チョウトンボ
家の近くの池では、今年は水面にヒシが生い茂り、チョウトンボが飛んでいます。
さすがにフェンスで囲まれ撮影しにくいので、心当たりのある別の池へ見に行きました。
c0189013_1774765.jpg

チョウトンボとショウジョウトンボ(2011.8.7 奈良県)
池に着くと早速発見できました。たくさん池の上を飛び交っていましたが、
そのうちの1匹がショウジョウトンボと同じ枝に仲良くとまりました。


c0189013_1720092.jpg

チョウトンボ(2011.8.7 奈良県)
翅の大部分が色づいているのは、トンボとしては珍しいですよね。
光の当たり方で藍色に見えたり、紫色に見えたりします。


c0189013_1727126.jpg

チョウトンボ(2011.8.7 奈良県)
池のうえをフワーッ、フワーッと飛びます。
色づいた幅広い翅で、チョウのようにひらひらと飛ぶことが名前の由来です。


c0189013_17322569.jpg

チョウトンボ(2011.8.7 奈良県)
しばらく飛んでいたかと思うと、お気に入りの場所に戻ってきます。


c0189013_17414624.jpg

チョウトンボ(2011.8.7 奈良県)
写真の個体はおっとりとしていて、横から美しい翅をゆっくりと見せてくれていました。
この後、思いがけないことが!
この個体がファインダー越しに飛びたったかと思うと、カサカサッと音がして!


c0189013_174546100.jpg

ギンヤンマ(2011.8.7 奈良県)
その個体かどうかは分かりませんが、ギンヤンマがチョウトンボを捕らえて、
ゆっくりと近くの葦に着陸したのです。あっという間に胴体からむしゃむしゃと食べられていきました。
自然界の厳しい掟を目の当たりにした気がしました。
[PR]
by chantake123 | 2011-08-11 17:58 | Comments(8)
Commented by Sippo5655 at 2011-08-11 22:16
チョウトンボ、本当に美しいトンボさんですよね。
角度によって様々な色合いに輝くところも魅力!
ギンヤンマが・・・
トンボが、トンボを捕食なんて、
でも、自然の掟ですね。
食べられる・・と考えるとつらいけど
より大きないのちの糧となり、大自然の神様の一部になったと
私は、そう考えることにしています。
Commented by natureflow at 2011-08-12 13:42
チョウトンボの美しい姿
たっぷり見せていただきました。
ショウジョウトンボと一緒の写真好きです。
どの写真からも
夏の静けさが漂ってきます~~
Commented by ビリア at 2011-08-12 15:42 x
こんにちは。
チョウトンボっと後ろハネが幅広いのですね。
始めてみました。
なるほど蝶のようですよ。
コメントありがとうございます。
レンゲショウマ とても魔性の花のように感じます。
Commented by chantake123 at 2011-08-12 20:03
Sippo5655さん、
ときどきギンヤンマが飛んでいるのは気付いてたんですが、
まさか食べちゃうとは。でも、これが自然の掟なんですね。
チョウトンボは角度によってさまざまな色合いなので、
いろんな角度から撮りたかったんですが、案外敏感に
飛び立ってしまいました。
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2011-08-12 20:07
natureflowさん、
チョウトンボとショウジョウトンボは
両方同じ池で見ることがよくあります。
どちらも鮮やかな色をした好きなトンボです。
お気に入りの枝は決まっているようで、
両者なかなかゆずりませんでした♪
コメントありがとうございます!
Commented by chantake123 at 2011-08-12 20:11
ビリアさん、
胴体に比べて翅が広い種類なので、
ふわふわと飛べるのだと思います!
日当たりの良くて、水面にヒシが茂っている池でよく見ます。
きっとそちらにもいてますよ。
コメントありがとうございます!
Commented by nihon-burari at 2011-08-13 07:25
こんにちは。
写真いつも拝見しています。
いつも参考にさせていただいています。
また、よろしくお願いいたします。
Commented by chantake123 at 2011-08-17 05:18
nihon-burariさん、
コメントを入れてくださりありがとうございます!
好きな虫や花の写真を撮って載せています。
拙い写真ばかりですが、宜しくお願い致します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 上高地 お庭の訪問者 その2 >>