<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
大山椒魚
c0189013_240312.jpg
オオサンショウウオ(2012.8.18/奈良県 橿原市昆虫館)
今年の夏休みに橿原市昆虫館へ、オオサンショウウオを見に行ってきました。
このオオサンショウウオは御所市内の用水路に迷い込んでいたものを奈良県が保護し、
昆虫館で飼育されていたものです。
初めて間近に見る姿は大きかったです。目はつぶっているように見えました。


c0189013_251255.jpg
オオサンショウウオ(2012.8.18/奈良県 橿原市昆虫館)
ずっと動かずにいると思っていたら、呼吸のために水面に顔を出したのです。
本当に大迫力で、一緒に飼育されていた川魚たちは一目散で逃げていました。


c0189013_2555916.jpg
オオサンショウウオ(2012.8.18/奈良県 橿原市昆虫館)
オオサンショウウオは国の特別天然記念物です。
世界最大級の両生類と言われ、この個体は体長が113cm、体重が13.8kgもありました。
この日は私と同じようにニュースなどで知って、たくさんの人が見に来ていましたよ。
[PR]
by chantake123 | 2012-12-23 03:14 | Comments(8)
紅葉から落葉へ
c0189013_10271953.jpg
シロハラ(2012.12.01/奈良県 河合町・広陵町) クリックすると大きめの絵になります
いよいよ12月に入り、美しい紅葉を見せてくれた木々も葉を落としていきます。
観察する生き物たちも、これから冬の間は鳥がメインになってきます。公園では冬鳥のシロハラに出会いました。
到着して日が浅いのか、警戒心が強そうでした。


c0189013_10382265.jpg
カワラヒワ(2012.12.01/奈良県 河合町・広陵町)
カワラヒワは群れで移動しながら、実をついばんでいきました。


c0189013_10411863.jpg
シメ(2012.12.01/奈良県 河合町・広陵町)
こちらも冬鳥のシメが大きなくちばしで実をついばんでいきます。時折、地面にも下りてきて食べ物を探しているようでした。
昨年は冬鳥が非常に少なくて心配しましたが、今年はたくさん出会えそうで楽しみにしています。
[PR]
by chantake123 | 2012-12-16 10:48 | Comments(10)
斑山椒魚
c0189013_9501886.jpg
ブチサンショウウオ(2000.12.01 奈良県)
12年前の懐かしい写真です。
学生の頃、大学の実習林で出会ったブチサンショウウオです。
サンショウウオやイモリの仲間は両生類のなかで有尾目に含まれ、カエル(無尾目)と違って親になっても”尾”をもつのが特徴です。
茶褐色の地色に銀白色の”斑’模様があるのが名前の由来で、西日本の比較的標高の高い山の谷に棲むそうです。


c0189013_10265830.jpg
ブチサンショウウオ(2000.12.01 奈良県)
当時、実習林の食糞性コガネムシを調べていて、夜にトラップを見にいったら、コガネムシの代わりにかかっていたものです。
「夜行性なのか?体長は11cmあまり。思った以上に歩くスピードが速い」と記録していました。
このような生き物との出会いも一期一会ですね。


c0189013_10374337.jpg
大台ケ原ビジターセンター(2009.7.27 奈良県上北山村)
奈良県の大台ヶ原では、大台ヶ原のものが基準標本になっており、
紀伊半島の源流の川に棲むオオダイガハラサンショウウオがキャラクターとなって紹介されています。
またいつか出会ってみたい郷土の生き物たちです。
[PR]
by chantake123 | 2012-12-08 10:49 | Comments(4)
紅葉の二上山
c0189013_7205590.jpg
二上山(2012.11.25 奈良県 葛城市) クリックすると大きめの絵になります
二上山の紅葉がとても美しい季節です。
二上山は、奈良県葛城市と大阪府太子町に跨がる山で、北方の雄岳(517m)と南方の雌岳(474m)の2つの山頂があります。
この二上神社口付近から見た写真では右が雄岳。そして左は手前のピークでその奥に雌岳が隠れています。


c0189013_7391385.jpg
野菊と蓼(2012.11.25 奈良県 葛城市)
二上山を撮っていたあぜ道では、野菊やタデが美しくて心が和みました。


c0189013_7463125.jpg
チャバネセセリ(2012.11.25 奈良県 葛城市)
この日は珍しく暖かな日和で、職場のマリーゴールドにはチャバネセセリがやってきていました。
ヒメアカタテハも見られて、過ぎ行く秋を少しでも謳歌してもらいたいものです。
[PR]
by chantake123 | 2012-12-02 07:57 | Comments(8)