西穂山荘~西穂独標
c0189013_7283516.jpg

西穂山荘(2011.12.28/岐阜県 高山市 ・ 長野県 松本市)
ゆっくり、ゆっくり山荘を目指して登りました。天候にも恵まれたからなのか、
アイゼンもつけないまま、登り始めてから2時間もかからずに山荘に着くことができました。
前年の夏に登ったときよりも、体力的に楽に感じました。


c0189013_7532417.jpg

西穂山荘(2011.12.28/岐阜県 高山市 ・ 長野県 松本市)
山荘でお昼ご飯。西穂ラーメンの醤油味おいしかったです。


c0189013_759993.jpg

西穂山荘(2011.12.28/岐阜県 高山市 ・ 長野県 松本市)
昼食を済ませると、必要な荷物だけナップに入れて、10本爪のアイゼンをつけて、
いよいよ独標にむけて出発しました。振り返ると、山荘の向こうには焼岳や乗鞍岳も
見ることができました。


c0189013_8134236.jpg

石についた霧氷(2011.12.28/岐阜県 高山市 ・ 長野県 松本市)
石の上の雪に風の模様がついている、と思って撮ったのですが、
TVで穂高の雪山について解説をきいていて、空気中の水蒸気が凍って霧氷になる
ということなので、これもそうではないかと感じています。


c0189013_8211029.jpg

独標をめざして(2011.12.28/岐阜県 高山市 ・ 長野県 松本市)
途中丸山(標高2452m)をこえてからは、アイゼンを踏みしめながらの上りが長く感じられました。
中央やや右側の台形のピークが西穂独標です。少しずつ独標の姿が大きくなるにつれて、
山頂に人が立っていることに気づきました。山頂での眺めを楽しみにして高度を上げていきました。
[PR]
by chantake123 | 2012-01-22 08:35 | Comments(6)
Commented by Sippo5655 at 2012-01-22 21:06
なんとも清々しい景観!!
ラーメン、温かく沁み入ったことでしょうね(*^-^*)
石の上に、こんな霜氷の模様ができるのですね。
いろんな石を楽しみながらの登山、目をも楽しませてくれそう。
眼下に見下ろす壮大な山々、、
そして、山頂に人が☆
これはまた励みになったことでしょう♪
Commented by natureflow at 2012-01-23 17:30
西穂高山荘のラーメン
ここまで登ってこられた登山家さんたちには
どんなに美味しいことでしょう。
西穂高独票は頂上なのですか?
ずいぶん近くに見えますが
人の姿が点なので
まだまだ歩かれたのですね。
体験できない世界へ案内くださって
ありがとうございました。
Commented by chantake123 at 2012-01-29 06:46
Sippo5655さん、
山荘で食べたラーメンおいしかったです。
焼岳や乗鞍岳のほか、遠くに白山がはっきりと見えていました。
山頂の人は長い間眺望を満喫されているようでした。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2012-01-29 06:52
natureflowさん、
西穂高岳山頂(2909m)までは行く力がないので、
手前にある最初のピークである独標(2701m)まででした。
それでも天候が良かったから独標まで行けたという感じです♪
コメントありがとうございます!
Commented by nihon-burari at 2012-01-31 16:43
いつもサイトの閲覧ありがとうございます。こちらからも貴サイトへ訪問させて頂き、興味深く作品を拝見させて頂いております。たびたび訪問させて頂きたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
Commented by chantake123 at 2012-02-05 23:10
nihon-burariさん、
ここのところ忙しく更新が滞っています(涙)
また少しずつアップしていけたらと思っています。
コメントありがとうございます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 公園の鳥たち 新穂高温泉~西穂山荘 >>