桔梗の咲く草はらにて
c0189013_1535896.jpg
キキョウ(2016.7月) クリックすると大きめの絵になります
数年ぶりに訪れた草はらでは、ひそやかに桔梗の花が風にゆられて咲いていました。


c0189013_1595681.jpg
キキョウ(2016.7月)
花びらにはいるすじが繊細ですね。きれいなお花をアップで撮ってみました。


c0189013_1521448.jpg
キキョウ(2016.7月) クリックすると大きめの絵になります
辺りを見ると、蕾もちらほらと顔を出していました。


c0189013_15174885.jpg
キキョウ(2016.7月)
風船のように膨らんだの五角形の蕾が面白いなあと思いました。


c0189013_1532818.jpg
ママコナ(2016.7月) クリックすると大きめの絵になります
桔梗以外にもさまざまなお花が咲いていて…


c0189013_1534130.jpg
ママコナ(2016.7月)
ママコナのピンクの花がたくさん。


c0189013_15293343.jpg
オカトラノオ(2016.7月) クリックすると大きめの絵になります
オカトラノオもあった。


c0189013_15383937.jpg
チダケサシ(2016.7月)
風にそよそよ揺れていたチダケサシの花。


c0189013_1665555.jpg
オミナエシ(2016.7月)
オミナエシはまだ咲き始め。


c0189013_1695351.jpg
アキノタムラソウ(2016.7月)
日陰にはアキノタムラソウ。


c0189013_16135243.jpg
イヌゴマ(2016.7月)
アキノタムラソウよりピンクっぽいのはイヌゴマのようです。


c0189013_16183472.jpg
ノアザミ(2016.7月) クリックすると大きめの絵になります
アザミの花もまだまだ咲いていました。


c0189013_16204753.jpg
クロシジミ(2016.7月) クリックすると大きめの絵になります
この草はらではクロシジミという蝶を見たかったのです。
お昼の間は見られなかったので今回は出会えないかと思っていましたが、
日が傾き始めたころからどこからともなく出てきてくれたのです。


c0189013_16265120.jpg
クロシジミ(2016.7月)
メスばかりを数匹見ることができましたが、そのうちの1匹は翅を開いてくれました。
この後飛び出して、高い位置に移動してゆきました。


c0189013_1648876.jpg
クロシジミ(2016.7月) クリックすると大きめの絵になります
クロシジミは、幼虫の時期にクロオオアリの巣の中で、アリから口移しでエサをもらって成長して、
代わりにアリたちに蜜を与えるという、共生関係を持つ珍しいチョウなのです。
なので、このメスはクロオオアリのいる枝へと、あえて飛んできたように見えました。
条件が合えば、このようなアリが傍に棲む環境に産卵するんじゃないかなと思いました。


c0189013_165912.jpg
クロオオアリ(2016.7月)
上の写真のコナラの枝には、このようにクロオオアリとアブラムシが群れて棲んでいました。


c0189013_1761991.jpg
オオウラギンスジヒョウモン(2016.7月) クリックすると大きめの絵になります
クロシジミ以外にも、奈良ではあんまり見かけない種類の豹紋蝶も出てきてくれました。


c0189013_17112737.jpg
コミスジ(2016.7月)
コミスジが元気にキビキビと飛び回っていたり…


c0189013_1713152.jpg
コチャバネセセリ(2016.7月) クリックすると大きめの絵になります
コチャバネセセリも元気にピュイーンと飛んでゆきました。


数年ぶりに歩いた草はらでしたが、きれいな草花や珍しい蝶を観察する機会に恵まれました。
クロシジミは昼間全然見かけなかったのに、夕方になってちらほらと出てきたことから、
その生き物ごとに特有の生活様式をもっているんだなあと考えさせられました。
[PR]
by chantake123 | 2016-08-13 17:29 | Comments(10)
Commented by nihon-burari at 2016-08-13 20:01
日本ブラリをご覧いただき臹にありがとうございます。
ご来訪頂いた方よりのコメトに “星の写真(天体写真)が
見てみたい” とのリ工ストがあリましたので以前アップした画像の場所を
記戟させていだきます。

第2弾  天橋立伊根なび  平成28年4月12曰〜13日(月曜日〜火月曜日)
最終画像 伊根なびをご覧ください。

9月からは、ブログの公開を月に1回とさせて頂きます。

公開予定は月の上旬(10日~20日)までに公開させていただきます
尚、コメントの返信は公開時に併せてさせて頂きたいと思っておりますので、お待たせするかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

Commented by tomiete3 at 2016-08-14 09:38
こんにちは

  桔梗の咲く場所も少なくなってしまいましたね。

  良くこの場所を・・忘れずにおとづれられましたね。
Commented by yukate3939 at 2016-08-14 21:17
桔梗も車からちらほら目にしますが、
改めて写真で見ると綺麗でかわいらしいですね。
まさに桔梗色です。

普段のchantake博士の撮影場所、私には蛇が恐ろしくて
一切近寄ることのないゾーンですね^^
這松や高山植物のゾーンなら平気ですが・・・
でも最近山にも行けなくてちょっとストレスが溜まってます。
Commented by sidu-haha at 2016-08-16 07:44
おはようございます。
野の中で咲く桔梗はことさら気品が感じられますね~。
素敵ですね。

蝶もこんなにいろいろいるのですね。
一昨日写した蝶がアップされていて、名前がわかり嬉しいです。
ありがとうございます。
Commented by Sippo5655 at 2016-08-16 21:57
クロシジミもアリとの共生関係にあるのですね。
私はまだ見たことがありません。
翅を開いてくれて・・♪
オオウラギンスジヒョウモン、貫禄ですね!
・・・なんて偉そうに言ってるけど
すっごく遠目に撮影したことがあるだけの私です(汗)
そういえばコチャバネセセリは今季まだ見ていないような、、
セセリチョウ今年数少ないような印象ですね・・・
Commented by chantake123 at 2016-08-17 13:39
nihon-burari さん、
月一回のブログ更新楽しみにしています。ファン申請しないと見れないんですかね。また、教えて下されば幸いです。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2016-08-17 13:43
tomiete3 さん、
桔梗の見られる場所は確かに自分も少ないなあと思います。
この場所で見られると思っていなかったので嬉しい出会いとなりました。
阿蘇では見られるところがまだまだあるかもしれませんね。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2016-08-17 13:49
yukate3939 さん、
そうですね。蛇だけでなく、蚊や熱中症にも注意しなくてはなりません(笑)
まあ、子供の頃から慣れているとはいえ、確かに注意しようと思います。
自分も今年は夏山を断念しました。また機会があえばご一緒したいです!
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2016-08-17 13:53
sidu-haha さん、
草はらのなかに野生の桔梗が見られたのは嬉しかったです。
コミスジの写真きれいに撮られていますね。そちらでも同じ時期に同じ蝶が見られるんだなあと嬉しくなりました。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2016-08-17 13:58
Sippo5655さん、
クロシジミも数年前に一度見ていたので、今回は比較的見つけやすかったです。
飛んできて、アリがたくさんいる枝の近くにとまったので、蝶とアリとの深い結びつきを感じました。
Sippoさんが出会われたウラギンスジヒョウモンにもいつか出会ってみたいです。
コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< カルガモ親子 ~新レンズ試写~ 赤滝 >>