風吹き抜ける秋の草原
c0189013_9165376.jpg
鎧岳(2015.11.3/奈良県)
今月は文化の日に、曽爾のススキを見に行ってきました。
曽爾高原に近づくと見えてくるのが鎧岳です。
兜岳、屏風岩と共に、曽爾三山と呼ばれるそうです。


c0189013_9291611.jpg
鎧岳(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
山肌には柱状節理が”鎧”を飾っています。


c0189013_9334839.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
曽爾高原に入ると、お亀池周辺のススキは一面銀色に輝いていました。


c0189013_9393888.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
約40haにおよぶ一面のススキの草原。
昔から村の所在地区で屋根の材料として使われていたススキですが、
今では、その素晴らしい景観を守るために、毎年3月に山焼きが行われています。


c0189013_9513266.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
稜線には亀山から下りてくるハイカーさんが見えました。


c0189013_955402.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
山肌をススキがなびいていきます。
風さんたちがウェーブしていくのを見ている感じでしょうか。


c0189013_1053261.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
あっちにそよいだり、こっちにそよいだり、その度にキラキラと輝いていました。


c0189013_108183.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
亀山峠へと上る斜面。こちらは一面金色ですね。


c0189013_1015180.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
登山道を少し上ると、お亀池の周囲に広がる一面のススキの草原が見渡せました。


c0189013_10173330.jpg
ススキの草原(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
亀山峠まで上ると曽爾高原を一望。
遠くには曽爾三山まで見渡せる大パノラマでした。


c0189013_10572327.jpg
アキノキリンソウ(2015.11.3/奈良県)
曽爾で出会った秋のお花たち。
ススキの草原に入ってまず最初に撮ったのは、葉が赤くなったアキノキリンソウ。


c0189013_11174822.jpg
薊(2015.11.3/奈良県)
アザミの花を何回か見かけました。
ヨシノアザミでしょうか。うーん。種類は分かりません。


c0189013_11214910.jpg
リンドウ(2015.11.3/奈良県)
草やぶの間からリンドウのつぼみが。


c0189013_11273778.jpg
リンドウ(2015.11.3/奈良県)
開いている花にも出会うことができました。


c0189013_11284848.jpg
野菊(2015.11.3/奈良県)
野菊もちらほら。ノコンギクかヨメナか?
野菊の判別については少し勉強したので、来年は種類を判別してみたいです。


c0189013_1130117.jpg
センブリ(2015.11.3/奈良県)
センブリがたくさんの蕾をつけていました。
今度来るときは開いた花を見れるといいな。


c0189013_11315956.jpg
屏風岩公苑(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
帰り道で、屏風岩公苑に寄りました。


c0189013_1134486.jpg
屏風岩(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
垂直に柱状節理の岩壁が約200mの断崖をなしています。
この辺りの山々は室生火山群に属し、鎧岳、兜岳、屏風岩などの珍しい柱状節理の美景は国の天然記念物に指定されているのです。


c0189013_11393453.jpg
屏風岩(2015.11.3/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
岩壁をかこむ紅葉と、雲の流れていく青空がきれいで、しばらくぼーっと眺めていました。

晴れの特異日である文化の日に、曽爾の自然を満喫した一日となりました。
[PR]
by chantake123 | 2015-11-22 11:46 | Comments(16)
Commented by tomiete3 at 2015-11-22 16:51
こんにちは
 天気が良ければ山はいいですね

惜しむ秋ですね。
Commented by Sippo5655 at 2015-11-22 21:06
凄い規模のススキ・・・!!
風にたなびく光景は、圧巻だったことでしょう。
こんな広々とした中で 一緒に風を感じてみたいです。
ラストの色彩も素晴らしいですね!!
Commented by ビリア at 2015-11-23 11:00 x
岩肌がきれいですね。ススキも美しいです。
柱状節理の美景は秋山郷にも見られます。
一泊で行きましたが、一日目が小雨 曇りと紅葉の美しさは半減でした。
訪れたいスポットも多くリピート必至ですね。
Commented by natureflow at 2015-11-23 20:03
曽爾高原ですね。
お亀池も紅葉していますね。
鎧か兜のどちらかに登ったことがあるのですが
屏風岩公苑には行ったことがないので
今度行ってみたいです。

野菊いろいろページに
ノコンギクとヨメナの区別ページをつくりました。
http://natureflow.web.fc2.com/noyama/indexnogiku.html
http://natureflow.web.fc2.com/noyama/nokon/indexny.htm
をみてください。来年は区別できるようになりますように。
Commented by BBpinevalley at 2015-11-24 14:21
こんにちは。
いつも、野山の花や楽しい生き物でいっぱいですね。
ススキが覆う広々とした野が、美しいです。
自然の中で、ぼーっとする時、人間一番リラックスしますよね。
ゆっくりすぎる時間です。
屏風岩は、本当に屏風みたいで、感心しました。
Commented by asitano_kaze at 2015-11-26 21:39
鎧岳ですか。1,2、いかにも荒武者のような無骨な佇まいがいいですね。
3,4枚目、なだらかな傾斜はやさしい母さんのようです。
5、アリさんの行列のようです。
7、ススキの草原、銀世界ですね。
9,10、すごい眺望ですね。
どれもすてきな花々ですね。
アキノキリンソウ、リンドウのつぼみに花、たまりませんねぇ。
ラスト2枚の屏風岩の絶景、見事です。
Commented by sidu-haha at 2015-11-28 17:14
こんにちは~
美しい所ですね。
柱状節理~すごい眺めですね。
いつの時代かに噴火があったのでしょうか?

まだ、可愛いお花が見られて~嬉しいですね。
竜胆の蕾も可愛いですね。
Commented by hannsinn24 at 2015-12-04 20:32
こんばんは(^O^)/
コメント有難うございました。
曽爾高原は、ススキで広々としてますね
山野草可愛いお花ですね
これから山野草も寒い冬では、少なくなりますね
Commented by chantake123 at 2015-12-13 18:34
tomiete3さん、
地元では有名なススキの名所なのです。
そちらでは、阿蘇にはススキの綺麗なところがたくさんありそうですがどうでしょうか。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2015-12-13 18:44
Sippo5655さん、
曽爾高原は近畿でも有数のススキの名所なようです。
自分もススキの季節に行くのは初めてだったので、風にたなびくススキはキラキラして本当にきれいでした!
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2015-12-13 18:47
ビリアさん、
確かに秋山郷にも柱状節理がありますね!
お天気によって景色って全然変わりますよね。
この日は曽爾高原でも屏風岩公苑でもお天気に恵まれて、絶景を堪能できました。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2015-12-13 18:50
natureflowさん、
鎧か兜に登ったことがあるのですか!
屏風岩公苑までは比較的簡単に車で上ることができますよ。
来年こそはノコンギクとヨメナを区別できるよう頑張ってみます!
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2015-12-13 18:54
BBpinevalleyさん、
お花や生き物を眺めたり、自然のなかでぼーっとするのが私も大好きです。
普段仕事で時間に追われているので、時間を忘れてぼーっとできるのが最高の贅沢なのです。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2015-12-13 18:57
asitano_kaze さん、
亀山峠からの眺望は曽爾高原のススキ原だけでなく遠く曽爾三山まで見渡せるので本当に素敵です。
屏風岩はちょうど紅葉の見ごろと重なったようでラッキーでした♪
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2015-12-13 19:00
sidu-hahaさん、
室生火山帯は1500万年前の火山活動でできたのだといわれています。
リンドウの花はやはり見られると嬉しいものですね。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2015-12-13 19:03
hannsinn24さん、
この日の曽爾高原は観光客でいっぱいで、昼過ぎに曽爾を出たら、これから曽爾へ向かう車が渋滞になってました!
山野草もそろそろ見納めですが、今年は紅葉が遅かったため、長く楽しめましたね。
コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ルーミスシジミ 秋の山を訪れて その2 >>