タグ:昆虫:アゲハチョウ科 ( 34 ) タグの人気記事
復活した水たまり
生き物を観察しによく通う川沿いの道。
最近、ある場所に水たまりが復活しました。
今年に入って、水が溜まらないように排水溝が設けられて
いったん水たまりは消滅してしまいました。
しかし、少しずつ土砂が堆積していって再び水がたまってきました。
c0189013_1919086.jpg

キセキレイ(2009.7.11/奈良県 五條市)
この道で1年中見かけるのがキセキレイ。
水面に映ったもう1羽と目が合いました♪


c0189013_19312030.jpg

アオスジアゲハ(2008.5月/奈良県 五條市)
嬉しかったことは、この日1匹のアオスジアゲハが、この水たまりへ吸水にやって来ていた事。
去年まで見られたこの写真のような光景が、再び見られるようになりそうで楽しみです。
[PR]
by chantake123 | 2009-07-23 19:37 | Comments(6)
次の世代へ
c0189013_2145980.jpg

クロアゲハ(2009.6.21/奈良県 橿原市)
梅雨の晴れ間に、クロアゲハのメスがアザミの花を訪れていました。
この後、オスがやって来て2匹で上空に舞い上がっていきました。


c0189013_2149476.jpg

キアゲハ(2009.6.21/奈良県 橿原市 トリミング)
近くでは、キアゲハのメスが降りてきて下草に産卵していました。
秋には次の世代のアゲハ達が飛び交うのを見ることができそうです。
[PR]
by chantake123 | 2009-07-06 21:55 | Comments(6)
揚羽蝶
この時期は春型のアゲハ類がよく見られます。
ツツジの花を訪れたり、吸水のために道に下りてきたりします。
とはいえ、今年は週末が雨だったり忙しかったりで、今のところ
ほとんど撮れずじまいです。
c0189013_20335469.jpg

アゲハ(2009.4.22/大阪府 河内長野市)
yukate3939さんと行った「花の文化園」で撮りました。
モミジ谷というエリアには、たくさんのツツジの仲間が植えられていて、
ちょうど花が満開でした。このクルメツツジには何度もアゲハがやってきました。
偶然、蜜を吸い終えて飛び立った瞬間のアゲハにピントが合ってくれました♪


c0189013_20483526.jpg

クロアゲハ(2009.5.17/奈良県 下市町)
今日は、朝のうち日が出ていたので、雨が降る前にと
カメラを持って出かけました。
川沿いの小道で、吸水に降りてきそうな1匹のクロアゲハを見つけました。
道には下りて来ず、シャガの葉に止まったところを撮りました。
その後、1分もたたずにすぐ飛び立っていきました。
[PR]
by chantake123 | 2009-05-17 21:01 | Comments(6)
スプリング・エフェメラル その2
「春の女神」と呼ばれるギフチョウ。
早春のわずかな間にだけ姿を見せる美しいアゲハチョウに
今年も出会えたことに感謝です。
c0189013_21234249.jpg

ギフチョウ(2009.4月)
ある暖かい春の朝、1匹のギフチョウが林床に舞い降りました。


c0189013_21541143.jpg

ギフチョウ(2009.4月)
しばらくすると、もう1匹現れて2匹で追っかけあいをしていました。
お気に入りの場所に静止しては、なわばり争いをしているようでした。


c0189013_2225661.jpg

ギフチョウ(2009.4月)
体はふわふわの毛で覆われています。
ダンダラ模様に赤、青、オレンジを散りばめた羽は一見目立ちそうですが、
実は下草にとまると見失いそうなくらいに保護色です。


c0189013_22103485.jpg

ギフチョウ(2009.4月)
写真の蝶は、この直後に少年の虫捕り網に捕らえられました。
この蝶は、各地で地道な保護活動が行われている一方で、
たくさんの採集家によって捕獲されていきます。
小学生の自分がいたら、きっと同じように虫捕り網を振ったはずです。
将来きっと、少年が好きな生き物やギフチョウのために、
大切に見守ってくれる日が来るのだと信じて、この地をあとにしました。
来年も、そして、これからもずっと「春の女神」が
春の里山を飛び回ってくれることを願っています。
[PR]
by chantake123 | 2009-04-30 22:45 | Comments(6)