棲み分けていて、稜線付近に生えるのはコウメバチソウだそうです。


c0189013_7233293.jpg
クジャクチョウ(2012.8.25 長野県白馬村) クリックすると大きめの絵になります
そして、お花畑では今回の登山で期待していた蝶に出会うことができました。登山道へ吸水に下りてきたクジャクチョウです。


c0189013_7265884.jpg
クジャクチョウ(2012.8.25 長野県白馬村)
この蝶を見るのは、大学生時代の北海道旅行で釧路湿原を訪れたとき以来です。
深紅の翅をを思う存分見せつけてくれました。


c0189013_7352326.jpg
クジャクチョウ(2012.8.25 長野県白馬村)
ぶつかりそうなくらいまでレンズを近づけても逃げませんでした。
翅の裏は黒っぽい細かい模様で覆われていました。


c0189013_7324888.jpg
クジャクチョウ(2012.8.25 長野県白馬村)
この場所が気に入ったようで、私が立ち去るまでずっと同じ場所を飛び回っていました。
少し翅は傷んでましたが、元気に美しい姿を見せてくれてありがとう♪


c0189013_7455621.jpg
頂上宿舎(2012.8.25 長野県白馬村)
やっと稜線上の頂上宿舎が見えてきました。けっこう疲れてきていましたが、いろいろな生き物に元気をもらって、ここまで無事登って来れました。
宿泊した白馬山荘や白馬岳山頂までも、もう少しです。
[PR]
by chantake123 | 2012-10-21 07:54 | Comments(10)
憧れの白馬岳 その4
c0189013_1912213.jpg

葱平(2012.8.25 長野県白馬村)
大雪渓が終わり、岩場のジグザグ道にかかったあたりが葱平(ねぶかっぴら)です。
「葱」とは、葱平の岩陰に、淡いピンクの小さな葱といった感じのシロウマアサツキの花が咲いていることに由来するようです。


c0189013_19314038.jpg

葱平(2012.8.25 長野県白馬村)
雪渓の横には巨大な岩がありました!


c0189013_19382320.jpg

葱平(2012.8.25 長野県白馬村)
急斜面にも雪渓があり、その横をゆっくり登っていきました。


c0189013_19405154.jpg

葱平(2012.8.25 長野県白馬村) クリックすると大きめの絵になります
岩場を登りつつ振り返ると、大雪渓をはるか下に見ることができました。


c0189013_1950530.jpg

杓子岳(2012.8.25 長野県白馬村) クリックすると大きめの絵になります
小雪渓の向こうに杓子岳を見ながら登っていきました。


c0189013_19572890.jpg

タカネナデシコ(2012.8.25 長野県白馬村) クリックすると大きめの絵になります
葱平でもさまざまなお花を見ることができました。初めて出会ったタカネナデシコは、平地で見るカワラナデシコよりも花びらが細長く伸びていました。


c0189013_202316.jpg

イワオウギ(2012.8.25 長野県白馬村)
イワオウギは白い花を咲かせて群生していました。家に帰ってから、
似た花のタイツリオウギやシロウマオウギも咲いていたことに気づきました。登る前に勉強しておけば区別できたでしょうか。


c0189013_20115652.jpg

ミヤマトリカブト(2012.8.25 長野県白馬村)
岩場を登る途中あたりからトリカブトの花が現れはじめました。稜線までの間でたくさん見ることができました。


c0189013_20184965.jpg

カンチコウゾリナ(2012.8.25 長野県白馬村)
黄色の花をたくさん咲かせていたカンチコウゾリナは、写真のような礫地を好むようです。


c0189013_20275763.jpg

エゾムカシヨモギ(2012.8.25 長野県白馬村)
小さな淡紫色の花を何度か見ることができました。


c0189013_20311958.jpg

タカネイブキボウフウ(2012.8.25 長野県白馬村)
巨大な岩のあたりで咲いていました。セリ科の白い花はいくつもの種類があるので区別が難しいです。


c0189013_2035181.jpg

クロトウヒレン(2012.8.25 長野県白馬村)
クロトウヒレンは、去年の木曽駒ヶ岳以来1年ぶりの出会いでした。


c0189013_20374685.jpg

ミヤマクワガタ(2012.8.25 長野県白馬村) クリックすると大きめの絵になります
そして、お花のミヤマクワガタに出会うのは初めてでした。ピンクの模様が美しい花ですね♪


c0189013_20411580.jpg

キベリタテハ(2012.8.25 長野県白馬村) クリックすると大きめの絵になります
葱平ではもう一つ嬉しい出会いがありました。それは岩場にキベリタテハが舞い降りたことです。
程なくストローを岩に伸ばして吸いはじめました。ミネラルを補給していたのでしょうか。


c0189013_20454496.jpg

キベリタテハ(2012.8.25 長野県白馬村)
翅の裏は地味ですが、しばらくして翅を開閉させると美しい模様が見れました。
すぐ横を登山者が登っていきました。


c0189013_20533752.jpg

キベリタテハ(2012.8.25 長野県白馬村)
キベリタテハは奈良県では見られない蝶なので、間近に見られて嬉しかったです。
えんじ色に黄色のラインと青い斑点。しばし足をとめて、美しい姿を眺めていました。
[PR]
by chantake123 | 2012-10-06 21:01 | Comments(4)
大山 夏山登山道 その3
c0189013_7215834.jpg

ダイセンキャラボク(2012.8.14 鳥取県大山町) クリックすると大きめの絵になります
九合目あたりでは、特別天然記念物であるダイセンキャラボクの純林が一面に広がります。
道は木道となり、その上を登っていきます。


c0189013_7322039.jpg

ダイセンキャラボク(2012.8.14 鳥取県大山町)
幹が地面近くを這い、多雪や強風に適応しています。中部地方の山の上ならハイマツですが、
大山ではキャラボクなんですね。


c0189013_745690.jpg

ナンゴククガイソウ(2012.8.14 鳥取県大山町) クリックすると大きめの絵になります
キャラボク林の間には、お花畑が広がっていました。


c0189013_7491871.jpg

ナンゴククガイソウ(2012.8.14 鳥取県大山町)
花の見頃は過ぎていましたが、ナンゴククガイソウがたくさん花を咲かせていました。


c0189013_7541068.jpg

お花畑(2012.8.14 鳥取県大山町)
紫、ピンク、白。色とりどりの花が咲くお花畑でした。


c0189013_854237.jpg

ダイセンキャラボクとお花畑(2012.8.14 鳥取県大山町) クリックすると大きめの絵になります
広く続いているキャラボクとお花畑の壮大な風景は素晴らしかったです。


c0189013_8104192.jpg

ダイセンキャラボクとお花畑(2012.8.14 鳥取県大山町) クリックすると大きめの絵になります
振り返ると遠くまで木道が見えます。稜線の向こうには眼下に米子方面の街が見えます。
この写真には写ってはいませんが、弓ヶ浜や日本海まで見ることができました。


c0189013_8175571.jpg

お花畑(2012.8.14 鳥取県大山町) クリックすると大きめの絵になります
シシウドやサラシナショウマの咲く、白いお花畑もありました。


c0189013_8202766.jpg

アサギマダラ(2012.8.14 鳥取県大山町)
サラシナショウマの花にアサギマダラが舞い降りてきました。他の登山者が近づいてきたので「蝶を撮らせて下さい」と頼んだところ、
快く一緒に撮影タイムとなり、花と戯れる様子を撮ることができました。


c0189013_82616.jpg

アサギマダラ(2012.8.14 鳥取県大山町)
ナンゴククガイソウにもやってきました。この花がお気に入りのようで、傍を登山者が通り過ぎても夢中で蜜を吸っていました。


c0189013_832198.jpg

大山山頂(2012.8.14 鳥取県大山町)
無事、弥山の山頂に到着。2000年の地震で標高が低くなり、今は標高1709mだそうです。
ここでお昼ごはんとなりました。ペンションで頼んで、作ってもらったおにぎりがおいしかったです。


c0189013_8401932.jpg

元谷(2012.8.14 鳥取県大山町) クリックすると大きめの絵になります
帰りは元谷を抜ける行者コースを下りました。大山北壁と河原の木々が美しい風景でした。


c0189013_846968.jpg

カメノコテントウ(2012.8.14 鳥取県大山町)
大山山頂避難小屋の入り口で出会った大きなカメノコテントウさん。


c0189013_8483446.jpg

スジクワガタ(2012.8.14 鳥取県大山町)
行者コースのブナ林のなかでは、登山道をクワガタさんが横切っていきました。


c0189013_85066.jpg

シーボルトミミズ(2012.8.14 鳥取県大山町)
前日が大雨だったからでしょう。ブナ林から山頂付近にかけて、5匹以上大きなシーボルトミミズを見かけました。
長い年月をかけて、こんな山の上にまで棲んでいるのですね。


c0189013_8563980.jpg

ミドリヒョウモン(2012.8.14 鳥取県大山町)
元谷では沢沿いのリョウブの花にミドリヒョウモンがやってきて見送ってくれました。

予報より早く天候が回復するという幸運にも恵まれ、ゆっくりと初めての大山登山を満喫しました。
大山は本当に懐が深いなあと感じて、豊かな自然を目の当たりにして「またぜひ登りに来たいなあ」という思いを強くしました。
[PR]
by chantake123 | 2012-09-01 09:20 | Comments(6)
伯耆大山
c0189013_1284824.jpg

大山(2012.8.13 鳥取県江府町)
お盆休みを利用して大山に登ってきました。西日本最大のブナ林が広がる大山で、自然や生き物にふれてきました。


c0189013_12175050.jpg

大山(2012.8.13 鳥取県江府町)
鍵掛峠からみる大山。雨が降り始める前にちらっと山腹を見せてくれました。


c0189013_1225569.jpg

キキョウ(2012.8.15 鳥取県伯耆町)
道中ではキキョウの花をよく見ました。


c0189013_12285243.jpg

オオバギボウシ(2012.8.15 鳥取県伯耆町)
たくさんの花と出会う旅でもありました。


c0189013_1222026.jpg

ヤマキマダラヒカゲ(2012.8.13 鳥取県江府町)
今回の大山登山で出会った蝶たち。まず鍵掛峠で出迎えてくれたヤマキマダラヒカゲ。


c0189013_12334196.jpg

アサギマダラ(2012.8.14 鳥取県大山町)
大山の夏山登山道では、たくさんのアサギマダラがふーわふーわと飛んでいました。


c0189013_12372275.jpg

ミドリヒョウモン(2012.8.14 鳥取県大山町)
ヒョウモンの仲間もよく見かけました。沢の近くで出会ったミドリヒョウモン。


c0189013_12401074.jpg

ウラギンヒョウモン(2012.8.15 鳥取県伯耆町)
草地にとまったウラギンヒョウモン。山麓でも登山道でも出会いました。


c0189013_1243857.jpg

ミズイロオナガシジミ(2012.8.14 鳥取県大山町)
大山の山頂ではミズイロオナガシジミが出迎えてくれました。


c0189013_12462031.jpg

ゴマシジミ(2012.8月 鳥取県)
今回はゴマシジミに初めて出会うことができました。


c0189013_12481242.jpg

ゴマシジミ(2012.8月 鳥取県)
ワレモコウにやってきて蜜を吸いに一度だけとまってくれました。
飛翔中にブルーの表翅をちらちらと見せてくれたので、いつかまた出会うときには撮ってみたいと思います。
[PR]
by chantake123 | 2012-08-18 12:55 | Comments(4)
草はらにて
c0189013_3142284.jpg

オオウラギンスジヒョウモン(2012.7.28 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
お山の草はらではオオウラギンスジヒョウモンに出会うことができました。
後翅の中央をはしる銀の筋。少し大きめで「裏銀筋」のある豹紋蝶というのが名前の由来です。
飛び回っていてもなかなかとまってくれなくて。最後の最後に撮らせてくれました。


c0189013_3251643.jpg

オオウラギンスジヒョウモン(2012.7.28 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
何度か翅を開閉させたときに、表翅に見られるオレンジ色と黒色の豹紋模様を撮影できました。
子供の頃、信州の山で捕まえたことのある蝶ですが、地元のお山で元気に飛び回るのを見れて嬉しかったです。


c0189013_3371124.jpg

モンキチョウ(2012.7.28 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
モンキチョウはアザミの花で蜜を吸うのに夢中で、近寄って撮影しても逃げませんでした。


c0189013_3443095.jpg

オオチャバネセセリ(2012.7.28 奈良県)
オオチャバネセセリは朝から超元気で、ピューンと花から花へと飛び移っていきました。


c0189013_3482497.jpg

ホソバセセリ(2012.7.28 奈良県)
ホソバセセリはまだ眠たそうに、ワラビの葉にとまっていました。


c0189013_3521121.jpg

アオスジアゲハ(2012.7.28 奈良県)
気が付くと目の前にアオスジアゲハがとまっていてびっくりでした。
近すぎるので遠ざかりながら撮ろうとしましたが、ウォーミングアップで何度か翅を動かしたあとに飛び立っていきました。


c0189013_358756.jpg

ネジバナ(2012.7.28 奈良県)
ところどころで咲いていたネジバナ。撮れなかったけれどスジグロシロチョウが蜜を吸いにやって来ていました。


c0189013_421144.jpg

ウツボグサ(2012.7.28 奈良県)
今年はウツボグサを見ていなかったので、記念撮影♪


c0189013_46381.jpg

オトギリソウ(2012.7.28 奈良県)
奈良では少し山手で見られます。朝日を浴びて黄色が鮮やかでした。


c0189013_4113228.jpg

チダケサシ(2012.7.28 奈良県)
チダケサシにはハナカミキリの仲間がやって来ていました。
朝の草はらで、たくさんの蝶やお花に出会うことができました。

なでしこJAPAN、ブラジルに勝って準決勝進出おめでとう!
さあ、連日のオリンピック中継に今日も寝不足で出勤です。
[PR]
by chantake123 | 2012-08-04 04:22 | Comments(6)
蛇の目模様 その2
c0189013_19412189.jpg

朝日を浴びる草はら(2012.7.28 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
お山の草はらへ蝶を見に行ってきました。


c0189013_20461364.jpg

ヒメギス(2012.7.28 奈良県)
草はらに入ると、キリギリスの仲間のヒメギスが出迎えてくれました。


c0189013_19534078.jpg

オカトラノオ(2012.7.28 奈良県)
朝露に濡れながら、オカトラノオの花がまだまだたくさん咲いていました。


c0189013_2033588.jpg

ジャノメチョウ(2012.7.28 奈良県)
この草はらで一番多く見られた蝶がジャノメチョウで、オカトラノオの花にもやって来ました。


c0189013_2064027.jpg

ジャノメチョウ(2012.7.28 奈良県)
朝日を浴びて、気持ちよさそうに翅を開きました♪


c0189013_2091681.jpg

ジャノメチョウ(2012.7.28 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
ヒメジョオンの花から花へと、ふわふわと移動します。


c0189013_20115956.jpg

ジャノメチョウ(2012.7.28 奈良県)
なかなか大きめの蝶ですが、翅を閉じてとまると目立たなくなります。


c0189013_20152340.jpg

オオヒカゲ(2012.7.28 奈良県) クリックすると大きめの絵になります
そして林縁の草地では、ジョノメチョウより更にひとまわり大きめの蝶が舞い降りると、
朝日を受けながら翅を開き始めました。ジャノメチョウ類で国内最大の種類。初めて見るオオヒカゲでした。


c0189013_20213410.jpg

オオヒカゲ(2012.7.28 奈良県)
初めての出会いはほんの一時。しばらく朝日を浴びると再び舞い上がって、草やぶの奥へ飛び去っていきました。
[PR]
by chantake123 | 2012-08-01 20:50 | Comments(2)
OKINAWA BLUE
c0189013_2150564.jpg

アオタテハモドキ(2012.6.7 沖縄県 伊江村)
先月に仕事で沖縄へ行ったときにコンデジで撮った写真です。


c0189013_21551018.jpg

伊江ビーチ(2012.6.7 沖縄県 伊江村)
沖縄であった戦争のこと、沖縄の文化、自然…たくさんのものに触れて帰ってきました。
沖縄の海も蝶も青くて美しかったです。
[PR]
by chantake123 | 2012-07-14 22:01 | Comments(8)
蛇の目模様
c0189013_20313420.jpg

ヒメウラナミジャノメ(2012.5.20 奈良県 葛城市)
ジャノメチョウの仲間は、その蛇の目模様が子供の頃は不気味に感じたものです。
今はシックな色合いと、その特徴的な模様から、お気に入りの仲間と言えます。


c0189013_20391950.jpg

ヒメウラナミジャノメ(2012.5.20 奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
山麓の草はらでは、ひそかにカップル成立でした。
名前にもなっている翅の裏の細波模様も、なかなかお洒落だと思います。


c0189013_20593227.jpg

コジャノメ(2012.5.20 奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
この日は曇り空だったからか、日陰を好むコジャノメも草はらに出てきてくれました。


c0189013_214792.jpg

クロヒカゲ(2010.5.15 奈良県 五條市) クリックすると大きめの絵になります
クロヒカゲくんがとまった愛用の望遠レンズ。
先日、エクステンダーの着脱用ロックが不調となり、
使用中に望遠レンズが落下してしまいました(涙)
現在修理に出して、撮影はお休み中です。
何とか無事元通りに直って、戻ってきてほしいと願っているのです。
[PR]
by chantake123 | 2012-06-30 21:11 | Comments(12)