色づく田んぼと赤とんぼ
c0189013_1116539.jpg
色づく田んぼ(2016.10.15 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
近所の田んぼでも、先週あたりから稲刈りが始まっています。


c0189013_11194985.jpg
稲穂(2016.10.15 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
稲穂もしっかり実っています。


c0189013_11214145.jpg
朝露(2016.10.15 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
稲穂に朝露が付いてキラキラと輝いていました。


c0189013_11232421.jpg
モンキチョウ(2016.10.15 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
このモンキチョウは稲穂にとまって朝を迎えたようです。


c0189013_1125630.jpg
モンキチョウ(2016.10.15 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
翅にもたくさん朝露がついていました。
翅にめいっぱい朝陽を当てて、体を温めているように見えました。


c0189013_11282682.jpg
カワセミ(2016.10.15 奈良県, EOS 7D,EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
カワセミどこにいるか分かりますか(笑)
細い水路に飛び込んで、しっかり小魚を捕まえていました。


c0189013_11322029.jpg
コシアカツバメ(2016.10.15 奈良県, EOS 7D,EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II
こちらはピントが合わなくて、小さな写真で(涙)
コシアカツバメが5羽ほど、田んぼの上を飛んで盛んに餌を求めていました。


c0189013_11354253.jpg
アキアカネ(2016.10.8 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
この田んぼでは前の週に赤とんぼに出会うことができました。
背景の田んぼも1週間違うと色づき具合が違いますね。


c0189013_11392197.jpg
アキアカネ(2016.10.8 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
胸の模様からみて、雌のアキアカネのようでした。


c0189013_11413198.jpg
アキアカネ(2016.10.8 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
ほんの半月前まではウスバキトンボが群れて飛んでいたのに、
この日見かけたのは5匹ほどの赤とんぼ。
カップルで連結飛翔しているものもいました。


c0189013_11442873.jpg
アキアカネ(2016.10.8 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
夏に吉野の渓谷でも出会いましたが、やはり地元で出会えるとほっとします。


c0189013_11481524.jpg
アキアカネ(2016.10.8 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
私が子供の頃に比べてめっきり減ってしまった赤とんぼ。
この田んぼでも子孫を残して、これからも元気な姿を見せてほしいものです。


c0189013_1151489.jpg
アオサギとハシボソガラス(2016.10.8 奈良県, EOS 7D, SIGMA18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM クリックすると大きめの絵になります
水の抜かれた田んぼでは、残った水たまりや浅い水路に魚たちが取り残されます。
そんな餌場を鳥たちはよく知っています。


c0189013_11533743.jpg
ノビタキ(2016.10.8 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II トリミング クリックすると大きめの絵になります
渡ってきたノビタキたちが鳴き交わす姿や…


c0189013_11574657.jpg
キジバト(2016.10.8 奈良県, EOS 7D, EF300mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II クリックすると大きめの絵になります
連れ立って餌をついばむキジバトに癒されて、田んぼをあとにするのでした。
[PR]
by chantake123 | 2016-10-15 12:03 | Comments(10)
Commented by tomiete3 at 2016-10-15 12:17
実りの秋、トンボも飛び交い過ごしやすい天気が続いていますね。
 撮影紀行も楽しくなったことでしょうね。
Commented by butanekoex at 2016-10-15 19:06
秋の原風景に癒やされます。
稲穂の美しさ、これも今の時期の撮影の醍醐味なのでしょう。
カワセミの可愛らしいこと!
そして、アキアカネの姿にほっとします。
Commented by asitano_kaze at 2016-10-15 20:59
はや稲刈りですか。
たわわに実って重たそうにうつむいていますね。
朝露をつけたモンキチョウ、いいですねぇ。
コシアカツバメ、なかなか出会えません。
あはは、アオサギちゃんとハシボソくん、いいコンビですねぇ。
Commented by natureflow at 2016-10-20 11:12
黄金色の田んぼ
広いですね。
カワセミ、始めてみるコシアカツバメ
chantakeさんの目にとまって
その姿を見せてくれます。
アオサギとハシボソガラスも仲良しですね。
Commented by Sippo5655 at 2016-10-22 22:08
すっかり秋の光景ですね!
トンボさん たくさん空を舞っていたのかな・・

モンキチョウは強いですね。
秋遅くまでいて、春は一番に出てくる、、

鳥さんの世界も、いろいろとあるのですね!
Commented by chantake123 at 2016-10-23 09:40
tomiete3さん、
先日の倉吉市の地震では、こちら奈良まで2~30秒ほど揺れました。
各地で起こっている地震ももう少し収まってくれると有難いのですが。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2016-10-23 09:44
butanekoex さん、
こちらの田園地帯も少しずつ、そして半分ほど稲刈りが行われたでしょうか。
ありふれた風景ですが、美しい風景だなあと思います。
赤トンボもありふれた風景だっただけに、再び盛り返してくれることを期待しています。
カワセミには久々に出会いました(笑)
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2016-10-23 09:47
natureflowさん、
収穫時期の田んぼは黄金色に染まって、朝日に照らされると本当に美しいです。
田んぼに残った水たまりや、水路を移動する魚たちを狙って、様々な鳥たちが見られます。
いろんな種類の鳥さんがけっこう仲が良さそうで面白いです。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2016-10-23 09:52
asitano_kaze さん、
黄金色に色づいた稲穂に朝露がついて美しかったです。
コシアカツバメはここに居ついているわけではなく、移動中にここで餌を捕っていたのだと思います。
普通の家の玄関などにツバメが巣をつくるのに対して、
コシアカツバメは自分の職場もそうですが、少し大きめの建築物に巣を作ることがあります。
もう少しねばって、しっかり写真に収められると良かったのですが(涙)
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2016-10-23 09:57
Sippo5655さん、
赤トンボもたくさん群れていたわけではなく、5匹ほどちらほらと見た程度でした。
かつては水路のコンクリートの上や、田んぼでびっしり並んで日向ぼっこしていた記憶があるので、
さびしい限りですが、また少しずつでも復活していってくれることを期待しています。
モンキチョウは本当に生命力が強く、川沿いに生えるマメ科の雑草を食草にしてたくましく棲んでますね。
コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 赤トンボたちの池 彼岸花と揚羽蝶 >>