<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
年の瀬の春日大社参道
c0189013_5223127.jpg
春日大社参道(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
12月の休日に奈良公園と春日大社を散歩しました。
やはり、休日は観光客や参拝客で賑わっていました。


c0189013_5393392.jpg
子鹿(2015.12.12/奈良県 奈良市)
参道脇で休んでいたのは、凛々しい顔立ちの子鹿さんでした。


c0189013_54476.jpg
参道と鹿(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
時折、餌をくれるの?と近づいてくる鹿さんもいて、その人懐っこさに癒されたのでした。


c0189013_550547.jpg
コケやシダの仲間(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
参道沿いに並ぶ石灯籠には、コケやシダがびっしりとついていて美しかったです。


c0189013_5563014.jpg
コケやシダの仲間(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
細長く伸びるものはノキシノブでしょうか。たくさんの胞子嚢をつけていました。


c0189013_62879.jpg
モミジの紅葉(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
今年は暖冬で紅葉が遅かったからか、このときはモミジの紅葉を楽しむことができました。


c0189013_641856.jpg
モミジの紅葉(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
真っ赤とまではいかず、オレンジ色くらいに紅葉しているものが多かったです。


c0189013_67373.jpg
春日大社の森(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
常緑広葉樹で覆われた春日大社の森をささやきの小径のほうへ抜けて帰りました。


c0189013_617734.jpg
紅葉(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
モミジ以外の木もオレンジ色に染まっていました。


c0189013_6183231.jpg
柿の木(2015.12.12/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
駐車場へと戻る道沿いにたくさんの柿が実っていました。
細長いので渋柿かもしれませんね。

今年も1年間ありがとうございました。
このブログを何とか続けているうちに7年が経ちました。
いろいろな方に助けられ、支えられて、
今年もこうして年末を迎えることができるんだなあと感じています。
拙いブログですが、来年もご指導のほど宜しくお願い致します。
それでは、よいお年をお迎えください。
[PR]
by chantake123 | 2015-12-30 06:35 | Comments(12)
本州最南端
c0189013_21454692.jpg
潮岬(2015.11月/和歌山県 串本町) クリックすると大きめの絵になります
ルーミスシジミに出会えた日に、本州の南端に位置する串本町や古座川町を巡りました。
そして、初めて本州最南端の地、潮岬まで行ってきました。


c0189013_21554529.jpg
潮岬(2015.11月/和歌山県 串本町) クリックすると大きめの絵になります
広い太平洋を船が行き来していくのでした。


c0189013_21584115.jpg
潮岬灯台(2015.11月/和歌山県 串本町) クリックすると大きめの絵になります
明治6年の初点灯以来、100余年もの間、海上交通の要所として沖行く船を照らし続ける潮岬灯台です。
ちょうど、旋回するトンビが一緒に写ってくれました。


c0189013_223079.jpg
潮岬灯台(2015.11月/和歌山県 串本町)
中には68段のらせん階段があり、台上からの眺めも素晴らしいものでした。


c0189013_2263971.jpg
ハイビスカス(2015.11月/和歌山県 串本町) クリックすると大きめの絵になります
灯台の敷地内では、ちょうどハイビスカスの花がきれいに咲いていたのです。


c0189013_2293193.jpg
ハマアザミ(2015.11月/和歌山県 串本町) クリックすると大きめの絵になります
灯台の見える駐車場にはハマアザミの花が咲いていました。


c0189013_221802.jpg
野菊(2015.11月/和歌山県 串本町) クリックすると大きめの絵になります
最南端の碑の近くには、野菊もたくさん咲いていました。


c0189013_22242123.jpg
滝ノ拝(たきのはい)(2015.11月/和歌山県 古座川町) クリックすると大きめの絵になります
古座川町も巡ってみました。
滝ノ拝は落差8mの渓流瀑。岩床に無数の穴が穿たれているのです。
大小の岩穴は「ポットホール」と呼ばれ、河床などのくぼみに石が入り込み、
水流により回転しながらくぼみ部分を削っていくことで円形の穴が出来たのだそうです。


c0189013_22343433.jpg
滝ノ拝(たきのはい)(2015.11月/和歌山県 古座川町) クリックすると大きめの絵になります
清流古座川はまさにクリスタル・リバーで、本当に透きとおっていました。


c0189013_22375311.jpg
イシガケチョウ(2015.11月/和歌山県 古座川町)
滝ノ拝の岩場でおにぎりを食べていると、傍にはイシガケチョウがやって来てくれました。


c0189013_22405638.jpg
一枚岩(2015.11月/和歌山県 古座川町) クリックすると大きめの絵になります
一枚岩は国指定の天然記念物で、高さ100メートル、幅500メートルの一枚の大きな巨岩なのです。


c0189013_22431760.jpg
一枚岩(2015.11月/和歌山県 古座川町) クリックすると大きめの絵になります
川辺にそそり立つ様子は本当に圧巻なのでした。


c0189013_22455593.jpg
滝ノ拝にて(2015.11月/和歌山県 古座川町)
お日様にも恵まれて、本州最南端の自然を満喫した一日でした。
[PR]
by chantake123 | 2015-12-19 22:53 | Comments(8)
ルーミスシジミ
c0189013_21533685.jpg
照葉樹林(2015.11月/和歌山県) クリックすると大きめの絵になります
晴天に恵まれた11月のある休日に、和歌山まで日帰りで小旅行してきました。
「出会える確率は0%」そう言って妻に付いてきてもらいました。
その蝶の名前はルーミスシジミ。
たとえ出会えなくても、その蝶が棲んでいそうな環境を一度見てみたいと思ったのです。


c0189013_2233295.jpg
照葉樹林(2015.11月/和歌山県)
そこは、山深い照葉樹の森でした。


c0189013_2264055.jpg
ドングリ(2015.11月/和歌山県)
道を歩くと、たくさんのドングリが落ちていて。


c0189013_2291151.jpg
コケの仲間(2015.11月/和歌山県)
本当に湿潤な森で、至る所にコケが生えていました。


c0189013_22104689.jpg
コケの仲間(2015.11月/和歌山県)
妻が撮影した別の種類のコケ。


c0189013_22121513.jpg
コケの仲間(2015.11月/和歌山県)
コケの間からは、キノコが顔を出していました。


c0189013_22134567.jpg
シダの仲間?コケの仲間?(2015.11月/和歌山県)
これはシダかしら。コケかしら。


c0189013_2216175.jpg
地衣類の仲間?コケの仲間?(2015.11月/和歌山県)
樹木には、まるでNZのミルフォードトラックでみたゴブリンモスのようなものがからまっているのです。


c0189013_2220249.jpg
ムラサキシジミ(2015.11月/和歌山県) クリックすると大きめの絵になります
目の前をちらちらと飛んでいたシジミチョウがシダにとまりました。
表翅の濃いブルーが美しい。
ルーミスシジミに非常によく似た種類の、ムラサキシジミというシジミチョウでした。


c0189013_22283295.jpg
ムラサキシジミ(2015.11月/和歌山県) クリックすると大きめの絵になります
ちょっと近づいて撮影したところで、ちらちらと舞い上がりました。
ルーミスシジミがもしいたら、これと同じくらいの警戒心なのだろうか…なんて考えていました。


c0189013_22314325.jpg
ムラサキシジミ(2015.11月/和歌山県)
頭上の葉にとまって、再び翅を開きました。
美しいムラサキシジミに出会えただけで、満足していたのです。


c0189013_22352582.jpg
ルーミスシジミ(2015.11月/和歌山県) クリックすると大きめの絵になります
妻と森歩きを楽しんでの帰り道。陽だまりにちらちらと舞うシジミチョウがアラカシの葉にとまりました。


c0189013_2238855.jpg
ルーミスシジミ(2015.11月/和歌山県) クリックすると大きめの絵になります
そこには、3匹ほどのシジミチョウがからむように飛んでいて。
どうも、日向ぼっこに良い場所を取り合っているみたいでした。
1匹が枝にとまる。遠いので自信がないけれど翅の裏の色と模様がルーミスシジミっぽい。
それでも、この時はやっぱりどうせ普通のムラサキシジミだろうと思っていたのです。


c0189013_22435216.jpg
ルーミスシジミ(2015.11月/和歌山県) クリックすると大きめの絵になります
今度はアラカシの葉の上で翅を開き始めました。
300mmの望遠レンズにエクステンダーをつけて覗くのですが、
部分的に葉が邪魔で観察しづらいです。


c0189013_22503332.jpg
ルーミスシジミ(2015.11月/和歌山県) クリックすると大きめの絵になります
今度は針葉樹の葉にとまりました。
やけに翅の裏が灰白色をしています。
まるで、「ルーミスシジミのようなムラサキシジミだな。」って思っていました。


c0189013_22541753.jpg
ルーミスシジミ(2015.11月/和歌山県)
一度、比較的下の方にまで下りてきてくれたのです。
翅の表の色が明るい水色。


c0189013_22574358.jpg
ルーミスシジミ(2015.11月/和歌山県)
そして、こちらの方に向けて翅を開いてくれたのです。


c0189013_2259189.jpg
ルーミスシジミ(2015.11月/和歌山県) クリックすると大きめの絵になります
でも、すぐに舞い上がって、だいぶ上のアラカシの葉の上に戻ってしまいました。
「なんだかルーミスシジミっぽいんだけど、でもまさか。ムラサキシジミだったんだよな。」
って思っていました。


c0189013_2344489.jpg
ムラサキシジミ(2015.11月/和歌山県) クリックすると大きめの絵になります
車の近くまで戻って来たところで、目の前にシジミチョウが舞い下りてきて、
岩の上で翅を開き始めました。翅を開く前に明らかに翅の裏の色は茶色でした。
そして、翅表の色は濃いブルー。この子は明らかにムラサキシジミ。
この時、「ということは、さっきの蝶はムラサキシジミではなくてルーミスだったのかも!」
って気が付いたのです。
妻に一緒に歩いてもらったので、もう十二分に満足で。
車まで戻ったところで森歩きを終了としました。


c0189013_23142213.jpg
アサマリンドウ(2015.11月/和歌山県)
この日はブルーとの出会いに本当に恵まれていたのです。
偶然目についた青いリンドウの花。けれど、普通のリンドウに比べて葉が丸みを帯びていて。


c0189013_23181742.jpg
アサマリンドウ(2015.11月/和歌山県) クリックすると大きめの絵になります
このリンドウは三重県の朝熊(あさま)山で最初に発見されたことから命名されたという
アサマリンドウという種類でした。


c0189013_23212533.jpg
マンリョウ(2015.11月/和歌山県) クリックすると大きめの絵になります
マンリョウの赤い実に冬の訪れを感じながら、この地を後にしました。

家に戻って一番、フィールドガイド「日本のチョウ」という図鑑を開いてみました。
ちょうど100ページのところを開いて、すべてを悟ったのです。
アラカシの葉から下りてきてくれたのは、ルーミスシジミだったのです!

ルーミスシジミは奈良の春日山原始林では天然記念物に指定されながら、
今では絶滅状態だと考えられています。

簡単には絶対に見られないと思っていた蝶に、初めて訪れた森で出会えたのですから
本当に幸運だったのだと思います。
決して近い場所ではないので、また訪れるチャンスがあるか分かりませんが、
この照葉樹の森でいつまでも命をつないでいってほしいと願っています。
[PR]
by chantake123 | 2015-12-12 23:39 | Comments(13)