<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
南アルプス 仙丈ヶ岳 その5
c0189013_9155853.jpg
仙丈小屋(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
山頂からは、藪沢カールの中に建つ仙丈小屋に立ち寄りました。
ここで水分補給をして生き返りました♪


c0189013_108280.jpg
キバナシャクナゲとコイワカガミ(2013.8.3/長野県 伊那市)
小屋の上には雪渓が残っていて、小屋を少し下りた所には水場がありました。
さわると水の冷たいこと!傍にはシャクナゲやイワカガミが咲き残っていました。
雲がだいぶ出てきて、場合によっては天候の悪化も考えられたので、藪沢ルートを下って馬ノ背ヒュッテへ急ぎました。


c0189013_10213811.jpg
ミヤマクロユリ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
下り始めてしばらくすると、足元にひっそりとクロユリが咲いていたのです。


c0189013_1024928.jpg
ミヤマクロユリ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
辺りを見ると他にも数輪咲いていて♪ しばし時間ととっていただいて、撮影させてもらいました。
花びらが何ともいえない深い色合いでした。


c0189013_1035753.jpg
シカ防護柵(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
お花や谷をはさんで見える小仙丈尾根の景色を見ながら半時間ほど下ると、馬ノ背ヒュッテの手前には、
貴重な高山植物をニホンジカの食害から守るための防護柵が設置されていました。
この辺りでは、ちらほらとではありますが、いろんなお花が咲いていました。


c0189013_10472646.jpg
ハクサンチドリ(2013.8.3/長野県 伊那市)
数輪咲き残っていた残り花は、初めて出会うハクサンチドリの花でした。


c0189013_10595531.jpg
ハクサンチドリ(2013.8.4/長野県 伊那市)
翌日、草陰に咲いているものを見つけたので撮り直しました。


c0189013_115677.jpg
キバナノコマノツメ(2013.8.3/長野県 伊那市)
見られるのではないかと期待していましたが、黄色いスミレを見るのは数年ぶりでした。
仙丈小屋から下りてくるときには撮影はできなかったものの、生き生きと群生する姿も見られて忘れがたい景色でした。


c0189013_11134557.jpg
タカネグンナイフウロ(2013.8.3/長野県 伊那市)
紫のフウロに出会うのは初めて♪
山梨県の「郡内地方」に咲くのでグンナイフウロなのですね。


c0189013_11213257.jpg
タカネグンナイフウロ(2013.8.4/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
柵のなかには濃い色の花もありました。


c0189013_11261259.jpg
ミヤマキンポウゲ(2013.8.3/長野県 伊那市)
ミヤマキンポウゲもちらほら♪ 道沿いに可愛らしく咲いています。


c0189013_11285075.jpg
シナノキンバイ(2013.8.3/長野県 伊那市)
ミヤマキンポウゲに混じって咲く大き目のお花はシナノキンバイでしょうか。


c0189013_11331956.jpg
馬ノ背ヒュッテ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
馬ノ背の中腹、ダケカンバの樹林帯のなかに馬ノ背ヒュッテはありました。


c0189013_1136583.jpg
馬ノ背ヒュッテ(2013.8.4/長野県 伊那市)
夕食で出てきたカレーが美味しかったです。おかわりさせていただきました。

今回の登山で想い至った考えがあります。漠然とは以前から感じていたことですが、
それは、地球温暖化と高標高地でのシカの増加との関係です。
私の住む奈良県にある大台ヶ原では、1980年代にはすでに、シカの食害と植生の変化が問題となっていました。
それが今では、高山植物の咲くような中部地方の山岳地帯でもシカの食害が問題化してきています。
シカの高山への進出を妨げてきた冬の厳しさが地球温暖化によって緩和されていくことにより、
高山でのシカの食害と植生の変化、そして生態系への影響が本当に心配だなあと実感しました。
[PR]
by chantake123 | 2013-08-31 12:09 | Comments(8)
南アルプス 仙丈ヶ岳 その4
c0189013_111632.jpg
砂礫の稜線(2013.8.3/長野県 伊那市)
いよいよ仙丈ヶ岳頂上を目指しました。あのピークを越えると頂上が見えるでしょうか。


c0189013_11202699.jpg
チングルマ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
登山道脇にチングルマがたくさん咲いていて、私を元気づけてくれました。


c0189013_11222022.jpg
チングルマ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
綿毛の時期に登ることが多いので、たくさんの花が見られて嬉しかったです♪


c0189013_1126781.jpg
ミヤマダイコンソウ(2013.8.3/長野県 伊那市)
ミヤマダイコンソウの黄色い花も、ところどころで見られました。


c0189013_11283163.jpg
仙丈小屋分岐(2013.8.3/長野県 伊那市 ・ 山梨県 南アルプス市)
やっと仙丈小屋分岐まで来ました。今度こそ、あのピークを越えると頂上が見えるでしょうか。


c0189013_11323064.jpg
眼下の街並み(2013.8.3/長野県 伊那市 ・ 山梨県 南アルプス市) クリックすると大きめの絵になります
湧き上がる雲の間から伊那の街並みが見えました。


c0189013_11351683.jpg
山頂へと続く道(2013.8.3/長野県 伊那市 ・ 山梨県 南アルプス市) クリックすると大きめの絵になります
そして、ようやく山頂が見えてきました。


c0189013_1137428.jpg
コバノコゴメグサ(2013.8.3/長野県 伊那市 ・ 山梨県 南アルプス市)
山頂までの道沿いでは、さまざまなお花に出会うことができました。
たくさん群れて咲いていたコバノコゴメグサ。


c0189013_11404319.jpg
タカネツメクサ(2013.8.3/長野県 伊那市 ・ 山梨県 南アルプス市)
タカネツメクサの群落もたくさんありましたよ。


c0189013_11421990.jpg
ミヤマシオガマ(2013.8.3/長野県 伊那市 ・ 山梨県 南アルプス市) クリックすると大きめの絵になります
初めて見るミヤマシオガマの花が咲き残ってくれていました。


c0189013_1143397.jpg
ミヤマミミナグサ(2013.8.3/長野県 伊那市 ・ 山梨県 南アルプス市)
花びらの先の繊細な感じが可愛らしかったです。


c0189013_11453945.jpg
クロマメノキ(2013.8.3/長野県 伊那市 ・ 山梨県 南アルプス市) クリックすると大きめの絵になります
ピンクの小さなお花は調べてみるとクロマメノキなのですね。


c0189013_11472830.jpg
ミネウスユキソウ(2013.8.3/長野県 伊那市 ・ 山梨県 南アルプス市) クリックすると大きめの絵になります
山頂付近の稜線で始めてみるミネウスユキソウに出会いました♪
後ろに咲くタデはオンタデでしょうか。


c0189013_11492798.jpg
ミネウスユキソウ(2013.8.3/長野県 伊那市 ・ 山梨県 南アルプス市)
岩の間からも、顔を出していましたよ。


c0189013_11504179.jpg
イワベンケイ(2013.8.3/長野県 伊那市 ・ 山梨県 南アルプス市)
ミネウスユキソウのお隣には、イワベンケイも顔を出していました。


c0189013_1152016.jpg
タカネヒゴタイ(2013.8.3/長野県 伊那市 ・ 山梨県 南アルプス市)
アザミのようなお花は、タカネヒゴタイというそうです。


c0189013_11535911.jpg
頂上直下(2013.8.3/長野県 伊那市 ・ 山梨県 南アルプス市)
長い道のりでした。初めての3000m越えとなりました。


c0189013_11551953.jpg
仙丈ヶ岳頂上(2013.8.3/長野県 伊那市 ・ 山梨県 南アルプス市)
朝から半日以上かかりましたが、無事仙丈ヶ岳の頂上に立つことができたのでした♪

今回の登山では難しい岩場などは無いので、正直なところ簡単に登ることができると高をくくっていたのです。
実際は思っていた以上に道のりは長くて、予想以上に疲れました。
ペットボトルやゼリーも持って行ったけれど足りていなかったので、次回からの登山に生かしたいと思いました。
[PR]
by chantake123 | 2013-08-22 12:06 | Comments(6)
南アルプス 仙丈ヶ岳 その3
c0189013_19254825.jpg
甲斐駒ヶ岳(左)と栗沢山(右)(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
北沢峠から、かなり登ってきたのですね。
甲斐駒ヶ岳と栗沢山の間は深い谷になっていて、北沢が流れています。


c0189013_19443142.jpg
馬ノ背(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
仙丈ヶ岳へ登ってゆくとき、藪沢を挟んで右隣の稜線が「馬ノ背」です。
中腹には、この日に泊まることとなる馬ノ背ヒュッテが見えていますね。


c0189013_1953234.jpg
小仙丈ヶ岳から見た仙丈ヶ岳(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
小仙丈ヶ岳まで登るとお昼で、おにぎりを食べました。
そこからは仙丈ヶ岳がきれいに見えているのでした。


c0189013_20122146.jpg
スノキの仲間(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
さまざまなお花を見ながら稜線を登っていきました。
これはツツジ科スノキ属の花。オオバスノキでしょうか。


c0189013_20131100.jpg
コケモモ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
同じツツジ科スノキ属の花。こちらは分かりますよ。コケモモです♪


c0189013_20263334.jpg
トウヤクリンドウ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
岩の間から顔を出したトウヤクリンドウ。まだ蕾ですね。


c0189013_20333875.jpg
ヒメクワガタ(2013.8.3/長野県 伊那市)
可愛らしい水色の花はヒメクワガタ。


c0189013_20361437.jpg
ヨツバシオガマ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
濃いピンク色のヨツバシオガマが美しかったです。


c0189013_2040096.jpg
シシウドの仲間(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
セリ科の白い花は区別できません(涙) これはミヤマゼンコでしょうか。


c0189013_20433270.jpg
バイケイソウ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
にょきにょきっと、バイケイソウがたくさんの花をつけていました。


c0189013_2047575.jpg
イワツメクサ(2013.8.3/長野県 伊那市)
岩の割れ目から、逞しく花を咲かせているのです。


c0189013_205484.jpg
コイワカガミ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
コイワカガミが集まって咲いていた場所は、雪が溶けたあとだと思います。


c0189013_2059397.jpg
ウサギギク(2013.8.3/長野県 伊那市)
ウサギギクは、葉っぱが兎の耳に見えますか。


c0189013_210573.jpg
チシマギキョウ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
そして、この辺りでは紫色の美しいチシマギキョウがたくさん咲いていました。


c0189013_2124179.jpg
チシマギキョウ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
撮影していると、ちょうどハチさんがやってきました。


c0189013_21442100.jpg
仙丈ヶ岳の稜線(2013.8.3/長野県 伊那市)
疲れてきていましたが、山頂は近いと信じて登っていきました。
[PR]
by chantake123 | 2013-08-16 21:09 | Comments(8)
南アルプス 仙丈ヶ岳 その2
c0189013_816878.jpg
ダケカンバ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
シラビソに混じってダケカンバの木が多くなってくると、見られる花の種類も変わってきました。


c0189013_815694.jpg
マルバダケブキ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
マルバダケブキの群落が斜面に広がっていました。


c0189013_8202537.jpg
アキノキリンソウ(2013.8.3/長野県 伊那市)
まだ、アキノキリンソウは咲き始めでしょうか。


c0189013_8222749.jpg
マイヅルソウ(2013.8.3/長野県 伊那市)
マイヅルソウは、葉っぱはいたるところで見かけましたが、花が咲いているものは少なかったです。


c0189013_824346.jpg
ゴゼンタチバナ(2013.8.3/長野県 伊那市)
ゴゼンタチバナはたくさんの花を見かけましたよ。


c0189013_8261366.jpg
ツマトリソウ(2013.8.3/長野県 伊那市)
ゴゼンタチバナに混じって咲くツマトリソウは、高度を上げるにつれて増えていきました。


c0189013_828328.jpg
セリバシオガマ(2013.8.3/長野県 伊那市)
登りながらシダ?、サンショウ?と葉っぱを見ながら思っていた花はセリバシオガマというそうです。


c0189013_8332155.jpg
大滝頭(2013.8.3/長野県 伊那市)
登山道の分岐となる五合目の大滝頭。


c0189013_8391288.jpg
大滝頭(2013.8.3/長野県 伊那市)
小仙丈ヶ岳へ向けて登っていくと、そろそろ樹林帯を抜けそう。


c0189013_8431694.jpg
甲斐駒ヶ岳(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
振り返ると甲斐駒ヶ岳が見えている!広がる雲が雄大でした♪


c0189013_991998.jpg
小仙丈ヶ岳へ向かう尾根(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
小仙丈ヶ岳への美しい稜線を見上げながら登っていきます。


c0189013_917224.jpg
ハイマツ(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
このあたりから、一変してハイマツ帯へと植生が変わります。中央に見えている山、分かりますか?


c0189013_9351521.jpg
北岳(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
北岳です。その姿をゆっくりと見ることができました。


c0189013_947138.jpg
鋸岳(左)と甲斐駒ヶ岳(右)(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
沸き立つ雲の中に鋸岳と甲斐駒ヶ岳が見えているのでした。
[PR]
by chantake123 | 2013-08-13 09:53 | Comments(4)
南アルプス 仙丈ヶ岳
yukatenさん、meitenさん、Uさんと8月3日、4日に南アルプスの仙丈ヶ岳に登ってきました。
初めての南アルプスを満喫してきました。
c0189013_685796.jpg
北沢峠(2013.8.3/長野県 伊那市)
車を停めた仙流荘から南アルプス林道バスに揺られること40分ほどで、登山口となる北沢峠に到着しました。


c0189013_6375941.jpg
クリンソウ(2013.8.3/長野県 伊那市)
林道沿いの湿地にはクリンソウがたくさん咲き残っていて、私たちを見送ってくれました。


c0189013_6323173.jpg
霧煙る登山道(2013.8.3/長野県 伊那市)
登り始めると、そこは霧煙る深い針葉樹の原生林でした。


c0189013_641917.jpg
光芒(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
しばらく登っていくと、霧の向こうから朝日が射して幻想的でした。


c0189013_645341.jpg
コケの仲間(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
林床は潤っていて、びっしりと苔で覆われています。やがて霧が晴れて日が当たり始めると、苔たちが一斉に光り輝いて美しいのでした。


c0189013_6492215.jpg
コイチヨウラン(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
苔に覆われた登山道沿いでは、よーく見ると苔の間から小さな花たちが顔を出していましたよ。
コイチヨウランは淡黄緑色の小さな花です。


c0189013_6564382.jpg
アリドオシラン(2013.8.3/長野県 伊那市)
白色の小さなランはアリドオシランだと思います。


c0189013_6571666.jpg
ギンリョウソウ(2013.8.3/長野県 伊那市)
腐生植物は、葉緑素を持たないため自分で栄養分を作り出せません。
そこで、根の表面近くにいる菌類が分解する枯れ葉の栄養分の残りを吸収して生活しています。
銀色のものは、奈良でもよく見かける銀竜草。


c0189013_762323.jpg
シャクジョウソウ(2013.8.3/長野県 伊那市)
金色(とは言いすぎですよね♪ 褐色ですね)のものは、初めて見る錫杖草でした。


c0189013_711175.jpg
コバノイチヤクソウ(2013.8.3/長野県 伊那市)
コバノイチヤクソウも、咲き始めていましたよ。


c0189013_7124131.jpg
シラビソの原生林(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
四合目あたりまではシラビソの原生林が続きました。


c0189013_7153081.jpg
北岳(2013.8.3/長野県 伊那市) クリックすると大きめの絵になります
原生林の間から、日本で二番目に高い山である北岳を見ることができました。
やがて見えるであろう素晴らしい眺望を期待しながら、ゆっくりと登っていきました。
[PR]
by chantake123 | 2013-08-09 07:19 | Comments(10)
アブラゼミの羽化
c0189013_1820571.jpg
アブラゼミ(2013.7.25/奈良県 桜井市) クリックすると大きめの絵になります
夕方、山の辺の道を歩いてみました。
花やトンボを見ながら歩いていると、道端の草むらでアブラゼミが羽化していました。


c0189013_1828258.jpg
アブラゼミ(2013.7.25/奈良県 桜井市)
抜け殻にとまって、体がしっかりかたまるのを待っています。


c0189013_18341546.jpg
アブラゼミ(2013.7.25/奈良県 桜井市) クリックすると大きめの絵になります
まだ体も茶色く色づいていないので、夕日に翅が透けて白く光っていました。


c0189013_18515381.jpg
アブラゼミ(2013.7.25/奈良県 桜井市) クリックすると大きめの絵になります
80年前の1933年に、佐藤隼夫さんという学者が東北大学で大実験を行いました。
大学の中庭にセミが入り込まないように金網をはった大きな飼育室を作り、そこにアブラゼミとミンミンゼミをはなしたのです。
その結果、7年目の8月13日にアブラゼミの抜け殻が見つかり、その後ミンミンゼミの抜け殻も見つかって、この2種類は7年かかって成虫になることが知られています。
参考文献:「セミのおきみやげ」 月刊 たくさんのふしぎ 1987年8月号 福音館書店
アブラゼミさん。7年かかって初めて目にした地上の世界はどのように見えていますか。
[PR]
by chantake123 | 2013-08-01 19:07 | Comments(4)