<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
GReeeeN
c0189013_8264144.jpg
緑萌える山里(2015.5月/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
半日のお休みを使って、午前中のドライブに出かけました。


c0189013_8524959.jpg
クマガイソウ(2015.5月/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
3年ぶりに見に行ったクマガイソウは花数が減ったように思いますが、無事花を咲かせてくれていました。


c0189013_903790.jpg
クマガイソウ(2015.5月/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
和名は熊谷草。袋状の唇弁を熊谷直実が背負った母衣にたとえたもの。
母衣(ほろ)は風船のようにふくらませた布のことで、昔の武者は後ろからの矢を防ぐために身にまとっていたそうです。
マルハナバチが唇弁に潜り込んでいく様子を一度観察できました。


c0189013_10194596.jpg
クマガイソウ(2015.5月/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
距離を考えて、伯父さんからいただいた望遠ズームレンズで撮ってみました。いい感じで使えました。


c0189013_10214852.jpg
クマガイソウ(2015.5月/奈良県)
花の大きさは日本の野生ランの中では一番大きく10センチ近くあります。
来年以降もたくさんの花を咲かせてください。


c0189013_10555231.jpg
ミヤマカラスアゲハ(2015.5月/奈良県)
近い地域の雑木林ではミヤマカラスアゲハが吸水に降りてきていました。


c0189013_10582595.jpg
ミヤマカラスアゲハ(2015.5月/奈良県)
翅を開いている側が水路なので回り込んでの撮影はできませんでしたが、青緑色の翅表を少しだけ見せてくれました。


c0189013_1123593.jpg
ミヤマカラスアゲハ(2015.5月/奈良県)
たっぷり吸水すると、ひらひらと舞い上がっていきました。


c0189013_1145170.jpg
雑木林(2015.5月/奈良県)
クヌギ林の新緑も美しいです。

半日足らずでしたが、景色、花、蝶、様々な緑色を見ることができました。
「GReeeeN」の曲を聴きながらのドライブだったので、緑とかけて今回の題名にしてみました。
分かりにくいですよね(笑)
[PR]
by chantake123 | 2015-05-23 11:12 | Comments(14)
伊吹山 5月の花たち
c0189013_1692356.jpg
伊吹山(2015.5.3/滋賀県 米原市) クリックすると大きめの絵になります
ゴールデンウィークに、滋賀県と岐阜県の境にそびえる伊吹山へ春のお花を見に行ってきました。
山腹まで上がり、お昼ご飯を食べて下りてくるというお手軽登山でしたが、たくさんのお花に出会うことができました。


c0189013_1613416.jpg
ハクサンハタザオ(2015.5.3/滋賀県 米原市)
登山道脇にたくさんの白い花を咲かせていたハクサンハタザオ。


c0189013_16144358.jpg
マムシグサ(2015.5.3/滋賀県 米原市)
麓でいくつも見られたマムシグサ。


c0189013_16154068.jpg
クサボケ(2015.5.3/滋賀県 米原市) クリックすると大きめの絵になります
初めて見る朱色のクサボケの花でした。


c0189013_16215790.jpg
アゲハチョウ(2015.5.3/滋賀県 米原市) クリックすると大きめの絵になります
ミツバウツギの花では、アゲハチョウが無心に蜜を吸っていました。


c0189013_1616529.jpg
ニョイスミレ(2015.5.3/滋賀県 米原市)
スミレの仲間も数種類見ることができました。


c0189013_16175728.jpg
オオタチツボスミレ(2015.5.3/滋賀県 米原市) クリックすると大きめの絵になります
奈良ではあまり見られない種類も生育しているようです。


c0189013_16192016.jpg
アマドコロ(2015.5.3/滋賀県 米原市) クリックすると大きめの絵になります
アマドコロの白い鈴が風にそよいでいました。


c0189013_16202378.jpg
オドリコソウ(2015.5.3/滋賀県 米原市)
アマドコロのとなりでは、オドリコソウが淡いピンク色の花を咲かせていました。


c0189013_16232837.jpg
フデリンドウ(2015.5.3/滋賀県 米原市)
嬉しい出会いは初めて見るフデリンドウの花でした。


c0189013_16262296.jpg
フデリンドウ(2015.5.3/滋賀県 米原市)
つぼみの形を「筆」に例えて、名前がつけられています。


c0189013_1629415.jpg
フデリンドウ(2015.5.3/滋賀県 米原市)
お天気はだんだんと晴れから曇り空へと変わりつつありましたが、あちらこちらで花を開いてくれていました。


c0189013_16321553.jpg
フデリンドウ(2015.5.3/滋賀県 米原市)
奥さんが綺麗に撮影してくれていたので、私の駄作の代わりに載せさせてもらいました。


c0189013_16351123.jpg
フデリンドウ(2015.5.3/滋賀県 米原市) クリックすると大きめの絵になります
アップでも綺麗に撮ってくれていました。

伊吹山は麓から山頂まで、そして早春から秋まで様々なお花が見られる植物の宝庫です。
是非ともまた季節を変えて訪れたいものです。
下山後、道の駅で飲んだ伊吹牛乳が美味しかったです!
[PR]
by chantake123 | 2015-05-17 16:40 | Comments(10)
春日山遊歩道ぶらり
c0189013_6505840.jpg
春日山遊歩道(2015.4.25/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
休日の午後に春日大社近くのLe Case(レ・カーセ)へキッシュを食べに行きました。
林檎のキッシュとクワトロフロマッジョ(4種類のチーズのキッシュ)、どちらもおいしかったです。
お店を出ると、その先が春日山遊歩道の入り口なので、少し散歩しました。
沢沿いの道では常緑樹とカエデの若葉のコントラストが美しいです。


c0189013_715988.jpg
ヒメバライチゴ(2015.4.25/奈良県 奈良市)
遊歩道の入り口に咲いていた木苺はクサイチゴかと思っていたのですが、調べてみるとヒメバライチゴでした。
明治時代にフランス人植物採集家によって、この奈良付近で新種として記載された種類なのだそうです。


c0189013_722848.jpg
スミレの仲間(2015.4.25/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
大木の根元にちょこんと咲いていたのはニョイスミレでしょうか。
それとも、次の写真と同じ種類でしょうか。


c0189013_7275522.jpg
コミヤマスミレ(2015.4.25/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
湿り気のある苔むした斜面ではコミヤマスミレを見ることができました。


c0189013_7345492.jpg
コミヤマスミレ(2015.4.25/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
薄暗い森の中でひっそりと花を咲かせているのでした。


c0189013_740317.jpg
藤の花(2015.4.25/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
帰りに藤の花を見に、春日大社に寄りました。


c0189013_743374.jpg
砂ずりの藤(2015.4.25/奈良県 奈良市) クリックすると大きめの絵になります
春日大社の「砂ずりの藤」がたくさんの花をつけていました。
[PR]
by chantake123 | 2015-05-10 07:45 | Comments(4)
カタクリとギフチョウ 2015
c0189013_5235370.jpg
ギフチョウ(2015.4月) クリックすると大きめの絵になります
今年もギフチョウやカタクリに会いに行ってきました。
朝日の差し込む森のなかをしばらく歩いていると、足元からギフチョウが飛び立ちました。
ギフチョウが林床にいたことに気が付いていなかったのです。
運良く再び近くに舞い降りてくれました。


c0189013_5383222.jpg
ギフチョウ(2015.4月) クリックすると大きめの絵になります
まだ羽化して間もない個体だったのかもしれません。
舞い降りてしばらくすると、翅を閉じてしまいました。
一見目立ちそうなギフチョウの翅の模様も、落ち葉の積もった林床では背景にうまく紛れて、
目をはなすと見失いそうになります。


c0189013_545061.jpg
カタクリ(2015.4月) クリックすると大きめの絵になります
辺りを見渡すとカタクリもたくさん咲いていました。


c0189013_552458.jpg
カタクリ(2015.4月) クリックすると大きめの絵になります
少しずつ陽の差し込む角度が変わっていき、照らされたカタクリの花は光り輝いていきます。


c0189013_555192.jpg
カタクリ(2015.4月) クリックすると大きめの絵になります
こちらは美人四姉妹といったところでしょうか。
透き通るようなピンクの花びらです。


c0189013_5595972.jpg
コツバメ(2015.4月) クリックすると大きめの絵になります
日当たりのよい所では、カタクリにコツバメがやってきて、長い間吸蜜していきました。


c0189013_632545.jpg
ギフチョウ(2015.4月) クリックすると大きめの絵になります
この日は良い天気で、暖かくなってくるにつれて飛んでくるギフチョウもなかなかとまってくれなくなりました。
そろそろ観察を終えようかと思っていると、低空飛行でゆっくりと食草のカンアオイに触ったりしながら移動してきた個体が地面にとまってくれました。
私には判別できませんが大きめの個体だったので、もしかしたらメスだったのかもしれません。
しばらく日光浴すると、再びふわりふわりと飛び去っていきました
今年も元気な姿を見せてくれたギフチョウ達に感謝です。
[PR]
by chantake123 | 2015-05-05 06:21 | Comments(10)