憧れのオオムラサキ
c0189013_20084806.jpg
オオムラサキ(2017.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
パルナシウスさんに連れていっていただいて、憧れのオオムラサキに出会うことができました。
現地に到着すると、すでに1匹のオスが樹液を吸っていました。
この写真は、樹液を求めてやってきた何匹目かのオスが、最初警戒して手前の地面に降り立ったところです。
写真の左上、根際から出ている樹液にはカナブンが数匹すでに来ています。

c0189013_05504064.jpg
オオムラサキ(2017.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM,トリミング クリックすると大きめの絵になります
今度は少し上の樹液の出ている場所を求めて、幹にとまりました。
着地点を探して木の周りを飛ぶとき、バタバタと羽音が聞こえるのがすごいです!
以下の2枚は構図を整えるため、少しトリミングしています。

c0189013_05563255.jpg
オオムラサキ(2017.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM,トリミング クリックすると大きめの絵になります
樹液の場所へと歩いて近づくとき、翅を開閉しながら移動するので、
表翅の美しいブルーを見ることができました。

c0189013_05594740.jpg
オオムラサキ(2017.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
翅を開きそうなタイミングでシャッターを切ります(笑)

c0189013_06024141.jpg
オオムラサキ(2017.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
翅を開いて見下ろす姿は堂々としたものです。

c0189013_06064348.jpg
オオムラサキ(2017.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
カナブンと仲良く樹液を吸い始めました。
樹液の出る場所に到着して落ち着くと、翅を閉じたままになります。

c0189013_06093449.jpg
オオムラサキ(2017.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
たまに、翅を開いて周りを威嚇します。邪魔なハエを蹴散らしました。

c0189013_06115116.jpg
オオムラサキ(2017.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
姿勢をこちらへ向けたので目が合いました!
オオムラサキの黄色いストローが印象的でした。
カナブンも様々な姿勢で夢中で樹液を吸っていました。

c0189013_06174812.jpg
オオムラサキとスズメバチ(2017.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
スズメバチがやって来ても、いい場所を譲らないところが、さすがオオムラサキでした。

c0189013_06203025.jpg
オオムラサキ(2017.7月, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
オスのオオムラサキを撮影して満足し、少し広角でも撮っておこうかとレンズを変えていると、
メスのオオムラサキが舞い降りたのです!
オスの表翅がブルーなのに対して、メスの表翅は漆黒といった感じでした。

c0189013_06254014.jpg
オオムラサキ(2017.7月, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
メスは本当に大きいです!。
オスを従えて樹液を吸い始めると、堂々としてみえていたオスが小さく感じるとは。

c0189013_06294379.jpg
オオムラサキ(2017.7月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
樹液を吸い終わったメスは少し木陰で休んだ後、樹冠へと飛び去ってゆきました。

いつか樹液を吸うオオムラサキを間近から撮影してみたいとずっと思ってきましたが、
本当に夢が叶ったというか、夢のような時間なのでした。

これだけ体の大きなオオムラサキが生きていけるだけの環境が、
樹液を出すたくさんの木々と、幼虫の植樹であるエノキがそこにあるのでしょう。
オオムラサキたちがいきいきと棲んでいたことも嬉しかったです。

地元では十年近くオオムラサキを観察していないので、
また、それにもチャレンジしたいと心を新たにしました。

パルナシウスさんには、急なお願いをして案内していただき、
オオムラサキの生態や蝶の話も聞かせていただき、本当にありがとうございました。
そのほか、一緒に撮影させていただいた方もありがとうございました。















[PR]
# by chantake123 | 2017-07-31 06:52 | Comments(12)
近所で出会った生き物たち
c0189013_06222429.jpg
中干し(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
近所の田んぼではイネが青々と生長し、田んぼから水を全て抜いて乾燥させる「中干し」が始まっています。

c0189013_06291841.jpg
田植えの頃は…(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
こちらは一か月半ほど前に田植えがされた頃の写真です。イネの生長は本当に著しいです。

c0189013_06362565.jpg
アゲハチョウ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
それでは、この一か月半ほどで見かけた近所の生き物たちを紹介します。
アゲハチョウは、神社周辺の畑に柑橘類が植えられているので、常に発生しています。

c0189013_06415134.jpg
モンシロチョウ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
アゲハチョウと共に常に見られるのがモンシロチョウ。
炎天下でも道ばたの花で吸蜜していたりします。

c0189013_06444195.jpg
クヌギ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
いくつか生えているクヌギの木立の下では…

c0189013_06464766.jpg
ヒメジャノメ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
ひょこひょこと飛び回るヒメジャノメの可愛らしい姿があります。

c0189013_06482813.jpg
ヒメジャノメ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
この時はまだ朝でまったりとしていたようです。目の前まで近づかせてくれました。

c0189013_06532752.jpg
クチベニマイマイ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
木立の下は湿潤に保たれていて、クヌギの幹にはシダやコケ、カタツムリも見られました。

c0189013_06564356.jpg
コミスジ(2017.6.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
林縁をスー、スーと旋回していたのはコミスジでした。

c0189013_06590323.jpg
コミスジ(2017.6.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
自宅周辺は、点在する神社にしか林のような環境がないのですが、そのような場所でたくましく発生してくれています。

c0189013_07080084.jpg
生垣(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
生垣に植えられているのは、おそらくシモツケの仲間。

c0189013_07122179.jpg
ホシミスジ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
その植栽されたシモツケやユキヤナギで発生するようになったのがホシミスジです。
最近はコミスジよりも見かけることが多いです。

c0189013_07145803.jpg
イチモンジセセリ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
7月も後半になりイチモンジセセリも出てきました。

c0189013_07174977.jpg
オニユリ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
神社に植えられているオニユリの花は早くも終盤です。

c0189013_07193342.jpg
キツネノカミソリ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
昨年に続いてキツネノカミソリの花に出会うことができました。

c0189013_07210231.jpg
ニイニイゼミ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
飛鳥川沿いの桜並木では、ニイニイゼミのチーーーーーという鳴き声が響いています。

c0189013_14162440.jpg
ショウリョウバッタ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
田んぼ脇の草地では、ショウリョウバッタが成虫へと成長していました。

c0189013_14180887.jpg
セスジイトトンボ(2017.6.10 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
飛鳥川で見かけたセスジイトトンボ。

c0189013_14201500.jpg
アオモンイトトンボ(2017.7.23 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
田んぼ脇で見られた雌のアオモンイトトンボは見慣れない色で迷いました。

c0189013_14221165.jpg
ハグロトンボ(2017.6.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ハグロトンボは今年だけで3度見かけているので、家の近所で定着していると思います。
飛鳥川で羽化した後、神社の林や公園の木立へと移動して生活しているようです。

c0189013_14255443.jpg
ハグロトンボ(2017.6.24 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
葛の葉の上でポーズを決めてくれました!
隣の市でも見かけたので、個人的には増加傾向にあると感じています。
そのうち奈良盆地の平野部の河川で普通に見られるようになるのではないかと楽しみにしています。






[PR]
# by chantake123 | 2017-07-24 14:28 | Comments(4)
紫陽花の咲く渓谷
c0189013_01404553.jpg
紫陽花の咲く渓谷(2017.6月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
先月は紫陽花の咲く渓谷を歩きました。

c0189013_01500262.jpg
コアジサイ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
渓谷に沿ってコアジサイの花がたくさん咲いていました。

c0189013_01520479.jpg
コアジサイ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
大学の実習林にはよく咲いていたのを覚えていますが、この季節に山のほうへ入るのは久しぶりなので嬉しい出会いとなりました。

c0189013_05324631.jpg
コアジサイ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
小さい花が線香花火のような感じに思えるのは私だけでしょうか。

c0189013_02082451.jpg
ヤマアジサイ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
モミジイチゴの下でヤマアジサイの花も咲いていました。

c0189013_02104670.jpg
ナガバノモミジイチゴ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
ちょうどモミジイチゴの実がたくさん実っていました。

c0189013_02222292.jpg
ヤマツツジ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
所々に咲くツツジの花が鮮やかでした。

c0189013_02243156.jpg
ウツギ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
ウツギの花もたくさん咲いていました。
ツツジもウツギも平地と比べると咲く時期がだいぶ遅いですね。

c0189013_02342316.jpg
バイカウツギ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO,トリミング
バイカウツギの花は初めて見ました。

c0189013_02443237.jpg
ヤブウツギ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
見上げると暗紅紫色の花。ヤブウツギだと思います。家に帰って名前を知りました。

c0189013_02501766.jpg
ガクウツギ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
ガクウツギとコガクウツギとの区別に自信がありません。
ところで、なぜこの花を望遠レンズで撮っていたかというと…

c0189013_20591583.jpg
ミスジチョウ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II,トリミング
丁度お花が咲いているあたりに、ミスジチョウが舞い降りたからでした。
けれども、望遠レンズでもこの大きさにしか写せませんでした。
この個体は警戒心が強くて、これ以上は全然近づかせてくれませんでした。

c0189013_21043434.jpg
アカタテハ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
それでも、気を取り直して歩いていると、アカタテハがウツギの花にやって来たり…

c0189013_21070252.jpg
テングチョウ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
テングチョウが足元を飛び回ったり。

c0189013_21095145.jpg
テングチョウ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
テングチョウは、改めて翅の模様の美しさに気づかされました。

c0189013_21113810.jpg
ミスジチョウ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
そんなこんなで歩みを進めていると、再びミスジチョウに出会うことができました。

c0189013_21135145.jpg
ミスジチョウ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
地面に降り立つと…

c0189013_21145267.jpg
ミスジチョウ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
翅をしっかりと開いて見せてくれました。

c0189013_21162377.jpg
ミスジチョウ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
今度は丸太の上に上がって、ハイ、ポーズ!

c0189013_05124420.jpg
ミスジチョウ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
たえずストローを伸ばしているのは、ミネラルかなにかを吸っているのかもしれません。

c0189013_05142728.jpg
ミスジチョウ(2017.6月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
最後にもう一度表翅を見せてくれたところで、飛び去ってゆきました。

ミスジチョウも大学の頃実習林で見て以来なので、本当に久しぶり。
カメラで撮影するのも初めてでした。
近い種類のコミスジやホシミスジが自宅周辺で見られるのに対して、
ミスジチョウは山地へ出向かないと見られないので、
本当に嬉しい出会いとなりました。




[PR]
# by chantake123 | 2017-07-17 05:24 | Comments(12)
山麓の棚田
c0189013_06441907.jpg
アマガエル(2017.6.11 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
早いもので7月に入りましたね。やっと梅雨らしい天気が続くようになりました。
先月に二度訪れた山麓の棚田では、カエル君が姿を見せてくれました。

c0189013_06513334.jpg
山麓の棚田(2017.6.17 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
田植えを終えた頃の山麓の棚田です。空や景色を映しこんだ水面が美しいです。

c0189013_07001217.jpg
ノアザミ(2017.6.17 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
田んぼの傍には、アザミの花が咲いていました♪
c0189013_07161246.jpg
ハラビロトンボ(2017.6.17 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
田んぼ沿いの道では、ハラビロトンボが笹の葉にとまりました。

c0189013_07190754.jpg
ハラビロトンボ(2017.6.17 奈良県, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
シオカラトンボよりひと回り小柄な、可愛らしいトンボですね。

c0189013_07245471.jpg
キマダラセセリ(2017.6.17 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
アオキに小さな蝶がとまりました。
キマダラセセリが気持ちよさそうに朝陽を浴びていました。

c0189013_07280965.jpg
キマダラセセリ(2017.6.17 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
少しだけ翅を開いてくれました。

c0189013_07303533.jpg
シロスジカミキリ(2017.6.11 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
思いがけない出会いは、枝をかじる大きなシロスジカミキリでした。

c0189013_07332118.jpg
シロスジカミキリ(2017.6.11 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
大顎でガシガシかじっていました。
これで指をかじられたらヤバいですね!

c0189013_07352528.jpg
シロスジカミキリ(2017.6.11 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
堂々とした姿をしばし撮らせてもらいました。

7月に入り、きっとこの棚田の苗も雨を受けて、青々と育ってきていると思います。


[PR]
# by chantake123 | 2017-07-01 07:40 | Comments(4)
ササユリ 2017
c0189013_03523500.jpg
ササユリ(2017.6月, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
職場近くのササユリを見に行きました。

c0189013_03551726.jpg
ササユリ(2017.6月, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
初めてここを訪れたころは辺りに6、7株は見られたのですが、
今年は何とか奥に1輪ひっそりと咲いていました。

c0189013_03581644.jpg
ササユリ(2017.6月, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
透き通るような淡いピンク色ですね。

c0189013_04000957.jpg
ササユリ(2017.6月, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
今年も綺麗なお花を見せてくれて感謝です。

c0189013_04021087.jpg
ササユリ(2017.6月, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
後で、もう一輪だけ蕾があることに気が付きました。

c0189013_04034666.jpg
ツルアリドウシ(2017.6月, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
以前から気になっていたお花。ツルアリドウシという花だそうです。
暗い所に咲いているのですが、頑張って撮ってみました。

c0189013_04071162.jpg
ツルアリドウシ(2017.6月, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
いくつかかたまって咲いている所もありました。

c0189013_04081603.jpg
ネジキ(2017.6月, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
ネジキがあちらこちらに白い花を咲かせていました。

c0189013_04095576.jpg
何の実でしょうか ヤマモモ(2017.6月, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
少し調べたのですが分かりませんでした(笑)→ Sippoさん。これがヤマモモですか。ありがとうございます!

毎年、この時期になると「ササユリ咲いたかな」と足を運んでしまいます。
これからも、そんな場所であり続けてくれるといいなと願っています。











[PR]
# by chantake123 | 2017-06-24 04:15 | Comments(13)