<   2015年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
黄金色の稲穂
c0189013_616072.jpg
ダイサギ(2015.10.12/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
いよいよ家の近くの田んぼでは稲刈りが進んでいますね。
ダイサギは水路の魚を狙っていました。


c0189013_6203880.jpg
スズメ(2015.10.12/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
スズメさんは田んぼに生えた草に飛びついて、食事中でした。


c0189013_6244048.jpg
ノビタキ(2015.10.12/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
道の向こうにとまっているのはノビタキ。
いるだろうとは思っていましたが、初めての出会いでした。
モズと体色が似ているので、注意して区別しないといけません。


c0189013_6292623.jpg
アカタテハ(2015.10.12/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
稲穂に赤い蝶がとまった。
アカタテハが朝日を浴びて体を温めていました。
これから冬を成虫で越冬していくたくましい蝶ですね。


c0189013_6334421.jpg
黄金色の稲穂(2015.10.12/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
田んぼが黄金色に染まって本当に美しいです。


c0189013_636338.jpg
黄金色の稲穂(2015.10.12/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
手前から奥まで、稲穂はしっかりと実っていました♪


c0189013_639456.jpg
黄金色の稲穂(2015.10.12/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
お百姓さんが丹精込めて育てたお米ですね。


c0189013_6413561.jpg
黄金色の稲穂(2015.10.12/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
朝日を浴びて、田んぼが黄金色に輝きました。


c0189013_78582.jpg
カルガモ(2015.10.12/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
カルガモが舞い降りてきました。2羽で仲良くあぜ道を散策でしょうか。


c0189013_644116.jpg
ジシギの仲間(2015.10.12/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
去年も今年も稲刈りの季節に見ることができたジシギの仲間です。
稲刈りの終わった田んぼや、稲刈り前の田んぼの水の残ったような場所で餌を捕っているのです。
用心深い鳥なので、いるかなあと思って静かに歩いていても、たいてい見つける前に遠くへ飛んで行ってしまいます。
この日は5羽で飛び立たったのですが、少し距離を置いただけで同じ田んぼに下りてくれたので、撮影させてもらうことができました。


c0189013_6582863.jpg
ジシギの仲間(2015.10.12/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
長い口ばしがキュートですね。


c0189013_704981.jpg
ジシギの仲間(2015.10.12/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
泥の奥まで口ばしを突っ込んで餌を捕っていました。


c0189013_721136.jpg
ジシギの仲間(2015.10.12/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
この写真には3羽写っていますね。
お食事中にお邪魔しましたね。撮影させてくれて本当に感謝です。


c0189013_751930.jpg
ヒバリ(2015.10.12/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
ヒバリさんは稲刈り後の田んぼに紛れて佇んでいました。


c0189013_7105186.jpg
稲刈り(2015.10.12/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
稲刈り中の田んぼの向こうを自転車の方や散歩の方が通り過ぎていきます。


c0189013_7134795.jpg
カルガモ(2015.10.12/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
2羽のカルガモはしばらくすると再び上空へ飛び立ってゆきました。


c0189013_716418.jpg
ミツバチ(2015.10.24/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
セイタカアワダチソウの花ではミツバチさんがせっせと蜜集めしてました。


c0189013_7175714.jpg
ミツバチ(2015.10.4/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
キクの花にもミツバチさん。早春から晩秋まで本当に働き者ですね。


c0189013_7195658.jpg
アキアカネ(2015.10.24/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
この秋に地元の田んぼで探していたアキアカネ。
ようやく3年前に見かけた辺りで5匹ほど見ることができました。
どこも同じように見える田んぼも、アキアカネから見ると居心地が違うのかもしれません。
とにかく、今年も近くで赤とんぼを見ることができて安堵しました。


[PR]
by chantake123 | 2015-10-25 07:23 | Comments(4)
黒い赤とんぼ
c0189013_1261084.jpg
高原の池(2015.8.16/長野県) クリックすると大きめの絵になります
夏に高原の池で出会ったトンボたちを紹介します。


c0189013_1294368.jpg
アキアカネ(2015.8.16/長野県)
近年、減少が心配されているアキアカネ。赤とんぼの代表的な種類です。
この高原では見ることができましたが、この秋に地元の田んぼでは全く見られないでいます。


c0189013_12244044.jpg
アオイトトンボ(2015.8.16/長野県)
アオイトトンボは池の周りでも、辺りの草はらでもたくさん見られました。
金属光沢が美しかったです。


c0189013_12321388.jpg
連結中のアオイトトンボとルリイトトンボ(2015.8.16/長野県)
アオイトトンボは連結して産卵しているものも見られました。
すると、そこへ別の種類のイトトンボが急にとびかかったのです。


c0189013_12362378.jpg
ルリイトトンボ(2015.8.16/長野県) クリックすると大きめの絵になります
とびかかったのは初めて出会う種類でした。
後で調べてルリイトトンボのオスと分かりました。
同じ種類と勘違いしてとびかかったのでしょうか。
それにしても、こちらのルリイトトンボも青い眼と水色の体色が美しいのでした。


c0189013_12482483.jpg
ルリイトトンボ(2015.8.16/長野県 トリミング)
ちゃんとカップルになっているルリイトトンボも見つけられました。


c0189013_12511330.jpg
ルリイトトンボ(2015.8.16/長野県) クリックすると大きめの絵になります
近づいて観察すると、ほんとうに美しいイトトンボですね♪
ただ、とびかかった一匹のやんちゃな印象が強く残ってしまいました(笑)


c0189013_1324965.jpg
オオルリボシヤンマ(2015.8.16/長野県) クリックすると大きめの絵になります
ミツガシワの葉の間を飛びながら、オオルリボシヤンマのメスが産卵場所を探していました。
地元の奈良でも見られるトンボですが、高原の景色が似合うトンボだなあと感じました。


c0189013_13101374.jpg
オオルリボシヤンマ(2015.8.16/長野県)
何とか産卵している場面も撮影できました。


c0189013_1314467.jpg
ムツアカネ(2015.8.16/長野県) クリックすると大きめの絵になります
そして、この池でもう一種類初めて観察できたのがムツアカネです。
アキアカネに近い種類ですが、こちらは成熟すると全身が黒化する赤とんぼなのです!
本州では山岳地域でのみ見られる種類なので出会えてよかったです。


c0189013_13233649.jpg
ムツアカネ(2015.8.16/長野県) クリックすると大きめの絵になります
こちらはメス。オスほど黒くはなりません。
産卵していたものが葉にとまって休憩したところで撮影させてもらいました。


c0189013_13302987.jpg
ムツアカネ(2015.8.16/長野県)
連結したものも近くにとまってくれました。
連結して産卵しているものと、メスだけで産卵しているものの両方のタイプが見られました。


c0189013_13334832.jpg
ムツアカネ(2015.8.16/長野県) クリックすると大きめの絵になります
水面近くでミツガシワの葉にとまるムツアカネのオス。
何とか最後に黒い赤とんぼを綺麗に撮れたかな。
またいつか、見に来れることを切に願い、高原を後にしました。

時期的にどの種類も産卵の時期を迎えていて、懸命に子孫を残していました。
今頃はこの高原も紅葉の季節を迎えていると思います。
[PR]
by chantake123 | 2015-10-12 13:51 | Comments(14)
散歩日和
c0189013_1191618.jpg
ヒガンバナ(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
最近、朝夕は涼しくて、近くをカメラをもって歩くのも暑くなくていいのです。


c0189013_11153281.jpg
ザクロ(2015.10.4/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
住宅沿いの畑では、ザクロの実がたわわに実っていました。


c0189013_111857.jpg
アゲハチョウ(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
キバナコスモスが植えられていて、アゲハチョウが次々とやってきます。


c0189013_11231293.jpg
ツマグロヒョウモン(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
ニラの花には綺麗なツマグロヒョウモンを見ることができました。


c0189013_11262283.jpg
イチモンジセセリ(2015.8.23/奈良県)
庭の梅の葉で休むイチモンジセセリ。近所のお花でもよく見かけます。


c0189013_11333215.jpg
ウスバキトンボ(2015.8.23/奈良県)
今年はお庭にウスバキトンボがたくさんやってきました。
多い日は、一日に3匹もお庭の木にとまっていました。


c0189013_1141961.jpg
風そよぐ田んぼ(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
近くの田んぼを歩くと、風が吹き抜けて気持ちいい。


c0189013_11441863.jpg
トノサマバッタ(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
田んぼの間を通るみちで、トノサマバッタを見つけました。
魚眼レンズを使って撮ってみると、遠くに置いたつもりのカメラバッグが映り込んでしまいました。


c0189013_11483877.jpg
トノサマバッタ(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
このバッタさんはおとなしくて、至近距離まで近づかせてくれました。


c0189013_11513927.jpg
セスジイトトンボ(2015.9.6/奈良県)
田んぼのあぜ道では、セスジイトトンボがゆっくりと移動していました。
隣の用水路に棲んでいるのかな。


c0189013_11551010.jpg
カタツムリ(2015.9.6/奈良県)
イトトンボの傍では、カタツムリさんもいました。
カタツムリハンドブックを買ってみたので、種類を調べてみようと思います。


c0189013_1201684.jpg
ヒクイナ(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
田んぼを歩いていると、ピイピイと鳥のひなのような鳴き声が聞こえてくるのです。
しばらくじっと耳をすませてみると、カサカサっと稲穂をぬってヒクイナの親鳥がこちらの様子をうかがっていたのです。
でも目が合うとささっと引っ込んでしまいました。


c0189013_126784.jpg
ヒクイナ(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
稲穂の奥には数匹の雛がいるようで、親鳥は雛を守るためにあっちへ行ったりこっちへ行ったり。
ときどき稲穂の間から親の姿が見えるので、じっとしゃがんで静かに待っていると…。
こちらの様子をうかがいに再び出てきました。
深い緋色の羽と目が印象的です。


c0189013_12131242.jpg
ヒクイナ(2015.9.19/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
土のうの上に上がって、こちらを見ていました。
子育て中にお邪魔してしまいました。姿を見せてくれてありがとう。


c0189013_4333547.jpg
ヒバリ(2015.10.4/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
ヒバリさんは、一年中見られるものですね。
歩いていると路の先で急に飛び立つのですが、体色が地面と同化していてなかなか気が付かないのでした。


c0189013_12184372.jpg
田んぼの鷺たち(2015.10.4/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
田んぼの水たまりや水路では、鷺たちが餌探しに余念がありません。
右からアオサギ、コサギ、一番左はダイサギさんでしょうか。
そろそろ、近くの田んぼも稲刈りを迎えます。


[PR]
by chantake123 | 2015-10-04 12:25 | Comments(10)