2013夏の思い出 立山(その1 室堂)
2013年8月18日~20日で、立山を訪れました。
先月には立山・真砂岳での雪崩によって死者がでるという悲しいニュースもありましたが、
今は深い雪に覆われている立山も、この夏には美しい夏山の景色や数々の花々を見ることができました。
8月18日はアルペンルートを利用して室堂平に入り、周辺を散策しました。

c0189013_738571.jpg
立山室堂平(2013.8.18/富山県 立山市) クリックすると大きめの絵になります
正面に見えているのが立山で、向かって右から雄山、大汝山、富士ノ折立の3つのピークを合わせた山の総称です。


c0189013_7465569.jpg
テガタチドリ(2013.8.18/富山県 立山市)
室堂ターミナルをあとにして石畳の遊歩道に入ると、道の両脇には高山植物が広がっていました。
ピンクのランはテガタチドリ。南アルプス仙丈ヶ岳でハクサンチドリの花は終わりかけでしたが、ここではいくつか咲き残って、風に揺られながら美しい姿を見せてくれました。


c0189013_7584977.jpg
タテヤマリンドウ(2013.8.18/富山県 立山市)
ところどころで、白い花が顔を出していたのはタテヤマリンドウ。
立山に多いので、この名前がついたそうです。


c0189013_834466.jpg
ミヤマリンドウ(2013.8.18/富山県 立山市)
よく似ていて青色のものはミヤマリンドウ。


c0189013_881365.jpg
タテヤマリンドウとミヤマリンドウ(2013.8.18/富山県 立山市) クリックすると大きめの絵になります
白と青が仲良く並んで咲いている所もありました。


c0189013_8173165.jpg
イワイチョウ(2013.8.18/富山県 立山市)
たくさん花が目についたのはイワイチョウでした。秋にはイチョウに似た肉厚の葉が黄色く色づくのだそうです。



c0189013_8135181.jpg
チングルマ(2013.8.18/富山県 立山市)
室堂平のチングルマは花が終わって、綿毛になっていました。


c0189013_822284.jpg
ミヤマトリカブト(2013.8.18/富山県 立山市) クリックすると大きめの絵になります
こちらはまだまだ咲き初めだったのかな。写真を撮った場所以外では見かけませんでした。


c0189013_8313292.jpg
ミクリガ池(2013.8.18/富山県 立山市) クリックすると大きめの絵になります
ミクリガ池の周りを一周して、その日に泊まる室堂山荘へと向かうことにしました。


c0189013_839179.jpg
モミジカラマツ(2013.8.18/富山県 立山市) クリックすると大きめの絵になります
池の縁には雪が残っていて、雪に沿うようにモミジカラマツの花がたくさん咲いていました。


c0189013_844124.jpg
タテヤマアザミ(2013.8.18/富山県 立山市)
立山で命名されたこのアザミを、立山でたくさん見ることができたことは、とても嬉しかったです。


c0189013_8483066.jpg
ナガボノアカワレモコウ(2013.8.18/富山県 立山市) クリックすると大きめの絵になります
1か所咲いているものも見かけたのですが、ここのワレモコウは赤い花。


c0189013_8524259.jpg
ウラジロタデ(2013.8.18/富山県 立山市) クリックすると大きめの絵になります
観察員さんに教えていただいたのですが、ここのタデは葉の裏に毛が生えていてウラジロタデなのだそうです。


c0189013_8562148.jpg
キオン(2013.8.18/富山県 立山市)
黄色いキクの仲間は見分ける自信が無いのですが、この花はキオン。


c0189013_8595144.jpg
クモマニガナ(2013.8.18/富山県 立山市)
この花はクモマニガナかな。葉の幅がタカネニガナより広いのだそうです。


c0189013_10525186.jpg
ミヤマダイモンジソウ(2013.8.18/富山県 立山市)
ミヤマダイモンジソウは、「大」の字の形のお花が可愛らしかったです。


c0189013_0494477.jpg
イワオトギリ(2013.8.18/富山県 立山市)
オトギリソウの仲間は自分では区別ができず、これも観察員の方に教えていただきました。


c0189013_0555891.jpg
エゾシオガマ(2013.8.18/富山県 立山市)
エゾシオガマは2年前に蝶ヶ岳で見て以来でした。


c0189013_102161.jpg
コバイケイソウ(2013.8.18/富山県 立山市) クリックすると大きめの絵になります
そして、この夏はコバイケイソウの当たり年だったようで、初めてこの花を観察することができました。
[PR]
by chantake123 | 2013-12-08 10:55 | Comments(4)
Commented by sidu-haha at 2013-12-16 15:49
こんにちは~
立山は、魅力いっぱいの山なのですねえ。
だから、季節を問わず、訪れる方が多いのでしょうね。

竜胆もトリカブトも下界で見るのとは違い、美しく輝いて見えますね。
Commented by natureflow at 2013-12-17 13:32
立山の思いで
沢山の花たちいいですね!!
90才の母、まだ一人だった次女と
家族で行った室堂を思い出しました。
母は亡く、娘家族はアメリカへ
時はすぎていきます。
ちゃんたけさまも
幸せ家族の歴史を紡いでいってください!!
Commented by chantake123 at 2013-12-31 17:42
sidu-hahaさん、
中学生のとき以来に訪れた立山だったのですが、
そのころの記憶と変わらず、美しい山でした。
そちらでは、もうハクチョウが渡ってきているのですね。
ここのところブログを休みがちなのですが、また時間を見つけて
訪問させていただきたいと思っております。
来年もよろしくお願い致します。
Commented by chantake123 at 2013-12-31 17:50
natureflowさん、
中学生のとき以来の立山。
改めて、たくさんの花が咲く美しい立山を満喫してきました。
ありがたいコメントをいただき本当にうれしいです。
新しい家庭を大切にしていきます!
ブログはお休みしておりますが、また時間を見つけて
訪問させていただきます。来年もよろしくお願い致します。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 謹賀新年 紅葉の談山神社 >>