カタクリとギフチョウ 2017
c0189013_06194582.jpg
落葉樹林(2017.4月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
そこは林内に光が差しこみ、ササや木々の芽吹きがキラキラと輝いていました。

c0189013_06252288.jpg
カタクリ(2017.4月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
林床にはカタクリの花がたくさん開花していました。

c0189013_06305799.jpg
カタクリ(2017.4月, EOS 7D, SIGMA17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO クリックすると大きめの絵になります
今年は開花が若干遅めだったようですが、美しいピンクの花を一斉に開いてくれていました。

c0189013_06344135.jpg
カタクリ(2017.4月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
開き始めのお花もあれば…

c0189013_06373568.jpg
カタクリ(2017.4月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
だいぶ開いたお花もあり…

c0189013_06403326.jpg
カタクリ(2017.4月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
しっかりと花弁がそりかえっているお花も。
光が十分にあたっている花ほど、花弁がしっかりと開いていました。

c0189013_06442299.jpg
カタクリ(2017.4月, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
花の色にもバリエーションがあり、この花のように濃いめの花もありました。

c0189013_06473392.jpg
カタクリ(2017.4月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
お日様に照らされると、花弁が透き通るように輝くのでした。

c0189013_06520766.jpg
ギフチョウ(2017.4月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
しばらく待つと、どこからともなくギフチョウが舞い降りてきました。
この個体はカタクリの花の近くに降りたのですが、花にとまることはありませんでした。

c0189013_06573554.jpg
ギフチョウ(2017.4月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
今度は遠くのカタクリで蜜を吸った個体がだんだんと近づいてきて、
ミヤマシキミの花が咲く林床にとまりました。
触角を脚で触るなどしてひと休み。カタクリに顔をつっこんだ後なのでクリーニングしているのかも。

c0189013_07044868.jpg
ギフチョウ(2017.4月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
ふいに、休んでいた個体が飛び立って、近くの花にとまったのです。
予期してなかったので、何とかシャッターを切ったという感じでした。

c0189013_07083291.jpg
ギフチョウ(2017.4月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM
吸い終わると、また近くの林床でひと休み。
そして、ひらひらと飛び去ってゆきました。

c0189013_07110091.jpg
ギフチョウ(2017.4月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
さらにもう少し待つと、別の個体が遠くのカタクリからやって来て、近くの林床にとまりました。
「これは、また、さっきの花にとまるなぁ」と思って準備していると、

c0189013_07145882.jpg
ギフチョウ(2017.4月, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM クリックすると大きめの絵になります
予想通り飛び立って、さっきと同じ花で蜜を吸い始めました。
ただ、ほんの数秒だったので、何とかピントが合って写ってくれた一枚でした。


2年ぶりにこの林を訪れて、無事カタクリやギフチョウたちと出会うことができました。
ギフチョウの保護活動をされている方とも3年ぶりにお会いして、ご挨拶できました。
ギフチョウを待つ間、同じ場所で撮影されていた方とカメラや蝶の話をして、
ギフチョウがカタクリにとまる姿をお互いに無事撮影できたこともありがたかったです。
たぶん、最初の個体がオス。花にとまった2個体がメスかなあと思います。
カタクリやギフチョウたちに感謝。そして、さまざまな方との出会いに感謝です。





[PR]
by chantake123 | 2017-05-04 07:27 | Comments(16)
Commented by butanekoex at 2017-05-04 13:57
カタクリとギフチョウのお写真、とても見てみたかった組み合わせです。
いつまでも見ていたい光景ですね。
ギフチョウは、少なくなっているのですね。
保護活動をされているかたには、感謝の一言です。
Commented by asitano_kaze at 2017-05-05 17:23
タイトルだけでわくわくしてしまいます。
カタクリ、たくさん咲いていますね。
8,花心のよくできましたマークもよく撮れていますね。
ラスト、すばらしいです。ギフチョウの広げた翅、これは実物を是非みたいと思いました。
Commented by nihon-burari at 2017-05-05 18:23
フィルム時代の写真をアップさせていただくと以前コメントさせていただきましたが、枚数が多くあるのと腰痛や体調不良のため中々アップできずにおります。
時間はかかると思いますが体調と相談しながら順次アップさせていただこうかと思いますので、今しばらくお待ちください。
コメントする
Commented by sidu-haha at 2017-05-06 10:15
おはようございます。
森の中に咲くカタクリに出会ったら、~~いっぱい元気をもらえそうですね。
ギフチョウも~~素敵ですね。
森歩きがしたくなってきました。
Commented by chantake123 at 2017-05-06 12:04
butanekoex さん、
以前はギフチョウを撮影した直後に捕虫網で捕まえられることがありました。
今は保護活動の機運が高まりギフチョウの見られる頻度も増えています。
地道な保護活動が実を結びつつあり、ほんとうに素晴らしいなあと思っています。
おかげでカタクリに来たギフチョウを何度も観察できたり撮影させてもらうまでになりました。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2017-05-06 12:10
asitano_kaze さん、
地道な保護活動のおかげで、ここ数年「カタクリとギフチョウ」のタイトルでアップできるほど
ギフチョウが観察できるようになりました。
カタクリの花弁にある模様は本当に自然の造形美というか、その花の色や姿とあいまって美しいなあと思います。
ラストの一枚、欲を言えばもう少し退いて撮りたかったところですが、単焦点のレンズなのでその余裕がありませんでした(笑)
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2017-05-06 12:15
nihon-burari さん、
白川郷に桜の季節に行ってこられたのですね!
自分もいつかぜひとも行ってみたい場所です!
きっと白川郷のほうでもカタクリやギフチョウが見られるのかなあと思いました。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2017-05-06 12:21
sidu-haha さん、
森の中に咲くカタクリや飛んでくるギフチョウに感動しながら撮らせてもらいました。
この感動が忘れられず、また来年以降も出会いに行くことになります(笑)
何よりこのような豊かな自然がみられることに感謝で、これからも大切に見守っていきたいと思います。
コメントありがとうございます!
Commented by ビリア at 2017-05-06 17:49 x
カタクリとギフチョウのコラボ、貴重な写真ですね。
私はキフチョウにもあっていません。
冬枯れの景色が彩づいて春の鼓動が聞こえます。
Commented by tomiete3 at 2017-05-06 18:18
こんばんは

 自然環境の良いところだけあってカタクリの花が咲き乱れていますね。
 花と蝶々・・時間をかけられて狙いましたね。
Commented by chantake123 at 2017-05-07 06:20
ビリアさん、
何とかカタクリにきたギフチョウを撮らせてもらいました。
私もこの森でしかギフチョウに出会ったことがありません。
いずれは別の地域のギフチョウも見てみたいなあと思っています。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2017-05-07 06:24
tomiete3さん、
ここではカタクリの花をたくさん見ることができます。
ギフチョウは同じ場所でゆっくりと来るのを待ちました。
午前中半日だけでしたが、あっという間に時間が過ぎました!
コメントありがとうございます!
Commented by Sippo5655 at 2017-05-09 21:27
カタクリとギフチョウ。
夢のようなコラボ!
素晴らしい出逢いでしたね!
ゆったりとした空間と
静かな感動が伝わってくるようです!
Commented by natureflow at 2017-05-13 10:35
ひっそりとした森の
カタクリとギフチョウ
落葉樹林のかさこそという音が
聞こえてくるようです。
Commented by chantake123 at 2017-05-13 10:54
Sippo5655さん、
夢のようなコラボを目の前で観察できることに本当に感謝したいです。
来年以降もこんな光景が見られることを切に願います。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2017-05-13 10:58
natureflowさん、
かさこそと落ち葉を踏みながら、カタクリとギフチョウを観察しました。
どちらも早春にだけ見られるスプリング・エフェメラル(春のはかない命)です。
山を後にするとき、来年も出会えますようにって思います。
コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 新緑の山を訪れて 春爛漫 >>