キマダラセセリとコハンミョウ
c0189013_1925132.jpg
タイワンウチワヤンマ(2015.8.23/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
6月にウチワヤンマが飛んでいた池を訪れると、代わりにタイワンウチワヤンマが陣取っていました。
季節は移ろっていきますね。その時に出会った虫たちを紹介します。


c0189013_19335040.jpg
シオカラトンボ(2015.8.23/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
池のまわりの草はらにいたシオカラトンボを広角で撮影してみました。


c0189013_19403977.jpg
アオモンイトトンボ(2015.8.23/奈良県)
小さい子を見逃してはいけませんね。アオモンイトトンボ。


c0189013_19503631.jpg
ベニシジミ(2015.8.23/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
池のまわりのには蝶もたくさんいました。
ヒメジョオンの花にやってきたベニシジミ。


c0189013_19525289.jpg
ヒメウラナミジャノメ(2015.8.23/奈良県)
ツユクサとヒメウラナミジャノメ。


c0189013_19544947.jpg
ムラサキシジミ(2015.8.23/奈良県)
ムラサキシジミは警戒心が強くて近づかせてくれませんでした。
産卵している個体もいました。


c0189013_19571545.jpg
チャバネセセリ(2015.8.23/奈良県)
この日はセセリチョウに特に注目して観察していました。
イチモンジセセリに混じって、チャバネセセリが飛んでいました。


c0189013_2002092.jpg
キマダラセセリ(2015.8.24/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
そして、探していたセセリチョウに出会うことができました。


c0189013_2031851.jpg
キマダラセセリ(2015.8.24/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
翅に橙色の模様があるキマダラセセリです。
イチモンジセセリやチャバネセセリより少し小形で可愛らしい印象です。


c0189013_2073814.jpg
キマダラセセリ(2015.8.24/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
レンズを向けるとこちらを向きました!


c0189013_2094649.jpg
キマダラセセリ(2015.8.24/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
今年の夏は、似た種類のコキマダラセセリやアカセセリを高いお山で観察してきたので、
奈良に戻ったら、平地で見られるキマダラセセリを見ておきたいと思っていたのです。
姿を見せてくれてありがとう。


c0189013_20163773.jpg
コハンミョウ(2015.8.23/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
池のまわりを歩いていると、予期せぬ虫が私の足元を横切りました。
小形のハンミョウ。でも見たことのない種類だったのです。


c0189013_2020524.jpg
コハンミョウ(2015.8.23/奈良県) クリックすると大きめの絵になります
家に帰って調べてみて、コハンミョウであることが分かりました。
奈良の平野部なので、ハンミョウの棲める環境はとても限られていると思います。
たくましく生きているハンミョウさんが、とても愛おしく思えました。
[PR]
by chantake123 | 2015-09-19 20:27 | Comments(10)
Commented by asitano_kaze at 2015-09-21 15:00
タイワンウチワヤンマに入れ替わりですか。目が煌めいていますね。
アオモンイトトンボはちいさいながらも、その美しさは格別ですね。
ヒメウラナミジャノメの翅を広げた姿、かっこいいです。
ムラサキシジミ、表翅の紫を見たいですが、撮れただけでもよしとせねば。
イチモンジセセリばかり見ていると、このチャバネセセリの不規則な白斑がいいですね。
キマダラセセリは目立つ衣裳ですね。3枚目のやんちゃな姿、魅力的です。
コハンミョウですか。足下の虫君によく気づかれましたね。
Commented by Sippo5655 at 2015-09-21 21:48
キマダラセセリ、素敵な出会いでしたね!
東京ではわりと出会える頻度の高い蝶ですが、
そちらではまた環境が違うのでしょうか。
コハンミョウとの出会いもまたすてき!
ハンミョウでさえ、ここ数年出会っていません。
カワラハンミョウにいつか出会いたいと思っていますが、
夢のまた夢かな^^;
Commented by tomiete3 at 2015-09-22 09:25
おはようございます。

 コメントいただきありがとうございます。

  オニヤンマでなくタイワンウチワヤンマと言うのですか・・・似たような姿ですね。
  セセリはときおり見かけます。
Commented by sidu-haha at 2015-09-24 21:36
こんばんは~(^o^)
ヤンマがカッコいいですね。

シジミチョウもいろいろあるなあと思っていたのですが、
セセリにもいろいろあるのですね。
初めて知ったように思います。
Commented by ビリア at 2015-09-25 19:36 x
タイワンウチワヤンマ 実に逞しそうです。
最近は南方からの蝶などの飛来も多く その棲息条件からクールジャパンの虫たちが駆逐されているようです。
我が家にはアカボシゴマダラなども来ています。
Commented by chantake123 at 2015-09-27 06:00
asitano_kaze さん、
タイワンウチワヤンマの目の煌めき方は独特な感じがします。
一番たくさん飛んでいたイチモンジセセリが撮れていないあたりが、
自分らしいところです(笑)
コハンミョウ、こんなところに棲んでいたとは驚きでした。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2015-09-27 06:03
Sippo5655さん、
キマダラセセリは、こちらではイチモンジセセリやチャバネセセリと比べると少ない印象です。
東京では比較的見られる蝶なのですね!
カワラハンミョウですか。減っている種類だと思いますが見たことないですね。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2015-09-27 06:06
tomiete3 さん、
タイワンウチワヤンマはしっぽ部分が少しうちわ状に広がっています。
オニヤンマの方が一回り大きいです!
また、オニヤンマをしっかり撮影してみたいと思っています!
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2015-09-27 06:10
sidu-hahaさん、
ヤンマと名前のつく種類は大きくてカッコイイので、ついつい先に撮影してしまいます。
今年は、いろんな場所でセセリチョウに注目して観察していました。
ガっぽいと言われたりしますが、愛嬌のある顔で個人的には好きな蝶です!
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2015-09-27 06:14
ビリアさん、
外来種の問題はこちらでも大きい影響だと感じます。
ミドリガメが増えて、在来のクサガメがほんとに見られなくなりました。
アカホシゴマダラは奄美大島で観察できたら嬉しいですが、関東で出会ったとしても
なんだか悲しいですね。ゴマダラが減らないか心配です。
コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< タマシギ親子 マツムシソウとアカセセリ >>