地球温暖化を実感!?
c0189013_6535795.jpg
オオヨシキリ(2013.7.15/奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
連日猛暑が続いていますね。
朝、近所を散歩したのですが、汗が止まらす汗拭きタオルが欠かせません。
草はらではオオヨシキリがギョギョシ、ギョギョシと元気に鳴きあっています。


c0189013_6595541.jpg
キジバト(2013.7.15/奈良県 田原本町)
散歩する私の前をキジバトさんが歩いていきます。
綺麗な羽の模様を撮らせてもらいました。


c0189013_74111.jpg
セグロセキレイ(2013.7.15/奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
田んぼを歩くのはセグロセキレイの幼鳥のようです。
近くを成鳥も飛んでいたので、きっと親子だったのでしょう。
ハクセキレイも同じ場所で見られるので迷ったのですが、教えていただいて分かりました。


c0189013_784478.jpg
カルガモ(2013.7.15/奈良県 田原本町)
カルガモたちは、毎朝通勤するときに飛鳥川の同じ場所で見られます。
川辺をのびのびと泳いで気持ちよさそうですね。


c0189013_7141462.jpg
クマゼミ(2013.7.15/奈良県 田原本町)
さて、この日に撮った昆虫2種類が今回の本題です。
家の周りでは、このクマゼミがいたるところで鳴いています。
でも、私が小学生だった25年ほど前は家の周りではアブラゼミしかいなかったのです。
クマゼミは町内の津島神社や西田原本駅前の木など、限られた場所にしかいなかったのです。
つまり、この25年ほどの間に町内の多くの場所へクマゼミが分布を広げ、アブラゼミが減少したということです。


c0189013_729913.jpg
ナガサキアゲハ(2013.7.15/奈良県 田原本町) クリックすると大きめの絵になります
そして、もう1種類はこのナガサキアゲハ。
小学生の頃に買った図鑑には、「分布は南西諸島、九州、中国地方、四国(北部には少ない)、今のところ近畿地方には土着していない。」とあります。
小学生の時にはいなかったナガサキアゲハを、初めて奈良県内で自分が見たのは大学生のとき、大学の実習林ででした。
そして2000年代に入ってちょくちょく家の周りで見かけるようになってきました。
写真のメスは、その右に写る植栽されたミカンの木に産卵していました。
つまり、今では町内で命を繋いで生息しているということですね。

クマゼミもナガサキアゲハも暖かい地方に棲む昆虫で、その分布を北へ北へと広げていっています。
地球温暖化の影響で、より北の地方にも棲むことが可能になったのだと考えられます。
小学生のとき、身の回りの昆虫について、まさかこのように種類による勢力の変化が起こるなんて思いもしなかったです。
そんなことを考えながら、汗をふきながら散歩していました。
[PR]
by chantake123 | 2013-07-23 07:55 | Comments(8)
Commented by Sippo5655 at 2013-07-23 20:46
本当、連日暑いですよね。
このむっとする暑さ
特に東京では、エアコンの放出熱もかなり加担していると思います。
クマゼミも、ナガサキアゲハも、
そしてツマグロヒョウモンも・・・
どんどん北上しているようですね。
全ての生き物は、環境の変化に合わせて
生きるために、少しずつ 学習し、変化してゆくのでしょうか・・・
彼らの変化を、私たち人間は真摯に受け止め
自然環境を守る努力をしていかなければいけませんね。
Commented by natureflow at 2013-07-23 21:05
オオヨシキリが大きい口をあけて
鳴いているのが素敵です。
一人ではなくて鳴きあっているのですね。

飛鳥川が通勤道
いろいろな虫や鳥たちに挨拶をしてから
仕事に就くのは
いいですね!!
Commented by tomiete3 at 2013-07-24 09:37
おはようございます。

コメントいただきあrがとうございます

オオヨシキリ・・・凛とした姿・・・気持ちいいですね
Commented by sidu-haha at 2013-07-24 18:19
こんばんは~(^o^)
いつもお詳しいですねえ~
最初のギョウギョウシ~~こちらではヨシキリのことをそう呼びます。
小さな体で、大きく嘴を開いて~泣いているのですね。
もっと、体の大きな鳥かなと思っていました。
いつも元気で~我が家の傍でも鳴いています。

ナガサキアゲハ~初めて知りました。
どんどん北へと移動している~やっぱり、地球は変化しているのですねえ~
今年は、宮城の方では、冷夏になるのでは~と心配しています。
梅雨もまだ明けないし、涼しい日が続いています。
今日も23度でした。
どうなるんでしょうね。
Commented by chantake123 at 2013-07-30 07:03
Sippo5655さん、
ツマグロヒョウモンは、私が初めて幼虫から飼育した蝶でした。
つまり、小学生の頃、すでに奈良ではたくさん生息していたのですが、
ツマグロヒョウモンがいなければ、他の種類のヒョウモンが
もっとたくさん見られたのだと思います。これからも、温暖化に適応
して分布を広げていく生き物はたくさん出てくるでしょうね。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2013-07-30 07:07
natureflowさん、
オオヨシキリは草はらで繁殖しているのかもしれません。
ほんとに大きくくちを開けますよ!
飛鳥川では他にサギの仲間もたくさん。
楽しい通勤道です。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2013-07-30 07:12
sidu-hahaさん、
ヨシキリを「ギョウギョウシ」ですか!
とても納得がいきます(笑)
宮城は冷夏ですか。奈良は非常に暑いです。
数十年後、宮城でナガサキアゲハが飛んでいるようなことも
あるかもしれませんよ。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2013-07-30 07:15
tomiete3さん、
オオヨシキリは、一生懸命鳴いていて、命を謳歌しているなあと
感じます。散歩道で出会うと元気をもらえた気がしました!
コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< キアゲハ クロシジミ >>