<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
陰日向に咲く
c0189013_6305963.jpg

コミスジ(2011.5.14 奈良県)
キンラン・ギンランの森で出会った蝶たち。
一番多かったのがコミスジでした。ツウィー ツウィー と独特のタイミングで羽ばたきます。


c0189013_637630.jpg

コミスジ(2011.5.14 奈良県)
目のきれいな模様に引き込まれました。
どんな風に世界が見えているのでしょうか。


c0189013_6435066.jpg

クロヒカゲ(2011.5.14 奈良県)
なかなか近づかせてくれなかったクロヒカゲ。
とまると背景に紛れて、見失いそうになります。


c0189013_6491013.jpg

サトキマダラヒカゲ(2011.5月 奈良県)
こちらも数匹でクヌギの木のまわりを追っかけあいしているうちは目立つのに、
とまってしまうと見事な保護色です。


c0189013_6543034.jpg

ニョイスミレ(2011.5.14 奈良県)
道沿いや田んぼの周りでは、ニョイスミレが満開でした。


c0189013_659232.jpg

マムシ(2011.5月 奈良県)
おまけ。気付かずにおどかしてしまいました。
噛まれないように注意しましょう(笑)
[PR]
by chantake123 | 2011-05-29 07:06 | Comments(6)
里山の蘭
c0189013_18553392.jpg

キンラン(2011.5.14 奈良県)
新緑の里山ではキンランが咲き始めていました。


c0189013_18595339.jpg

キンラン(2011.5.14 奈良県)
まだ花が開いているものは少なかったです。コナラ林の林縁でひっそりと咲いていました。


c0189013_194967.jpg

キンラン(2011.5.14 奈良県)
見かけたのは本当に久しぶりで、嬉しい再会でした。


c0189013_19153985.jpg

ギンラン(2011.5.14 奈良県)
そして、ギンランも数株見つけることができました。


c0189013_19184147.jpg

ギンラン(2011.5.14 奈良県)
見比べてみると花の形が違うものですね。ギンランの方が早く咲き始めているように見えました。


c0189013_19235062.jpg

ギンラン(2011.5.14 奈良県)
こんな小さな株も咲いていました。

以前、10年ほど前に見かけた場所は、採られてしまって見られなくなってしまいました。
2種類とも栽培困難な種だそうです。この里山でこそ花を咲かせることができます。
この場所で、ずっと咲き続けてくれるといいなあと思っています。
[PR]
by chantake123 | 2011-05-21 19:28 | Comments(8)
春の蜻蛉たち
c0189013_22485116.jpg

アカメガシワとフジの花(2011.5.14 奈良県)
新緑の里山を訪れてきました。
フジの花も、まだたくさん咲き残っていました。


c0189013_22543591.jpg

シオヤトンボ(2011.5.14 奈良県)
山裾の田んぼには水が入り、春のトンボであるシオヤトンボがたくさん見られました。


c0189013_22594539.jpg

シオヤトンボ(2011.5.14 奈良県)
立てかけてある竹の上で、仲良く日向ぼっこ。


c0189013_232939.jpg

カワトンボ(2011.5.14 奈良県)
小川に沿う路には、たくさんのカワトンボが縄張りをはっていました。


c0189013_2382293.jpg

フタスジサナエ(2011.5.14 奈良県)
リュックをおろすと、傍に一匹のサナエトンボがとまっていました。
帰って調べてみると、初めて見るフタスジサナエのようです。
[PR]
by chantake123 | 2011-05-15 23:20 | Comments(4)
春の女神
c0189013_21154237.jpg

新緑の道(2011.4月)
新緑のトンネルを抜けて、見に行ってきました。


c0189013_2121335.jpg

ルリシジミ(2011.4月)
最初に出会ったのは、吸水に下りてきたルリシジミでした。


c0189013_21361021.jpg

コツバメ(2011.4月)
次に見つけたのがコツバメ。
風にあおられるように飛んできて、地面にとまったあと、すぐ飛び立っていきました。


c0189013_21402452.jpg

ギフチョウ(2011.4月)
そして、しばらく進むと路の向こうの方で、2匹の蝶が追いかけあいをしています。
1匹が地面にとまりました。それは2年ぶりに出会うギフチョウでした。


c0189013_21461726.jpg

ギフチョウ(2011.4月)
飛び立って路を行ったり来たりした後、私の足元にまで飛んできてくれました。


c0189013_21501163.jpg

ギフチョウとミヤコアオイ(2011.4月)
別の場所では、自然観察員の方と一緒に観察させてもらいました。
メスのギフチョウが産卵をしに飛んできているようだったからです。
写真の中央右よりに出ている葉が、幼虫の食草であるミヤコアオイです。


c0189013_2157372.jpg

ギフチョウの産卵(2011.4月)
すると、ミヤコアオイにとまって産卵を始めました。


c0189013_21594438.jpg

ギフチョウの産卵(2011.4月)
翅は写真のように開いていたり、時折閉じたり、産卵は数分続きました。


c0189013_2245847.jpg

ミヤコアオイに産み付けられた卵(2011.4月)
メスが飛び去ったあとには、確かに卵が産み付けられていました。
メスは産卵に力を使い果たしたのか、少しずつゆっくりと飛び去っていきました。

”春の女神”といわれるギフチョウ。今年は産卵の場面を見ることができました。
8つの卵が見えました。厳しい自然を生き抜いて繋いだ命。
来年も美しい姿を見せてくれることを願って、この地をあとにしました。
[PR]
by chantake123 | 2011-05-07 22:31 | Comments(10)
カタクリの季節
c0189013_1848351.jpg

カタクリ(2011.4月)
例年に比べてカタクリの開花も少し遅かったようですが、今年も花を見ることができました。


c0189013_18522283.jpg

カタクリ(2011.4月)
花びらには粉を吹くようにピンク色がのっていて、中央の模様も綺麗でした。


c0189013_19281.jpg

カタクリ(2011.4月)
仲良く寄り添って咲いていました。


c0189013_1952057.jpg

カタクリ(2011.4月)
時期的にも恵まれて、林床をピンク色に染める満開のカタクリの花に出会えました。
[PR]
by chantake123 | 2011-05-04 19:17 | Comments(4)