<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
冬晴れの公園にて
c0189013_926346.jpg
アオサギ、カルガモ、コガモ(2013.1.19/奈良県 河合町・広陵町) クリックすると大きめの絵になります
穏やかに晴れた休日の朝、近くの公園を歩いてみました。
公園では散歩する方、バードウォチングを楽しむ方、ゆったりとした時間が流れていました。
池の鳥たちも、冬晴れの朝を気持ちよさそうにくつろいでいるようでした。


c0189013_9395062.jpg
カワセミ(2013.1.19/奈良県 河合町・広陵町 トリミング)
近くで双眼鏡を覗いている方が、「あそこにカワセミいる」と仰っいました。
見ると、くつろぐ鴨たちを横切ってカワセミが飛んでいき、茂みにとまりました。


c0189013_9451069.jpg
カワセミ(2013.1.19/奈良県 河合町・広陵町)
この後、獲物を求めながら移動していくカワセミの姿を見ることができました。
一時近くの木にとまって、教えてくださった方はアップの写真を撮られたのですが、私の角度からは撮れませんでした。
けれども、久々に訪れてカワセミの姿を見れただけでも有難いですね。


c0189013_954759.jpg
コガモ、カルガモ(2013.1.19/奈良県 河合町・広陵町) クリックすると大きめの絵になります
今日の鴨さんたちはどこかのんびり。


c0189013_9592925.jpg
カワウ(2013.1.19/奈良県 河合町・広陵町) クリックすると大きめの絵になります
カワウは元気いっぱい。池に降り立つとさっそく潜って魚を探していました。


c0189013_1015766.jpg
群れ泳ぐ魚たち(2013.1.19/奈良県 河合町・広陵町) クリックすると大きめの絵になります
池の浅瀬では、たぶんフナだと思うのですが、群れてからまりあって百匹以上泳いでいました。
餌が豊富にある場所なのか、繁殖に関係があるのかよく分かりません。散歩の方が「一週間くらい前からだよ」と教えてくださいました。

午後から仕事だったので長居はできませんでしたが、朝の公園をゆっくり歩くのはいいものですね。
[PR]
by chantake123 | 2013-01-27 10:09 | Comments(12)
京都水族館 その2
c0189013_22321176.jpg
ゴマフアザラシ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
円柱水槽では、好奇心旺盛なゴマフアザラシが挨拶しに来てくれました。可愛かった♪


c0189013_2237622.jpg
ケープペンギン(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
ケープペンギンを至近距離で見ることができました。
アフリカ大陸の南、暖かいところにすむペンギンなので、京都の冬を寒く感じているようです。


c0189013_224819.jpg
大水槽を泳ぐ魚たち(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
大水槽は、いろんな種類のエイが目の前を通過していって、迫力満点でした。


c0189013_2255719.jpg
大水槽を泳ぐ魚たち(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
飼育員が自ら集めた自慢の魚たちが悠々と泳いでいるのです。


c0189013_2311688.jpg
磯の教室(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
磯場を再現した浅くて広い水槽に、波打ち際にすむいきものたちが展示されています。
ヒトデやナマコに自分の手で触れることができますよ。
[PR]
by chantake123 | 2013-01-20 23:05 | Comments(4)
春日大社と鹿さん
c0189013_972795.jpg
春日大社(2013.1.3 奈良県 奈良市)
お正月の3日に、春日大社へ初詣に行ってきました。
春日大社は神護景雲2年(768)、平城京の守護と国民の繁栄を祈願するために創建された神社です。
春日山原始林に続く御蓋山の西麓に鎮座する藤原氏の氏神を祀っています。
平成10年(1998)には、古都奈良の文化財として春日大社と春日山原始林が世界遺産に登録されています。


c0189013_9125698.jpg
ニホンジカ(2013.1.3 奈良県 奈良市)
初詣に行って、春日大社や奈良公園で見かけるのが鹿さんです。
奈良の地に、神が白鹿に乗っておいでになって以来、鹿は神の使いとされています。
そして、奈良公園に生息するシカは国の天然記念物に指定されています。
奈良公園一帯には、現在1370頭のシカが生息しているそうです。


c0189013_9362028.jpg
ニホンジカ(2013.1.3 奈良県 奈良市)
昨年に生まれた仔鹿も見ることができました。
お母さん鹿の後ろについて一緒にえさをさがしたり、お母さんにお乳をねだるような微笑ましい光景も見られました。


c0189013_9451365.jpg
ニホンジカ(2013.1.3 奈良県 奈良市)
お店のおじさんに鹿せんべいをねだる鹿さんもいたりします。
人と鹿が共に暮らすこの街では、農作物の食害や交通事故などの問題なども抱えていますが、
それでも奈良県に暮らしていると、やはりずっといてほしいなあと思う鹿さんです。


c0189013_10324611.jpg
鹿みくじ(2013.1月)
春日大社で頂戴した「鹿みくじ」です。奈良の伝統工芸である一刀彫りで作られた鹿が巻物の「おみくじ」をくわえているのです。
有難いことに大吉をいただきました。新しい年が素晴らしい一年になりますように。
[PR]
by chantake123 | 2013-01-13 10:02 | Comments(12)
京都水族館
c0189013_0331744.jpg
京都水族館(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
昨年末に初めて京都水族館に行ってきました。
海など全く近くにはなくて、京都駅の西側にある梅小路公園のなかに水族館があるのです。


c0189013_0441932.jpg
タカハヤ、アマゴ、オオサンショウウオ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
入口を入ると最初に出迎えてくれたのは、オオサンショウウオの大型展示コーナーです。
鴨川上流に暮らす渓流魚やオオサンショウウオの様子がリアルに再現された水槽になっています。
よくアマゴを釣りに訪れた奈良県南部の川でも、きっと同じような光景が見られるだろうと思いを馳せて見ていました。


c0189013_0421167.jpg
オオサンショウウオ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
飼育環境がいいのでしょう。魚もサンショウウオものびのびと気持ちよさそうに過ごしているのです。


c0189013_0583934.jpg
オオサンショウウオ(2012.12.29 京都府 京都市 京都水族館)
でも油断は禁物。上を泳ぐタカハヤも殺気を感じたのでしょう。
オオサンショウウオに目にも止まらぬスピードで捕らえられる恐れがあるのです。

さて、実は写真に写っているオオサンショウウオは鴨川水系で捕獲された個体です。
鴨川では今、他の地域では見られない大きな事件が起きています。
それは、捨てられて増えた外来種のチュウゴクオオサンショウウオとの交雑種がたくさん生まれてしまっているのです。
このままだと、在来のオオサンショウウオが鴨川からいなくなってしまいます。
そういうわけで、この水族館に在来のオオサンショウウオが一時保管されて、展示されているのです。
[PR]
by chantake123 | 2013-01-06 01:14 | Comments(6)
謹賀新年
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。


c0189013_7101469.jpg
白馬岳から見る日の出(2012.8.26 長野県白馬村・富山県黒部市)
このブログも始めてから5年目に入りました。
今年もさまざまな人との出会い、そして生き物との出会いに感謝しながら、続けていければと思います。
今年1枚目の写真は、去年の夏に白馬岳で見た日の出です。


c0189013_728117.jpg
タカネシオガマ(2012.8.26 長野県白馬村・富山県黒部市)
拙いブログですが、今年もご指導のほど宜しくお願い致します。
[PR]
by chantake123 | 2013-01-01 07:32 | Comments(15)