タグ:哺乳類 ( 17 ) タグの人気記事
謹賀新年
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。
c0189013_1803453.jpg
春日大社参道の鹿(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
このブログも始めてから8年目に入りました。
今年もさまざまな人との出会い、そして生き物との出会いに感謝しながら、
続けていければと思います。

今年最初の写真は、年の瀬の春日大社参道で撮ったなかから、鹿さんの写真です。
奈良といえば鹿さんですが、奈良の鹿は春日大社の神の使いと言われているのです。


c0189013_18154790.jpg
春日大社参道の鹿(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
人によく馴れていますが野生動物であり、「奈良のシカ」の名称で国の天然記念物に指定されています。
奈良の鹿愛護会の調査によると、H27年7月現在1191頭が奈良公園に生息しているそうです。


c0189013_23341864.jpg
春日大社参道の鹿(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
エサをくれるの?と観光客を見つめる鹿さんたちです。


c0189013_2343304.jpg
春日大社参道の鹿(2015.12.12/奈良県 奈良市)
今年の元旦も春日大社に参拝しましたが、参拝客と鹿が触れ合う姿をいろんな場所で見かけました。
鹿とこれほど身近に触れ合える場所は、世界中見渡してもなかなかないのだと思います。
奈良公園の環境に大きな影響を及ぼす鹿さんです。「奈良のシカ」が抱える問題はさまざまありますが、
これからも人と鹿が、そして奈良公園の自然環境と鹿が共生していけることを願うのです。


c0189013_0293931.jpg
白鹿みくじ(2016.1.1/奈良県)
春日大社にて、白鹿みくじをひいて帰りました。
御鏡餅の両脇に飾らせてもらっています。
新しい年が素晴らしい一年となりますように。
[PR]
by chantake123 | 2016-01-02 00:32 | Comments(10)
年の瀬の春日大社参道
c0189013_5223127.jpg
春日大社参道(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
12月の休日に奈良公園と春日大社を散歩しました。
やはり、休日は観光客や参拝客で賑わっていました。


c0189013_5393392.jpg
子鹿(2015.12.12/奈良県 奈良市)
参道脇で休んでいたのは、凛々しい顔立ちの子鹿さんでした。


c0189013_54476.jpg
参道と鹿(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
時折、餌をくれるの?と近づいてくる鹿さんもいて、その人懐っこさに癒されたのでした。


c0189013_550547.jpg
コケやシダの仲間(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
参道沿いに並ぶ石灯籠には、コケやシダがびっしりとついていて美しかったです。


c0189013_5563014.jpg
コケやシダの仲間(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
細長く伸びるものはノキシノブでしょうか。たくさんの胞子嚢をつけていました。


c0189013_62879.jpg
モミジの紅葉(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
今年は暖冬で紅葉が遅かったからか、このときはモミジの紅葉を楽しむことができました。


c0189013_641856.jpg
モミジの紅葉(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
真っ赤とまではいかず、オレンジ色くらいに紅葉しているものが多かったです。


c0189013_67373.jpg
春日大社の森(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
常緑広葉樹で覆われた春日大社の森をささやきの小径のほうへ抜けて帰りました。


c0189013_617734.jpg
紅葉(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
モミジ以外の木もオレンジ色に染まっていました。


c0189013_6183231.jpg
柿の木(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
駐車場へと戻る道沿いにたくさんの柿が実っていました。
細長いので渋柿かもしれませんね。

今年も1年間ありがとうございました。
このブログを何とか続けているうちに7年が経ちました。
いろいろな方に助けられ、支えられて、
今年もこうして年末を迎えることができるんだなあと感じています。
拙いブログですが、来年もご指導のほど宜しくお願い致します。
それでは、よいお年をお迎えください。
[PR]
by chantake123 | 2015-12-30 06:35 | Comments(12)
桜浜と桃浜
c0189013_0481539.jpg
ジャイアントパンダ(2015.3.29/和歌山県 白浜町 アドベンチャーワールド) クリックすると大きめの絵になります
先月末に白浜までパンダの赤ちゃんを見に行ってきました。


c0189013_05999.jpg
ジャイアントパンダ(2015.3.29/和歌山県 白浜町 アドベンチャーワールド) クリックすると大きめの絵になります
双子の赤ちゃん桜浜(おうひん)と桃浜(とうひん)は寄り添って寝ていました。
ふわっふわで手足の肉球が可愛らしい。


c0189013_165833.jpg
ジャイアントパンダ(2015.3.29/和歌山県 白浜町 アドベンチャーワールド) クリックすると大きめの絵になります
少しだけ起きだしてくれました。目尻がはねているので桜浜の方でしょうか。
でも1分も立たないくらいで再びうとうと、すやすや。眠ってしまいました♪


c0189013_1162790.jpg
ジャイアントパンダ(2015.3.29/和歌山県 白浜町 アドベンチャーワールド) クリックすると大きめの絵になります
こちらは目の模様がだ円形なので桃浜かな。寝顔も可愛らしかったですよ。


c0189013_12299.jpg
平草原公園の桜(2015.3.29/和歌山県 白浜町 平草原公園) クリックすると大きめの絵になります
この日は一日雨模様でしたが、夕方やんできたので平草原公園の桜を見に寄りました。


c0189013_1265049.jpg
平草原公園の桜(2015.3.29/和歌山県 白浜町 平草原公園)
この日はさくらまつりも雨で中止だったみたいですが、奈良よりも開花が早いみたいで三月末でも十分に花が開いていました。


c0189013_1313484.jpg
平草原公園の桜(2015.3.29/和歌山県 白浜町 平草原公園)
雨に濡れた花びらが透けて美しかったです。


c0189013_1491338.jpg
平草原公園の桜(2015.3.29/和歌山県 白浜町 平草原公園) クリックすると大きめの絵になります
メジロが雨に羽毛を濡らしながら、桜の花をめぐってゆきました。



c0189013_134457.jpg
白良浜(2015.3.29/和歌山県 白浜町) クリックすると大きめの絵になります
せっかく白浜まで来たので、白良浜にも寄りました。


c0189013_1363962.jpg
白良浜(2015.3.29/和歌山県 白浜町) クリックすると大きめの絵になります
静かな海。雲間からわずかに夕陽のオレンジも見えました。


c0189013_1401148.jpg
白良浜(2015.3.29/和歌山県 白浜町)
砂浜で拾い上げた貝殻も桜色でした。


c0189013_143667.jpg
桜浜と桃浜(2015.3.29/和歌山県 白浜町 アドベンチャーワールド)
桜浜と桃浜、元気に育っていって下さい!
[PR]
by chantake123 | 2015-04-13 01:52 | Comments(6)
元旦の春日大社
c0189013_812957.jpg
ニホンジカ(2015.1.1/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
元旦の午後に、初詣で春日大社を訪れました。
ささやきの小路では、寒さに負けず鹿さんが元気に出てきてくれました。


c0189013_8262652.jpg
春日大社(2015.1.1/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
ここ数年、お正月には春日大社に来ているのですが、今までにない人出でした。
二之鳥居あたりから並んで、数十分かけて参拝所に着きました。


c0189013_8573142.jpg
春日大社(2015.1.1/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
参拝所に入ったあたりから雪が舞い始めて…
参拝を終えて、おみくじを引くために並んでいる間に、真っ白になりました。


c0189013_961832.jpg
ささやきの小径(2015.1.1/奈良県 奈良市)
雪の降りしきるなか、ささやきの小径を戻りました。


c0189013_914351.jpg
白鹿みくじ(2015.1.1)
平成27年・28年の第60次式年造替を記念して作られた白鹿みくじを引きました。
有難いことに大吉をいただきました。新しい年が穏やかな一年になりますように。
[PR]
by chantake123 | 2015-01-17 09:18 | Comments(12)
謹賀新年
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。
c0189013_23481915.jpg
マウントジョンから見るテカポ湖(2013.12.28/ニュージーランド南島 テカポ) クリックすると大きめの絵になります
このブログも始めてから7年目に入りました。
今年もさまざまな人との出会い、そして生き物との出会いに感謝しながら、続けていければと思います。

今年はヒツジ年。なので、1年前のNZ旅行の写真を引っぱりだしてみました。
写真の左下あたり。たくさんのヒツジが写っているのが分かるでしょうか。
NZ旅行では、いたるところでヒツジを見かけましたが、このような山の上でも放牧されていました。

c0189013_04448.jpg
ヒツジの放牧(2013.12.24/ニュージーランド南島 テ・アナウ)
バスでの移動中は、ずっとヒツジの風景が続きます。
ニュージーランドの総人口が約440万人なのに対して、ヒツジの数は約3190万頭にもなるのだそうです。

c0189013_016243.jpg
ヒツジの放牧(2013.12.26/ニュージーランド南島)
アオラキ/マウント・クック国立公園へ向かう途中の休憩地点では、ヒツジを間近に見ることができました。
やっぱり、子羊さんは可愛らしいですね。

c0189013_0332165.jpg
お土産の羊(2013.12.26/ニュージーランド南島)
お土産屋さんにも羊がいっぱいでした。

拙いブログではありますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by chantake123 | 2015-01-04 00:37 | Comments(14)
上高地 2014 その3(明神、徳沢、横尾)
c0189013_4531918.jpg
横尾大橋(2014.8.8 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
今年は台風11号が近づいてきていたので、涸沢や蝶ヶ岳登山は断念しました。
その分、徳沢~横尾のいわゆる「奥上高地」をゆっくり歩くことができました。


c0189013_525974.jpg
ヒメシジミ(2014.8.8 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
奥上高地では、ヒメシジミをゆっくりと観察する機会に恵まれました。
川沿いに咲くアキノキリンソウにヒメシジミのメスがやってきていました。


c0189013_591742.jpg
ヒメシジミ(2014.8.8 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
河原ではヒメシジミのオスにも出会いました。
ブルーの翅が綺麗でした。


c0189013_5132356.jpg
ヒメシジミ(2014.8.8 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
オスとメスがお互いを見ているように感じました。


c0189013_516249.jpg
ヒメシジミ(2014.8.8 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
すると、オスがメスのとまっている葉に舞い降りたのです。


c0189013_518167.jpg
ヒメシジミ(2014.8.8 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
触覚や脚をタッチさせながら、どんなプロポーズをしたのかな。


c0189013_5212130.jpg
ヒメシジミ(2014.8.8 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
メスも翅を震わせて、プロポーズに応じたように見えました。


c0189013_5244458.jpg
ヒメシジミ(2014.8.8 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
オスがメスの横を歩いて、葉の付け根側へ移動しました。


c0189013_527632.jpg
ヒメシジミ(2014.8.8 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
メスもオスのあとにつきます。
雨が降るおそれもあったので、ここで観察を終えました。
このカップルが子孫を繋いでいて、また訪れたときに出会えるといいなあと思います。


c0189013_534466.jpg
アキノキリンソウ(2014.8.8 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
奥上高地で出会った花たち。アキノキリンソウ。


c0189013_5355693.jpg
グンナイフウロ(2014.8.9 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
グンナイフウロは仙丈ヶ岳で出会った花よりも淡い色をしていました。


c0189013_5381581.jpg
キツリフネ(2014.8.8 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
上高地では、かならずキツリフネに出会います。


c0189013_5395076.jpg
クルマバツクバネソウ(2014.8.9 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
クルマバツクバネソウは、花の後に実をつけていて印象的でした。


c0189013_5425227.jpg
登山道沿いの花々(2014.8.8 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
切り立った岩にたくさんのハクサンオミナエシが咲いていました。


c0189013_5451925.jpg
登山道沿いの花々(2014.8.8 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
ショウマの仲間やセンジュガンピ、ソバナなどが競うように咲きます。


c0189013_547138.jpg
登山道沿いの花々(2014.8.8 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
小川の傍ではトリカブトやアザミが咲いていました。


c0189013_5491019.jpg
シダの群生(2014.8.8 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
シダの群生に出会い、ニュージーランドのミルフォードトラックを思い出しながら歩きました。


c0189013_553345.jpg
ニホンザル(2014.8.9 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
帰り道ではニホンザルが見送ってくれました。



[PR]
by chantake123 | 2014-09-28 05:58 | Comments(4)
上高地 2014 その2(田代橋~河童橋)
c0189013_001418.jpg
コヒオドシ(2014.8.7 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
田代池からは梓川を横に見ながら歩きました。
すると、ヨツバヒヨドリの花にコヒオドシが飛んできました。


c0189013_1571391.jpg
コヒオドシ(2014.8.7 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
翅の色がすごく綺麗です♪


c0189013_222691.jpg
コヒオドシ(2014.8.7 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
花に止まってしばらくすると、もう翅は閉じてしまって、表の綺麗な模様は見せてくれないのでした。


c0189013_2616100.jpg
オオウラギンスジヒョウモン(2014.8.7 長野県 松本市)
ヨツバヒヨドリにはヒョウモンの仲間もたくさんやってきていました。


c0189013_295687.jpg
ヒメキマダラヒカゲ(2014.8.7 長野県 松本市)
少し日陰に咲く花にはヒカゲさんもやってきていましたよ。


c0189013_2244840.jpg
コムラサキ(2014.8.7 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
水たまりには吸水にコムラサキが降りてきていました。


c0189013_2274388.jpg
エルタテハ(2014.8.7 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
コムラサキを撮ろうとカメラを構えると、今度はエルタテハが足元に飛んできて吸水を始めました。
「二兔追うものは一兎も得ず」になりかけましたが、二匹ともおおらかに撮らせてくれました。


c0189013_627155.jpg
田代橋(2014.8.7 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
田代橋から見下ろす梓川は、ずっと眺めていたい美しい色でした。


c0189013_6294854.jpg
六百山(2014.8.7 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
梓川の向こうに見えるのは六百山です。
水辺に下りている方もいらして、気持ちよさそうです。


c0189013_659373.jpg
河童橋(2014.8.7 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
河童橋から望む穂高連峰です。ここから見て、山頂まで隠れることなく見えているのは初めてでした。


c0189013_741725.jpg
清水川(2014.8.7 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
六百山の麓から湧き出た豊富な水が清水川を作り、河童橋の上流で梓川に合流しています。バイカモが揺れ水面が輝いていました。


c0189013_715115.jpg
シナノナデシコ(2014.8.7 長野県 松本市)
シナノナデシコを見ると、上高地に来たなあと思います。


c0189013_7186100.jpg
ソバナ(2014.8.7 長野県 松本市)
ソバナも咲き始めていました。


c0189013_719319.jpg
野菊(2014.8.7 長野県 松本市)
これはノコンギクでいいのでしょうか。


c0189013_7212728.jpg
ヤマオダマキ(2014.8.7 長野県 松本市)
行き交う観光客の足元でヤマオダマキが咲いていました。


c0189013_724198.jpg
ズミの実(2014.8.7 長野県 松本市)
河童橋の近くで見かけた赤い実は、ズミ(小梨)のようです。


c0189013_7263449.jpg
ニホンザル(2014.8.7 長野県 松本市) クリックすると大きめの絵になります
橋を渡るニホンザルにも出会うことができました。


c0189013_728418.jpg
ツキノワグマ(2014.8.7 長野県 松本市)
ツキノワグマ情報がでていました。熊を驚かせないように注意したいものです。


[PR]
by chantake123 | 2014-09-21 07:31 | Comments(6)
子猫
c0189013_619486.jpg
子猫(2014.4.14 / 奈良県)
職場の側溝で子猫が見つかりました。人のたくさんいる時間は親猫も近づけなかったのかも。



c0189013_629227.jpg
子猫(2014.4.14 / 奈良県)
まだ生まれたばかりのようで小さいんです。2匹とももらわれていくことになりました。
[PR]
by chantake123 | 2014-04-20 06:31 | Comments(4)
小深山菫の咲く森
c0189013_16565447.jpg
光芒の射す小道(2013.4.27/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
新緑の美しい季節に、森の奥へ入ってみました。


c0189013_1711227.jpg
イチイガシ(2013.4.27/奈良県)
立派なイチイガシが大きく腕を広げていました。


c0189013_1715519.jpg
クチベニマイマイ(2013.4.27/奈良県)
湿った林床をカタツムリが歩いていきます。


c0189013_17222418.jpg
コミヤマスミレ(2013.4.27/奈良県)
苔生した樫の木の足元に小さな菫を見つけました♪ 初めて見るコミヤマスミレでした。


c0189013_17414183.jpg
コミヤマスミレ(2013.4.27/奈良県)
辺りをみると、もう一輪。


c0189013_1751671.jpg
コミヤマスミレ(2013.4.27/奈良県)
白い可憐な花。暗い森の中でひっそりと咲くんですね。


c0189013_17582543.jpg
アケビ(2013.4.27/奈良県)
頭上に絡まる蔓に咲くのはアケビの花でした。


c0189013_1833212.jpg
フジ(2013.5.4/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
あちこちでフジが花穂を伸ばして、美しいですね。


c0189013_1815642.jpg
ニホンリス(2013.5.4/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
藤の花を眺めていると、地面をトットットッと移動していくものが…、ひょいっと柵に登って。
久しぶりに森のリスさんに出会えました。


c0189013_1820447.jpg
ニホンリス(2013.5.4/奈良県 トリミング)
最後にこちらを見て、挨拶してくれたのかな。柵の向こうへ去っていきました。
こちらを見る表情が可愛らしくて、アップで載せておきます。
[PR]
by chantake123 | 2013-05-14 18:31 | Comments(9)
京都水族館 その3
c0189013_8213058.jpg
イソギンチャクとカクレクマノミ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
「さんごの海」では、イソギンチャクと共生する”ニモ”です。
撮影しようとすると、イソギンチャクのなかに隠れてしまいました。
そして、しばらくして、外の様子をうかがって再び出てきたところです。


c0189013_8424279.jpg
エビの仲間(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
小さな3、4cmほどの美しいエビ。ちゃんと名前をメモっとかないとダメですね。


c0189013_8454677.jpg
シャコの仲間(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
どこにいるかと覗き込むと、目が合ってびっくり!


c0189013_8541099.jpg
トラフカラッパ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
じっと潜んでいるのを見つけるのは楽しいものですね。虎斑からっぱ。


c0189013_952699.jpg
ミズクラゲ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
「無脊椎の世界」では、たーくさんふわふわ泳いでいて、美しかったですよ。


c0189013_9104536.jpg
ニシキエビとイセエビ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館 トリミング)
ニシキエビは、学生時代に沖縄の牧志公設市場で見て、その色と大きさにびっくりした記憶があります。
ここでは、伊勢海老と仲良く顔を出していました。


c0189013_973469.jpg
ユメカサゴ、ズワイガニ、サケ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館) クリックすると大きめの絵になります
「京の海」では京都の海に棲んでいる、京都の食文化に根づいた魚たちを見ることができました。


c0189013_922252.jpg
イルカスタジアム(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館) クリックすると大きめの絵になります
この後、ショーが始まるとハンドウイルカたちがダイナミックなジャンプや可愛らしいしぐさを見せてくれました。
丁寧な解説が分かりやすくて、希望者の代表がイルカと握手できたり、イルカたちを身近に感じることができました。

スタジアムのバックには、世界遺産に登録されている東寺が見え、そして新幹線や在来線が次々と横切っていきます。
京都駅の近くに位置する京都水族館ならではの眺望ですね。
また訪れたいなって、生き物たちが身近に感じられる水族館でした。
[PR]
by chantake123 | 2013-02-02 09:46 | Comments(4)