<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
カタクリとギフチョウ
c0189013_14423156.jpg
山桜咲く登山道(2013.4月) クリックすると大きめの絵になります
今年も春の妖精たちに会いに行ってきました♪


c0189013_14503835.jpg
山桜(2013.4月) クリックすると大きめの絵になります
この頃は登山道沿いでは、山桜が満開なのでした。


c0189013_14543080.jpg
登山道を行く(2013.4月) クリックすると大きめの絵になります
登山道の上のほうはまだ春の気配が薄くて。
妖精たちに出会えるか期待と不安を両方懐きながら、歩みを進めていきました。


c0189013_1504556.jpg
鳥たちに導かれながら(2013.4月)
うっすら青みを帯びた羽毛の小鳥が私の前を飛んでいきます。
オオルリとまよったのですが、ルリビタキの若鳥かなあと思います。


c0189013_14582643.jpg
カタクリ(2013.4月) クリックすると大きめの絵になります
見当をつけていた日当たりの良い稜線までゆくと、
みつけた♪ ササの間に咲いているカタクリを見つけました。


c0189013_1584475.jpg
カタクリ(2013.4月) クリックすると大きめの絵になります
カタクリはこの時に、まだ蕾が多かったのですが、日当たりの良い場所ではちらほらと咲き始めていたのです。


c0189013_15133920.jpg
ギフチョウ(2013.4月)
陽光で温かくなってきたお昼前のことでした。
カタクリを撮影していると、傍に一匹のギフチョウが舞い降りてくれました。
ファインダーを覗きながら、「今年も出てきてくれてありがとう♪」と感謝の気持ちを込めてシャッターを押しました。


c0189013_15415417.jpg
カタクリにやってきたギフチョウ(2013.4月) クリックすると大きめの絵になります
しばらく観察しているとギフチョウは一匹ではなくて、登山道沿いに追いかけあったり数匹飛んでいることに気づきました。
そして、ゆるやかな斜面にそって低空飛行でカタクリに近づいていったギフチョウが、花にとまって吸蜜を始めたのです。


c0189013_15503889.jpg
カタクリで吸蜜するギフチョウ(2013.4月) クリックすると大きめの絵になります
去年はだいぶ遠くからの観察だったので。
カタクリにとまるギフチョウを間近で観察するのは初めてでした。
カタクリの花もギフチョウの成虫も、早春のこの時期にだけ現れるので「スプリング・エフェメラル」(春の儚い妖精)と呼ばれます。
カタクリとギフチョウが競演する様子は、思い描いていたとおり本当に美しい光景でした♪


c0189013_1651175.jpg
カタクリで吸蜜するギフチョウ(2013.4月) クリックすると大きめの絵になります
その後、ギフチョウはカタクリへと吸蜜やってくるのですが、ある2株の花にしか来ないのです。
他に美しく開いている花が複数あるのに、見向きもしないのです。
きっとギフチョウは、どの花においしい蜜があるのかを嗅ぎ分けることができるのでしょうね。
そこで、花の正面で待っていることにしました。しばらくすると、思ったとおり再びギフチョウがやってきてくれました。
残念ながら先ほどの新鮮な個体は追い払われて、少し翅の傷んだ個体でしたが、
それでも、目の前でギフチョウが翅を開いてカタクリの花にとまっているなんて、夢のようなのでした。

この時期に運良く休みがとれて、早春の麗らかな陽気のなかでカタクリやギフチョウに出会えたというのは、
本当に有難いことだと思います。 忘れられぬ一日となりました。
[PR]
by chantake123 | 2013-04-28 17:31 | Comments(8)
春のお花に会いに行きました
c0189013_731722.jpg
風そよぐ朝の登山道(2013.4.13/奈良県)
春のお花に会いに、近くの山へ。


c0189013_7102849.jpg
タチツボスミレの仲間(2013.4.13/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
菫がたくさん咲いている。
葉はタチツボスミレのよう。花はナガバノタチツボスミレのような色合い。
あなたの名前は。


c0189013_7165442.jpg
ビロードツリアブ(2013.4.13/奈良県)
その花の蜜をビロードツリアブがホバリングしながら吸っていたのだけれど、
驚かせてしまって石にとまってしまった。


c0189013_7213340.jpg
ミヤマキケマン(2013.4.13/奈良県)
ケマンの花は黄色も。


c0189013_72684.jpg
ムラサキケマン(2013.4.13/奈良県)
そして紫色も。


c0189013_7273441.jpg
クサノオウ(2013.4.13/奈良県)
クサノオウは、やわらかな毛につつまれた蕾をなでながら。


c0189013_7321168.jpg
新緑(2013.4.13/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
春の陽をうけて、新緑が芽吹き始めていた。


c0189013_7361038.jpg
ヤマルリソウ(2013.4.13/奈良県)
沢沿いの道では小さなヤマルリソウの花を見つけた。


c0189013_7401327.jpg
スズシロソウ(2013.4.13/奈良県)
斜面のあちこちにスズシロソウが咲いていて。


c0189013_7413258.jpg
フキノトウ(2013.4.13/奈良県)
流れる水の傍では、まだフキノトウが顔を出している。


c0189013_7434486.jpg
ショウジョウバカマ(2013.4.13/奈良県)
木漏れ日を浴びたショウジョウバカマの花。


c0189013_7454265.jpg
ショウジョウバカマ(2013.4.13/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
見上げると斜面の上にはたくさん咲いていた。

春は山の上へと駆け上がって、間もなく新緑の季節へと移ろっていく。
[PR]
by chantake123 | 2013-04-20 07:57 | Comments(8)
伊勢神宮 内宮(ないくう)
c0189013_6291092.jpg
宇治橋からみる五十鈴川(2013.3.30/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
伊勢神宮 内宮 は皇室の御祖神である天照大御神(あまてらすおおみかみ) をお祀りしているところです。
表玄関の宇治橋を渡って入っていきました。


c0189013_6493914.jpg
カワムツ(2013.3.30/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
五十鈴川御手洗場(いすずがわ みたらし)は、参拝する前に心身を清める場所。
手をつけると五十鈴川の水が冷たくて気持ちよかったです。
傍を小魚が通っていきました。よく見ると石の影にたくさん群れているのでした。カワムツの子供かなあと思います。


c0189013_731257.jpg
モクズガニ(2013.3.30/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
水のなかを覗いているとモクズガニも歩いていました。
写真を撮らせてもらっていたら、恥ずかしそうに石の間へ潜り込んでいきました。


c0189013_775321.jpg
伊勢神宮 内宮(2013.3.30/三重県 伊勢市)
この日はほんとうにたくさんの参拝客でした。正宮では大行列に並んで参拝しました。
そして参拝客が小さく見えるような感覚になるくらい、周りの一本一本の木が大きいのでした。


c0189013_7151161.jpg
クスノキ(2013.3.30/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
一本一本の木が神様のような気がしました。


c0189013_7185940.jpg
伊勢神宮 内宮(2013.3.30/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
日が射すと照葉樹やシダが光って美しいのです。


c0189013_7225089.jpg
ツバキ(2013.3.30/三重県 伊勢市)
あちらこちらでツバキの花が咲いていましたよ。


c0189013_7254259.jpg
ソメイヨシノ(2013.3.30/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
この頃はソメイヨシノが満開で♪ 夕日に染まる桜を見ながら、お伊勢さんをあとにしました。
[PR]
by chantake123 | 2013-04-14 07:32 | Comments(10)
伊勢神宮 外宮(げくう)
c0189013_753673.jpg
伊勢神宮 外宮(2013.3.30/三重県 伊勢市)
お伊勢さんを歩いてきました。
伊勢神宮とは内宮、外宮、別宮など125社神社の総称です。
古来からのならわしということで、外宮から参拝しました。
外宮とは豊受大神宮(とようけだいじんぐう)。
天照大神のお食事を司る豊受大神(とようけのおおみかみ)をおまつりしているところです。


c0189013_811918.jpg
豊受大神宮 正宮(2013.3.30/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
「うけ」とは食物のことで、豊受大御神は食物・穀物を司る神です。このことより、衣食住、ひろく産業の守護神としてあがめられているそうです。
今年は式年遷宮。社殿を造り替える20年に一度の大祭です。なので隣の新御敷地に新しい正宮が造り始められていました。


c0189013_823221.jpg
御池(2013.3.30/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
正宮はたくさんの参拝客なのに対して、向かいにある御池は静かに深い色の水をたたえていました。


c0189013_84223100.jpg
御池(2013.3.30/三重県 伊勢市)
御池の亀さんがずーっと気持ちよさそうに浮かんでいて、見ていて癒されました。いっしょに鯉さんも泳いでいました。


c0189013_8464039.jpg
土宮の周りの木々(2013.3.30/三重県 伊勢市)
大きな木がたくさんあって、ついつい幹をなでてしまいました。


c0189013_8555128.jpg
勾玉池(2013.3.30/三重県 伊勢市) クリックすると大きめの絵になります
勾玉池の向こうにも深い森が広がります。池畔には花菖蒲がたくさんあるので、花の季節が楽しみですね。


c0189013_95621.jpg
五十鈴川(2013.3.30/三重県 伊勢市)
お昼におかげ横丁に寄りました。傍を流れる五十鈴川がきれいでした。
[PR]
by chantake123 | 2013-04-07 09:11 | Comments(14)
二上山 その2
二上山で出会ったお花です。
c0189013_634287.jpg
シハイスミレ(2013.3.27/大阪府 太子町)
スミレの仲間が咲き始めていました。最初に見つけたのがシハイスミレ。
鹿谷寺跡から山頂付近までいろんな場所で見かけました。


c0189013_6414947.jpg
シハイスミレ(2013.3.27/大阪府 太子町)
ピンクの濃い花もありました♪


c0189013_6483730.jpg
タチツボスミレ(2013.3.27/大阪府 太子町)
登山道の日陰の場所では咲き始めという感じでした。
ところが、上っていって万葉の森までいくと舗装された道沿いにたくさん咲いていました。
日当たりによって咲きぐあいも全然違うようですね。


c0189013_732986.jpg
ツバキ(2013.3.27/大阪府 太子町)
自生しているものも、遊歩道沿いに植えられているものもたくさん咲いていました。


c0189013_716576.jpg
アセビ(2013.3.27/大阪府 太子町 ・ 奈良県 葛城市)
雌岳の山頂にたくさん咲いていました。
実は小雨がぱらつくなかで撮っていました。


c0189013_782896.jpg
ニオイタチツボスミレ(2013.3.27/大阪府 太子町 ・ 奈良県 葛城市)
二上山は北の峰を雄岳、南の峰を雌岳と呼び、両峰を繋ぐのが 馬の背という尾根です。
馬の背には小さな売店やトイレもあるのですが、ベンチの脇の日当たりの良い場所でニオイタチツボスミレを見つけました。


c0189013_722543.jpg
ナガバノタチツボスミレ(2013.3.27/大阪府 太子町 ・ 奈良県 葛城市)
馬の背から雄岳へ上っていくと、このナガバノタチツボスミレがたくさん見られるようになりました。


c0189013_7251421.jpg
アオモジ(2013.3.27/大阪府 太子町)
雄岳へ上がる途中に見かけた満開のアオモジでした。


c0189013_7291182.jpg
ダンコウバイ(2013.3.27/大阪府 太子町 ・ 奈良県 葛城市)
雄岳の山頂で可愛らしい黄色い花を咲かせていました。帰って調べるとダンコウバイのようです。

馬の背でスミレの写真を撮っていると、ベンチで休まれている方に「お花を撮られているのですか」と声をかけられました。
それから、お花の話や山の話になって♪ ひとときの出会いですが、本当に嬉しいものですね。
あと、馬の背ではまだ梅の花がたくさん咲き残っていました。山麓ではヤマザクラが咲いているのに、山の上では春の進行ぐあいがちがうのでした。
[PR]
by chantake123 | 2013-04-04 07:40 | Comments(6)
二上山 
c0189013_0415643.jpg
二上山山麓(2013.3.27/大阪府 太子町) クリックすると大きめの絵になります
今年、最初に訪れる山は二上山としました。
以前から今年は登りたいと思っていたから、そして、今月のはやい春の訪れをこの山で感じられると思ったからです。
竹ノ内街道沿いの、万葉の森駐車場から鹿谷寺コースを行きました。


c0189013_0462791.jpg
鹿谷寺跡(2013.3.27/大阪府 太子町)
少し上ると鹿谷寺跡に出ます。
奈良時代の石切り場あとにある十三重石塔は、岩盤を掘り込んで作られた生えぬきの石塔です。


c0189013_0505532.jpg
ヤマザクラ(2013.3.27/大阪府 太子町) クリックすると大きめの絵になります
鹿谷寺跡付近では、早くもヤマザクラが咲いていました。


c0189013_192087.jpg
ヤマザクラ(2013.3.27/大阪府 太子町)
開きかけの花はピンク色が濃いですね。


c0189013_1125937.jpg
ヤマザクラ(2013.3.27/大阪府 太子町)
淡い色合いの美しい花をしばらく眺めていきました。


c0189013_1191340.jpg
ウスタビガの繭(2013.3.27/大阪府 太子町)
登山道沿いにウスタビガの繭を2つも見かけたので、撮っておきました。


c0189013_1225186.jpg
雌岳山頂(2013.3.27/大阪府 太子町 ・ 奈良県 葛城市)
雌岳山頂(標高474m)には日時計がありました。
奥に見えるのは岩橋山や葛城山です。これらの山をつなぐダイヤモンドトレイルをいつか歩いてみたいです。


c0189013_132217.jpg
大阪側を望む(2013.3.27/大阪府 太子町 ・ 奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
この日は小雨が降ったと思ったら日が射したり天候がめまぐるしく変わりました。
雌岳山頂で降り始めた雨が、おにぎりを食べながら雨宿りしていると止んでくれたので、思い切って雄岳にも登りました。
大阪側を望むと、たくさん見えるビニールはぶどう畑でしょうか。


c0189013_1422078.jpg
雄岳山頂(2013.3.27/大阪府 太子町 ・ 奈良県 葛城市)
雄岳山頂(標高517m)にも無事、上がることができました。
雄岳山頂には葛木二上神社があって、私の後に上ってこられた方は手を合わせて帰っていかれました。


c0189013_1474462.jpg
雄岳から見た雌岳(2013.3.27/大阪府 太子町 ・ 奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
散歩気分で上がりましたが少し息が切れました。運動不足かなあと少し反省です。
ネズミが横切っていくのを見たり、シジュウカラの囀りを聞きながら山を下りました。
さあ、今年はいくつの山に行けるかな♪
[PR]
by chantake123 | 2013-04-01 02:05 | Comments(8)