室生寺再訪 シャクナゲの季節
c0189013_5435880.jpg
女人高野 室生寺(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
シャクナゲの咲く季節に一度行ってみたいと、室生寺を再び訪ねることとなりました。
だんだんと下り坂の天気でしたが、ちょうど満開のシャクナゲの花に出会うことができました。


c0189013_615398.jpg
石楠花(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
葉の裏の毛が少ないのでホンシャクナゲかもしれません。
逆光に花びらが透けてきれいでした。


c0189013_65041.jpg
鎧坂(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
石段の脇を彩る石楠花の花。


c0189013_6113754.jpg
石楠花(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
金堂の裏手で、濃い色の花が咲いていました。


c0189013_6155297.jpg
五重塔(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
石楠花に囲まれた五重塔。


c0189013_6193374.jpg
シキミ(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
シキミの花を見るのは初めてでした。小さなアリがやってきていました。


c0189013_6241248.jpg
ムロウマムシグサ(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
奥の院への石段沿いには天南星がたくさんの花を咲かせていました。


c0189013_6292035.jpg
ムロウマムシグサ(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
ムロウマムシグサは、この室生寺で見つけられた種類なのだそうです。


c0189013_6382399.jpg
ムロウテンナンショウ(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
緑のムロウテンナンショウにも「室生」の名がつきます。


c0189013_641205.jpg
ムロウテンナンショウ(2016.4.23 奈良県 宇陀市)
石柱の間からも花を出していました。


c0189013_6434282.jpg
コミヤマスミレ(2016.4.23 奈良県 宇陀市)
苔に包まれながらコミヤマスミレが花を咲かせていました。


c0189013_6465781.jpg
ルリセンチコガネ(2016.4.23 奈良県 宇陀市)
この春初めて撮影した虫はルリセンチコガネとなりました。
杉の落ち葉の中へ元気にもぐり込んでゆきました。


c0189013_702290.jpg
クリンソウ(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
石楠花の足元ではクリンソウも咲き始めていましたよ。


c0189013_731745.jpg
クリンソウ(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
花の色は濃いものから薄いものまでさまざまです。


c0189013_7641100.jpg
クリンソウ(2016.4.23 奈良県 宇陀市)
室生寺の湿潤な環境はクリンソウにとっても生育しやすそうでした。


c0189013_785519.jpg
石楠花(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
帰りも五重塔の所からはシャクナゲの花を巡りながらゆっくりと下りました。


c0189013_7151022.jpg
石楠花(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
何だかどの花も撮ってと言っているようで(笑)


c0189013_7164986.jpg
石楠花(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
見上げると上の方にもたくさんのお花。


c0189013_7182282.jpg
ハナムグリの仲間(2016.4.23 奈良県 宇陀市)
花の甘い香りに誘われてハナムグリが花の奥にまでもぐり込んでいました。


c0189013_7202450.jpg
石楠花(2016.4.23 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
満開のお花に出会うことができたのでした。


c0189013_722714.jpg
ヒメスミレ(2016.4.23 奈良県 宇陀市)
石楠花の足元にも所々に紫の菫のお花。
雨がぽつぽつ落ちてきたのでカメラを終いました。

石楠花の室生寺を満喫することができました。
[PR]
by chantake123 | 2016-05-03 07:24 | Comments(16)
Commented by ffly2072 at 2016-05-03 15:34
シャクナゲも綺麗でいいですが、クリンソウ、シンプルでカッコイイですね。
暖かくなると花が咲いたり虫が出てきたり、賑やかになりますね。
Commented by sidu-haha at 2016-05-04 09:31
おはようございます。
室生寺~~すてきな所ですね。
このお寺の名前を教えてくれたのは、若き日の憧れの男性でした。
懐かしいですね。

シャクナゲ~優しげに咲いていて~素晴らしいですね。
Commented by hannsinn24 at 2016-05-04 10:52
こんにちは( ^o^)ノ
コメントありがとうございました。
室生寺の石楠花きれいです。
ひめすみれ可憐でいいですね
昨年行った時は、石楠花が、蕾みの時 鹿が食べて
花が少なかったです。クリン草いつも同じ場所で咲いてて、可愛いです
日本桜草に似てますよね
Commented by asitano_kaze at 2016-05-04 12:25
シャクナゲの花、たくさん咲いていますね。
優美で透明感があり、花々が重なって見えるととても豪華ですね。
石段に沿って花が咲いていると、足の疲れも忘れてしまいますね。
ムロウマムシグサ、ここで見つけられた品種ですか。
この種のものは禍々しい雰囲気をもっていますが、見慣れていくうちに好きでたまらなくなりました。
ルリセンチコガネ、慌てて潜り込んでいく姿が目に浮かびます。
Commented by yukate3939 at 2016-05-04 22:51
こんばんは。
コガネが何とも言えないきれいな色ですね~。
GWは葛城山につつじを見に行きたいと考えているのですが、
駐車場もロープウェイも待ち時間が大変なことになってるようです。
運が良ければカタクリやギフチョウも見つけたいのですが、
混んでいると体力が持つか心配です。
Commented by tomiete3 at 2016-05-05 16:41
こんにちは
  気候のいい時に山野草も一斉に咲き誇っているようですね。
コメントありがとうございました。・・まだまだ余震が続き、毎日ひやひやでいます。
Commented by Sippo5655 at 2016-05-06 22:11
シキミの花・・・!
私、今季このお花に一目惚れして、
東京ですから、名札で「シキミ」と知りました(笑)
目立たないところでまだまだいっぱい
いろんなお花が咲いていて、
あの独特の空間は本当に不思議な癒し空間でした。。
Commented by koharu07028 at 2016-05-07 21:52
こんばんは。
ひとつひとつのお花に名前を入れていただいて助かります。
それと、シキミの花!
初めて見ました。
ご焼香の時に使われる木にも花が咲くんですね。
勉強になりました(^^)
Commented by chantake123 at 2016-05-08 06:40
ffly2072 さん、
クリンソウは桜草の仲間で好きな野草のひとつなので見られてよかったです。
旧志免鉱業所竪坑櫓ですか。まさに産業遺産ですね。私は社会や歴史的なことに疎いので拝見して興味深いです。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2016-05-08 06:46
sidu-hahaさん、
室生寺は自然豊かで落ち着きがあって、とてもすてきなお寺です。
そうですか。室生寺について思い出がおありとは!シャクナゲの咲く室生寺は本当に素敵な所なのです。
シャクナゲが咲く季節は初めて訪れましたがお寺の建物とシャクナゲが調和して美しい景色です。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2016-05-08 06:50
hannsinn24さん、
室生寺に昨年行かれたのですね。シャクナゲも鹿の食害に遭うなんて知りませんでした。
クリンソウは日本桜草と同じ仲間ですよね。私も大好きなお花です。
ヒメスミレは家の近所でも見られますが、室生寺の方が山間にあるので咲く時期が少し遅いのかもしれません。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2016-05-08 06:58
asitano_kaze さん、
室生寺には3000本のシャクナゲがあるそうで、石段を上りながらも次から次へと花が楽しませてくれます。
褐色はムロウマムシグサ、緑はムロウテンナンショウと見分けていますが、それ以外の種類も室生寺にあるのかもしれません。
昔、大学の授業でマムシグサについて教わって以来、その独特の形態についつい目の離せない存在です。
ルリセンチはそちらではきっと赤く光るタイプが分布していると思います。瑠璃色は紀伊半島特産です。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2016-05-08 07:04
yukate3939さん、
自分も葛城さんのツツジを一度見に行きたいのですが、ロープウェイや駐車場が混むだろうと毎年二の足を踏んでいます。
今年は忙しく、カタクリもギフチョウも見に行く機会がありませんでした。
ルリセンチコガネは鹿などの糞を食べて分解してくれる糞虫。奈良公園や吉野の山地でも見ることができます。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2016-05-08 07:12
tomiete3 さん、
まだまだ余震が続いているのですね。GWに職場の同僚が熊本市へボランティアへ行った時も
余震があったと聞きました。職場では来週募金を計画しています。
今年は季節の移ろいが早く、新緑がどんどん濃くなっていきます。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2016-05-08 07:16
Sippo5655 さん、
シキミは大学の実習林に生えていて、かつて授業で習ったので馴染み深い木です。
でも実は私も花を写真に撮るのは初めてでした!
クリーム色の美しい花、もしやと思ってネットで調べたらやはりシキミでした!
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2016-05-08 07:21
koharu07028 さん、
お葬式などで使われる木はもともと山に生えているものなので、シキミ、少し葉の長いミヤマシキミ、
サカキ、それに似たヒサカキと、どれも山で見ることができます。
かつて、大学の林間実習で習った受け売りです(笑)
コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 春浅き大峰 キジの母衣打ち >>