室生寺と秋の野草
c0189013_2231351.jpg
女人高野 室生寺(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
今月の初めに、室生寺周辺を歩きました。
このときは紅葉はまだごく一部でしたが、今頃は徐々に紅葉が進んでいるでしょうか。


c0189013_22144453.jpg
カエデの紅葉(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
太鼓橋を渡ったところのカエデは既に紅葉が始まっていました。


c0189013_22182026.jpg
室生寺 仁王門(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
仁王門をくぐって中に入っていきました。


c0189013_22214776.jpg
イモリ(2014.10.4 奈良県 宇陀市 トリミング) クリックすると大きめの絵になります
池にはたくさんのイモリを見ることができました。


c0189013_2227225.jpg
本堂(灌頂堂)(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
金堂を過ぎ、さらに石段を上ると本堂がありました。


c0189013_2231337.jpg
オオアオイトトンボ(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
本堂の前にある池では、オオアオイトトンボに出会うことができました。


c0189013_22341949.jpg
オオアオイトトンボ(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
木の枝にとまっているものもいました。
イモリのいた池では、木の枝に産卵している個体も見かけました。


c0189013_22373157.jpg
五重塔(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
本堂の横にある石段を上ると五重塔があります。
我が国では、法隆寺五重塔に次ぐ古塔だそうです。


c0189013_22431592.jpg
シダの仲間(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
五重塔を過ぎ、奥の院まで歩いていきました。
参道の横はたくさんのシダで覆われています。


c0189013_22473187.jpg
室生山暖地性シダ群落(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
暖地性シダの分布の北限にあたるため、天然記念物に指定されているのです。


c0189013_22512462.jpg
クチベニマイマイ(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
シダの葉の上にカタツムリさんを見つけました。


c0189013_2254528.jpg
アケボノソウ(2014.10.4 奈良県 宇陀市)
シダのあいだから、アケボノソウが顔を出して、綺麗な花を咲かせていました。


c0189013_22571359.jpg
サラシナショウマ(2014.10.4 奈良県 宇陀市)
鹿の防護ネットの奥にはサラシナショウマが咲いていました。
防護ネットで天然記念物のシダを守っているようでした。


c0189013_232772.jpg
アラカシのどんぐり(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
樫の木もどんぐりをつける季節になりましたね。


c0189013_230931.jpg
エゴの実(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
エゴノキはたっくさんの実をつけていましたよ。


c0189013_2371417.jpg
ミズヒキ(2014.10.4 奈良県 宇陀市)
室生寺を歩いたあと、その周辺にも足をのばしました。
室生川沿いには、ミズヒキが赤い花を咲かせていました。



c0189013_23161281.jpg
ゲンノショウコ(2014.10.4 奈良県 宇陀市)
室生寺近くの里山は自然豊かで、たくさんの秋の花々に出会うことができました。
田んぼの畔に咲いていたゲンノショウコ。



c0189013_23233821.jpg
キツネノマゴ(2014.10.4 奈良県 宇陀市)
ゲンノショウコといっしょに可愛い花を咲かせていたキツネノマゴ。


c0189013_23202457.jpg
ツリガネニンジン(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
ツリガネニンジンもたくさんの花をつけていました。


c0189013_23255727.jpg
アキノタムラソウ(2014.10.4 奈良県 宇陀市)
イヌタデとともに咲いていたアキノタムラソウ。


c0189013_23275071.jpg
ヨシノアザミ(2014.10.4 奈良県 宇陀市)
ヨシノアザミにはヒラタアブがやってきていました。


c0189013_2330454.jpg
アキチョウジ(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
道沿いにはアキチョウジが咲く一角があり、濃い紫の花が美しかったです。


c0189013_23323543.jpg
ヤクシソウ(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
田んぼの畔を彩る黄色のキクが2種類見られて、オニタビラコのような花のキクはヤクシソウのようです。


c0189013_2334959.jpg
アキノキリンソウ(2014.10.4 奈良県 宇陀市)
そしてもう一種類、アキノキリンソウもたくさんの黄色の花を咲かせていました。


c0189013_23384065.jpg
メナモミ(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
センダングサの仲間かと思っていた花はメナモミ。
オナモミと同じく「ひっつきむし」の一種だそうです。


c0189013_23404580.jpg
野菊(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
最後に、私には淡紫色~白色の野菊は種類を同定することはできませんが、見かけたものを載せておきます。


c0189013_23442655.jpg
野菊(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
こちらは白色のもの。


c0189013_23451339.jpg
野菊(2014.10.4 奈良県 宇陀市) クリックすると大きめの絵になります
こちらは紫色をおびたもの。
それぞれ花の色だけでなく、葉の形も違うように感じました。
いつか見分けられるようになると良いのですが。



今回は、室生寺を初めて訪れたので、よい思い出となりました。
室生寺周辺には豊かな自然が残されているように感じたので、また違う季節にも来てみたいと思います。
[PR]
by chantake123 | 2014-10-26 23:51 | Comments(6)
Commented by Sippo5655 at 2014-10-28 22:03
しっとりと、秋の散策を楽しまれたようですね!
ゆっくりと歩を進めて
想い寄せながら、お写真を撮影されたのでしょう。
メナモミ・・・?
ああ、これ数年前に逆光を浴びて
輝いていた、あれだ!!
合致しましたー!!
Commented by asitano_kaze at 2014-10-29 20:20
ひょんなことから、ここの扉を開きました。
自然の花や虫がごく自然にひょいひょいと撮られいるところがいいなと思いました。
オオアオイトトンボの澄んだ目。もの思いにふけるカタツムリ。ヒラタアブのホバ。
ラストの野菊(これたくさん種類があって同定に悩みますね)、とくに心に残りました。
Commented by natureflow at 2014-10-31 17:36
久しぶりの室生寺
参拝客がいなくて静かで
素晴らしい景色です。
五重塔が素晴らしい。
人が入らない五重塔はめったにないと思います。

自然もいいですね。
アキチョウジがこんなに揃って咲いているのは
初めてです。
野菊を見分けたくてだいぶこったのですが
まだまだ分かりません。
ノコンギク、イナカギク、ノコンギクのような気がします。
http://natureflow.web.fc2.com/noyama/indexnogiku.html
に野菊いろいろを載せています。
Commented by chantake123 at 2014-11-04 00:48
Sippo5655さん、
ちょうど歩きやすい気候で、いろんな花を見ながら歩くことができました。
メナモミはセンダングサだと思い込んで、撮っていました!
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2014-11-04 01:00
asitano_kaze さん、
コメント入れてくださりありがとうございます!
昆虫や生き物、自然や山が大好きで、ただただひょいひょいと
撮っております。 asitano_kaze さんのブログを拝見して、
その美しい写真の数々を楽しく見せていただきました!
勝手にリンクさせていただきました!
拙い写真ばかりですが、これからも見ていただけるなら幸い
です。これからも宜しくお願いいたします。

Commented by chantake123 at 2014-11-04 01:34
natureflowさん、
比較的参拝客も少なくて、ゆっくりと歩くことができました。
アキチョウジは以前に高野山の近くでたくさん咲いていたのを
思い出しました。野菊について教えていただき嬉しいです!
ノコンギクは花弁の長さや細さにバリエーションがあるのです
ね。イナカギクのような白色の野菊についても、もっと観察
していきたいです。コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 熊野那智大社とキイジョウロウホ... ヒクイナ >>