<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
日向ぼっこ
c0189013_213299.jpg
午後の里山(2016.11.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
仕事帰りに職場近くの里山を歩きました。
南向きの斜面にはお日様が当たって暖かかったのです。


c0189013_2194468.jpg
アカタテハ(2016.11.3 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
そんな斜面では、アカタテハが飛び出して来て、翅を広げてくれました。


c0189013_21162571.jpg
アキアカネ(2016.11.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
コンクリートの上ではアキアカネが日向ぼっこしていました。


c0189013_21205798.jpg
アキアカネ(2016.11.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
この辺りではアキアカネがたくさん日向ぼっこしていて、
何だか子供の頃、家の近くで見た光景を思い出すような、懐かしい光景でした。


c0189013_21251117.jpg
コウヤボウキ(2016.11.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
日陰ではコウヤボウキがたくさんの花をつけていました。


c0189013_21263959.jpg
ノコンギク(2016.11.3 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
道ばたでは淡紫色の野菊が美しかったです。
[PR]
by chantake123 | 2016-11-20 21:28 | Comments(10)
バランス
c0189013_1191319.jpg
チョウゲンボウ(2016.10.22 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
先月、仕事帰りの車で信号待ちをしていると、前をチョウゲンボウが横切ったのです。
河川敷から住宅の方へ向かうと、川沿いの家のTVアンテナにとまりました。


c0189013_11161623.jpg
チョウゲンボウ(2016.10.22 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II トリミング クリックすると大きめの絵になります
小雨の降る中でしばらく毛づくろいをした後、再び飛び立ってゆきました。
子供の頃はその存在にも気が付いていなかったという事はありますが、
最近は自宅近くでもちょいちょい見かける比較的身近な存在です。


c0189013_11221612.jpg
ゴイサギ(2016.8月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II トリミング クリックすると大きめの絵になります
こちらはこの夏に隣町で見かけたゴイサギの家族です。
子供の頃は実家の傍の田んぼや用水路でも棲んでいました。
一度、車にひかれて弱った幼鳥を獣医さんにもっていった事もありました。
ところが、最近はアオサギなど他のサギ類におされてか姿を見なくなりました。


c0189013_11295825.jpg
ゴイサギ(2016.8月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II トリミング クリックすると大きめの絵になります
茶色の幼鳥に混じって、1羽青灰色の成鳥も見られますね。
この池は周りが木々で覆われていて、落ち着いて過ごすことができるようです。
今もこの池に棲んでいるのか、また見に行ってみたいなあと思っています。


この数十年で、私の住む地域の環境が大きく変化したとは思いませんが、
見る機会が増えた鳥もいれば、減った鳥もいます。
生き物たちが複雑な食物連鎖で繋がりながら、それぞれが必死に生きていく中で、
その時その時の勢いや、それに応じたバランスがあるのかなあと感じています。
[PR]
by chantake123 | 2016-11-13 11:43 | Comments(8)
復活の水辺
c0189013_5443190.jpg
水草に覆われた水辺(2016.10月 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
先月に訪れた水辺です。水面がびっしりと水草で覆われています。
ここでは4~3年前に護岸工事が行われた時に岸部の土砂がかく乱されて、
そこに生えていた植物が減ったり、水辺を覆う植物が減ったりしていたのです。


c0189013_5592488.jpg
ヒシの花(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
岸部の植物も少し増えてきていて、水面に浮くヒシが白い花を咲かせていました。


c0189013_73170.jpg
ムスジイトトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
水草の上をイトトンボがたくさん飛び交っていました。


c0189013_79557.jpg
ムスジイトトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
このイトトンボは、家の近くの用水路に棲むセスジイトトンボと一見そっくりですが、
眼の後ろの模様や胸の模様から判断して、ムスジイトトンボかなあと思っています。


c0189013_7151095.jpg
シオカラトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
岸部ではシオカラトンボがペアになって移動中でした。


c0189013_718340.jpg
ショウジョウトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
真っ赤に色づいたショウジョウトンボも見られました。


c0189013_7212580.jpg
ショウジョウトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
夏のトンボというイメージですが、まだまだ10月に入っても元気そうでした。


c0189013_724174.jpg
ナニワトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
岸部の林では嬉しい出会いがありました。
日陰の枝にちょこんととまる青いトンボ。


c0189013_835797.jpg
ナニワトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
全身青灰色の粉を吹いていますが、実は赤トンボの仲間であるナニワトンボです。


c0189013_8103714.jpg
ナニワトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
産卵場所が岸部に露出する地面のため、護岸工事で岸部がかく乱された後、見られなくなっていたのです。
日本特産種で、秋に水落しの行われ岸部が露出するため池がたくさんある瀬戸内海周辺に限って分布します。


c0189013_8282472.jpg
ナニワトンボ(2016.10月 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS クリックすると大きめの絵になります
自分としては4年ぶりにたった1匹ですがナニワトンボに出会えたことがとても嬉しかったです。
この水辺を必要とするトンボたちが、これからもここで命を繋いでゆけることを切に願います。
[PR]
by chantake123 | 2016-11-06 08:37 | Comments(16)