<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
彼岸花
c0189013_6261669.jpg

ヒガンバナ(2010.9.19/奈良県 五條市)
先週末は彼岸花が満開だったように思います。
結局撮りにいけなかったので、一週前の写真です。


c0189013_6333160.jpg

ヒガンバナ(2010.9.19/奈良県 五條市)
あまり深く考えず、いろんな方向からパシャパシャ撮ってました(笑)


c0189013_6362143.jpg

ヒガンバナ(2010.9.19/奈良県 五條市)
今年は咲くのが遅いなあと思ってましたが、花茎が伸びだしたら、
あっと言う間に満開になりましたね。


c0189013_646330.jpg

アゲハチョウ(2010.9.19/奈良県 五條市)
ヒガンバナにやって来ていたんです。
うまく近寄れなくて、後で近くの葉で休んでいるところを撮らせてもらいました。
ほかに、キアゲハやキチョウもヒガンバナにやって来ていました。


c0189013_651436.jpg

ヒメアカタテハ(2010.9.19/奈良県 五條市 トリミング)
あと、きれいなヒメアカタテハが1匹、田んぼの周りを飛び回っていました。
秋になると見かけるようになる蝶ですね。
夏から秋にかけて、温暖地から寒冷地に向かってどんどん分布を広げていくようです。


c0189013_6593986.jpg

ヒメアカタテハ(2010.9.19/奈良県 五條市)
最後にやっと近づかせてくれました。
独特のピンク色。サーモンピンクって感じでしょうか。
この直後に車が通りがかって、飛び去っていきました。
[PR]
by chantake123 | 2010-09-30 07:05 | Comments(13)
田んぼの火入れ
c0189013_6273198.jpg

田んぼの火入れ(2010.9.19/奈良県 五條市)
先日、稲刈りの終わった田んぼを訪れると、田んぼに火が入れられていました。


c0189013_6323618.jpg

田んぼの火入れ(2010.9.19/奈良県 五條市)
残った不必要な稲わらを焼いてしまうということや、
ノビエが生えてしまった時の駆除という意味合いで行われるようです。
一方、火入れはせずに、稲刈り後すぐに田んぼを耕して、
切り株を鋤き込んでしまう田んぼも多いです。
そうすると微生物が活発に働いてわらを腐らせることにより土づくりに効果があり、
また土を反転させ雑草を抑えるのにも効果があるそうです。
農家の方は、来年の米作りのために様々な作業をされているのですね。

バームクーヘン形の田んぼは、チョコバームクーヘンへと変わっていきました♪


c0189013_741627.jpg

ヒガンバナ(2010.9.19/奈良県 五條市)
火入れをしている田んぼの傍では、ヒガンバナが咲き始めました。


c0189013_764215.jpg

ヒガンバナ(2010.9.19/奈良県 五條市)
このあたりでも、去年に比べて10日ほど開花が遅れていたように思いますが、
この週末は見頃ではないでしょうか。
[PR]
by chantake123 | 2010-09-25 07:10 | Comments(12)
ハンミョウ 2010
c0189013_4453362.jpg

ハンミョウ(2010.9.5/奈良県 トリミング)
赤とんぼがいないかと下りた河原で出会ったのは、約1年ぶりのハンミョウ。
美しい光沢を持った日本を代表する甲虫だと思います。
とはいえ、この虫は気を許してくれるまで、なかなか一定の距離以内に近づかせてくれないのです。


c0189013_4582616.jpg

ハンミョウ(2010.9.5/奈良県)
この河原では何匹かのハンミョウを同時に見ることができて、
そのうちの1匹が獲物探しに夢中だったのか、近くでとまってくれました。
長い脚で体を立てて、視野を確保しています。
鋭い顎をもった俊敏なハンターですね。
他に、もう少し小形のコニワハンミョウもいたのですが見失ってしまいました。
他の種類のハンミョウたちも撮ってみたいなあと思いました。
[PR]
by chantake123 | 2010-09-22 05:48 | Comments(14)
魚露目8号
魚露目8号。虫の目レンズとも言われています。
被写界深度がとても深いので、昆虫ワイドマクロ撮影にとても都合がいいのです。
昆虫写真家の湊和雄さんのホームページに憧れて、数年前から少しずつ
必要な部品を手に入れていたのですが、最近、GXRを購入したのを契機に
いよいよ撮影に挑戦してみました。
c0189013_761781.jpg

カジカガエル(2010.9.12/奈良県 五條市 トリミング)
吉野川の河原でカジカガエルにモデルになってもらいました。
カエルの目の前にまでレンズを近づけて撮影しています。
2枚撮ったところで、カエル君は泳ぎだして流れにのって行ってしまいました♪
超広角なので、写真の左上に、道に置いてきた自分のリュックが写ってしまいました(笑)
1.4倍のデジタルズームをかけても四隅が微妙にケラレるので、若干トリミングしています。


c0189013_7183851.jpg

カヌーで賑わう吉野川(2010.9.12/奈良県 五條市 トリミング)
撮影中にカヌーが横を通ってびっくり!
奈良吉野川はM.O.C.(モンベル アウトドア チャレンジ)の基地のひとつで、
カヌー体験をしに、休日はたくさんの人がやってきます。
ゆっくり景色を見ながら下られているのが気持ちよさそうで…
自分もちょっと挑戦してみたくなってきました(笑)
[PR]
by chantake123 | 2010-09-20 07:30 | Comments(12)
セセリチョウの仲間たち
c0189013_18463353.jpg

イチモンジセセリ(2010.8.8/奈良県 斑鳩町)
セセリチョウの仲間、特にイチモンジセセリはこの時期たくさん見かけます。


c0189013_18544356.jpg

チャバネセセリ(2010.7.19/奈良県 五條市)
よく翅の斑点を見ないと、種類を見間違えてしまいそうですよね。


c0189013_1971619.jpg

オオチャバネセセリ(2010.6.19/奈良県 五條市)
なかなかセセリチョウを撮りに行くことは無いので、偶然出会うことが多いのです。


c0189013_19105924.jpg

コチャバネセセリ(2010.8.29/奈良県 五條市)
茶色以外のお洒落さんも、何種類かいてます。


c0189013_19144323.jpg

ダイミョウセセリ(2010.8.14/岐阜県 高山市)
岐阜の高山でお寺に寄った時には、ハギの花にやって来ていました。


c0189013_19185891.jpg

ホソバセセリ(2010.7.17/奈良県 五條市)
ホソバセセリは、この夏に初めて出会いました。

イチモンジセセリは特に、この時期に大群で移動することも知られています。
なので、この時期ちょっと気になる蝶なのです。
え?ガじゃないのって?? れっきとした蝶ですよ(笑)
[PR]
by chantake123 | 2010-09-18 19:33 | Comments(10)
シュレーゲルアオガエル
c0189013_23422084.jpg

シュレーゲルアオガエル(2010.9.4/奈良県 五條市)
金剛山麓の小さな沢へ、ヤンマがいないか寄ってみました。
カトリヤンマが小川の上を行ったり来たりしていましたが、
私の腕では撮影のしようがありませんでした。
そんな中、川沿いに手すりがあり、その手すりにシュレーゲルアオガエルが
いることに気づきました。


c0189013_23493937.jpg

シュレーゲルアオガエル(2010.9.4/奈良県 五條市)
写真の2匹のほかに、仔ガエルが4匹手すりにいて、
もう1匹草の上にも仔ガエルがいました。
こんなにたくさんのシュレーゲルアオガエルを一度に見るのは
初めてでした。


c0189013_23545984.jpg

シュレーゲルアオガエル(2010.9.4/奈良県 五條市)
目の前にレンズを向けられて少々迷惑そうでしたが、
逃げずにじっとしてくれていました。
ここにいれば餌にありつけるのか、繁殖期なのか、
なぜたくさん集まっていたのか、理由がわからないのでした。
[PR]
by chantake123 | 2010-09-13 06:09 | Comments(12)
田んぼ 黄金色
c0189013_1859272.jpg

黄金色の稲穂(2010.8.29/奈良県 五條市)
里山の田んぼも黄金色に染まり、収穫の時期を迎えています。
動物から守るためでしょうか。田んぼの周りは厳重にネットで囲われていました。


c0189013_19181775.jpg

キアゲハ(2010.8.29/奈良県 五條市 トリミング)
近くの草はらにやって来ていたのは、大きなキアゲハのメスでした。
ふわふわと旋回して食草を見つけると、降りてきて産卵します。


c0189013_19262646.jpg

ミドリヒョウモン(2010.8.29/奈良県 五條市)
ミドリヒョウモンも産卵場所を探しているようでした。
この田んぼの周りで見かける豹紋蝶の大半はツマグロヒョウモンですが、
わずかにメスグロヒョウモンと、このミドリヒョウモンも見られるのです。
豹紋蝶の幼虫の食草はスミレの仲間です。
田んぼの周りには9種類ものスミレが生えていて、このスミレの豊富な環境が
豹紋蝶3種類の共存を可能にしていると思います。


c0189013_1939121.jpg

ヤマトシジミ(2010.8.6/奈良県 五條市)
もっともよく見かけるシジミチョウのひとつです。
いつでも撮れるからとスルーしてしまうことが多いのですが、
なかなかどうして、翅の裏が黒い斑点できれいに飾られていて、
いままでちゃんと見ていなかったなあと反省しました。


c0189013_19474234.jpg

ゴイシシジミ(2010.7.31/奈良県 五條市)
この田んぼの周りにもゴイシシジミが棲んでいることに気がつきました。
去年、程近い川沿いの道で初めて見かけたのですが、今年も見ることができました。


c0189013_2052928.jpg

ゴイシシジミ(2010.7.31/奈良県 五條市)
碁石模様で飾られた翅をマクロレンズでも写してみました。
薄暗いところにとまっていたので、ぶれずに写すのが大変で、
IS付きのマクロレンズが欲しいなぁと思ったり、まあ、贅沢言ったらだめですね。
[PR]
by chantake123 | 2010-09-11 20:22 | Comments(10)
ヤブヤンマ
c0189013_21425112.jpg

ヤブヤンマ(2010.8.20/奈良県 五條市)
職場の脇には小川が流れていて、この夏も敷地内でギンヤンマやコヤマトンボの飛ぶ姿が
見られました。そして、建物の中にまで入って来てくれたのが、このヤブヤンマでした。
複眼の深い青色と胸に走るライムイエローのラインが印象的でした。


c0189013_21573650.jpg

ヤブヤンマ(2010.8.20/奈良県 五條市)
少しの間、窓際の鉢植えにとまってくれました。
産卵場所を探していて、迷い込んだのかもしれません。


c0189013_2222015.jpg

オオルリボシヤンマ(2010.8.29/奈良県 五條市 トリミング)
近くの池では、去年に続いて今年もオオルリボシヤンマの産卵が見られました。
よく見ると、上の枝にはコシアキトンボも止まっていますね。


c0189013_2265110.jpg

オオルリボシヤンマ(2010.8.29/奈良県 五條市 トリミング)
池の中央にある倒木のあたりで産卵とパトロールを繰り返していました。
去年より遠くからの観察でしたが、無事子孫を残してくれているようでした。
[PR]
by chantake123 | 2010-09-09 22:12 | Comments(8)
ミンミンゼミ
c0189013_658611.jpg

幼虫の抜け殻(2010.8.29/奈良県 五條市)
9月に入りセミの鳴き声も「ミーンミンミンミンミンミーン♪」のミンミンゼミと
「オーシツクツク・オーシツクツク…♪」のツクツクボウシが中心となりました。
抜け殻の区別は私には難しいですが、前足のトゲと触角の様子から、
ミンミンゼミの抜け殻のようです。


c0189013_73599.jpg

ミンミンゼミ(2010.8.29/奈良県 五條市)
抜け殻を見つけた木で、無事成虫の姿も見つけることができました。
とても近くで鳴いていたのですが、美しい緑色の体色の割りに、
木の幹にまぎれて見つけにくかったです。
[PR]
by chantake123 | 2010-09-05 07:19 | Comments(11)