<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
大神神社のササユリ
c0189013_3522548.jpg
大神神社(2015.6.7/奈良県 桜井市)
早朝に大神神社を歩いてきました。


c0189013_3562986.jpg
ササユリ(2015.6.7/奈良県 桜井市) クリックすると大きめの絵になります
「古事記」には神武天皇が三輪山の狭井川にお越しになり、三輪山はささゆりがたくさん咲くところであると表現されています。
古代、三輪山にささゆりが群生していたことを今に伝えるために、この時期にささゆり園が開園されています。
まだ、開園前の時間だったので、外から望遠レンズで撮らせてもらいました。


c0189013_44304.jpg
ササユリ(2015.6.7/奈良県 桜井市) クリックすると大きめの絵になります
ささゆり園以外にも境内に植えられていて、花を咲かせていました。


c0189013_47236.jpg
ササユリ(2015.6.7/奈良県 桜井市) クリックすると大きめの絵になります
ささゆり園のささゆりは「三輪山にささゆりを復活させたい」と、平成四年から栽培が始められました。
種子から開花までに、少なくとも六年かかるそうです。


c0189013_4135528.jpg
ササユリ(2015.6.7/奈良県 桜井市) クリックすると大きめの絵になります
三輪山から奈良の率川神社へささゆりを奉献する「ささゆり奉献神事」が6月16日に、
三輪山のささゆりで国家国民の平安を祈る率川神社の「ゆりまつり(三枝祭)」が6月17日に行われます。


c0189013_4205443.jpg
朝日に輝く(2015.6.7/奈良県 桜井市) クリックすると大きめの絵になります
境内の木々には、すがすがしい朝日が射していました。
[PR]
by chantake123 | 2015-06-17 04:24 | Comments(8)
伊勢神宮の森
c0189013_1405360.jpg
伊勢神宮 外宮(2015.5月/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
2年ぶりに伊勢神宮を訪れました。
前回は式年遷宮の年だったので、今の建物はまだ新造中でした。
なので、新しい建物にお参りするのは今回が初めてでした。


c0189013_14194229.jpg
伊勢神宮 外宮(2015.5月/三重県 伊勢市)
前回訪れた時と同様に、外宮から参拝しました。
お昼前に到着しましたが、午前中の雨が上がって、神社林はしっとりとした空気を帯びていました。


c0189013_1425234.jpg
サツマシジミ(2015.5月/三重県 伊勢市)
手水舎で手を洗い終えた時に、一匹の青いシジミチョウがそのそばへ下りてきました。
地面が水で濡れているので、吸水にやってきたようでした。


c0189013_14313567.jpg
サツマシジミ(2015.5月/三重県 伊勢市)
近づいて見てみると南方系の蝶であるサツマシジミでした。
去年、和歌山県の那智の滝でも出会いましたが、今回は初めて撮影できました。


c0189013_1445502.jpg
豊受大神宮 正宮(2015.5月/三重県 伊勢市)
新しい正宮にお参りしました。前回と今回で新旧二代の正宮にお参りできて、本当にありがたいことです。


c0189013_14544727.jpg
シダの仲間(2015.5月/三重県 伊勢市)
多賀宮へ上る石段の脇には、シダの仲間がびっしりと生えていました。


c0189013_14585044.jpg
ハナミョウガ(2015.5月/三重県 伊勢市)
風宮の近くに鮮やかな赤い花のつぼみを見つけました。
葉がミョウガに似ていると思っていましたが、帰って調べるとハナミョウガという種類でした。


c0189013_1523862.jpg
カタツムリの仲間(2015.5月/三重県 伊勢市)
ハナミョウガを撮影していると、奥さんが隣の木でカタツムリを見つけてくれました。
雨上がりなのでカタツムリも元気に活動しているようでした。


c0189013_156193.jpg
勾玉池(2015.5月/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
勾玉池では池のほとりにカキツバタが満開でした。


c0189013_1582912.jpg
カキツバタ(2015.5月/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
池の周りやほとりに花菖蒲やカキツバタがあることは前回訪れた時に知っていましたが、
花の時期であることを全然考えていなかったので、本当に幸運にも素敵な景色を見ることができました。
式年遷宮を期して創設された「せんぐう館」からも池の景色が見えましたよ。


c0189013_15212037.jpg
タニウツギ(2015.5月/三重県 伊勢市)
境内ではさまざまな花が咲いていました。タニウツギは優しい色合いでした。


c0189013_1537322.jpg
ツツジの仲間(2015.5月/三重県 伊勢市)
5月はツツジの季節ですね。ちょうど満開でしたが種類までは分かりませんでした。


c0189013_15262520.jpg
ヒトツバタゴ(2015.5月/三重県 伊勢市)
地面に不思議な花を見つけました。くるくると回転しながら白い花が落ちてくるのです。


c0189013_1527571.jpg
ヒトツバタゴ(2015.5月/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
見上げると大きな木にたくさんの白い花が咲いています。
調べるとヒトツバタゴという種類。別名にナンジャモンジャという名前があります。
限られた地域に自生しているからか知る人が少なく、植栽されていても種類が分からないので、この名前がついたそうです。


c0189013_15401046.jpg
エゴノキ(2015.5月/三重県 伊勢市)
白い花ではエゴノキも満開でした。


c0189013_15464932.jpg
モンキアゲハ(2015.5月/三重県 伊勢市 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
モンキアゲハがエゴノキやタニウツギをめぐって、ふわふわと飛んでゆきました。


c0189013_15502022.jpg
トベラ(2015.5月/三重県 伊勢市)
白い花でもう一種類満開だったのはトベラの花です。
そして、この花では初めて見る蝶との出会いもありました。


c0189013_15534020.jpg
ミカドアゲハ(2015.5月/三重県 伊勢市 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
伊勢神宮の森を代表するチョウと言われるミカドアゲハがトベラの花にやってきたのです。
見慣れたアオスジアゲハと比べて翅の斑紋が多くて、斑紋の青色が薄いです。


c0189013_15593730.jpg
ミカドアゲハ(2015.5月/三重県 伊勢市 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
ミカドアゲハは南方系の種類で日本ではこの地域が分布の北限にあたります。
帝(ミカド)という高貴な名前をもったこの蝶を伊勢神宮で見られて、本当に嬉しい出会いでした。
古来より神木として神社に植えられるオガタマノキが幼虫の食樹となるので、この伊勢神宮で見られるのです。


c0189013_16134391.jpg
アオスジアゲハ(2015.5月/三重県 伊勢市 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
アオスジアゲハも一緒に飛んでいました。
こちらの方が高速で翅をふるわして飛ぶので、翅がブレて写っていますね。


c0189013_16231536.jpg
ナガサキアゲハ(2015.5月/三重県 伊勢市)
外宮をあとにして「おかげ横丁」へ移動するときに、住宅の庭の花へきれいなナガサキアゲハがやってきていました♪


c0189013_16263212.jpg
伊勢神宮 内宮(2015.5月/三重県 伊勢市)
もちろん、内宮にも参拝しました。


c0189013_1628748.jpg
伊勢神宮の森(2015.5月/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
清流五十鈴川やその背後に常緑広葉樹の森が美しいです。


c0189013_16305759.jpg
モクズガニ(2015.5月/三重県 伊勢市)
五十鈴川では、前回来た時よりも大きなモクズガニがいました!


c0189013_1633498.jpg
五十鈴川(2015.5月/三重県 伊勢市)
五月の伊勢神宮は、巨樹に囲まれた厳粛な空気や、豊かな自然に満ち満ちていました。
また、ぜひ機会があれば訪れたい場所です。
[PR]
by chantake123 | 2015-06-07 16:44 | Comments(6)