<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
風吹き抜ける秋の草原
c0189013_9165376.jpg
鎧岳(2015.11.3/奈良県)
今月は文化の日に、曽爾のススキを見に行ってきました。
曽爾高原に近づくと見えてくるのが鎧岳です。
兜岳、屏風岩と共に、曽爾三山と呼ばれるそうです。


c0189013_9291611.jpg
鎧岳(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
山肌には柱状節理が”鎧”を飾っています。


c0189013_9334839.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
曽爾高原に入ると、お亀池周辺のススキは一面銀色に輝いていました。


c0189013_9393888.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
約40haにおよぶ一面のススキの草原。
昔から村の所在地区で屋根の材料として使われていたススキですが、
今では、その素晴らしい景観を守るために、毎年3月に山焼きが行われています。


c0189013_9513266.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
稜線には亀山から下りてくるハイカーさんが見えました。


c0189013_955402.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
山肌をススキがなびいていきます。
風さんたちがウェーブしていくのを見ている感じでしょうか。


c0189013_1053261.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
あっちにそよいだり、こっちにそよいだり、その度にキラキラと輝いていました。


c0189013_108183.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
亀山峠へと上る斜面。こちらは一面金色ですね。


c0189013_1015180.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
登山道を少し上ると、お亀池の周囲に広がる一面のススキの草原が見渡せました。


c0189013_10173330.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
亀山峠まで上ると曽爾高原を一望。
遠くには曽爾三山まで見渡せる大パノラマでした。


c0189013_10572327.jpg
アキノキリンソウ(2015.11.3/奈良県)
曽爾で出会った秋のお花たち。
ススキの草原に入ってまず最初に撮ったのは、葉が赤くなったアキノキリンソウ。


c0189013_11174822.jpg
薊(2015.11.3/奈良県)
アザミの花を何回か見かけました。
ヨシノアザミでしょうか。うーん。種類は分かりません。


c0189013_11214910.jpg
リンドウ(2015.11.3/奈良県)
草やぶの間からリンドウのつぼみが。


c0189013_11273778.jpg
リンドウ(2015.11.3/奈良県)
開いている花にも出会うことができました。


c0189013_11284848.jpg
野菊(2015.11.3/奈良県)
野菊もちらほら。ノコンギクかヨメナか?
野菊の判別については少し勉強したので、来年は種類を判別してみたいです。


c0189013_1130117.jpg
センブリ(2015.11.3/奈良県)
センブリがたくさんの蕾をつけていました。
今度来るときは開いた花を見れるといいな。


c0189013_11315956.jpg
屏風岩公苑(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
帰り道で、屏風岩公苑に寄りました。


c0189013_1134486.jpg
屏風岩(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
垂直に柱状節理の岩壁が約200mの断崖をなしています。
この辺りの山々は室生火山群に属し、鎧岳、兜岳、屏風岩などの珍しい柱状節理の美景は国の天然記念物に指定されているのです。


c0189013_11393453.jpg
屏風岩(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
岩壁をかこむ紅葉と、雲の流れていく青空がきれいで、しばらくぼーっと眺めていました。

晴れの特異日である文化の日に、曽爾の自然を満喫した一日となりました。
[PR]
by chantake123 | 2015-11-22 11:46 | Comments(16)
秋の山を訪れて その2
c0189013_18101859.jpg
野菊(2015.10.31) クリックすると大きめの絵になります
10月末に職場近くの山へ登ったときの写真です。
山麓から山頂まで、ずっと野菊を見ながらの登山となりました。
登り始めてすぐに咲いていたこの野菊はノコンギクかなぁと思ったのですが。


c0189013_18162177.jpg
野菊(2015.10.31)
しばらく登ると、若干小さめの白い菊が見られ始めました。


c0189013_18223023.jpg
シマカンギク(2015.10.31) クリックすると大きめの絵になります
山腹には黄色い菊がちらほらと。きっとシマカンギクですね♪


c0189013_1825165.jpg
シマカンギク(2015.10.31) クリックすると大きめの絵になります
笹の葉の間から顔を出していたり。


c0189013_1826447.jpg
シマカンギク(2015.10.31)
たくさんの花を咲かせている株もあり、美しかったです。


c0189013_18282729.jpg
ヤマハッカ(2015.10.31)
ヤマハッカは小さな紫の花。


c0189013_18322384.jpg
サザンカ(2015.10.31)
サザンカの花が咲き始めていました。


c0189013_1834132.jpg
野菊(2015.10.31)
山腹にも、ちょっと小さめの白い野菊。


c0189013_18353973.jpg
野菊(2015.10.31)
この株はさっきより葉がしゅっとした感じ。


c0189013_19495246.jpg
センボンヤリ(2015.10.31)
キク科のセンボンヤリの綿毛です。
この時期は閉鎖花がそのまま実るので、今度は春に紫を帯びた花を見てみたいです。


c0189013_19562160.jpg
野菊(2015.10.31)
稜線近くまで登ったところでも、白い野菊さんです。
ちょうど木漏れ日があたって、白く輝いていました。


c0189013_1959528.jpg
野菊(2015.10.31/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
ちょうど、稜線まで出たところに咲いていた野菊。
この野菊は、蕾は紫を帯びてますね。


c0189013_201456.jpg
リュウノウギク(2015.10.31/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
稜線に出て山頂へ向かう途中にリュウノウギクが咲いていました♪


c0189013_2032676.jpg
リュウノウギク(2015.10.31/奈良県)
大きめの白い花と可愛らしい丸みを帯びた葉をしています。


c0189013_2065481.jpg
リュウノウギク(2015.10.31/奈良県)
優しい感じのお花。日陰にも咲いていました。


c0189013_2081999.jpg
コウヤボウキ(2015.10.31/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
稜線から上ではコウヤボウキのお花もたくさん咲いていましたよ。


c0189013_2095389.jpg
野菊(2015.10.31/奈良県)
山頂では小さめの白い野菊がたくさん咲いていました。


c0189013_20125790.jpg
ヤクシソウとチャバネセセリ(2015.10.31) クリックすると大きめの絵になります
所々には小柄な黄色いお花。こちらもキク科のヤクシソウ。
チャバネセセリがさかんに花にやってきていました。


c0189013_20152623.jpg
カマキリの仲間(2015.10.31) クリックすると大きめの絵になります
油断は禁物です。お花の傍にはオオカマキリでしょうか。獲物を待っていますよ。


c0189013_2017448.jpg
クルマバッタ(2015.10.31) クリックすると大きめの絵になります
草地を歩くと、足元からクルマバッタが飛び出しました。


c0189013_20182840.jpg
紅葉(2015.10.31/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
登山道の木々は所々で紅葉が始まっていました。


c0189013_20201833.jpg
紅葉(2015.10.31/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
山頂の木々も紅葉していました。

というわけで、秋の山は菊の花でいっぱいでした。
野菊は種類まで分からないのがもどかしいところなのですが、
もし分かりましたら教えていただきたいです。
紅葉の方もいよいよ少しずつ麓へと下りてきますね。
[PR]
by chantake123 | 2015-11-07 20:42 | Comments(12)
秋の山を訪れて
c0189013_6265087.jpg
山頂からの眺望(2015.9.20/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
9月、10月と続けて、職場の近くの山へ登ってきました。
まずは9月のSWの時の写真から。
山頂からは畝傍山がよく見えました。その向こうには、音羽山や御破裂山、竜門岳あたりでしょうか。


c0189013_650579.jpg
緑深き登山道(2015.9.20/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
まだSWの頃は木々の葉も緑が濃かったです。


c0189013_6521047.jpg
ネキトンボ(2015.9.20/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
山頂の桜の木には赤とんぼの仲間であるネキトンボが2匹とまっていました。
季節によってはこんな山の上で過ごす時期もあるのかもしれません。


c0189013_655880.jpg
アサギマダラ(2015.9.20/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
山頂付近のヒヨドリバナにアサギマダラがやってきていました。
南への渡りの途中だと思います。
しばらく吸蜜すると、ふわふわと飛んでゆきました。


c0189013_6581828.jpg
コチャバネセセリ(2015.9.20) クリックすると大きめの絵になります
ヒヨドリバナは登る途中に所々に咲いていて、コチャバネセセリが2匹で仲良く吸蜜していました。


c0189013_71598.jpg
ダイミョウセセリ(2015.9.20)
萩の花などの蜜を求めて、まだまだ元気に活動していたのはダイミョウセセリ。


c0189013_742831.jpg
クロヒカゲ(2015.9.20/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
尾根沿いの登山道では、ベンチの上へクロヒカゲがやってきていました。
人の汗にひかれて来たのかな。


c0189013_771638.jpg
ササキリ(2015.9.20) クリックすると大きめの絵になります
林縁の草地では触角のながーいササキリさんが挨拶してくれました。


c0189013_785156.jpg
キンミズヒキ(2015.9.20/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
山中では、いろんなお花を見ることができました。
ササキリの草地でもたくさん咲いていたのはキンミズヒキ。


c0189013_7111054.jpg
マルバハギ(2015.9.20/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
ダイミョウセセリもやってきていた萩の花。


c0189013_7122963.jpg
ママコナ(2015.9.20)
日陰にはピンクのママコナが咲き残ってくれていました。


c0189013_720222.jpg
アキノタムラソウ(2015.9.20)
こちらも、日陰のは涼しげな紫色のアキノタムラソウ。


c0189013_721436.jpg
ヨシノアザミ(2015.9.20/奈良県)
山頂付近ではヨシノアザミが咲き始めていました。


c0189013_7231296.jpg
コウヤボウキ(2015.9.20) クリックすると大きめの絵になります
コウヤボウキも、この時は少しだけ咲き始めていましたよ。


c0189013_7243731.jpg
ツルリンドウ(2015.9.20) クリックすると大きめの絵になります
ツルリンドウが薄紫の美しい花を咲かせてくれていました。


c0189013_7261290.jpg
セトウチホトトギス(2015.9.20) クリックすると大きめの絵になります
そして、うれしい出会いが。初めてセトウチホトトギスの花を見ることができました。


c0189013_728327.jpg
タマゴタケ(2015.9.20)
おまけは、この日に何回か見かけたタマゴタケ。鮮やかな色彩が目を引きました。


[PR]
by chantake123 | 2015-11-01 07:30 | Comments(8)