<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
お庭の訪問者
c0189013_1561194.jpg

アオスジアゲハ(2011.7.28 奈良県田原本町)
朝、雨戸を開けると庭のツツジの木にアオスジアゲハがとまっています。
ここを寝床にして一晩過ごしたみたいですね。
横着して家の中から望遠レンズで撮影させてもらいました。


c0189013_15165854.jpg

アオスジアゲハ(2011.7.28 奈良県田原本町)
近寄って、広角でも一枚。この直後、翅を震わせて準備運動を始めると、
「もう、気持ちよく寝てたのに。もう少し寝かせておいてくれよ!」と言ったかどうかは分かりませんが、
庭から飛び立っていきました。
[PR]
by chantake123 | 2011-07-30 15:25 | Comments(2)
イトトンボの仲間達
c0189013_21283888.jpg

セスジイトトンボ(2011.6.25 奈良県田原本町)
先月、庭にやってきたセスジイトトンボ。子供のころから馴染み深いイトトンボで、
少し離れた用水路からよくやってくるのです。


c0189013_21421386.jpg

アオモンイトトンボ(2009.8月 奈良県五條市)
前に撮った写真です。吉野川の河川敷に朝露に濡れてとまっていました。


c0189013_21454621.jpg

モノサシトンボ(2009.7月 奈良県五條市)
本当に物差しのようにピンと長いイトトンボ。
オス、メス合わせると10cmくらいの定規として使えるでしょうか!


c0189013_2151838.jpg

ホソミイトトンボ(2009.7月 奈良県五條市)
今年はウラジロミドリシジミを撮っていたとき、足元にいたのですが後回しにしてしまいました。
生き物との出会いは一期一会、きちんと記録しておかないといけませんね。
[PR]
by chantake123 | 2011-07-28 21:54 | Comments(6)
オオミドリシジミ
まだ見ぬゼフィルス(Zephyrus=”そよ風の精”)を見に、早起きして行ってきました。
朝霧が晴れて陽が差し込むと、1匹のゼフィルスが森の中から出てきてくれました。
c0189013_14553392.jpg

オオミドリシジミ(2011.7.23 トリミング)
午前9時、ミズナラの葉にとまって翅を開きはじめました。
帰って図鑑で調べたところ、オオミドリシジミではないかと思います。


c0189013_1552241.jpg

オオミドリシジミ(2011.7.23)
このオスは陽が差すたびに、ミズナラの同じような場所に舞い降りてきました。


c0189013_159299.jpg

オオミドリシジミ(2011.7.23)
舞い降りると、すぐに翅を開きはじめます。


c0189013_15131951.jpg

オオミドリシジミ(2011.7.23 トリミング)
カメラを向ける私を意識して、こちらを向いているような気がします。


c0189013_15165424.jpg

オオミドリシジミ(2011.7.23)
この場所はオレのなわばりだぞ!周りにいる赤とんぼは遠慮ぎみです。


c0189013_15202717.jpg

オオミドリシジミ(2011.7.23)
午前9時半。他に1,2匹ゼフィルスがいたのですが、追いかけあいをすると
同じオスが戻ってきます。雲が切れて強い陽が差し、気持ちよさそうに翅を開きます。
翅がだいぶくたびれていますが、このなわばりをしっかりと守ってきたということなのでしょう。


c0189013_15285110.jpg

ヤマキマダラヒカゲ(2011.7.23)
この木の柵に登って、高い枝にとまるゼフィルスを観察していました。
それに付き合ってくれていたのか、ずっと着かず離れず足元にいたヤマキマダラヒカゲ。
別の場所に翅のきれいな個体もいたのですが、妙に愛着のわいた足元の1匹を撮ってきました。


c0189013_15374449.jpg

ヤマボウシ(2011.7.23)
オオミドリシジミがなわばりを張っている傍には、ちょうどヤマボウシがたくさんの花を咲かせていました。
観察していた1匹がしばらく戻ってこなくなったところで、今日は観察終了としました。

今年はおそらくこれでゼフィルスも見納めです。
来年また出会えることを願って♪
[PR]
by chantake123 | 2011-07-23 15:55 | Comments(2)
台風6号通過
c0189013_22221797.jpg

お地蔵様とヤマユリ(2011.7.18 奈良県)
なでしこJAPAN W杯優勝おめでとうございます!
と興奮冷めやらぬまま朝を迎えましたが、外はあいにくの雨。
台風6号が近づいているからか、雨足は強さを増していきました(涙)
雨の中、傘をさして歩くと、お地蔵様のところでヤマユリが咲いてました。
これも「早起きは三文の得」ということでしょうか。
[PR]
by chantake123 | 2011-07-20 22:32 | Comments(2)
コクラン
c0189013_3461996.jpg

タゴガエル(2011.6.11 奈良県)
今年は早くも梅雨が明けましたね。
まずは、雨の日に撮ったタゴガエルです。


c0189013_3505570.jpg

アマガエル(2011.6.11 奈良県)
このアマガエルは、木のだいぶ高いところまで登ってました。


c0189013_3544965.jpg

ホソバセセリ(2011.7.10 奈良県)
朝、池の畔を歩くとホソバセセリがとまっていました。


c0189013_358870.jpg

ホソバセセリ(2011.7.10 奈良県)
朝日を浴びて気持ちよさそうに翅を広げていました。


c0189013_40770.jpg

コクラン(2011.7.10 奈良県)
林の中へ入って少し進むと、春に見つけたコクランが花を咲かせてくれていました。


c0189013_434071.jpg

コクラン(2011.7.10 奈良県)
去年出した葉の横から、新しい葉を出して花を咲かせるところが特徴的だなあと思います。


c0189013_491733.jpg

コクラン(2011.7.10 奈良県 トリミング)
暗い林内にも木漏れ日が差し込んで、コクランの花を照らしてくれました。
[PR]
by chantake123 | 2011-07-16 04:13 | Comments(4)
梅雨の里山でみた蝶
c0189013_410361.jpg

アゲハ(2011.6.11 奈良県)
まずはウラジロミドリシジミを撮った日に見かけた蝶たち。
雨上がりの夕方にナラガシワの木立のまわりには、たくさんのアザミが咲いていて、
おなかをすかせたアゲハがやってきて、ゆっくり蜜を吸っていきました。


c0189013_4211293.jpg

モンキチョウ(2011.6.11 奈良県)
蜜を吸うのに夢中だったモンキチョウは、ずっとアザミに頭を突っ込んでいて‥‥
やっと花から顔を出したところでシャッターを切りました。


c0189013_4253758.jpg

コムラサキ(2011.6.11 奈良県)
雨が降っているときに見つけたコムラサキは、クヌギの枝先で雨がやむのをじっと待っていました。


c0189013_429287.jpg

ヒメジャノメ(2011.6.11 奈良県)
ナラガシワの木陰で、翅を開いて”蛇の目模様”を見せてくれました。


c0189013_4353539.jpg

メスグロヒョウモン(2011.6.25 奈良県 トリミング)
次はナラガシワの林のすぐ近くにあるクリ畑にて。
こちらではそれほど見られない蝶。オレンジ色のオスも見かけたので
このあたりは、この蝶の棲める環境が残されているように感じました。


c0189013_4491783.jpg

ムラサキツバメ(2011.6.25 奈良県 トリミング)
ムラサキシジミがクリの花にやってきていましたが、
夕陽をうけて翅を開いて、表翅のブルーの見せてくれたのは、
ブルーの面積が大きいので、どうもムラサキツバメのオスのようです。
[PR]
by chantake123 | 2011-07-02 05:09 | Comments(8)