<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ハッチョウトンボの棲む水辺 その2
c0189013_4281595.jpg
ハッチョウトンボ(2015.6月) クリックすると大きめの絵になります
昨年も訪れた湿地でハッチョウトンボを観察しました。


c0189013_4324634.jpg
ハッチョウトンボ(2015.6月) クリックすると大きめの絵になります
ここには2匹写っていますが、狭い範囲に3匹観察できました。


c0189013_4372088.jpg
ハッチョウトンボ(2015.6月) クリックすると大きめの絵になります
今回は、魚眼レンズを久しぶり使ってみました。


c0189013_4434719.jpg
ハッチョウトンボ(2015.6月)
雨の降りそうな天気だったからか大人しかったので、レンズがぶつかりそうなくらい近づいてみました。


c0189013_447555.jpg
モートンイトトンボ(2015.6月) クリックすると大きめの絵になります
モートンイトトンボもじっとしていて、まるで草と同化していました。


c0189013_4502752.jpg
ネジバナ(2015.6月)
草はらにネジバナがたくさん伸びていました。


c0189013_452305.jpg
オカトラノオ(2015.6月)
オカトラノオが咲き始めていていました。


c0189013_4545021.jpg
カキラン(2015.6月) クリックすると大きめの絵になります
今年もカキランに出会うことができました。


c0189013_4572511.jpg
カキラン(2015.6月) クリックすると大きめの絵になります
カキランを観察していると、ハナアブのような昆虫が花にやってきます。


c0189013_4592116.jpg
カキラン(2015.6月 トリミング)
花に潜り込んで蜜を吸うのでしょう。


c0189013_512065.jpg
カキラン(2015.6月 トリミング)
花から飛び立つと、ハナアブ(写真の矢印)の背中に花粉の塊が付くようになっています。
そして、そのハナアブが別の花を訪れることにより、カキランは受粉されるのです。
ランは美しい花を咲かせるだけでなく、巧みな戦略によって子孫を残しているのだと感心しました。
何だか時間を忘れて小さな生き物たちを観察してしまいました。
[PR]
by chantake123 | 2015-07-25 05:12 | Comments(8)
ハッチョウトンボの棲む水辺
c0189013_543198.jpg
ハッチョウトンボ(2015.6.21) クリックすると大きめの絵になります
今年は蜻蛉さんに出会いたくて、何度か見にゆきました。
県境の水辺では、ハッチョウトンボに出会うことができました。


c0189013_5512092.jpg
ハッチョウトンボとキイトトンボ(2015.6.21) クリックすると大きめの絵になります
この水辺ではイトトンボの仲間が多くて、これはキイトトンボとのツーショット。
ちらっとイトトンボの方を見る場面もあり、相手を意識しているようでした。


c0189013_5572730.jpg
ハッチョウトンボ(2015.6.21)
そして、体長2cmほどのハッチョウトンボは、イトトンボを追い払いながら自分のなわばりを主張するのでした。


c0189013_66972.jpg
キイトトンボ(2015.6.21)
キイトトンボも近づいて見ると、なかなか表情豊かです。


c0189013_637023.jpg
キイトトンボ(2015.6.21)
キイトトンボは数が多くて、連結産卵するものも見られました。


c0189013_6113983.jpg
ベニイトトンボ(2015.6.21)
少数ながらベニイトトンボにも出会えました。


c0189013_614335.jpg
クロイトトンボ(2015.6.21)
クロイトトンボは睡蓮の葉の上でのんびりしていました。


c0189013_7311036.jpg
睡蓮(2015.6.21) クリックすると大きめの絵になります
ミクロな世界を観察するのも、楽しいものです♪


[PR]
by chantake123 | 2015-07-19 06:21 | Comments(12)
古墳の濠にて
c0189013_3252366.jpg
ウチワヤンマ(2015.6.20/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
梅雨の晴れ間にトンボにでも出会えないかと、古墳の濠を歩いたときの写真です。
ウチワヤンマは、「ここは俺のなわばりだ!」と言っているようでした。


c0189013_3325342.jpg
コフキトンボ(2015.6.20/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
コフキトンボがたくさんいて、逃げないので広角レンズで近づいてみました。


c0189013_3354866.jpg
コシアキトンボ(2015.6.20/奈良県)
コシアキトンボはホバリングしながら卵を飛ばして、水草へ産卵していました。


c0189013_3394868.jpg
キタテハ(2015.6.20/奈良県)
キタテハはいつも春や秋にしか撮っていないので、夏型を撮るのは初めてでした。


c0189013_343509.jpg
ツバメ(2015.6.20/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
少し日が陰ると、とたんにツバメが低空飛行で餌を探し始めました。


c0189013_3463184.jpg
ツバメ(2015.6.20/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
あんなに速く飛んでいても、二羽で会話をしているように感じました。


c0189013_3484813.jpg
カワセミ(2015.6.20/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
帰り支度を始めたところで、カワセミが出てきたので延長戦となりました。


c0189013_351798.jpg
カワセミ(2015.6.20/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
遠くからの観察だったからか、気前よくダイビングを見せてくれました。


c0189013_3533828.jpg
カワセミ(2015.6.20/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
まだ幼鳥かなあと思いながら見ていましたが、一発で餌を咥えて上がってきました。


c0189013_3563420.jpg
カワセミ(2015.6.20/奈良県 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
梅雨の時期は天気が安定しませんが、そんな状況をもろともせずトンボや鳥たちはたくましく活動しているようでした。
今年の梅雨はたくさん雨が降った気がします。そろそろ梅雨明けしてくれるでしょうか。


[PR]
by chantake123 | 2015-07-12 04:05 | Comments(10)