紅葉の談山神社
c0189013_0232678.jpg
談山神社(2013.11.23/奈良県 桜井市) クリックすると大きめの絵になります
紅葉を見に、桜井市多武峰の談山神社を訪れました。
正面入山入口より鳥居をくぐると、140段の石段が続きます。
色とりどりに染まるモミジを見上げながら上っていくのでした。


c0189013_0284914.jpg
拝殿からの眺め(2013.11.23/奈良県 桜井市) クリックすると大きめの絵になります
談山とは「談い山(かたらいやま)」。
蘇我蝦夷と入鹿親子の勢力が極まり、国の政治をほしいままにしていた頃、
中臣鎌足と中大兄皇子は、西暦645年の5月、多武峰の山中(現在の本殿裏山)で「大化改新」の談合を行いました。
現在の社号の「談山神社」もここからきています。


c0189013_0432199.jpg
モミジの紅葉(2013.11.23/奈良県 桜井市) クリックすると大きめの絵になります
拝殿から眺めるモミジの紅葉は、一本の木でも枝ごとに葉の色合いが違って、
夕日を浴びながら美しく染まっていました。


c0189013_0492583.jpg
ヨシノアザミ(2013.11.23/奈良県 桜井市)
境内の所々にはアザミの花が咲いていて、たぶんヨシノアザミだと思います。


c0189013_0525438.jpg
十三重塔と紅葉(2013.11.23/奈良県 桜井市) クリックすると大きめの絵になります
十三重塔は談山神社のシンボル的な存在で、木造十三重塔としては、世界唯一のものだそうです。
藤原鎌足の追福のために西暦678年に建立され、室町時代に再建されたものです。
十三重塔を覆わんばかりの鮮やかな紅葉が本当に見事でした。

この日は紅葉狩りにたくさんの観光客でにぎわっていました。
紅葉はちょうど見頃だったようで、ゆっくりと見て歩きました。
帰りにみやげ物店で食べたこんにゃくや揚餅がおいしかったです。
[PR]
by chantake123 | 2013-11-26 01:06 | Comments(4)
Commented by natureflow at 2013-11-28 12:30
鹿さんたちが
新生活を祝福してくれているようです!!

談山神社は素晴らしい紅葉ですね。
鎌足の寺とは思っていましたが
談山神社は大化の談合の寺だったのですね!!
Commented by Sippo5655 at 2013-12-03 22:05
お久しぶりです。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
新婚生活は、いかがですか?
さぞ、充実した日々をお過ごしのことと思います♪
今年の紅葉は、特に美しく感じます。
この風合い・・ そして、光。
たくさんのエネルギーを頂きました!
十三重塔なるものもあったとは、、
そして、こんにゃく揚げ餅!?
食べてみたいです~(^^)
Commented by chantake123 at 2013-12-09 01:09
natureflowさん、
談山神社の由来については、今回訪れて初めて知りました。
紅葉がちょうど素晴らしくて、思い切って足を運んでよかったです。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2013-12-09 01:13
Sippo5655さん、
確かに今年の紅葉は美しかったように感じます。
そして、晴天にも恵まれて、久しぶりにカメラを持ち、楽しい時間を
過ごしました。こんにゃくと揚げもちは別々に食べていますので、
悪しからず(笑) コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2013夏の思い出 立山(... 一ヶ月ぶり >>