噴火1ヵ月前の木曽御嶽山 その2
c0189013_6204326.jpg
山頂を望む(2014.8.23 長野県 木曽町) クリックすると大きめの絵になります
上に見えている所が山頂だと思って登っていましたが、手前の建物が石室山荘で、奥の建物が九合目の覚明堂 避難小屋です。



c0189013_6294529.jpg
山麓を望む(2014.8.23 長野県 木曽町) クリックすると大きめの絵になります
振り返ると、沸き立つ雲の間に山麓の木曽町の方を見ることができました。


c0189013_641271.jpg
オンタデ(2014.8.23 長野県 木曽町)
足元を覆う火山性の砂礫の間から、たくさんのオンタデが花を咲かせていました。
この山で最初に発見されたことが、名前の由来になっています。


c0189013_6491751.jpg
イワツメクサ(2014.8.23 長野県 木曽町)
岩の間からは、イワツメクサが可愛い花を咲かせていました。


c0189013_6522715.jpg
シナノオトギリ(2014.8.23 長野県 木曽町) クリックすると大きめの絵になります
黄色い花の絨毯はシナノオトギリ。


c0189013_6574198.jpg
ミヤマホツツジ(2014.8.23 長野県 木曽町)
昨年の仙丈ヶ岳で見て以来のミヤマホツツジ。


c0189013_6595240.jpg
シラタマノキ(2014.8.23 長野県 木曽町)
足元に小さな白い花はシラタマノキ。


c0189013_773488.jpg
ヤマハハコ(2014.8.23 長野県 木曽町)
ヤマハハコもちょうど花を咲かせてくれていました。


c0189013_7102964.jpg
ミヤマアカバナ(2014.8.23 長野県 木曽町)
ミヤマアカバナはまだ開きかけだったでしょうか。


c0189013_7122356.jpg
石室山荘(2014.8.23 長野県 木曽町)
石室山荘の中を通過させてもらって、さらに上へと歩みを進めました。


c0189013_7161591.jpg
二ノ池(2014.8.23 長野県 木曽町) クリックすると大きめの絵になります
九合目の覚明堂 避難小屋を越えて登っていくと、いよいよ二ノ池が見えてきました。
標高2905m、日本最高所の高山湖です。湖畔には万年雪が残っていました。


c0189013_728263.jpg
剣ヶ峰へ(2014.8.23 長野県 木曽町)
この日は二ノ池方向へはまわらずに、山頂剣ヶ峰を目指しました。


c0189013_7331272.jpg
御嶽頂上山荘(2014.8.23 長野県 木曽町)
しばらく登ると、やっと頂上山荘に到着しました。朝から登ってちょうど12時ごろでした。


c0189013_738560.jpg
82段の石段(2014.8.23 長野県 木曽町)
頂上山荘でお昼ご飯をいただいたあと、頂上に上りました。
山荘の横から立派な82段の石段を上ると山頂です。


c0189013_743222.jpg
山頂(2014.8.23 長野県 木曽町)
山頂に到着しました。御嶽神社奥社のある剣ヶ峰です。


c0189013_7504960.jpg
山頂直下の噴気孔(2014.8.23 長野県 木曽町)
午後は大滝口頂上奥社や地獄谷展望所をめぐりました。
八丁ダルミから見た噴気孔。まさか一か月後に噴火が起こるなんて思いもしなかったのです。


c0189013_757449.jpg
影御嶽と虹(2014.8.23 長野県 木曽町) クリックすると大きめの絵になります
頂上山荘で夕食を頂いてくつろいでいると、窓の外に虹が見え始めました。
外へ出てみると、虹と共に御嶽山の影が山麓に映っていました。


c0189013_835271.jpg
剣ヶ峰山頂(2014.8.23 長野県 木曽町) クリックすると大きめの絵になります
もう一度石段を上って剣ヶ峰山頂まで上がってみました。
眼下には雲海が広がり、乗鞍岳の向こうには槍ヶ岳や北アルプスの山々まで見えました。


c0189013_89229.jpg
夕暮れ(2014.8.23 長野県 木曽町) クリックすると大きめの絵になります
山頂で夕陽が沈んでいくのを眺めていました。
無事に山頂まで登り、山頂からの景色を眺められる幸せ。
今回もご一緒させていただいたG.F.T登山部の皆さんに本当に感謝です。



翌日は山頂付近の天候が思わしくなかったので、二ノ池やサイノ河原をめぐったあと下山しました。
ふもとの温泉で汗を流しました。
温泉への道沿いも山麓はお花でいっぱいだったので最後に載せておきます。

c0189013_8253290.jpg
シデシャジン(2014.8.24 長野県 木曽町)
川沿いに咲いていた細い花弁をした紫の花はシデシャジンという花だそうです。


c0189013_8273236.jpg
タマアジサイ(2014.8.24 長野県 木曽町)
この辺りのアジサイはつぼみが球形となるタマアジサイなのですね。


c0189013_830404.jpg
ツリフネソウ(2014.8.24 長野県 木曽町)
川沿いにはツリフネソウもたくさん咲いていました。


c0189013_830398.jpg
キツリフネ(2014.8.24 長野県 木曽町)
赤に混じって、黄色の釣舟も咲いていましたよ。


c0189013_8315716.jpg
フシグロセンノウ(2014.8.24 長野県 木曽町)
奈良ではなかなかお目にかかれないフシグロセンノウが、ここでは伸びやかにたくさん咲いていたことも印象的でした。



雄大な御嶽の自然に触れさせていただいたからこそ、今回の噴火でたくさんの方が亡くなられたことは残念でなりません。
連日山頂付近で捜索活動にあたっておられる捜索隊の方々にも、くれぐれも二次災害に遭われぬよう安全をお祈りします。
[PR]
by chantake123 | 2014-10-13 08:46 | Comments(2)
Commented by Sippo5655 at 2014-10-15 21:22
胸中お察しいたします・・・
こんなにも多くの山野草が咲き
雄大な、
一瞬にしてこのお花たちも
そう思うと言葉も出ません。
せめて、今救助にあたっている方々に
これ以上の被害なきことを祈りたいです・・・
Commented by chantake123 at 2014-10-19 12:00
雪の降る季節に入り、いったん捜索が打ち切られました。
この時に上った山頂の御嶽神社奥社にも、映像ではびっしり氷が
ついていて、間もなく雪や氷に閉ざされるのだと感じました。
コメントありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ヒクイナ 噴火1ヵ月前の木曽御嶽山 >>